コックシューズの「足が痛い」原因と改善できる製品

こんな人に読んでほしい
  1. コックシューズを普段履いていて「足が痛い」と感じる方。
  2. 「コックシューズ 足が痛い」で検索した方。

 

どーも、コックシューズ・厨房靴オタクのリョクシンです。

突然ですが、普段コックシューズを履いていて「足が痛い」と感じませんか?

「感じる!!」と思った方は、コックシューズを変えた方がよいかもしれません。

Googleでも「コックシューズ 足が痛い」と検索されています。

ということで、今回は足が痛くなりにくいコックシューズ選びを紹介。

 

コックシューズを履いて「足が痛い」と感じる理由は?

コックシューズを履いて「足が痛い」と感じる理由は、いくつか原因が考えられます。

下記、3つがメインだと予測。

  1. 長時間の立ち仕事
  2. 外反母趾・外反母趾気味
  3. 靴のサイズが合っていない

詳しく見ていきましょう。

 

 

①長時間の立ち仕事

一番多い「足が痛い」理由は、長時間の立ち仕事ではないかと思っています。

この理由で足が痛いのを解決する方法は1つ。

『すこしでも高級なコックシューズを選ぶ』です。

しかし、高級なコックシューズもたくさんあって選ぶの大変。

そこで、わたしが疲れにくいコックシューズを2足厳選しました。

疲れにくい理由も、細かく説明しましたのでオススメ記事です。

ぜひ見てみてください。

 

②外反母趾・外反母趾気味

「足が痛い」の原因に外反母趾も多いでしょう。

外反母趾対策の提案をしたいところですが、それは医療行為なのでできません。

お医者さんに相談してください。

当記事では、外反母趾対策ではないものの、関係するようなお話を紹介。

 

足の指で一番長いのはなに指?

ここでみなさんご自分の足を見てみてください。

足の指で一番長いのは、なに指でしょうか?

親指ではありませんか?

日本人は、親指が一番長い人が多いのです。

約6割強くらいでしょうか。

ここで残念な情報です。

コックシューズは親指が長い日本人に向けた製品がすくない・・・

というのも、コックシューズのほとんどが、海外製です。

海外では、足の人差し指が一番長い人が多く、それに合わせた靴の形状が一般的。

そのため、親指が長い日本人が海外製の靴を履くとよくないことが・・・

親指が小指側に曲がってしまうのです。

その結果、外反母趾といったことになる可能性が発生。

今は、外反母趾でない方は痛くないかもしれません。

しかし、親指が一番長い方は、それに対応したコックシューズをオススメします。

対応したコックシューズが下記。

レビュー記事はこちら↓

 

MEMO
補足

  • シェフメイトグラスパーが滑りにくいコックシューズ。
  • シェフメイトα-7000は、クッション性抜群のコックシューズ。

 

 

③靴のサイズが合っていない

靴のサイズが合っていないと足が痛くなります。

靴ズレが代表格ですね。

特にコックシューズは、靴ヒモやマジックテープがありません。

安全面と衛生面から仕方のないこと。

しかし、足は人それぞれです。

スリッポンでは、どうしてもサイズが合わないことがあるでしょう。

そんなときは、ヒモのコックシューズも考えてみてください。

足にフィットさせるには靴ヒモが一番です。

たとえサイズを少し間違ていても、合わせることができるでしょう。

実際に大手外食チェーン店でも採用になっています。

是非、参考にしてみてください。

 

まとめ

当記事では、検索ワード「コックシューズ 足が痛い」に対する回答でした。

ご紹介した以外で足が痛い方いましたら、教えてください。

お問い合わせ内容を検証して、この記事に追記したいと考えています。

下記、簡単に記事をまとめます。

検索ワード「コックシューズ 足が痛い」の検索意図は、下記と予測。

  1. 長時間の立ち仕事
  2. 外反母趾・外反母趾気味
  3. 靴のサイズが合っていない

最後まで読んでいただきありがとうございました。

下記、関連記事もよろしくお願いします。

 

「わたしが足が痛いのはこの3つ以外だ!」

そんな方は、下記までお問い合わせお願いします。

 

「コックシューズ全般について知りたい」

そんな方は、下記の記事がオススメです。

 

 

コメントを残す