【rig(リグ)のスライドをレビュー】アジア人向けのリカバリーサンダル

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、rig(以降、リグ)のリカバリーサンダルをレビュー。

リョクシン
結論から申し上げますと、日本人向けのリカバリーサンダルです。

「カラダに疲労が溜まっている」

「ハードなトレーニングを定期的に行う」

「重たいバッグを持ち歩いて仕事をしている」

リョクシン
そんな方におすすめな製品です。

実際に履いてみて「疲れにくい、衝撃を吸収してくれる、幅広めの設計」という感想でした。

レジャーやスタンディングデスク用にもおすすめ!

この記事の著者

靴ブロガー

リョクシン

ryokushin

プロフィール

大阪在住のサラリーマンです。仕事に関係する靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

リカバリーサンダルのスライドとは?サイズ感や重量をご案内

リカバリー サンダルのスライドとは、リグが開発した日本人向けのリカバリーサンダルです。

評価項目詳細
価格¥6,930〜(通販による)
サイズS~XLサイズ
S:22.5〜23.5cm
M:24.0〜25.0cm
L:25.5〜26.5cm
XL:27.0〜28.0cm
サイズ感大きめ・甲高幅広
カラー展開4色
蒸れにくさ★★★☆☆(星3つ)
クッション性★★★★☆(星4つ)
耐久性★★★☆☆(星3つ)
おすすめの使用環境散歩◎
立ち仕事◎
オフィス履き◎

リカバリーサンダルとは、トレーニングや日常の中でダメージのあるカラダの回復を促すサンダル。

素材の配合が、衝撃吸収に優れているので、履くとカラダへの負担が軽減されます。

リョクシン
その結果、回復が促せるというモノ。

靴のクッションは、本来であれば衝撃吸収の他、推進力が求められます。

どちらもバランスよく追い求めている中で、リカバリーサンダルは、衝撃吸収に重きを置いていると感じました。

リョクシン
リカバリーサンダルは、欧米メーカーが大半。

欧米メーカーは割と細身の傾向がある中で、リグは少し幅広く甲も高い

すべて履いた筆者からすると、欧米メーカー品でも特には、問題ありませんでした。

リョクシン
「日本人だからリグを選ぶ」的なことではなく、クッションやサイズ感、デザインで選ぶくらいの感覚で良いと思います。

欧米メーカーとは、ウーフォスやテリック、キナー、サロモンのこと。

上記のリカバリーサンダルはクロックス同様に、類似品や偽物が多いので、気をつけましょう。

リョクシン
リグ以外では、ウーフォスやテリックもおすすめです!

他のデザイン・カラー

リグは、ビーサンタイプや他のカラーリングもあります。

ご自身にあったデザインと形状の製品を探してみてください。

重量・サイズ感

ここからは、重量サイズ感について解説します。

まずは、重量から見ていきましょう。

重量

rig(リグ)のスライドは、28.0cmで208gでした。

サンダルの中でもかなり軽い部類です。

リョクシン
サンダルの良し悪しは、重量では測れません。

重要なのは、リカバリー効果が長持ちするかでしょう。

クッション素材によっては、新品のときのようなクッション機能が失われます。

リョクシン
リグに使用されている素材は問題ありませんでした。

極端にクッション素材の機能が落ち込むことは無いでしょう。

サイズ感

リグのサイズ感は、すこし大きめ。

ナイキやアディダスなどの普段履きとの比較しています。

リョクシン
普段履きが27.5cmのところ、Lサイズ(25.5〜26.5cm)です。

ハーフサイズがなかったので、Lサイズにしました。

正直なところ、ほんのごく僅か大きめですが、そこまで問題はありません。

リョクシン
ですので、27.0cmでも履けなくは無いと思います笑

サイズ選びのご参考までに、筆者の所持していた靴のサイズをご案内!

筆者の靴ラインナップ

普段履きのスニーカー

  • アシックス『ゲルカヤノ』 ⇒ 27.5cm
  • アディダス『スタンスミス』⇒27.5cm
  • ナイキ『エアマックス720』⇒ 27.5cm
  • ナイキ『エアマックスオケト』⇒27.5cm
  • ニューバランス『574』 ⇒ 27.5cm
  • ホカオネ『ボンダイ6』⇒ 28.0cm
  • ホカオネ『クリフトン』⇒ 27.5cm(ワイド)

革靴

  • リーガル ⇒ 26.5cm
  • テクシーリュクス ⇒ 26.5cm

サンダル

  • ウーフォス ⇒ 28.0cm
  • テリック ⇒ 28.0cm
  • サロモン ⇒ 28.0cm
  • ホカオネ ⇒ 28.0cm
  • キーン ⇒ 28.0cm
  • リグ ⇒ Lサイズ(26.5cm)
  • キナー ⇒ Lサイズ(27.0cm)

※足は狭めです。

ぜひ、参考にしてみてください。

↑目次へ戻る↑

rig(リグ)のスライドを詳しくレビュー

ここからは、リグのスライドを詳しくレビューします。

レビューするポイントは下記のとおり。

レビューするポイント

  • 通気性(蒸れにくさ)
  • クッション性(疲れにくさ)
  • 耐久性(長持ちするか)

詳しくみていきましょう。

通気性(蒸れにくさ)

リグのスライドは、通気性が高いと感じました。

サンダルにも通気性はあります。

リョクシン
下記がサンダルの通気性のポイント!

通気性のポイント

  • 表面の素材感
  • フィッティング性

サンダルの足に触れる部分の素材感によっては、蒸れやすくなります。

また、フィッティング性が低いと踏ん張ってしまうので、汗をかいてしまいました。

リョクシン
この2点についてみていきましょう。

素材感

足の裏に当たる部分と足が密着しないことで、通気性が高くなります。

リグのスライドは、大きな四角形の意匠(いしょう)の中に細かい粒々した形状のある素材感でした。

リョクシン
特に、粒々した部分が密着を防いでくれるので、通気性が高く感じます。

フィッティング性

リグのサンダル内は、少し甲高で幅が広く感じます。

普段ウーフォスのリカバリーサンダルを履いていますが、感覚的には幅が広い

リョクシン
足が広め方におすすめします!

通気性まとめ

  • 目が細かい意匠で蒸れにくい
  • 幅と甲が広めの設計

↑目次へ戻る↑

クッション性(疲れにくさ)

続いて、クッション性について見ていきましょう。

クッション性や疲れにくさに大事なのは、クッション素材形状です。

クッション性のポイント

  • クッション素材
  • クッション形状

クッション素材の種類ではなく、配合が大事です。

また、素材の配合が良くても、クッション形状が悪いことで疲れてしまうことも・・・

リョクシン
リグの上記2つのポイントについて見ていきましょう。

クッション素材

リグのスライドは、EVAという素材

EVAは、素材の配合によって機能が大きく変わる性質があります。

リョクシン
リグのスライドは、リカバリーサンダルだけあって、衝撃吸収に優れた配合で疲れにくく感じました。

クッション形状

次に、クッション形状を見ていきます。

リグのスライドは、厚みがあって衝撃吸収に優れました。

リョクシン
衝撃吸収に優れると、疲れにくいですね。

リカバリーサンダルであれば当然ですが・・・笑

つま先も日本人向け

リグのスライドは、親指の長い日本人も履きやすいつま先形状でした。

日本人は、親指が1番長い人が、約6割です。

リョクシン
リグのスライドは、人差し指が長い人も対応しているセミオブリークトーという形状だと感じました。

ロッキングチェア的な形状

リグのスライドは、歩きやすいような形状でした。

例えて言うなら、ロッキングチェア形状です。

リョクシン
それだけ重心の移動がしやすいと言うこと。

カカトの端が接地していない

まず、カカトの1番端が接地していません

これにより着地をスムーズにします。

中央と靴底は、つま先方向へ重心移動しやすい形状です。

重心の流れに沿った溝が靴底にありました。

つま先も接地していません。

この形状をトーアップといい、動きやすさとつまずき防止に効果があります。

リョクシン
カカトとつま先部分が接地していない事でロッキングチェア形状である事がわかりました。

リカバリーサンダルは、衝撃吸収に特化した素材です。

そのため、サンダルの形状で歩きやすさを求めているのだと思いました。

クッション性まとめ

  • 厚底
  • ロッキングチェア形状
  • 配合が衝撃吸収に優れる

↑目次へ戻る↑

耐久性(長持ちするか)

最後に、耐久性について見ていきましょう。

リグのスライドは、床や地面の環境によっては、耐久性が低いと感じました。

靴底がクッションと同じ素材

前述のとおり、クッション素材はEVAです。

EVAの中でも衝撃吸収に優れているので、割と柔軟性がありました。

リョクシン
そのため、コンクリなどのザラザラした場所では、摩擦で削れるのが早いと思います。

また、EVAは耐熱性で劣ります。

そのため、耐熱性が低いので夏場の車中に置いてしまうと、収縮や変形をする可能性がありました。

リョクシン
収縮とは、サイズが縮んでしまうこと。

縮んでしまうと履き心地もサイズ感も変わってしまうので、履けません。

ですので、夏場の車中は気をつけましょう。

耐久性まとめ

  • すり減りが早い
  • 耐熱性が低い

↑目次へ戻る↑

リカバリーサンダルのrig(リグ)のスライドのレビューのまとめ

当記事では、リカバリー サンダルのリグのスライドを解説しました。

リグは、日本人向けに開発されたリカバリーサンダルです。

リョクシン
筆者の感覚値では、幅と甲がすこし広めだと感じました。

「日本人だからリグ」という選び方をしなくても、良いと思います。

ウーフォスやテリックなども筆者は日本人ですが、問題ありません。

リョクシン
デザインやサイズ感で選んで見てください。

筆者的には、普段から4Eのスニーカーを履いているなど幅が広いと思っている方には、リグをおすすめします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願いします。

「もっとリカバリーサンダルについて知りたい」

そんな方に向けてリカバリーサンダルを徹底解説しました。

もっと詳しく解説
【リカバリーサンダルの1番のおすすめ品は?】有名ブランド徹底比較!

リカバリーサンダルの1番のおすすめ品は?】有名ブランド徹底比較!

「立ち仕事で疲れないサンダルがほしい」

そんな方に向けて疲れにくいサンダルを解説しました。

もっと詳しく解説
立ち仕事でも疲れないサンダルはコレだ!【疲労軽減におすすめ】

立ち仕事でも疲れないサンダルはコレだ!【疲労軽減におすすめ】

サンダル以外でおすすめ記事はこちら!

もっと詳しく解説
立ち仕事でお疲れの方は靴が原因ですよ!疲れないスニーカーを徹底解説! 立ち仕事でも疲れにくい ローファー紹介!!【靴オタクがおすすめする】立ち仕事でも疲れないローファーを徹底解説! 立ち仕事で疲れないスリッポンは素材で選ぶ! 【靴の専門家が解説】 立ち仕事でも疲れないスリッパを徹底解説!【フェスやライブ、お祭りにもおすすめ】 立ち仕事で疲れないインソールはある!ただし、靴の選び方次第です。 【必見】立ち仕事による足の疲れは、対策グッズで楽々解消! 着圧ソックス立ち仕事で疲れない靴下は、着圧ソックスがおすすめ!【だるい足を改善】

コメントを残す