おすすめの卓球シューズはこちら!

【ミズノの卓球シューズのおすすめ品を紹介!】人気・最新モデルや限定品・新作の発売日まで!

【ミズノの卓球シューズのおすすめ品を紹介!】人気・最新モデルや限定品・新作の発売日まで!

どーも、スポーツシューフィッターのスポクツです。

今回は、ミズノの卓球シューズを徹底解説!

スポクツ
ラインナップが多く、さすがプロアマ問わず多くの方に選ばれている卓球シューズのメーカーだと思いました。
この記事の著者

スポーツシューフィッター

スポクツ(松下智博)

spokutsu

プロフィール

スポーツシューフィッターの松下智博です。卓球歴6年。作業靴メーカーと靴の販売店で合計11年仕事しました。メーカー営業と販売員、シューフィッターの目線から靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

ミズノの卓球シューズの特徴とは?おすすめの選び方を紹介!

まずはミズノの卓球シューズの特徴と選び方を紹介します。

ミズノの卓球シューズブランド一覧

ミズノの卓球シューズは主に5つのブランドがありました。

ミズノの卓球シューズのブランド

  • ウエーブメダル
  • ウエーブドライブ
  • ウエーブカイザーブルク
  • クロスマッチプリオ
  • カバンビスター

それぞれ簡単に見ていきましょう。

ウエーブメダル

ミズノのウエーブメダル

ウエーブメダルシリーズクッション性とフットワークを兼ね備えたモデルが多いブランド。

初心者から上級者など多くの方に選ばれています。

スポクツ
クッション性が高いので、長時間の練習にもおすすめ

↑目次へ戻る↑

ウエーブドライブ

ミズノのウエーブドライブ

ウエーブドライブシリーズは素足感覚や最軽量モデルなどフットワークに特化したブランド。

素足感覚や軽量モデルは足の筋肉やある程度の基礎がないと使いこなせないでしょう。

スポクツ
そのため卓球歴1年以上の経験者におすすめします。

↑目次へ戻る↑

ウエーブカイザーブルク

ミズノのウエーブカイザーブルク

ウエーブカイザーブルクシリーズは、ワイドモデルの中でも幅広モデル

ミズノの卓球シューズは幅広めが多いのですが、通常より6mmほど幅広です。

クロスマッチプリオ

ミズノのクロスマッチプリオ

クロスマッチプリオは初心者向けに開発されたモデル。

筆者はいつからお世話になったか分からないくらいに履いてます笑

カバンビスター

ミズノのカバンビスター

カバンビスターキッズ向けブランド。

マジックテープとゴム紐のため、紐を結べないお子様におすすめ!

スポクツ
以上がミズノの卓球シューズのブランドでした。次項ではミズノの卓球シューズの機能表を見ていきます。

↑目次へ戻る↑

ミズノの卓球シューズの機能一覧

機能名効果内容
MIZUNO
WAVE
クッション性クッション素材の間にプラスチック樹脂のプレートが入った構造
プレートが波状(ウェーブした形状)で衝撃を分散するため疲れにくい
MIZUNO
Enerzy
クッション性
フットワーク
柔らかさと反発性に優れたクッション素材
疲れにくさとフットワークのしやすさを両立
U4icXクッション性
フットワーク
自然な接地感を実現するために、柔らかさを求めたクッション素材
フットワークの他、ケガ予防に!
AP
ミッドソール
フットワークAP(アクセラレーションポリマーミッドソール)
反発性が高く、キックした力を床に伝達しやすくした素材
反発性の高い素材は重くなりがちだが、APミッドソールは軽量化に成功
AP+フットワーク上記のAPミッドソールからさらに反発力をプラス!
また反発性の機能が長続きしやすい効果も追加
PoWnCeフットワーク上記のAP+の反発力はそのままに軽量性がアップ
本来、反発性と軽量性の両立は不可能ですが、限界まで調整しているみたい!
SR touchフットワーク高い反発力により接地をがスムーズ
パワーの分散を避けます
D-Flex
Groove
フットワーク回り込みドライブやカットなど高速ターンで蹴り出しやすい構造
MIZUNO
INTERCOOL
通気性靴底に通気口があり靴内部の湿度と温度を下げます
靴内部の温度が下がることで疲労感の軽減やタコができにくい
HGラバーグリップ力
フットワーク
HGはハードゲじゃなかったハイグレードの略
卓球特有の細かいフットワークやステップに対応した素材
床と接地するアウトソールに使用
SGラバーグリップ力
フットワーク
SGはスペシャルグレードの略
上記のHGラバーよりも滑りにくく床に吸いつく素材
XGラバーグリップ力
フットワーク
上記のSGラバーのさらに上をいくエクストラグレードラバー
PRIMESKINフットワーク
フィッティング
天然皮革のような「やわらかさ」とフィット感の持続性を高める素材
長いラリーの中でも足が靴の中でもブレにくい

全部機能がある製品がよいとも限りません。

スポーツシューズにおいて1番重要なのは、フィッティング性です。

スポクツ
足にフィットしないと機能が十分に活きないのと、パフォーマンスの低下につながるので、フィッティング性を重視して選びましょう。

↑目次へ戻る↑

ミズノの卓球シューズの人気おすすめ製品を紹介!

ここからはミズノの卓球シューズでおすすめ品を紹介します。

ミズノの卓球シューズのおすすめ品

おすすめ製品は下記のとおり。

ミズノのおすすめ卓球シューズ

  • ウエーブメダルBOA
  • ウエーブドライブNEO2
  • ウエーブメダル6
  • ウエーブドライブEL
  • ウエーブカイザーブルク6
  • クロスマッチプリオRX4

詳しくみていきましょう。

それぞれレビュー記事がございますので見てみてください!

ウエーブメダルBOA

ウエーブメダル6はミズノのおすすめ卓球シューズ

評価項目詳細
価格¥16,500(定価)
サイズ2E
男女兼用:22.5 〜 28.5cm

ウエーブメダルBOAはミズノの卓球シューズの中でもハイスペック品。

ダイヤル式なので簡単に着脱できフィット感を調整できます。

スポクツ
練習中や試合中でも気兼ねなくフィッティング性を調整しましょう。
機能名有無
機能名有無
MIZUNO
WAVE
SR touch
MIZUNO
Enerzy
×D-Flex
Groove
×
U4icXMIZUNO
INTERCOOL
AP
ミッドソール
HGラバー
AP+SGラバー
PoWnCe×XGラバー
PRIMESKIN×
①:各機能の詳細は「ミズノの卓球シューズの機能一覧」からご確認ください!
②:上位機能を持っている場合には下位機能も「◯」としています。
例:XGラバー「◯」の場合には、HGラバーは「◯」

上記のように、ウエーブメダルBOAはミズノの卓球シューズの機能をほとんど有しています。

高機能なことがはっきりとわかりますね!

どんな人におすすめ?

ウエーブメダルBOAはダイヤル式

ウエーブメダルBOAは、前述のとおりダイヤル式

フィット感が高いのですが、靴紐と比べ微調整が効かない部分があるため、1年以上の経験者におすすめします。

スポクツ
また足の甲の頂点が硬いため、後陣で深い姿勢でカットするような場合には向かないため、前陣型やドライブ型など攻撃がメインの方が対象だと感じました。
サイズ感

ウエーブメダルBOAのサイズ感は普段履きスニーカーと同じ。

普段履きスニーカーとは、コンバースなどのこと。

普段履きが27.5cmのところ、27.5cmでした。

ウエーブメダルBOAについてもっと詳しく解説しました。

下記のレビュー記事からご確認の程よろしくお願いします!

ウエーブメダルBOAのレビュー記事はこちら!

【ウエーブメダル6・BOAをレビュー】ミズノの卓球シューズ【限定色や新色も紹介!】

↑目次へ戻る↑

ウエーブドライブNEO2

ウエーブドライブNEO2はおすすめのミズノの卓球シューズ

項目詳細
価格¥14,300(定価)
サイズ男女兼用:21.0 〜 29.0cm

ウエーブドライブNEO2もミズノの卓球シューズの中でもハイスペック品。

サイズ展開が多く足の小さい方やキッズでも履けます!

スポクツ
素足感覚を1番に考えた製品で自分の力をしっかり床へ伝えることができるためフットワークしやすい。
機能名有無
機能名有無
MIZUNO
WAVE
SR touch
MIZUNO
Enerzy
×D-Flex
Groove
U4icXMIZUNO
INTERCOOL
×
AP
ミッドソール
HGラバー
AP+SGラバー
PoWnCeXGラバー
PRIMESKIN
①:各機能の詳細は「ミズノの卓球シューズの機能一覧」からご確認ください!
②:上位機能を持っている場合には下位機能も「◯」としています。
例:XGラバー「◯」の場合には、HGラバーは「◯」

機能だけでいうと先ほどのウエーブメダルBOAよりも高機能

ダイヤル式ではないので価格も抑えられています。

どんな人におすすめ?

ウエーブドライブNEO2は上級者におすすめ

ウエーブドライブNEO2は素足感覚がメインの機能です。

独特な履き心地のため、基礎が定まらない卓球経験が3年以下のような方にはおすすめできないかもしれません。

スポクツ
3年以上経験している上級者の方で速攻や回り込みを多くする方におすすめします。
サイズ感

ウエーブドライブNEO2のサイズ感は普段履きスニーカーと同じ。

普段履きスニーカーが27.5cmのところ、27.5cmでした。

ウエーブドライブNEO2についてもっと詳しく解説しました。

下記のレビュー記事からご確認の程よろしくお願いします!

ウエーブドライブNEO2のレビュー記事はこちら!

ウエーブドライブNEO2はおすすめのミズノの卓球シューズ【ウエーブドライブNEO2・ELをレビュー】素足感覚と超軽量のミズノの卓球シューズ

↑目次へ戻る↑

ウエーブメダル6

ウエーブメダル6をレビュー

項目詳細
価格¥10,780(定価)
サイズ男女兼用:22.5 〜 28.5cm

ウエーブメダル6はミズノの卓球のシューズの中でもスタンダード品。

安定性とクッション性を兼ね備えたモデルで人気です。

スポクツ
高機能なのに価格も抑えられておりコスパ抜群
機能名有無
機能名有無
MIZUNO
WAVE
SR touch
MIZUNO
Enerzy
×D-Flex
Groove
×
U4icXMIZUNO
INTERCOOL
AP
ミッドソール
HGラバー
AP+SGラバー
PoWnCe×XGラバー
PRIMESKIN×
①:各機能の詳細は「ミズノの卓球シューズの機能一覧」からご確認ください!
②:上位機能を持っている場合には下位機能も「◯」としています。
例:XGラバー「◯」の場合には、HGラバーは「◯」

正直なところ、ハイスペック品と比較して見劣りしないくらいに高機能。

価格が安いのに、ここまで高機能で良いのかなと思ってしまうくらい機能性が高いですね!

どんな人におすすめ?

ウエーブメダルは幅広いユーザーにおすすめ

ウエーブメダル6は初心者から上級者まで幅広くおすすめできる卓球シューズ。

クッション性が高いので練習時間の長い中高生にも推奨します。

スポクツ
ドライブ型やカットマンなど戦型も問わずおすすめ!
サイズ感

ウエーブメダル6のサイズ感は少し大きめ。

普段履きスニーカーが27.5cmのところ、27.0cmでした。

ウエーブメダル6についてもっと詳しく解説しました。

下記のレビュー記事からご確認の程よろしくお願いします!

ウエーブメダル6のレビュー記事はこちら!

【ウエーブメダル6・BOAをレビュー】ミズノの卓球シューズ【限定色や新色も紹介!】

↑目次へ戻る↑

ウエーブドライブEL

ウエーブドライブELはミズノのおすすめ卓球シューズ

項目詳細
価格¥13,200(定価)
サイズ男女兼用:22.0 〜 29.0cm

ウエーブドライブELはミズノの卓球シューズの中でもハイスペック品。

ミズノの卓球シューズの中では最軽量です。

スポクツ
回り込みの多い方や女性、上級者のキッズにもおすすめ!
機能名有無
機能名有無
MIZUNO
WAVE
SR touch
MIZUNO
Enerzy
×D-Flex
Groove
U4icXMIZUNO
INTERCOOL
×
AP
ミッドソール
HGラバー
AP+SGラバー
PoWnCeXGラバー
PRIMESKIN×
①:各機能の詳細は「ミズノの卓球シューズの機能一覧」からご確認ください!
②:上位機能を持っている場合には下位機能も「◯」としています。
例:XGラバー「◯」の場合には、HGラバーは「◯」

ウエーブドライブELの機能一覧は上記のとおり。

ウエーブドライブELが高機能なことがわかります。

スポクツ
一般的には軽量のスポーツシューズは機能性に劣る部分があるものの、ウエーブドライブELは機能性が他のハイスペック品と比べても劣りません。

どんな人におすすめ?

ウエーブドライブELは27.0cmで243g

前述のとおり、ウエーブドライブELは軽量性が最大の魅力です。

そのためフットワークの多いプレーヤーや力の弱い女性や高齢者、キッズにもおすすめ!

スポクツ
普段は重たい初心者用を練習向けとして使い、ウエーブドライブELを試合用としても良さそうです。
サイズ感

ウエーブドライブELのサイズ感はかなり大きめ。

コンバースなどの普段履きスニーカーと比較しています。

普段履きスニーカーが27.5cmのところ、26.5cmでした。

ウエーブドライブELについてもっと詳しく解説しました。

下記のレビュー記事からご確認の程よろしくお願いします!

ウエーブドライブELのレビュー記事はこちら!

ウエーブドライブNEO2はおすすめのミズノの卓球シューズ【ウエーブドライブNEO2・ELをレビュー】素足感覚と超軽量のミズノの卓球シューズ

↑目次へ戻る↑

ウエーブカイザーブルク6

ウエーブカイザーブルク6はミズノの卓球シューズ

評価項目詳細
価格¥9,460(定価)
サイズ3E
幅広(通常より6mmほど)
男女兼用:23.0 〜 28.5cm

ウエーブカイザーブルク6はミズノの卓球シューズの中でもニッチな製品

幅広の方に向けて開発しています。

スポクツ
卓球シューズに限らず、幅広の競技用シューズは珍しく、そこまで多くの方に選ばれる製品ではないでしょう。
機能名有無
機能名有無
MIZUNO
WAVE
SR touch×
MIZUNO
Enerzy
×D-Flex
Groove
×
U4icX×MIZUNO
INTERCOOL
×
AP
ミッドソール
×HGラバー×
AP+×SGラバー×
PoWnCe×XGラバー×
PRIMESKIN×
①:各機能の詳細は「ミズノの卓球シューズの機能一覧」からご確認ください!
②:上位機能を持っている場合には下位機能も「◯」としています。
例:XGラバー「◯」の場合には、HGラバーは「◯」

機能表はミズノさんの公式サイトから参考にしています。

ミズノさんのサイトには、表はないのですが、それによると上記のようになる模様。

スポクツ
一見、機能性が低いと感じますが、そもそもスポーツシューズはフィッティング性が重要であり、その理由は足にフィットしていないシューズを履くとどんなに高機能でもパフォーマンスは低下するため幅広の方にはおすすめです。

どんな人におすすめ?

ウエーブカイザーブルク6は幅広

前述のとおりウエーブカイザーブルク6は3Eのため、幅広の方におすすめ。

ただし、スポーツシューズにおける幅広は普段履きスニーカーで4Eもしくは5E(F)以上の方に限定します。

スポクツ
普段履きで3Eの方はスポーツシューズにおいては2Eか普通のモデルで問題ありません。
サイズ感

ウエーブカイザーブルク6のサイズ感はすこし大きめ。

普段履きスニーカーが27.5cmのところ、27.0cmでした。

ウエーブカイザーブルク6についてもっと詳しく解説しました。

下記のレビュー記事からご確認の程よろしくお願いします!

ウエーブカイザーブルク6のレビュー記事はこちら!

【ウエーブカイザーブルク6をレビュー】3Eで幅広のミズノが開発した卓球シューズ【ウエーブカイザーブルク6とRL5をレビュー】3Eで幅広のミズノが開発した卓球シューズ

↑目次へ戻る↑

クロスマッチプリオRX4

クロスマッチプリオRX4はミズノの卓球シューズ

評価項目詳細
価格¥7,150(定価)
サイズ男女兼用:22.0 〜 28.0cm

クロスマッチプリオRX4はミズノの初心者向け卓球シューズ

初心者ではない筆者も履いてました。

スポクツ
軽量で多くの方におすすめします。
機能名有無
機能名有無
MIZUNO
WAVE
×SR touch×
MIZUNO
Enerzy
×D-Flex
Groove
×
U4icX×MIZUNO
INTERCOOL
×
AP
ミッドソール
×HGラバー×
AP+×SGラバー×
PoWnCe×XGラバー×
PRIMESKIN
①:各機能の詳細は「ミズノの卓球シューズの機能一覧」からご確認ください!
②:上位機能を持っている場合には下位機能も「◯」としています。
例:XGラバー「◯」の場合には、HGラバーは「◯」

クロスマッチプリオは初心者向けであり、価格の安い戦略品です。

そのため目立った機能はありませんでした。

スポクツ
ですが、筆者は長年使用していますが、機能性が低いと感じたことはありませんね!
注意

反発力などが少ないため、自分の筋肉以上にフットワークをよくすることはできません。

初心者のうちにクロスマッチプリオでステップを覚えて、中級者になったらハイスペック品に切り替えましょう。

実は筆者はこのブログをするまでクロスマッチプリオしか履いたことがありませんでした。

他のミズノのハイスペックな卓球シューズを履いて、あまりの高機能性に驚きましたね!

スポクツ
卓球歴が1年以上の方には他のハイスペック品をおすすめします!

どんな人におすすめ?

クロスマッチプリオRX4は初心者におすすめ

前述のとおり、クロスマッチプリオRX4は初心者の方におすすめします。

価格も安いので続くか分からない方やステップを身につけたい方など。

スポクツ
試合で上を目指すなら、ハイスペック品がおすすめです。
サイズ感

クロスマッチプリオRX4のサイズ感はすこし大きめ。

コンバースなどの普段履きスニーカーと比較しています。

普段履きスニーカーが27.5cmのところ、27.0cmでした。

クロスマッチプリオRX4についてもっと詳しく解説しました。

下記のレビュー記事からご確認の程よろしくお願いします!

クロスマッチプリオRX4のレビュー記事はこちら!

【クロスマッチプリオRX4をレビュー】初心者向けのミズノの卓球シューズ!【クロスマッチプリオRX4をレビュー】初心者向けのミズノの卓球シューズ!

↑目次へ戻る↑

ミズノの卓球シューズのおすすめ品の紹介のまとめ

当記事ではミズノのおすすめ卓球シューズを紹介しました。

ミズノは初心者から上級者まで使用できる卓球シューズをラインナップしています。

スポクツ
どれもおすすめですが、試合で勝ちたい卓球歴1年以上の方はウエーブメダル6以上のハイスペック品を使用しましょう。
メモ

プロアマ問わず多くの方に選ばれているだけある卓球シューズばかりでした。

まずはミズノの卓球シューズから試してみるのも良いでしょう。

それでは下記より簡単に記事をまとめます。

ミズノの卓球シューズのブランドは下記のとおり。

ミズノの卓球シューズのブランド

  • ウエーブメダル
  • ウエーブドライブ
  • ウエーブカイザーブルク
  • クロスマッチプリオ
  • カバンビスター

ミズノの卓球シューズの機能は下記でした。

機能名効果内容
MIZUNO
WAVE
クッション性クッション素材の間にプラスチック樹脂のプレートが入った構造
プレートが波状(ウェーブした形状)で衝撃を分散するため疲れにくい
MIZUNO
Enerzy
クッション性
フットワーク
柔らかさと反発性に優れたクッション素材
疲れにくさとフットワークのしやすさを両立
U4icXクッション性
フットワーク
自然な接地感を実現するために、柔らかさを求めたクッション素材
フットワークの他、ケガ予防に!
AP
ミッドソール
フットワークAP(アクセラレーションポリマーミッドソール)
反発性が高く、キックした力を床に伝達しやすくした素材
反発性の高い素材は重くなりがちだが、APミッドソールは軽量化に成功
AP+フットワーク上記のAPミッドソールからさらに反発力をプラス!
また反発性の機能が長続きしやすい効果も追加
PoWnCeフットワーク上記のAP+の反発力はそのままに軽量性がアップ
本来、反発性と軽量性の両立は不可能ですが、限界まで調整しているみたい!
SR touchフットワーク高い反発力により接地をがスムーズ
パワーの分散を避けます
D-Flex
Groove
フットワーク回り込みドライブやカットなど高速ターンで蹴り出しやすい構造
MIZUNO
INTERCOOL
通気性靴底に通気口があり靴内部の湿度と温度を下げます
靴内部の温度が下がることで疲労感の軽減やタコができにくい
HGラバーグリップ力
フットワーク
HGはハードゲじゃなかったハイグレードの略
卓球特有の細かいフットワークやステップに対応した素材
床と接地するアウトソールに使用
SGラバーグリップ力
フットワーク
SGはスペシャルグレードの略
上記のHGラバーよりも滑りにくく床に吸いつく素材
XGラバーグリップ力
フットワーク
上記のSGラバーのさらに上をいくエクストラグレードラバー
PRIMESKINフットワーク
フィッティング
天然皮革のような「やわらかさ」とフィット感の持続性を高める素材
長いラリーの中でも足が靴の中でもブレにくい

おすすめの卓球シューズは下記のとおり。

ミズノのおすすめ卓球シューズ

  • ウエーブメダルBOA
  • ウエーブドライブNEO2
  • ウエーブメダル6
  • ウエーブドライブEL
  • ウエーブカイザーブルク6
  • クロスマッチプリオRX4

↑目次へ戻る↑

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願いします。

もっと詳しく解説
【アシックスの卓球シューズをすべて解説】おすすめ品や新作・性能・ピンク色まで紹介!【アシックスの卓球シューズをすべて解説】おすすめ品や新作・性能・ピンク色まで紹介! バタフライの卓球シューズ『レゾライン』を徹底解説!【幅広でレディースもあり!】バタフライの卓球シューズ『レゾライン』を徹底解説!【幅広でレディースもあり!】 【ニッタクの卓球シューズの評判は?】ビートアクトとホープアクトをレビュー【ニッタクの卓球シューズの評判は?】ビートアクトとホープアクトをレビュー 【ヤサカの卓球シューズをレビュー】ジェット・インパクトを紹介!【ヤサカの卓球シューズをレビュー】ジェット・インパクトを紹介! 【スティガの卓球シューズを紹介!】フィッティング性の高いライナーがおすすめ!【スティガの卓球シューズを紹介!】フィッティング性の高いライナーがおすすめ! 【JUIC(ジュウイック)の卓球シューズをレビュー】T.T.チャレンジ01は初心者にもおすすめ!【JUIC(ジュウイック)の卓球シューズをレビュー】T.T.チャレンジ01は初心者にもおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です