おすすめの卓球シューズはこちら!

バラフライの卓球シューズ『レゾライン マッハ』をレビュー

レゾラインマッハはバタフライの卓球シューズ

この記事の著者

スポーツシューフィッター

スポクツ(松下智博)

spokutsu

プロフィール

スポーツシューフィッターの松下智博です。卓球歴6年。作業靴メーカーと靴の販売店で合計11年仕事しました。メーカー営業と販売員、シューフィッターの目線から靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

バラフライの卓球シューズ『レゾライン マッハ』をレビュー

ここからはバタフライのレゾラインマッハをレビューします。

レゾラインマッハはバタフライの卓球シューズ

評価項目詳細
価格¥11,000(定価)
サイズ幅広
男女兼用:22.5 〜 30.0cm
動作性★★★★☆(星4つ)
クッション性★★★★☆(星4つ)
(コート競技シューズの比較)
フィッティング性★★★☆☆(星3つ)
対応エリア前陣◎
中陣◎
後陣◎
ダブルス◎

レゾラインマッハは、バラフライの卓球シューズの中でも2番目にハイスペックなモデル。

レゾラインマッハは通気性が高い

他のモデルと比較して通気性の高いメッシュ素材をつま先に多く使用していました。

通気性が高いと靴内部の温度上昇を防ぐため、蒸れにくく疲れを感じにくいメリットがあります。

スポクツ
詳しくは後ほどメリット・デメリットで解説しました。

カラーバリエーション

レゾラインマッハのカラーバリエーション

レゾラインマッハのカラーバリーエションは2色。

ブルー×ホワイトは、バタフライさんのホームページには掲載がないため、もしかすると在庫次第の可能性もありますね!

スポクツ
ブラック×ピンクはメンズサイズも展開がありました。

重量・サイズ感

レゾラインマッハは27.0cmで256g

レゾラインマッハの重量は27.0cmで256g

かなり軽いですね!

スポクツ
フットワークで役立ちます。

サイズ感

レゾラインマッハのサイズ感はすこし大きめ

レゾラインマッハのサイズ感はすこし大きめ。

コンバースなどの普段履きと比較しています。

スポクツ
普段履きが27.5cmのところ、27.0cmでした。

メリット・デメリット

レゾラインマッハのメリットとデメリット

ここからはレゾラインマッハのメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット
  1. つま先にメッシュが多い
  2. フィッティング性が高い
  3. フットワークしやすい
デメリット

メッシュが多いためブレる可能性がある

それぞれ見ていきましょう。

つま先にメッシュが多い

レゾラインマッハは蒸れにくい

レゾラインマッハはシリーズの中でもメッシュが素材が多く使用されています。

通気性が高いので疲れを感じにくいので、長時間の練習やカットマンなど試合時間が長くなりがちで、フルセットの試合が多い方にもおすすめ!

スポクツ
足が蒸れると集中力もなくなるので、練習用には持ってこいです。

フィッティング性が高い

レゾラインマッハはフィッティング性が高い

レゾラインマッハはフィッティング性が高いと感じました。

そのポイントを見ていきます。

レゾラインマッハは平紐

まず靴紐が平べったい平紐でした。

平紐は靴紐の中でもほどけにくくサイズ調整のしやすい靴紐。

スポクツ
さらに、厚みがあるので余計にフィッティング性を高めやすいと感じました。

レゾラインマッハはカカトでしっかりホールド

レゾラインマッハはカカトでしっかりホールドできました。

カカト幅が狭く足を固定しやすい形状です。

スポクツ
フィッティング性が高いのは、卓球シューズにとって1番重要なポイント!

レゾラインマッハはカップインソール入り

レゾラインマッハはカップインソール入りでした。

カップインソールはインソールの端がカップのように曲がっているので、靴と足との隙間を埋めるためフィッティング性が高くなります。

レゾラインマッハはインソールで疲れにくい

もちろん、インソールなのでフィッティング性だけではなくクッション性にも優れています

フットワークしやすい

レゾラインマッハはフットワークしやすい

レゾラインマッハはフットワークしやすいと感じました。

そのポイントを解説しています。

レゾラインマッハのアウトソールの素材と形状

フットワークのしやすさは床と接地するアウトソールの素材と形状が影響します。

レゾラインマッハのアウトソールはフットワークしやすい素材と形状でした!

レゾラインマッハは前後左右のフットワークに対応

まずつま先側のアウトソールですが、波状の部分が前後のフットワークに対応します。

小さいバタフライロゴ形状のアウトソールは主に左右のフットワークに対応。

スポクツ
大きな溝は足の動きに靴が連動するような効果があります。

レゾラインマッハは前後のフットワークしやすい

カカト側は前後のフットワークに対応。

カカト側の波状のアウトソールは角ばっており、より滑りにくく着地が安定しました。

レゾラインマッハは重心移動がスムーズ

アウトソールの中心部分にシルバー色のプラスチック樹脂のパーツがありました。

こちらはフットワークを安定させ着地の際などのブレを防止します。

スポクツ
バタフライの卓球シューズの中でもハイスペック品であるリフォネスとマッハだけしかありません。

レゾラインマッハは巻き上げソール

レゾラインマッハはアウトソールが巻き上がっていました。

本来は床と接地するだけのアウトソールですが、上側まではみ出ることで左右のフットワークで活躍します。

スポクツ
回り込みやロビングなど左右のフットワークでしっかりグリップ!/prpsay]

レゾラインマッハはトーアップ

レゾラインマッハは平置きするとつま先が接地していないことが分かります。

この形状をトーアップといい、前後のフットワークに役立ちます。

レゾラインマッハは下がりやすい

カカトの端も接地していませんでした。

こちらもトーアップと同様に前後のフットワークに役立ちますし、着地が安定します。

メッシュが多いためブレる可能性がある

レゾラインマッハはブレやすい

前述のとおり、レゾラインマッハはつま先にメッシュ素材が多いです。

そのため通気性が高いのですが、長期間使用しているとサイズ感が変わる可能性があると感じました。

スポクツ
また足幅のサイズがフィットしていない方は、サイドステップの際に靴の中でブレてしまう可能性がございます。
メモ

足が細い方や不安な方は先ほどのレゾラインリフォネスか次項のレゾラインギグをおすすめします。

↑一覧表へ戻る↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です