【サロモンのリラックスブレイク4.0をレビュー】足と摩擦が起きにくいサンダル

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、サロモンのリラックスブレイク4.0をレビュー。

リョクシン
足との摩擦が起きにくいサンダルでした。

「疲れにくいサンダルがほしい」

「ビーサンだと足の甲が痛くなる」

「滑りにくいサンダルを探している」

リョクシン
そんな方におすすめなサンダルです。

クッション性が高く滑りにくいので、疲れにくく感じました。

ディズニーランドや観光やレジャー、日常使いの他、海の家など屋外で働く方にもおすすめ!

リラックスブレイク4.0とは?重量とサイズ感をレビュー

リラックスブレイク4.0とは、サロモンが開発したリカバリーサンダルです。

リカバリーサンダルとは、スポーツ競技やトレーニング後に履く、衝撃吸収にすぐれたサンダル。

足腰や膝などの回復につながるということで、近年注目されています。

評価項目詳細
価格¥6,600〜(通販による)
サイズ22.0~28.5cm
サイズ感すこし小さめ
カラー展開2色(男女合計)
蒸れにくさ★★★★★(星5つ)
クッション性★★★★☆(星4つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境散歩◎
立ち仕事◎
ランニング後◎

サロモンは、トレイルランニング(以降、トレラン)関係はじめアウトドア用品を製造しているメーカー。

トレイルランニングは、野山を走る過酷の競技です。

足腰や膝への負担が大きくレース後に、履くサンダルとして開発されたのではないかと。

リョクシン
サロモンのトレランシューズって、耐久性も高く走りやすいので、雨の日のランニングシューズとしても使用していました。

また軽登山する時も、登山靴は重いし高いし履く機会が少ないことから、サロモンのトレランシューズ使用していますね。

サロモンってナイキやアシックスに比べて認知度低いイメージ。

しかし、良い製品ばかりなので、知らなかった方はぜひサロモンのトレランシューズ履いてほしいですね。

リョクシン
もちろん、リラックスブレイク4.0もおすすめ!

重量

サロモンのリラックスブレイク4.0は、28.0cmで199gでした。

かなり軽いですね。

あとで説明しますが、靴底に滑りにくい素材を使っていてこの軽さはすごいと思います。

リョクシン
滑りにくい素材ってゴムなど重い素材が多いんですよね。

サイズ感

サロモンのリラックスブレイク4.0のサイズ感は、すこし小さめ

アシックスやアディダスなどの普段履きスニーカーと比較しています。

普段履きスニーカーが27.5cmですが、こちらは28.0cmでした。

リョクシン
靴のサイズ選びのご参考に筆者の所持していた靴のさサイズをご案内!
筆者の靴ラインナップ

普段履きのスニーカー

  • アシックス『ゲルカヤノ』 ⇒ 27.5cm
  • アディダス『スタンスミス』⇒27.5cm
  • ナイキ『エアマックス720』⇒ 27.5cm
  • ナイキ『エアマックスオケト』⇒27.5cm
  • ニューバランス『574』 ⇒ 27.5cm
  • ホカオネ『ボンダイ6』⇒ 28.0cm
  • ホカオネ『クリフトン』⇒ 27.5cm(ワイド)

革靴

  • リーガル ⇒ 26.5cm
  • テクシーリュクス ⇒ 26.5cm

サンダル

ウーフォス ⇒ 28.0cm
テリック ⇒ 28.0cm
サロモン ⇒ 28.0cm

※足は狭めです。

ぜひ、参考にしてみてください。

サロモンのリラックスブレイク4.0を詳しくレビュー

ここからは、サロモンのリラックスブレイク4.0を詳しくレビューします。

レビューするポイントは下記のとおり。

レビューするポイント

  • 通気性(蒸れにくさ)
  • クッション性(疲れにくさ)
  • 耐久性(長持ちするか)

詳しくみていきましょう。

 

通気性(蒸れにくさ)

リラックスブレイク4.0の通気性をみていきます。

「サンダルって通気性良いんじゃないの?」

そう思った方も多いでしょう。

リョクシン
つま先の開いたサンダルでも通気性が低い製品はありました。

その辺りについても解説していきます。

靴のパーツのアッパーの場所について解説

通気性に関係する靴のパーツをアッパーと言います。

足をぐるっと包みこむパーツ。

サンダルの場合には、足の裏に素材が関係します。

足の裏にはり付かない素材

足の裏にはり付く感じのサンダルは、蒸れやすく通気性が良いとは言えません。

リラックスブレイク4.0の素材は、はり付く感じがなく、蒸れにくい

はり付くと汗をかきやすいので、あまりおすすめしません。

リョクシン
安いビーチサンダルなどに多いですね。

メッシュ素材

サンダルですが、アッパーにメッシュ素材を使用していました。

ランニングシューズなどのスニーカーに使用されることが多いメッシュ。

サンダルで使用するのは、珍しいのですが、通気性が高く感じます。

裏側はメッシュではない

アッパーの外側はメッシュなのですが、裏側は足の裏にあたる素材と同じ。

その理由は、内側をメッシュにしてしまうと、足の甲と摩擦が起きてしまい靴ズレが起きてしまうから。

しかし、通気口はメッシュと連動しているので、しっかり通気はできます。

リョクシン
すべてメッシュ素材にしてしまうと耐久性も低下するので、おすすめしません。

日本人もOK

サロモンは、海外メーカーなので、日本人には向かないと思っていました。

しかし、履いてみて感じたのは、そんな合わないこともないといった感覚。

日本人は、親指が1番長い人が割合が、6割強と多く筆者もそうなのですが、問題ありません。

鼻緒に柔軟性がある

サンダルの指の間にくる部位を「鼻緒(はなお)」と言います。

筆者は、鼻緒のあるサンダルって足の皮がめくれるので、好きじゃないんですよね。

しかしリラックスブレイク4.0は、素材に柔軟性があり、筆者には合いました。

リョクシン
ビーサンのようなサンダルって鼻緒も硬いですからね。

しかし、歩き方や足の形状、肌の強さも関係します。

鼻緒がストレスな方は、別のタイプもありますので、ぜひご検討を!

通気性まとめ

  • 通気口がある
  • 日本人向けでもある
  • メッシュで蒸れにくい
  • 甲と摩擦を起こしにくい
  • 鼻緒の素材に柔軟性がある

↑目次へ戻る↑

クッション性(疲れにくさ)

続いてクッション性についてみていきましょう。

クッション性は、足の裏から体重を支えるパーツ。

素材の種類や配合、厚みによってクッション性が変わります。

靴のパーツのクッションの場所について解説

クッション性に関係する場所は、画像の黄色部分の場所ですね。

地面には接地しないのが理想。

しかし、安い製品や製法の都合上、サンダル場合には赤い部分の「靴底」と同じ素材を使用してしまうケースもあります。

リョクシン
サロモンのリラックスブレイク4.0は問題ありませんでした。

靴底とクッション素材を同じにしてしまうと機能が分散しがちです。

靴底はすり減りにくさが求められますし、クッション素材は、衝撃吸収が必要。

すり減りと衝撃吸収の配合は、相反するので、両立不可です。

どっち付かず or 一方だけに優れた配合みたいなイメージ。

リョクシン
よって筆者としては、クッションと靴底の素材を分けて製造されている製品を優遇しています笑

厚底

リラックスブレイク4.0は、サンダルの割りには、素材に厚みがありました。

厚みのあるクッション素材を厚底と呼んでいます。

カカト下だけじゃなく、つま先下まで、厚みがありますね。

EnergyCell™

クッション素材は、EVAという発泡素材です。

EVAは配合によって大きく機能が変わる素材。

サロモンの配合である「EnergyCell™」によって高い衝撃吸収を発揮します。

動きやすい設計

リラックスブレイク4.0は、リカバリーを目的にしています。

そのため、EVAの配合としては衝撃吸収に特化していると感じました。

靴のクッションにおけるEVAの配合では、歩きやすくする「推進力」も重要です。

しかし、リカバリー向けなので、クッション素材ではそこまで推進力感じませんでした。

その代わりに、設計が、カカトからつま先方向へ体重移動のしやすい

素材は衝撃吸収に特化し、設計で動きやすくしているイメージです。

リョクシン
ウーフォスやテリックなどの他のリカバリーサンダルも同じように感じました。

動きやすさは、ウーフォスやテリックの方があると感じます。

しかし次項で解説する耐久性は、ウーフォスとテリックには勝っていると思いました。

クッション性まとめ

  • 厚底
  • 動きやすい設計
  • 衝撃吸収に向いた素材

↑目次へ戻る↑

耐久性(長持ちするか)

最後に、耐久性についてみていきましょう。

耐久性に大きく関係するのは、靴底です。

靴のパーツの靴底の場所について解説

前述のとおり、サンダルはクッション素材と靴底の素材を一緒にしがち。

製法の都合上どうしても、同じになってしまうケースもあります。

しかし、クッション素材と靴底では、求められる部分が違うので、できれば分けるべきでしょう。

リョクシン
リラックスブレイク4.0は、しっかり靴底とクッション素材を分けていました。

クッションと靴底の素材が別

ネイビー色の部分以外は、滑りにくいゴム素材です。

全面ゴム素材にしない理由は、重くならないため。

リラックスブレイク4.0は、歩くときに加重がかかりやすい場所にだけ、ゴム素材がありました。

Contagrip® MA

サロモン独自設計の「Contagrip® MA」という靴底でした。

濡れた路面や「ぬかるみ」でも滑りにくいとのこと。

ノンマーキング

床を汚しにくいノンマーキングの靴底でした。

サンダルは「すって」歩くので、ノンマーキングでないと床を汚してしまいます。

靴底の色が移ってしまうわけですね。

耐久性まとめ

  • 滑りにくい素材
  • 靴底とクッション素材が別

↑目次へ戻る↑

サロモンのリラックスブレイク4.0のレビューまとめ

当記事では、サロモンのリラックスブレイク4.0をレビューしました。

サロモンは、トレイルランニングシューズをはじめアウトドア用品を製造するメーカー。

リラックスブレイク4.0は、競技後にダメージをおった足腰、膝の回復を目的としたサンダルです。

リョクシン
衝撃吸収にすぐれた素材を使っています。

通気性にすぐれたアッパーで快適。

靴底はクッション素材を応用せず、滑りにくいゴム素材を採用しています。

ゴム素材は重たいのですが、必要最低限の場所だけに設置することで、軽量性も実現

リョクシン
リカバリーとしては、もちろんのことディスニーや観光、日常使い、立ち仕事にもおすすめ!

ぜひ、試してみてください。

それでは下記より簡単に記事をまとめます。

サロモンのリラックスブレイク4.0の評価は下記のとおり。

評価

  • 通気性:★★★★★
  • 疲れにくさ:★★★★☆
  • 耐久性:★★★★☆

通気性に関係するポイントは下記のとおり。

通気性まとめ

  • 通気口がある
  • 日本人向けでもある
  • メッシュで蒸れにくい
  • 甲と摩擦を起こしにくい
  • 鼻緒の素材に柔軟性がある

クッション性については下記のように感じました。

クッション性まとめ

  • 厚底
  • 動きやすい設計
  • 衝撃吸収に向いた素材

靴底については下記のとおりです。

耐久性まとめ

  • 滑りにくい素材
  • 靴底とクッション素材が別

最後までお読み頂きありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願いします。

「もっと疲れにくい靴について知りたい」

そんな方に向けて記事を作成しました。

もっと詳しく解説
立ち仕事でお疲れの方は靴が原因ですよ!疲れないスニーカーを徹底解説! 【レディースの立ち仕事でも疲れない靴をレビュー】スニーカーから作業用の靴までジャンル別に紹介! 立ち仕事で疲れないメンズの靴を紹介【メンズ】立ち仕事で疲れない靴を「ビジネス〜作業用品」まで全ジャンル解説! 立ち仕事でも疲れないスリッパを徹底解説!【フェスやライブ、お祭りにもおすすめ】 立ち仕事でも疲れないサンダルはコレだ!【疲労軽減におすすめ】

「いやいや仕事用の専門シューズを探したい」

そんな方に向けて、専門シューズを探せる記事を作成しました。

職業によっては安全と作業性から専門シューズをおすすめします。

↓どちらの記事でも大丈夫です。

もっと詳しく解説
土木建築・病院・介護施設・食品現場の画像【作業靴のおすすめ製品をジャンル別にご紹介!】土木建築・病院・介護施設・食品現場など網羅! 【ワークシューズのおすすめ品を徹底解説】 職種別にメンズ・レディース製品をご紹介!

あらゆる職場に向けて解説しました。

ご自身の職場にあった靴を探してみてください。

リョクシン
専門シューズが分かっている方は、下記から確認してみてください。
食品関係の職場に向けて解説
【コックシューズ50種類履いてわかった】最高の4足と人気おすすめ商品20足を解説します!【コックシューズ50種類を履いてわかった】人気おすすめ商品すべて解説! 【飲食店の方必見!】厨房靴のサンダル『サボ』の選び方! 【食品関係者必見】白長靴の選び方とおすすめの耐油長靴を解説!
医療・介護の職場に向けて解説
【ナースシューズを30種類履いた筆者が解説】おすすめ製品はコレだ!!
建築の現場に向けて解説
【2020年】安全靴の人気おすすめ品を徹底解説!【サイズ感もご案内】 【屋根でも滑らない靴とは?】屋根の作業・工事用のおすすめシューズ紹介!

よろしくお願いします。

コメントを残す