おすすめの卓球シューズはこちら!

バタフライの卓球シューズ『レゾライン リフォネス』をレビュー

バタフライの卓球シューズ『レゾライン』を徹底解説!【幅広でレディースもあり!】
この記事の著者

スポーツシューフィッター

スポクツ(松下智博)

spokutsu

プロフィール

スポーツシューフィッターの松下智博です。卓球歴6年。作業靴メーカーと靴の販売店で合計11年仕事しました。メーカー営業と販売員、シューフィッターの目線から靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

バタフライの卓球シューズ『レゾライン リフォネス』をレビュー

レゾラインリフォネスはバラフライの卓球シューズの中でも1番ハイスペックモデル

レゾラインリフォネスとはバタフライの卓球シューズ

評価項目詳細
価格¥13,200(定価) 〜
サイズ幅広
男女兼用:22.5 〜 30.0cm
サイズ感普段履き比較:同じサイズ
動作性★★★★★(星5つ)
クッション性★★★★★(星5つ)
(コート競技シューズの比較)
フィッティング性★★★☆☆(星3つ)
対応エリア前陣◎
中陣◎
後陣◎
ダブルス◎

バタフライは日本発の世界的な卓球用品メーカーです。

卓球シューズはもちろんのことラバーやラケット、ユニフォームまで卓球用品であればすべてラインナップ

スポクツ
ま、言わなくてもわかりますよね笑

カラーバリーエーション

レゾラインリフォネスのカラーバリエーション

レゾラインレフォネスのカラーバリエーションは4色です。

どれもオシャレな感じ!

スポクツ
卓球シューズは上履き風なデザインが多い中で、レゾラインリフォネスはそんなイメージが全くなくて良いですね。

重量・サイズ感

レゾラインリフォネスは26.5cmで245g

ここからはレゾラインリフォネスの重量サイズ感を見ていきます。

まずは重量ですが、26.5cmで245gでした。

スポクツ
めっちゃ軽いですね!

サイズ感

レゾラインリフォネスのサイズ感は普段履きスニーカーと同じ

レゾラインリフォネスのサイズ感は普段履きスニーカーと同じでした。

普段履きスニーカーとはコンバースやスタンスミスなどのこと。

スポクツ
普段履きスニーカーが27.5cmのところ、27.5cmでした。
補足

実は、スポーツシューズの正しいサイズ選びは普段履きスニーカーとは異なります。

筆者も普段履きスニーカーより0.5cm小さめがベストサイズの可能性が十分にありました。

しかし、いきなりベストサイズは足にフィットしすぎ違和感があるでしょう。

そこで当ブログでは普段履きスニーカーと同じサイズをおすすめしています。

メモ

次回、卓球シューズを購入する際には0.5cm小さいサイズも検討してみてください。

もし、痛みがなく強い締めつけ程度であればそれが本来のサイズ感です。

↑一覧表へ戻る↑

メリット・デメリット

レゾラインリフォネスのメリットとデメリット

ここからはレゾラインリフォネスメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット
  1. 滑りにくい
  2. フットワークがしやすい
  3. シューズの中で足がブレにくい
デメリット
  1. 卓球歴1年未満の方には×

それぞれ詳しく見ていきましょう。

滑りにくい

レゾラインリフォネスは滑りにくい

レゾラインリフォネスは滑りにくいアウトソールでした。

アウトソールとは、画像の黄色い部分のことで床と接地するパーツのこと。

スポクツ
アウトソールの素材や形状によって滑りにくさが決まるのですが、タテヨコ斜めのすべての方向に対応していました。

レゾラインリフォネスの前半分のアウトソール

小さいバタフライのロゴマークは主にサイドステップや斜め方向への滑りに対応しています。

親指あたりの波状のアウトソールはタテ方向への滑りに対応。

スポクツ
大きなバタフライマークもただのロゴではなく、踏み込みやドライブ攻撃した際にしっかり床を捕らえるためにあります。

レゾラインリフォネスは着地が安定

カカト側ですが、カカトの先端側の角ばった波状のソールは前後のフットワークで滑りにくい形状!

NON MARKINGと記載のある大きな溝(みぞ)は先ほどのつま先部分にもありました。

スポクツ
足と靴が連動しやすくなる効果があります。

フットワークしやすい

レゾラインリフォネスはフットワークしやすい

レゾラインリフォネスはフットワークしやすいというメリットがあります。

まずサイドステップがしやすいのですが、アウトソールが上側まではみ出していますね!(巻き上げソール)

スポクツ
BUTTERFLYと記載のある部分のことで、止まりたいときに止まりやすくなります。

レゾラインリフォネスは前後のフットワークしやすい

カカト側にも巻き上げソールがありました。

レゾラインリフォネスはつま先も巻き上げソール

つま先の先端まで巻き上げソールになっています。

レゾラインリフォネスはトーアップ

レゾラインリフォネスは平置きするとつま先が接地していないことがわかります。

この形状をトーアップといい、次の一歩が出しやすいため、前後へのフットワークで活躍!

レゾラインリフォネスは着地が安定

カカトの先端も接地していません。

これは着地の安定や中陣後陣へ下がるフットワークで有効です。

レゾラインリフォネスは反発力がある

レゾラインリフォネスのクッション素材は反発力のある素材でした。

跳ねる感覚があり自分の思っていた以上に、動けるのでパフォーマンスに大きくプラスになります。

スポクツ
一度履いたら他のシューズへは変えられないでしょう!

シューズの中で足がブレにくい

レゾラインリフォネスはシューズの中で足がブレない

レゾラインリフォネスを履いて、プレー中でもシューズの中で足がブレにくいメリットを感じました。

そのポイントを解説します。

レゾラインリフォネスは平紐

まずレゾラインリフォネスは靴紐でした。

靴紐はシューズのサイズ調整の留め具の中で<b>1番フィッティング性を高めやすい</b>メリットがあります。

スポクツ
ほどけるデメリットもありますが、平べったい平紐のため「ほどけにくい」!

レゾラインリフォネスはベロが厚手

足の甲にあたる部分をベロというのですが、レゾラインリフォネスはベロに厚みがありました。

ベロに厚みがあると靴紐をきつく締めても足の甲が痛くなりにくい!

スポクツ
また多くの方の足に合わせやすくなる仕様です。

レゾラインリフォネスはベロの片側が固定

ベロの片側が糸で縫われており固定されていました。

ベロを固定することより、足がブレにくくなりますね!

レゾラインリフォネスのベロ

もう一方のベロは固定されていません。

両方糸で縫って固定してしまうと、フィッティング性が低下するためでしょう。

レゾラインリフォネスは履き口にも厚みあり

足を入れる履き口(はきぐち)にも厚みがありこちらもベロと同様に多くの方に合わせやすくなります。

レゾラインリフォネスはカカト幅が狭い

またカカト幅が狭いため、足をしっかりホールドできました。

レゾラインリフォネスは脱げにくい

カカトの頂点はつま先方向へ曲がっており、脱げにくい形状です。

レゾラインリフォネスはサイズ感が変わりにくい

レゾラインリフォネスは、プレー中はもちろんのこと継続的に使っていてもサイズ感が変わりにくい工夫がありました。

レゾラインリフォネスの樹脂コーティング

メッシュ素材を剥き出しにせず、うすい樹脂コーティングをしています。

メッシュやニットは繊維がほどけたり破れることでサイズ感やフィッティング性が変化することがありました。

スポクツ
レゾラインリフォネスは、かなり手が込まれており、しっかり商品開発されていることがわかります。

↑一覧表へ戻る↑

卓球歴1年未満には向かない

レゾラインリフォネスのデメリットは反発力

最後にレゾラインリフォネスのデメリットを見ていきましょう。

レゾラインリフォネスは跳ねるような反発力を感じたのですが、あまり卓球歴の少ない方が履くと不安定に感じてしまう可能性があると感じました。

スポクツ
ただし、滑りにくいので、そこまで気にならないかもしれませんが、とはいえ初心者の基礎固めでは反発力は入りませんね!

レゾラインリフォネスは安定感もある

1年以上の卓球経験がある方は問題ないでしょう。

確かにレゾラインリフォネスは反発力がありますが、滑りにくさなど安定感を高める機能があります。

スポクツ
アウトソールにある赤い部分のN字のプラスチック樹脂素材は、フットワークを安定させる効果があり、クッション素材に高い反発力があっても問題ありません。

↑一覧表へ戻る↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です