おすすめの卓球シューズはこちら!

バタフライの卓球シューズ『レゾライン トライネックス』のレビュー

レゾラインのトライネックスをレビュー
この記事の著者

スポーツシューフィッター

スポクツ(松下智博)

spokutsu

プロフィール

スポーツシューフィッターの松下智博です。卓球歴6年。作業靴メーカーと靴の販売店で合計11年仕事しました。メーカー営業と販売員、シューフィッターの目線から靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

バタフライの卓球シューズ『レゾライン トライネックス』のレビュー

レゾラインのトライネックスはバタフライが開発した卓球シューズ。

レゾラインのトライネックスをレビュー

評価項目詳細
価格¥6,050(定価) 〜
サイズ幅広
男女兼用:22.5 〜 27.5cm
動作性★★★★☆(星4つ)
クッション性★★★☆☆(星3つ)
(コート競技シューズの比較)
フィッティング性★★★☆☆(星3つ)
対応エリア前陣◎
中陣◯
後陣◯
ダブルス◎

バタフライの卓球シューズの中でも軽量で通気性が高く、初心者向けの卓球シューズ。

最大の特徴は通気性です。

最大の特長

レゾラインのトライネックスは通気性が高い

つま先にこれだけメッシュ素材がある卓球シューズもめずらしいです。

卓球以外の練習で、体育館内ランニングがあるような中学生などの初心者の方にもおすすめ!

スポクツ
蒸れにくいと靴の中の温度上昇を防ぐため、疲労感を感じにくく、集中力が続きます。

カラーバリエーション

レゾラインのトライネックスのカラーバリエーション

レゾラインのトライネックスのカラーバリエーションは2色。

初心者や学生さんにピッタリのカラーリングです!

↑一覧表へ戻る↑

重量・サイズ感

レゾラインのトライネックスは27.0cmで244g

レゾライントライネックスは27.0cmで244gです。

この数値は、卓球シューズの中でもめっちゃ軽い部類!

スポクツ
まだあまり力のないプレーヤーにも助かりますね!

サイズ感

レゾラインのトライネックスのサイズ感は少し大きめ

レゾラインのトライネックスのサイズ感は、すこし大きめ。

コンバースなどの普段履きスニーカーと比較しています。

スポクツ
普段履きスニーカーが27.5cmのところ、27.0cmでした。

↑一覧表へ戻る↑

メリット・デメリット

レゾラインのトライネックスのメリットとデメリット

ここからはレゾラインのトライネックスのメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット
  1. 軽量
  2. 通気性が高い
  3. メッシュを多い割りにフィッティング性高い
デメリット
  1. カップインソールではない

詳しく見ていきましょう。

軽量

レゾラインのトライネックスは超軽量

前述のとおり、レゾラインのトライネックスはかなり軽いです!

レゾラインのトライネックスは27.0cmで244g

スポクツ
卓球シューズは卓球特有のフットワークの都合上、軽量なことはかなりのメリットです。

通気性が高い

レゾラインのトライネックスは蒸れにくい

レゾラインのトライネックスが軽量な理由の1つはメッシュ素材を多用していることでした。

その結果、通気性が高い!

スポクツ
メッシュ素材が多いため靴の中を通気することが可能です。

ま、どちらかと言えば、通気性がメインの軽量性だと思いますが笑

メッシュが多いのにフィッティング性がある

レゾラインのトライネックスはフィッティング性が高い

レゾラインのトライネックスはメッシュ素材が多い割りに、フィッティング性が高いと感じました。

一般的にはメッシュ素材が多いと、柔らかいためフィッティング性が落ちやすいと感じます。

スポクツ
そのポイントを見ていきましょう。

レゾラインのトライネックスは平紐

まず靴紐が平べったい平紐でした。

平紐は靴紐の中でもほどけにくくフィッティング性を高めやすいと言えます!

スポクツ
しかもかなり厚手なので高いフィッティング性を感じました。

レゾラインのトライネックスはカカトでホールド

レゾラインのトライネックスはカカトでしっかりホールド。

カカト幅が狭いので、ブレにくくフィッティング性が高いと感じました。

レゾラインのトライネックスは履き口が厚手

履き口は厚手であらゆる足にフィットしやすい仕様。

スポンジが入っているので、カカト幅が広い方にはクッションが凹み、カカト幅が狭い方にはそのままフィットします。

レゾラインのトライネックスのフィッティング性

また画像の赤丸部分の三角形の形状がプレー中にフィット感がズレないポイントだと感じます。

靴が足と連動して屈曲する場所にはメッシュではない素材を使用していました。

スポクツ
平紐で足の甲を抑えて、カカト幅を狭くして脱げにくく、サイド部分でブレを防止しているため、メッシュが多くてもフィッティング性が高いのでしょう。

↑一覧表へ戻る↑

カップインソールではない

レゾラインのトライネックスはインソール入り

最後にレゾラインのトライネックスのデメリットも見ていきましょう。

デメリットはインソールがカップインソールではないこと。

カップインソールとは・・・

カップインソールの形状

カップインソールは上記のような端が折れ曲がった形状のもの。

足と靴の隙間を埋めるためフィッティング性が向上します。

レゾラインのトライネックスのインソール

レゾラインのトライネックスのインソール形状は平面でした。

そのため、カカトや土踏まず部分の隙間を埋めることがカップインソールに比べると下がります。

レゾラインのトライネックスはインソールは厚い

ただし、レゾラインのトライネックスのインソールの厚みは6.56mmでした。

これはバタフライの卓球シューズの中でもトップクラスです。

スポクツ
クッション性は間違えありません!

↑一覧表へ戻る↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です