【介護士さん向けのおすすめな靴をレビュー】疲れないし蒸れない人気シューズ集めました!

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、介護士さんにおすすめな靴を紹介します。

リョクシン
結論から申し上げますと、脱ぎ履きしやすく静電タイプがおすすめ!

「疲れない介護士向けの靴がほしい」

「蒸れない介護士向けの靴ってあるの?」

「人気なワークシューズで介護職向けの靴を提案して!」

リョクシン
そんな方におすすめな記事です。

すべての介護士さんに一度読んでいただけたら嬉しいです。

この記事の著者

靴ブロガー

リョクシン

ryokushin

プロフィール

大阪在住のサラリーマンです。仕事に関係する靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

介護士さんにおすすめな「疲れない・蒸れない」靴の選び方を紹介します!

まずは、介護士さん向けの靴の選び方を解説します。

おすすめ製品は後述しましたので、早くみたい方はこちらをクリックしてください。

リョクシン
おすすめ製品が気に入らないケースもあると思いますので、その場合に読者の方がご自身で選べる様に解説しました。

介護士さん向けの靴の選び方は下記になります。

おすすめな靴の選び方!

  • カカト低い型
  • スニーカー型
  • 静電タイプ(好ましい)

それぞれ見ていきましょう。

カカト低い型

介護士の方は、靴を脱ぎ履きする機会が多いです。

部屋に入る時やベット周りを直すとき、入浴介助ですね。

リョクシン
そんな時に、紐を結んだりほどいたり、靴の脱ぎ履きで苦労している場合ではありません。

そのため、カカトの低いタイプをおすすめします。

カカトが低いと脱ぎ履きがしやすく、作業がスムーズ。

リョクシン
余計な体力を使う必要がなくなります。

フィットする工夫があるか

脱ぎ履きが多い時間帯ではない時もあるでしょう。

そんな時はバックベルトがある靴を選ぶとカカトを固定できるので、疲れにくくなります。

リョクシン
カカト低い型って、サンダルの様に歩くの踏ん張ってしまう傾向にありました。

足にフィットする

カカトにバックベルトが靴ズレそうで嫌な方は、マジックテープや甲ゴムで足にフィットさせられる靴を選びましょう。

甲ゴムとは、上記画像で私が指でさしている部分。

リョクシン
足を固定できれば、足が遊ばないので疲れにくい!

脱ぎ履きする時間帯ではない時に、履き方を変えることで疲れにくくなります!

↑目次へ戻る↑

スニーカー型

介護士の方は、スニーカー型もおすすめ!

脱ぎ履きしやすくするために、マジックテープかスリッポンの靴を選びましょう。

リョクシン
筆者はマジックテープを推奨します。

なぜならスリッポンでは、足にフィットしないので疲れやすい製品が多い。

先ほどのカカト低い型でも解説しましたが、足が遊んでしまうんですよね。

リョクシン
施設利用者さんを抱えること時も、足と靴がフィットしていることで、しっかり踏ん張れるので疲れにくい!

マジックテープは2本以下に抑えましょう。

フィッティング性を向上させるために、マジックテープが3本ある靴もありますが、脱ぎ履きが「めんどくさい」です。

リョクシン
マジックテープなら2本以下がおすすめ!

通気性

蒸れにくさを生み出すには、通気性が大事です。

カカト低い型と異なり、スニーカー型は通気性が低い製品も多くありました。

リョクシン
画像のように、メッシュ素材のように通気性が高まる工夫がある靴を選びましょう。

ただし、車イスとの衝突だけは気をつけてください。

メッシュ部分と車イスが「ぶつかる」と本当痛いので注意しましょう!

リョクシン
職場の環境を照らし合わせて選んで見てください。

↑目次へ戻る↑

静電タイプ(好ましい)

作業靴の中には、カラダに電気を溜めにくい静電機能を持った靴があります。

靴の場合には、「制電」ではなく「静電」。

リョクシン
間違えではありませんからね笑

冬場など、施設利用者さんと接する時に静電気がバチッとスパークすることを抑制します。

意外と知られていない機能ですが、介護士さんにとっては重要なポイント。

リョクシン
ただし、靴がかなり限られてしまいます。

静電気を溜めないのは重要ですが、ご自身の足に合わない靴を履き続けるのは、よくありません。

静電靴はワークシューズのみですが、履き心地の良い製品は限られています。

リョクシン
なんとか筆者の方で、厳選し当記事で紹介しました。

↑目次へ戻る↑

介護士さんにおすすめな靴をご紹介!

ここからは介護士さんにおすすめな靴をご紹介します。

今まで靴の選び方で紹介しましたポイントを有した靴ばかり。

リョクシン
ぜひ、参考にしてみてください!

下記になります。

介護士さんにおすすめな靴

  • ケアウォーカー®︎700【カカト低・アシックス】
  • ナースウォーカー®︎203【スニーカー・アシックス】
  • ウィンジョブ®︎FIE351【静電・アシックス】
  • メディカルエレパスCSS-706Si【静電・ミドリ】
  • メディカルエレパスCSS-308【静電・ミドリ】
  • ケアセーフティCSS-205【カカト低・ミドリ】

詳しくみていきましょう。

ケアウォーカー®︎700

評価項目詳細
価格¥7,590〜(通販による)
サイズ22.5~30.0cm
サイズ感普段履き比較:同じサイズ推奨
ナースシューズ比較:
ウィズ:2E(幅は普通くらい)
カラー展開2色(ホワイト/アイボリー・ブラック/ブラック)
動きやすさ★★★★★(星5つ)
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境大学病院◎
個人病院◎
看護専門学校◎
看護大学◎
介護施設◎

ケアウォーカー®︎700は、アシックスが開発したナースシューズです。

どちらかと言えば、介護士さん向けに作られていました。

リョクシン
カカト低い型の最高峰のナースシューズです。

足にフィットする構造

ケアウォーカー700

ケアウォーカー®︎700は、脱ぎ履きしやすいのに、履いた時は足にフィットする靴です。

マジックテープと甲ゴム、インソールの形状など、さすがアシックスな製品。

リョクシン
脱ぎ履きしやすいのに、履いた時だけフィットするなんて嘘としか思えませんよね笑

α-GEL入り

ケアウォーカー®︎700のカカト下には、α-GELが入っています。

α-GELとは、ゲル状のクッション素材。

リョクシン
画像では見えませんが、カカトの下に内蔵されています。

アシックス α-GEL

α-GELは、通常の靴に使われている発泡素材というクッション材よりも機能が長続きします。

実際にα-GEL入りの靴を使っているユーザーより、夕方以降の疲れが違うという意見がありました。

サイズ感

ケアウォーカー®︎700のサイズ感は、普段履きスニーカーと同じサイズでOK。

普段履きスニーカーとは、ナイキやプーマなどのスポーツメーカー品です。

リョクシン
普段履きスニーカーが27.5cmのところ、27.5cmを選びました。

※静電ではありません。

もっと詳しく解説
【アシックスのケアウォーカー700をレビュー】脱ぎ履きしやすいナースシューズ

↑目次へ戻る↑

ナースウォーカー®︎203

評価項目詳細
価格¥7,150〜(通販サイトによる)
サイズ21.5~29.0cm
サイズ感普段履き比較:同じサイズ推奨
ナースシューズ比較:
カラー展開3色(ピーコート/白・白・白/ピーコート)
動きやすさ★★★★★(星5つ)
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境大学病院◎
個人病院◎
看護専門学校◎
看護大学◎

ナースウォーカー203もアシックスが開発したナースシューズ。

看護師さん向けのナースシューズとして1番おすすめしている製品です。

リョクシン
アシックスのスポーツシューズで培われた技術が活かされていました。

フィッティング性が高い

足にしっかりフィットします。

フィッティング性が高い靴は、疲れにくく蒸れにくい。

リョクシン
アシックスはスポーツシューズを開発しているのでフィッティングは特にすぐれていて快適です笑

消臭効果のあるMOFFを採用

ナースウォーカー®︎203のつま先には、消臭効果のある素材MOFFが採用されていました。

つま先は通気できないので、どうしても臭いやすい。

リョクシン
連日使用するナースシューズには最適な機能ですね。

車イスから少しカバー

ナースシューズのため、安全性の観点から、つま先に通気性の高い素材がありません。

通気性は多少下がりますが、車イスや配膳台、台車などの作業にて、ケガをしにくいです。

リョクシン
また、素材が破れにくいので、耐久性もありました。

サイズ感

ナースウォーカー®︎203のサイズ感は、普段履きスニーカーと同じサイズでOK。

普段履きスニーカーとは、ニューバランスなどのスポーツメーカー品のこと。

リョクシン
普段履きスニーカーが27.5cmのところ、27.5cmでした。

※静電ではありません。

もっと詳しく解説
【アシックスのナースウォーカー203をレビュー】最高峰のナースシューズでした。

↑目次へ戻る↑

ウィンジョブ®︎FIE351

評価項目詳細
価格¥7,480〜(通販による)
サイズ22.0~29.0cm
サイズ感普段履き比較:同じサイズ推奨
カラー展開1色
安全性★★★★☆(星4つ)
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境精密機械・電子部品・社内履き・介護施設

ウィンジョブ®︎FIE351とは、アシックスが開発した静電靴です。

実は、ナースシューズや介護士さん向けに開発はされていません。

リョクシン
静電気が発生しては危ない、精密機械工場やクリーンルーム向けになります。

通気性が高い

通気性の高いメッシュ素材を多用していました。

そのため、蒸れにくいです。

リョクシン
前述のとおり、車イスなどの衝突はお気をつけください。

土踏まずのサポートが強い

土踏まずに沿った形状です。

そのため、立ち仕事でも疲れにくいと感じました。

リョクシン
クリーンルームや精密機械工場hは、立ち仕事ですからね。

サイズ感

ウィンジョブ®︎FIE351のサイズ感は、すこし大きめ

ナイキやアディダスなどの普段履きスニーカーと比較しています。

リョクシン
普段履きスニーカーが27.5cmに対して27.0cmを選びました。
もっと詳しく解説
【ウィンジョブFIE351をレビュー】アシックスの先芯なしの静電靴

↑目次へ戻る↑

メディカルエレパスCSS-706Si

評価項目詳細
価格¥4,740〜(通販による)
サイズ22.0~30.0cm
サイズ感普段履き比較:0.5cm小さめ推奨
ナースシューズ比較:0.5cm小さめ推奨
ウィズ:3E(幅は広め)
カラー展開1色
動きやすさ★★★★★(星5つ)
クッション性★★★★☆(星4つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境病院・介護施設

メディカルエレパスCSS-706Siはミドリ安全が開発したナースシューズ。

ミドリ安全は、ワークシューズ業界のトップメーカーです。

リョクシン
ナースシューズも多数ラインナップしています。

高反発なクッション

メディカルエレパスCSS-706Siのクッションは、スプリングジョイと言われる高反発素材

跳ねるように動けます。

リョクシン
すごい反発力で、クッション性の回復も早いですね。

靴のクッションは連日使用していると低下してきます。

できれば靴には休みを与えてあげることが大事ですが、「なかなか」できませんね。

リョクシン
メディカルエレパスCSS-706Siのクッションは高反発で回復が早く感じました。

インソールが疲れにくい

インソールの形状が疲れにくい形状でした。

特に私が指で指している先が盛り上げっています。

リョクシン
立ち仕事で筋肉が低下してきた時にサポートしてくれました。

サイズ感

メディカルエレパスCSS-706Siのサイズ感は、大きめ

アディダスなどの普段履きスニーカーと比較しています。

リョクシン
普段履きスニーカーが27.5cmのところ26.5cmを選びました。

最低でも0.5cmは小さめをおすすめします!

もっと詳しく解説
【メディカルエレパスCSS-706Siをレビュー】高反発で動きやすい静電ナースシューズ

↑目次へ戻る↑

メディカルエレパスCSS-308

評価項目詳細
価格¥4,719〜(通販による)
サイズ21.5~25.5cm
サイズ感普段履き比較:0.5cm小さめ推奨
ナースシューズ比較:0.5cm小さめ推奨
ウィズ:3E(幅は広め)
カラー展開1色
動きやすさ★★★☆☆(星3つ)
クッション性★★★☆☆(星3つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境大学病院◎
個人病院◎
看護専門学校◎
看護大学◎

メディカルエレパスCSS-308もミドリ安全が開発した静電ナースシューズです。

靴底からも通気できる構造のナースシューズ。

リョクシン
とにかく、通気性に振り切った製品です。

靴底に通気口

メディカルエレパスCSS-308は、靴底に通気口がありました。

夏場に履かれているビジネスシューズのような構造ですね。

靴底で通した空気を逃しやすいようにメッシュ素材が多用されていました。

いくら靴底から通気しても逃す場所がないと通気性は高まりにくいので大事ですね。

マジックテープ1本で脱ぎ履きラクラク

マジックテープが1本なので、脱ぎ履きが楽でした。

すべてマジックテープなので、しっかりフィットします。

リョクシン
マジックテープ1本は本当に楽。

サイズ感

メディカカルエレパスCSS-308のサイズ感は、大きめ

プーマなどの普段履きスニーカーとの比較です。

リョクシン
普段履きスニーカーが27.5cmのところ、27.0cmでした。
もっと詳しく解説
【メディカルエレパスCSS-308をレビュー】ミドリ安全の通気性に特化した静電ナースシューズ

↑目次へ戻る↑

ケアセーフティCSS-205

評価項目詳細
価格¥3,718〜(通販による)
サイズ22.0~28.0cm
サイズ感普段履き比較:小さめ推奨
ナースシューズ比較:同じサイズ
ウィズ:3E(幅は広め)
※人差し指の一番長い方向け
カラー展開ホワイト
動きやすさ★★★☆☆(星3つ)
クッション性★★★☆☆(星3つ)
耐久性★★★☆☆(星3つ)
おすすめの使用環境大学病院◎
個人病院◎
看護専門学校◎
看護大学◎
介護施設◎

ケアセーフティーCSS-205は、ミドリ安全が開発したナースシューズです。

ミドリ安全はナースシューズを2ブランド(ケアセーフティとメディカルエレパス)展開しています。

リョクシン
ケアセーフティは静電ではありませんが軽量で動きやすい製品。

カカトが低い型

ケアセーフティーCSS-205は、シリーズの中でもカカトが低い型

脱ぎ履きしやすさに加えて、バックベルトを使うことでスニーカー型のように使用できます。

リョクシン
脱ぎ履きする時間帯が終わったら、使ってみてください。

甲にやさしい

カカト低い型は、サンダルのように歩くので足の甲が痛くなる靴があります。

ケアセーフティCSS-205は、足の甲のあたりを和らげるため、クッション材がありました。

リョクシン
甲が痛くなりにくい。

脱ぎやすいしサイズ調整しやすい

バックベルトを使用していても脱げるような構造でした。

また、足の甲のサイズ調整もしやすいですね。

リョクシン
ただ、筆者はこの使い道がそこまで理解できませんでした。

サイズ感

ケアセーフティCSS-205のサイズ感は、すこし大きめ

ナイキなどの普段履きスニーカーと比較しています。

リョクシン
普段履きスニーカーが27.5cmのところ、27.0cmでした。
もっと詳しく解説
【ミドリ安全のケアセーフティCSS-205をレビュー】カカトの低いナースシューズ

↑目次へ戻る↑

介護士さんにおすすめな靴のレビューをまとめます。

当記事では、介護士さん向けにおすすめな靴を紹介しました。

どれも疲れにくく動きやすい靴ばかりです。

リョクシン
アシックスとミドリ安全は良い製品が多いですね。

介護関係の方は、作業靴を履いていないのを目にします。

しかし、靴屋さんに売っている有名メーカーの靴でも、疲れやすくて蒸れる製品もありました。

リョクシン
靴屋さんのスニーカーは、過去にスポーツ界でヒットした靴であることが多く、最新の技術があるとも限りません。

できれば、ナースシューズなどの作業靴のハイスペック品から選んでみてください。

おそらく動きやすくて疲れにくい製品が見つかるでしょう。

リョクシン
もし、よろしければ筆者のおすすめ品も検討していただけると幸いです。

それでは、下記より簡単に記事をまとめます。

介護士さんにおすすめな靴の選び方は下記のとおり。

おすすめな靴の選び方!

  • カカト低い型
  • スニーカー型
  • 静電タイプ(好ましい)

スニーカー型は、マジックテープの製品をおすすめします。

上記を踏まえて、紹介しました製品は下記でした。

ぜひ、参考にしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

リョクシン
お時間ございましたら、下記の記事もよろしくお願いします。

「もっとナースシューズを見てみたい」

そんな方に向けてナースシューズを徹底解説しました。

もっと詳しく解説
【ナースシューズを30種類履いた筆者が解説】おすすめ製品はコレだ!!

ご確認の程よろしくお願いします!

コメントを残す