おすすめの卓球シューズはこちら!

【JUIC(ジュウイック)の卓球シューズをレビュー】T.T.チャレンジ01は初心者にもおすすめ!

【JUIC(ジュウイック)の卓球シューズをレビュー】T.T.チャレンジ01は初心者にもおすすめ!

どーも、スポーツシューフィッターのスポクツです。

今回は、JUIC(ジュウイック)の卓球シューズをレビュー。

スポクツ
結論から申し上げますと、初心者でも履きやすい卓球シューズです。

「価格の安い卓球シューズってある?」

「クッション性の高い卓球シューズがほしい」

「フィッティング性の高い卓球シューズを探している」

スポクツ
そんな方におすすめです。

実際に履いてみて「足の甲にしっかりフィット、すこしサイズ感が大きめ、すこし幅広」という感想でした。

初心者で足の幅が広い方におすすめ!

【JUIC】T.T.チャレンジ01
JUIC
この記事の著者

スポーツシューフィッター

スポクツ(松下智博)

spokutsu

プロフィール

スポーツシューフィッターの松下智博です。卓球歴6年。作業靴メーカーと靴の販売店で合計11年仕事しました。メーカー営業と販売員、シューフィッターの目線から靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

JUIC(ジュウイック)の卓球シューズ『T.T.チャレンジ01』をレビュー

T.T.チャレンジ01とは、JUIC(ジュウイック)が開発した卓球シューズ。

T.T.チャレンジ01はジュウイックの卓球シューズ

評価項目詳細
価格¥7,590(定価)
サイズ幅広
男女兼用:23.0 〜 28.0cm
動作性★★★☆☆(星3つ)
クッション性★★★☆☆(星3つ)
(コート競技シューズの比較)
フィッティング性★★★★☆(星3つ)
対応エリア前陣◎
中陣◯
後陣◯
ダブルス◎

JUIC(ジュウイック)は卓球シューズだけではなく、ラバーなどラインナップしている卓球用品メーカー。

むしろ卓球シューズはこちらのT.T.チャレンジ01だけのため、そこまで力を入れていない印象です。

スポクツ
しかし、足の甲をホールドするフィッティング力は間違えありません。

カラーバリエーション

ジュウイックの卓球シューズのカラーバリエーション

JUICの卓球シューズ『TT.チャレンジ01』のカラーバリエーションは上記のとおり。

スタンダードで学校の卓球部のユニフォームにも採用しやすそうです!

【JUIC】T.T.チャレンジ01
JUIC

↑目次へ戻る↑

重量・サイズ感・特長

ジュウイックの卓球シューズの重量は27.0cmで302g

ここからはJUICの卓球シューズ『T.T.チャレンジ01』の重量とサイズ感、特徴を見ていきましょう。

まずは重量ですが、T.T.チャレンジ01は27.0cmで302gでした。

スポクツ
正直なところ、卓球シューズの中ではそこまで軽い方ではなく、すこし重たいくらい。

サイズ感

ジュウイックの卓球シューズのサイズ感はすこし大きめ

JUICの卓球シューズ『T.T.チャレンジ01』のサイズ感はすこし大きめ。

コンバースなどの普段履きスニーカーと比較しています。

スポクツ
普段履きスニーカーが27.5cmのところ、27.0cmでした。
補足

筆者は足が細身のため、すこし大きく感じました。

幅広と記載はないものの明日の幅が広い方におすすめします。

特徴(メリット・デメリット)

ジュウイックの卓球シューズの特長

ここからはJUICの卓球シューズ『T.T.チャレンジ01』特徴をみていきましょう。

T.T.チャレンジ01のメリットとデメリットは下記のとおり。

メリット
  1. クッション性抜群
  2. フィッティング性が高い
デメリット
  1. 靴紐が丸紐
スポクツ
それぞれ詳しく見ていきましょう。

フィッティング性が高い

ジュウイックの卓球シューズはフィッティング性が高い

JUICの卓球シューズはフィッティング性が高いと感じました。

まず上記の画像のとおり、履き口の素材が厚手。

スポクツ
スポンジのような素材が入っているのですが、カカト幅が広い方にはクッションがつぶれ、細い方には寄り添うようにフィットします。

ジュウイックの卓球シューズはカカト幅が狭い

そもそものカカト幅はせまく足をしっかりホールドしてくれます。

ジュウイックの卓球シューズはベロが厚手

足の甲にあたるベロというパーツにも厚みがありました。

ものすごいある訳ではないのですが、フィット感があるので、履くとわかりますね!

ジュウイックの卓球シューズはカップインソール

JUICの卓球シューズ『T.T.チャレンジ01』はカップインソール入り

カップインソールは足と靴のすき間を埋めるのでフィッティング性を高める効果がありました。

スポクツ
実際に、足の甲はかなり締めつけ感がありフィッティング性が高い印象です。

ジュウイックの卓球シューズはブレにくい

JUICの卓球シューズはつま先に柔らかいメッシュ素材がないため、プレー中もブレにくい。

細かい独特なフットワークのある卓球には重要なポイントでしょう。

【JUIC】T.T.チャレンジ01
JUIC

↑目次へ戻る↑

クッション性が高い

ジュウイックの卓球シューズはインソール入り

JUICの卓球シューズにはインソールが入っていました。

JUICのインソールは、足裏に沿った形状でクッション性が高く感じます。

ジュウイックの卓球シューズのインソールの裏面

インソールの裏面を見るとクッション素材が多層なことがわかりました。

ジュウイックの卓球シューズのインソール(カカト下)

赤色部分と黄色の部分のどちらもクッション素材です。

ジュウイックの卓球シューズはクッション性が長続き

さらに、JUICの卓球シューズ『T.T.チャレンジ01』クッションが長続きすると感じました。

その理由はクッションの中央にある黒い樹脂状のパーツのおかげ。

スポクツ
衝撃を分散し、疲労を軽減します。

番外編:フットワークについて

ジュウイックの卓球シューズのフットワーク

番外編としてJUICの卓球シューズ『T.T.チャレンジ01』のフットワークについて見ていきましょう。

フットワークには床と接地するアウトソールというパーツが関係します。

ジュウイックの卓球シューズのアウトソール

JUICの卓球シューズ『T.T.チャレンジ01』のアウトソールは足と靴が連動しやすいような構造でした。

大きな溝がとくにその機能を担っています。

スポクツ
その他の円のような形状の部分は滑りにくさフットワークの際の急発進と急停止がしやすい効果があると感じました。

ジュウイックの卓球シューズはトーアップ

またJUICの卓球シューズ『T.T.チャレンジ01』を平置きするとつま先が接地していないことがわかりました。

この形状をトーアップといい、前後のフットワークで活躍します。

【JUIC】T.T.チャレンジ01
JUIC

↑目次へ戻る↑

すこし丸紐

ジュウイックの卓球シューズは靴紐は丸紐

最後に、JUICの卓球シューズ『T.T.チャレンジ01』のデメリットを見ていきましょう。

T.T.チャレンジ01のデメリットは靴紐がすこし丸みがあります。

スポクツ
完全に平べったい平紐に比較して「ほどけやすいのでは?」と思いました。
【JUIC】T.T.チャレンジ01
JUIC

↑目次へ戻る↑

JUIC(ジュウイック)の卓球シューズをレビューのまとめ

当記事ではJUIC(ジュウイック)の卓球シューズをレビューしました。

JUICは卓球シューズを1種類ラインナップしており、T.T.チャレンジ01という商品名です。

スポクツ
初心者でも履きやすいので多くの方におすすめ!

それでは下記より簡単に記事をまとめます。

JUICの卓球シューズ『T.T.チャレンジ01』のメリットとデメリットは下記のとおり。

メリット
  1. クッション性抜群
  2. フィッティング性が高い
デメリット
  1. 靴紐が丸紐
【JUIC】T.T.チャレンジ01
JUIC

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です