【リカバリーサンダルの1番のおすすめ品は?】有名ブランド徹底比較!

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、リカバリー サンダルを徹底比較しました。

リョクシン

結論から申し上げますと、ウーフォスがおすすめ!
その前にリカバリーサンダルって何?

シンコーちゃん

衝撃吸収を高めた素材で、カラダへのダメージを軽減・回復できるサンダルです。

トレーニング後や立ち仕事中、ランニング後に履くのがオススメ!

リョクシン

また、スタンディングデスクでも活躍します。
とにかく衝撃吸収できてカラダへの負荷が減るんだね!

シンコーちゃん

今回は、そんなリカバリーサンダルを比較レビューしました。

筆者は、ウーフォスをおすすめしましたが、用途やサイズ間によっては変わってきます。

リョクシン
ぜひ、比較レビューを参考にしてみてください。
この記事の著者

靴ブロガー

リョクシン

ryokushin

プロフィール

大阪在住のサラリーマンです。仕事に関係する靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

リカバリーサンダルとは?おすすめな選び方を解説!

まずは、リカバリーサンダルのおすすめな選び方を解説します。

おすすめ製品を「早くみたい」という方はこちらをクリックしてください!

リョクシン
選び方は下記になります。

ザッと簡単にみていきましょう。

レジャー

レジャーで使うリカバリー サンダルは、靴底がすり減りにくい製品を選びましょう。

リカバリー サンダルは、衝撃吸収に優れた素材のため、すり減りが早い。

リョクシン
製品によっては、靴底にすり減りにくくい素材があるモノもありました。

ゴム素材を使用

サロモンのリカバリーサンダルです。

その他のリカバリー サンダルは、靴底がクッションと同じ素材のところ、ゴム素材を使用していました。

リョクシン
クッション素材と同じ素材では、すり減りは早いでしょう。

ちょっと重くなる

ただし、すり減りにくい素材は、重量感が増してしまいます。

また、衝撃吸収性は、ウーフォスやテリックの方が高く感じました。

↑目次へ戻る↑

ランニング後

ランニングやトレーニング、スポーツ後におすすめなのが、鼻緒が無いタイプ。

ランニングを終えてすぐに履くことができます。

リョクシン
鼻緒があるタイプは、靴下を脱ぐか5本指ソックスにする必要がありました。

そのため、ランニング後などは鼻緒のないタイプをおすすめします。

↑目次へ戻る↑

室内・オフィス内

室内でも鼻緒のないタイプをおすすめします。

こちらも通勤靴からすぐに履き替えるため。

リョクシン
5本指ソックスを履いている方は、鼻緒があるタイプでも大丈夫です。

また靴底が床を傷つけないタイプにしましょう。

傷つけないタイプとは、靴底がすり減りにくい素材や滑りにくい素材を使用していないサンダルのこと。

リョクシン
ほとんどのリカバリーサンダルが問題ありません。

先ほどのレジャーに最適なサロモンタイプくらいでしょう。

↑目次へ戻る↑

甲高幅広の方

甲高幅広の方は、rigがおすすめ!

rigは、日本人向けに開発されたリカバリー サンダル。

リョクシン
とはいえ、ウーフォスやテリックなどの海外メーカーも全く問題ありませんでした。

日本人だから、rigを選ぶのではなく、甲高幅広だから選ぶと言うイメージです。

筆者は、日本人ですがテリックもウーフォスも問題なく、逆にrigは合いませんでした。

↑目次へ戻る↑

リカバリーサンダルのおすすめブランド比較レビュー

ここからは、おすすめリカバリーシューズのブランドと製品について解説。

下記になります。

それぞれに個別のレビュー記事をご用意しました。

もっと細かく知りたい方は、個別記事の確認をお願いします!

リョクシン
詳しくみていきましょう。

OOFOS(ウーフォス)

評価項目詳細
価格¥6,380〜(通販による)
サイズ23.0~30.0cm
サイズ感細身・小さめ
カラー展開3色(男女合計)
蒸れにくさ★★★★★(星5つ)
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★☆☆☆(星2つ)
おすすめの使用環境散歩◎
立ち仕事◎
ランニング後◎

ウーフォスは、リカバリー サンダルを1番最初に開発したメーカー。

筆者が購入したのは、鼻緒のないOOahhというタイプです。

リョクシン
他にもたくさんの種類があるので、ぜひお好きなデザイン・カラーを選んでみてください。

レディース

メンズ

上記もごく一部です。

他にもデザインありますので、見てみてください。

リョクシン
ウーフォスは、筆者が1番おすすめするリカバリーサンダルです。

特殊配合

ウーフォスをおすすめする理由は、なんと言ってもクッション素材の配合です。

EVAと言う素材を使用しているのですが、この素材は配合によって機能が大きく変わる素材。

リョクシン
色々、履き比べましたが、1番衝撃吸収に優れていると感じました。

足腰にも優しいと思います。

重たいバッグを持ち歩いている方にも良いでしょう。

歩きやすい

前述のとおり、ウーフォスは衝撃吸収に優れます。

素材の配合を衝撃吸収に特化してしまうと、推進力でおとるデメリットがありました。

リョクシン
ウーフォスは、そのデメリットをサンダル自体の形状で解決しています。

カカトの着地から、つま先での踏み出しまで、重心移動がしやすい設計でした。

重心移動しやすいと歩きやすいです。

リョクシン
デメリットも見事にカバーしていました。

サイズ感

ウーフォスのサイズ感は、すこし小さめ。

ナイキなどの普段履きスニーカーと比較しています。

リョクシン
普段履きスニーカーが27.5cmのところ、28.0cmでした。
サイズ感

普段履きスニーカー

  • アシックス『ゲルカヤノ』 ⇒ 27.5cm
  • アディダス『スタンスミス』⇒27.5cm
  • ナイキ『エアマックス720』⇒ 27.5cm
  • ナイキ『エアマックスオケト』⇒27.5cm
  • ニューバランス『574』 ⇒ 27.5cm
  • ホカオネ『ボンダイ6』⇒ 28.0cm
  • ホカオネ『クリフトン』⇒ 27.5cm(ワイド)

革靴

  • リーガル ⇒ 26.5cm
  • テクシーリュクス ⇒ 26.5cm

サンダル

ウーフォス⇒ 28.0cm

正直なところ、27.0cmでも問題なかったのです。

それだけ、足幅のフィッティング性が柔軟でしっかりしていました。

もっと詳しく解説
【ウーフォスのOOahhをレビュー】リカバリーサンダルで負担軽減!

↑目次へ戻る↑

TELIC(テリック)

評価項目詳細
価格¥6,800〜(通販による)
サイズ22.0~29.0cm
サイズ感細身・小さめ
カラー展開2色(男女合計)
蒸れにくさ★★★★★(星5つ)
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★☆☆☆(星2つ)
おすすめの使用環境散歩◎
立ち仕事◎
ランニング後◎

テリックは、アメリカ発のリカバリーシューズメーカー。

テリックは、ファッション性も兼ね備えたラインナップです。

リョクシン
ニューヨークタイムズ紙のベストコンフォートシューズ賞を受賞したメーカー。

選ばれたこともすごいのですが、大衆紙に「靴の年間ベスト賞」がある事に、「さすがアメリカ」だと感心しました。

靴文化ですね。

リョクシン
私が選んだのは、テリックW-STRAPホワイトですが、他にも多数のデザインやカラーリングがありました。

他カラー・デザイン

レディースもメンズも充実しています。

意外にオールホワイトって珍しいかなと思いました。

厚底なのに歩きやすい

テリックは、厚底のリカバリーサンダルです。

厚底で衝撃吸収に優れると、「動きやすさはどうなの?」と不安でした。

リョクシン
しかし、ウーフォスと同様に、着地から踏み出しまでスムーズな構造で快適です。

足裏の形状の目が細かい

足の裏に当たる部分の目が細かいです。

目が細かいことで滑り防止効果と、通気性効果がありました。

リョクシン
目が細かく、足と密着しないので通気性が高く感じます。

ここまで目が細かいリカバリーサンダルは、テリックだけですね。

サイズ感

テリックのサイズ感は、普段履きスニーカーと同じサイズでOK。

普段履きスニーカーとは、プーマなどのスポーツメーカー品です。

リョクシン
普段履きが27.5cmに対して、28.0cmでした。

ハーフサイズが無いので、28.0cmにしました。

サイズ感

普段履きのスニーカー

  • アシックス『ゲルカヤノ』 ⇒ 27.5cm
  • アディダス『スタンスミス』⇒27.5cm
  • ナイキ『エアマックス720』⇒ 27.5cm
  • ナイキ『エアマックスオケト』⇒27.5cm
  • ニューバランス『574』 ⇒ 27.5cm
  • ホカオネ『ボンダイ6』⇒ 28.0cm
  • ホカオネ『クリフトン』⇒ 27.5cm(ワイド)

革靴

  • リーガル ⇒ 26.5cm
  • テクシーリュクス ⇒ 26.5cm

サンダル

ウーフォス ⇒ 28.0cm
テリック ⇒ 28.0cm

ウーフォス同様に27.0cmでも問題なかったと思っています。

それだけ、しっかり足をホールドしつつ適度な柔軟性のある素材でした。

もっと詳しく解説
【テリックの厚底サンダルをレビュー】日本人向けラストのリカバリーシューズ

↑目次へ戻る↑

rig(リグ)

評価項目詳細
価格¥6,930〜(通販による)
サイズS~XLサイズ
S:22.5〜23.5cm
M:24.0〜25.0cm
L:25.5〜26.5cm
XL:27.0〜28.0cm
サイズ感大きめ・甲高幅広
カラー展開4色
蒸れにくさ★★★☆☆(星3つ)
クッション性★★★★☆(星4つ)
耐久性★★★☆☆(星3つ)
おすすめの使用環境散歩◎
立ち仕事◎
オフィス履き◎

リグは、日本人向けにリカバリーシューズを開発しているメーカーです。

テリックやウーフォスに比べて、甲高幅広

リョクシン
前述のとおり、日本人向けというよりは、甲高で幅広いリカバリーサンダルです。

筆者は、日本人ですが、ウーフォスでも問題ありません。

また、テリックはそもそも日本人向けにラストを変更しているとのこと。

リョクシン
とにかく、甲高幅広の人に向いているということですね。

筆者が購入したのは、スライドという鼻緒がないタイプ。

また迷彩柄です。

リョクシン
落ち着いたデザインや鼻緒のあるタイプもありました。

他デザイン・カラー

デザインいい感じですね。

もちろん、デザインだけではなく、機能性も抜群でした。

通気性あり

テリックと同じくらいに、通気性の良いフットベットです。

一見、荒そうな形状ですが、四角形の中に目が細かいツブツブした形状がありました。

リョクシン
足と密着しにくく、蒸れにくいと感じます。

疲れにくい

すこしハードめな履き心地ですが、芯がしっかり衝撃を吸収してくれる感覚です。

テリックとキナーの間くらいな感触でした。

リョクシン
ウーフォスやテリックに負けていませんので、甲高幅広な方におすすめします!

ちなみに、筆者は足がすこし細身なので、ウーフォスが圧倒的によかったかなと。

サイズ感

リグのサイズ感は、大きめ。

ナイキなどの普段履きスニーカーと比較しました。

リョクシン
普段履きスニーカーが27.5cmのところ、Lサイズ(25.5〜26.5cm)でした。
サイズ感

普段履きのスニーカー

  • アシックス『ゲルカヤノ』 ⇒ 27.5cm
  • アディダス『スタンスミス』⇒27.5cm
  • ナイキ『エアマックス720』⇒ 27.5cm
  • ナイキ『エアマックスオケト』⇒27.5cm
  • ニューバランス『574』 ⇒ 27.5cm
  • ホカオネ『ボンダイ6』⇒ 28.0cm
  • ホカオネ『クリフトン』⇒ 27.5cm(ワイド)

革靴

  • リーガル ⇒ 26.5cm
  • テクシーリュクス ⇒ 26.5cm

サンダル

  • ウーフォス ⇒ 28.0cm
  • テリック ⇒ 28.0cm
  • サロモン ⇒ 28.0cm
  • ホカオネ ⇒ 28.0cm
  • キーン ⇒ 28.0cm
  • リグ ⇒ Lサイズ(26.5cm)
  • キナー ⇒ Lサイズ(27.0cm)
もっと詳しく解説
【rig(リグ)のスライドをレビュー】アジア人向けのリカバリーサンダル

↑目次へ戻る↑

KINNER(キナー)

評価項目詳細
価格¥3,960〜(通販による)
サイズ25.0~28.0cm
サイズ感すこし小さめ
カラー展開4色
蒸れにくさ★★★☆☆(星3つ)
クッション性★★★★☆(星4つ)
耐久性★★★☆☆(星3つ)
おすすめの使用環境散歩◎
立ち仕事◎
オフィス履き◎

キナーはイタリアのスポーツメーカーです。

イタリア国内のスポーツ選手に人気とのこと。

リョクシン
ここまで聞くと「価格の高いハイブランドなのかな?」というイメージですが、違いました。

すべての製品がかなり安いですね。

他カラー

どのカラーリングもおしゃれです。

価格が安いとは思えません。

超厚底

キナーのリカバリーサンダルは、超厚底でした。

厚底は、衝撃吸収に優れるので、リカバリーサンダルには最適ですね。

リョクシン
ウーフォスなどと比較すると、すこし硬めな履き心地でした。

値段は安いのですが、全く問題なく衝撃吸収できます。

スタンディングデスクを使用するときにもおすすめ!

軽い

キナーは、超厚底なのに軽量

ここまで軽量だとは思いませんでした。

サイズ感

キナーのサイズ感は、すこし大きめ。

アディダスなどの普段履きスニーカーと比較しています。

リョクシン
普段履きスニーカーが27.5cmのとところ、Lサイズ(27.0cm)でした。
サイズ感

普段履きのスニーカー

  • アシックス『ゲルカヤノ』 ⇒ 27.5cm
  • アディダス『スタンスミス』⇒27.5cm
  • ナイキ『エアマックス720』⇒ 27.5cm
  • ナイキ『エアマックスオケト』⇒27.5cm
  • ニューバランス『574』 ⇒ 27.5cm
  • ホカオネ『ボンダイ6』⇒ 28.0cm
  • ホカオネ『クリフトン』⇒ 27.5cm(ワイド)

革靴

  • リーガル ⇒ 26.5cm
  • テクシーリュクス ⇒ 26.5cm

サンダル

  • ウーフォス ⇒ 28.0cm
  • テリック ⇒ 28.0cm
  • サロモン ⇒ 28.0cm
  • ホカオネ ⇒ 28.0cm
  • キーン ⇒ 28.0cm
  • キナー ⇒ Lサイズ(27.0cm)
もっと詳しく解説
【キナーRSK3001をレビュー】コスパ抜群なリカバリーサンダル

↑目次へ戻る↑

HOKA ONE ONE(ホカオネオネ)

評価項目詳細
価格¥8,000〜(通販による)
サイズ22.0~31.0cm
サイズ感すこし小さめ
カラー展開10色(男女合計)
蒸れにくさ★★★☆☆(星3つ)
クッション性★★★★☆(星4つ)
耐久性★★★☆☆(星3つ)
おすすめの使用環境散歩◎
立ち仕事◎
ランニング後◎

ホカオネオネは、フランス発のスポーツメーカー。

トレイルランニングやジョギングシューズで人気です。

リョクシン
超厚底のスポーツシューズで大人気!

筆者は、鼻緒のあるタイプを選びました。

しかし、他にもデザインはあるので、お好きなモノを選んでみてください。

他デザイン

どれも厚底ですね。

厚底については、次で解説しました。

オーバーサイズミッドソール

超厚底のオーバーサイズミッドソールが特徴。

野山を走るトレランシューズの下山で膝へのダメージを減らすために開発されたと言います。

リョクシン
ランニングシューズとは、配合の違うリカバリー目的の履き心地に感じました。

動きやすい

前述のとおり、厚底で衝撃吸収に優れると、動きにくくなります。

ホカオネオネのリカバリーサンダルも、サンダル自体の形状でデメリットを改善していました。

リョクシン
スポーツシューズで培われた技術でしょう。

サイズ感

ホカオネオネのサイズ感は、普段履きスニーカーと同じでOK。

普段履きスニーカーとは、ニューバランスなどのスポーツメーカー品です。

リョクシン
普段履きが27.5cmに対して28.0cmを選びました。

ハーフサイズがありませんでした。

サイズアップで履きましたが、問題ありません。

サイズ感

普段履きのスニーカー

  • アシックス『ゲルカヤノ』 ⇒ 27.5cm
  • アディダス『スタンスミス』⇒27.5cm
  • ナイキ『エアマックス720』⇒ 27.5cm
  • ナイキ『エアマックスオケト』⇒27.5cm
  • ニューバランス『574』 ⇒ 27.5cm
  • ホカオネ『ボンダイ6』⇒ 28.0cm
  • ホカオネ『クリフトン』⇒ 27.5cm(ワイド)

革靴

  • リーガル ⇒ 26.5cm
  • テクシーリュクス ⇒ 26.5cm

サンダル

  • ウーフォス ⇒ 28.0cm
  • テリック ⇒ 28.0cm
  • サロモン ⇒ 28.0cm
  • ホカオネ ⇒ 28.0cm
もっと詳しく解説
【ホカオネオネのリカバリーフリップをレビュー】超厚底のサンダルで疲れにくい!

↑目次へ戻る↑

Salomon(サロモン)

評価項目詳細
価格¥6,600〜(通販による)
サイズ22.0~28.5cm
サイズ感すこし小さめ
カラー展開2色(男女合計)
蒸れにくさ★★★★★(星5つ)
クッション性★★★★☆(星4つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境散歩◎
立ち仕事◎
ランニング後◎

サロモンは、世界的なアウトドアメーカーです。

野山を走るトレイルランニングシューズで有名。

リョクシン
筆者が選んだのは、鼻緒のあるタイプですが、他デザイン・カラーがありました。

他カラー・デザイン

サロモンは、アウトドアメーカーだけあって、屋外の整備されていない環境でも活躍しやすい靴底でした。

靴ズレしにくい

鼻緒のあるタイプの嫌なのが、靴ズレすることです。

サロモンのリラックスブレイク4.0は、足と摩擦が起きにくい様に加工されていました。

リョクシン
そのため、靴ズレしにくい!

レジャー・屋外におすすめ

サロモンのリカバリーサンダルの特徴は、靴底に向いた素材を使用していること。

滑りんくくて、すり減りにくい。

リョクシン
さすが、アウトドアメーカーだと思いました。

キャンプ場や登山帰り、夏フェスなどの整備されていない場所を歩くときは、サロモンがおすすめ!

サイズ感

サロモンのサイズ感は、普段履きスニーカーと同じでOK。

普段履きスニーカーとは、ナイキやアシックスなどのスポーツメーカー品です。

リョクシン
普段履きが27.5cmのところ、28.0cmでした。

ハーフサイズがなかったので、28.0cmを選びました。

サイズ感は問題ありません。

サイズ感

普段履きのスニーカー

  • アシックス『ゲルカヤノ』 ⇒ 27.5cm
  • アディダス『スタンスミス』⇒27.5cm
  • ナイキ『エアマックス720』⇒ 27.5cm
  • ナイキ『エアマックスオケト』⇒27.5cm
  • ニューバランス『574』 ⇒ 27.5cm
  • ホカオネ『ボンダイ6』⇒ 28.0cm
  • ホカオネ『クリフトン』⇒ 27.5cm(ワイド)

革靴

  • リーガル ⇒ 26.5cm
  • テクシーリュクス ⇒ 26.5cm

サンダル

  • ウーフォス ⇒ 28.0cm
  • テリック ⇒ 28.0cm
  • サロモン ⇒ 28.0cm
もっと詳しく解説
【サロモンのリラックスブレイク4.0をレビュー】足と摩擦が起きにくいサンダル

↑目次へ戻る↑

リカバリーサンダルのおすすめ製品のまとめ

当記事では、おすすめなリカバリーサンダルを紹介しました。

ウーフォスが1番衝撃吸収性を感じたので、おすすめです。

リョクシン
しかし、その他のメーカーもウーフォスには無い特徴がありました。

そのため、使用目的や環境でもベストな製品は変わってくるでしょう。

衝撃吸収に特化したリカバリーサンダルを履いた事がない方は、ぜひ1度履いてみてください。

リョクシン
立ち仕事中やスポーツ後、足腰に自信がない方におすすめです!

それでは下記より、簡単に記事をまとめます。

ご紹介しましたおすすめなリカバリーサンダルは下記でした。

1番おすすめはウーフォスです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願いします。

「リカバリーサンダル以外でも疲れないサンダルを見たい」

そんな方に向けてリカバリーサンダルを解説しました。

もっと詳しく解説
立ち仕事でも疲れないサンダルはコレだ!【疲労軽減におすすめ】

「サンダル以外で疲れない靴について知りたい」

そんな方に向けて、疲れない靴全般を解説しました。

もっと詳しく解説
立ち仕事でお疲れの方は靴が原因ですよ!疲れないスニーカーを徹底解説!

コメントを残す