【メーカー特集】アキレス製コックシューズ「クッキングメイト」解説

こんな人に読んでほしい
  1. アキレスのコックシューズについて知りたい方。
  2. クッキングメイトの違いを知りたい方。

 

どーも、コックシューズ・厨房靴オタクのリョクシンです。

今回は、靴メーカー「アキレス」のコックシューズを紹介。

アキレスは、多数コックシューズをラインナップしています。

なにを買ってよいかわからない方も多いでしょう。

当記事では、アキレスの各製品を解説!!

「アキレスの製品を買いたいけど商品名が似ていて、わからない」

「クッキングメイトってなにを買えばいいの?」

「通販サイトの説明では、決めかねてる」

そんな方にオススメな記事です。

 

「アキレスじゃなくてもいいや」

そんな方には、コックシューズを徹底解説した記事がおすすめ!

 

 

アキレスのコックシューズとは?

アキレスは、コックシューズに定評のあります。

現在は、販売に力を入れていない印象ですが、商品の品質は高い傾向。

アキレスはコックシューズに限らず、品質はよいイメージですね。

キッズスニーカーの「瞬足シリーズ」や足にやさしい「ソルボ」が有名。

アキレスのコックシューズは多数あります。

そのなかでも人気なのは「クッキングメイトシリーズ」

当ブログでは、『クッキングメイト100』という製品をイチ押ししています。

クッキングメイトシリーズは、外食チェーン店のユニフォームにも採用。

食品工場でも見かけましたね。

アキレスのコックシューズは他社に比べてちょっと割高。

ただし、他社にはない細かいこだわりを感じることができる製品があります。

 

アキレスのコックシューズについて

ここからは、本題のアキレスのコックシューズについてみていきます。

アキレスの主要コックシューズは下記5つ。

アキレスのコックシューズ
  1. クッキングメイト100
  2. クッキングメイト003
  3. クッキングメイト700
  4. グルメ君
  5. クックフィールド001

詳しくみていきましょう。

 

 

クッキングメイト100

クッキングメイト100は、クッキングメイトシリーズで一番のハイスペック品です。

滑りにくくて疲れにくいのが特徴。

全メーカーのコックシューズの中で唯一「防汚」機能を全面に出しています。

防汚は、コックシューズが汚れにくく汚れを落としやすい。

たしかに表面がツヤツヤしています。

アキレスのクッキングメイト100は、当ブログでもイチ押しの製品。

ぜひ、一度試してみてください。

※次項で紹介するクッキングメイト003とお間違えのないように!

レビュー記事はこちら↓

 

 

クッキングメイト003

クッキングメイト003は、クッキングメイトシリーズの安価品。

クッキングメイト100のスペックダウン版と考えていただければと!

特にクッション性がダウンしていますね。

インソールがクッキングメイト100の方が格段によいでしょう。

あまりコックシューズにコストをかけたくない方はクッキングメイト003がオススメ。

クッキングメイト003は、クッキングメイトシリーズの中では安価品の部類です。

しかし、他社の安価品と比較すると、履きやすさなどすぐれた点が多数。

amazonにもそのようなレビューが散見します。

解説記事はこちら↓

 

 

クッキングメイト700

クッキングメイト700は、軽量性と遮熱性に特化したコックシューズ。

正直なところ、普通のキッチン・厨房ではオススメしません。

理由は、靴底がゴムじゃないから。

靴底がゴムでないと、滑りやすくなります。

クッキングメイト700は、靴底がすり減りやすいため、交換頻度が多くなる可能性が・・・

この製品を購入するのであれば、クッキングメイト003がオススメ!

クッキングメイト700がオススメな作業環境は、冷える環境になります。

「靴底から足が冷える」

そんな方にオススメします。

 

 

グルメ君

ぐるめ君は、日本製のコックシューズ。

諸説ありますが、「ぐるめ君は、コックシューズの第1号ではないか?」と言われています。

アキレスは、コックシューズという概念を作った可能性があるわけですね!

靴底とクッション部分が、同じ1枚素材のため耐久性が高いでしょう!

靴底がぺローンと剥がれる心配はありません。

しかし、滑りにくさには難あり。

丸洗いできるのが、メリットといえますね。

※乾燥機は不可。

 

 

 

クックフィールド001

クックフィールド001は、耐油性の高いコックシューズ。

正直なところ、クックフィールド001はそこまでオススメしません。

クッキングメイト700と同じで、使う場所が限定されています。

普通の厨房・キッチンの方は、クッキングメイト003の方がよいでしょう!

クックフィールド001が、どのような場所で履かれるか。

それは、濃度の濃い油を使用する現場。

通常のコックシューズでは耐えきれない油を使用する場合に履きます。

耐油性の低いコックシューズでは、強い濃度の油に触れると表面に亀裂が発生。

さらには、靴底がビヨヨーンと伸びてしまうのです。

 

 

まとめ

今回は、アキレスの安全靴タイプではないコックシューズを紹介しました。

アキレスは、機能的にかぶる製品がなく、効率よく開発されていると感じます。

基本的には、滑りにくくて履き心地のよいクッキングメイト100で間違えないでしょう。

コックシューズにお金を使いたくない方は、クッキングメイト003

その他は、変わった作業環境に合わせた製品になります。

ぜひコックシューズ選びの参考にしてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

「アキレス以外のコックシューズも知りたい」

そんな方に向けてコックシューズを徹底的に解説しました。

下記の記事になります。

 

コメントを残す