立ち仕事でも疲れないサンダルはコレだ!【疲労軽減におすすめ】

立ち仕事で 疲れにくい サンダル紹介

こんな方に読んでほしい
  • 立ち仕事で疲れないサンダルがほしい方
  • 夏のフェスで疲れにくいサンダルがほしい方
  • 観光地で履く疲れにくいサンダルを探している方

 

リョクシン

どーも、コックシューズ・厨房靴オタクのリョクシンです。
どーも、「野菜は炒めても足は痛めるな」料理人のシンコーです。

シンコーちゃん

リョクシン

普段は、料理人さんの履く滑りにくいコックシューズについて解説しています。

今回は、コックシューズではなく、立ち仕事でも疲れないサンダルについて解説!

突然ですが、サンダルって疲れませんか?

とくに立ちっぱなしは疲れます。

「夏場、サンダルで仕事しているけど、足が疲れる」

「フェスやライブイベントでサンダル履いて行くけど、足の疲労ハンパない」

「とにかく、疲れにくいサンダルがほしい」

そんな方に向けて、疲れにくいサンダルを解説しました。

一部の製品を使用していますが、「疲れにくい、歩きやすい、軽い」と満足していますね。

サンダルをよく履いている方におすすめできる製品です。

 

立ち仕事でも疲れないサンダルはコレだ!【疲労軽減におすすめ】

立ち仕事って疲れますよね。

私も靴屋でアルバイトしていましたのでわかります。

また、展示会なんて行ったら、ずっと「立ちっぱ」なので疲れました。

普通のスニーカーでも疲れるのですから、サンダルで立ち仕事なんて行ったら・・・

今回は、立ち仕事でも疲れないサンダルを紹介します。

立ち仕事でなくても、フェスやライブなど遊びに行くときにでもおすすめ。

ディズニーランドなんて最適かもしれませんね。

サンダルでディズニーとかめっちゃ疲れるでしょうから。

まずは、サンダルの選び方から見ていきましょう。

 

立ち仕事でも疲れないサンダルの選び方

ここからは、立ち仕事でも疲れないサンダルの選び方を紹介します。

私が紹介した製品ではデザインなど気に入らなかった時に参考になります。

ご自身で選ぶ時の基準にして見てください。

立ち仕事でも疲れないサンダル選びの基本は、下記の3つです。

疲れないサンダルの選び方

  • 素材
  • 厚底であるか
  • 有名メーカーを選ぶ

リョクシン

詳しく見ていきましょう。

 

①素材

立ち仕事でも疲れないサンダル選びは素材を見るところから始めましょう!

サンダルに使われている素材を見てみます。

おすすめは、クッション素材に2種類以上の素材を使用している製品。

例えば・・・・

使用素材例

  • コルクとEVA
  • ウレタンとEVA
  • 軟らかいウレタンと硬いウレタンの二層式

挙げたらキリがありませんが、上記のような感じ。

素材が2層あることで、衝撃吸収が高く、クッション性が高くなるのです。

サンダルではありませんが、ナイキのエアマックスやニューバランスのスニーカーのイメージ。

ニューバランス クッション構造 ナイキ エアーマックス クッション構造

クッションの部分にたくさん素材がありますね。

リョクシン

見た目ではわかない場合には、商品に付いているタグや通販サイトの成分表示みたいな欄を見てみよう。

 

②厚底であるか

立ち仕事で疲れないサンダル選びは、厚底であるかも重要なポイント。

厚底の方が疲れにくいのは確かです。

ただし、先ほどの素材の条件面をクリアする必要があるでしょう。

サンダルって「すって」歩くような感じですね。

そのためか、薄い底の製品が多いのです。

まぁー薄い方が歩きやすいですからね。

しかし、今回の本題は、立ち仕事のような「立ちっぱ」を想定しています。

ですので、厚底であることが必須でしょう。

 

③有名メーカーを選ぶ

スニーカー画像

立ち仕事でも疲れないサンダル選びは、メーカーでも絞り込みましょう。

最近ですと、ワークマンやドンキホーテなどの台頭で安価なサンダルがあります。

普段、ちょこっと使用するだけなら、問題ありません。

しかし、立ち仕事やレジャーで使うとなると長時間つかいますね。

そんなときに価格の安いサンダルを履いてしまうと足を悪くする可能性が・・・

長時間履くことが想定されるときは、靴メーカーのサンダルを購入しましょう。

靴には、設計思想があります。

靴メーカーには、長年のノウハウがあり、その設計思想があるとないとでは足への負担が変わります。

 

立ち仕事でも疲れないおすすめサンダル紹介!

立ち仕事 サンダル

ここからは、立ち仕事でも疲れないおすすめのサンダルを紹介します。

下記の製品

立ち仕事でも疲れないおすすめサンダル

  • ホカオネオネ『リカバリーサンダル』
  • ウーフォス『リカバリーシューズOOriginal Sport』
  • ビルケンシュトック『アリゾナ』
  • サロモン『サンダル RX BREAK 4.0
  • シェフメイトサボα-120

リョクシン

詳しくみていきましょう。

 

①ホカオネオネ『リカバリーサンダル』

hoka oneonリカバリーサンダル amazon

1つ目の立ち仕事で疲れにくいサンダルは、ホカオネオネの『リカバリーサンダル』です。

ホカオネオネは、フランス発祥のスポーツメーカー。

創業者は、ランニングシューズから靴メーカーとして参入しています。

創業者が自分で履きたいランニングシューズを開発し、口コミで広がり今に至るとのこと。

参入は2009年です。

かなり遅い後発な感じもしますが、製品は差別化ができていますね。

一番の特徴はこの厚底。

オーバーサイズミッドソールって言います。

hoka oneone リカバリーサンダル amazon

サンダルまでここまで厚底にしてしまうとは驚きです。

リカバリーシューズという製品名の由来ですが、疲れた足を回復するための靴なんだとか。

それなら、疲れにくいこと間違えなしですね。

立ち仕事で疲れてるし、買い出しのときにでも履いてみようかな?

シンコーちゃん

[ホカ オネオネ] リカバリーサンダル M Ora Recovery Flip メンズ ブラック US US11(29 cm) D
HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)

 

②ウーフォス『リカバリーシューズOOriginal Sport』

ウーフォス リカバリーシューズ

2つ目の立ち仕事で疲れないサンダルは、ウーフォス『リカバリーシューズ』です。

ウーフォスは、疲労軽減用サンダルのリカバリーシューズのリーディングカンパニー。

独特の履き心地のウーフォスだけのオリジナル配合のクッションは、一度は履いて欲しい1足です。

ウーフォスのリカバリーシューズは、ハードなスポーツ後に足や膝の回復が目的。

ですので、衝撃吸収性が高いのです。

シンコーちゃん

もしかしたら、日常使いよりも、仕事終わりでも良いかも!
その通り。

料理人さんなど極端に立ち仕事の方には、おすすめな使い方だね。

リョクシン

 

③ビルケンシュトック『アリゾナ』

ビルケンシュトックの『アリゾナ』amazon

3つ目の立ち仕事でも疲れないサンダルは、ビルケンシュトックの『アリゾナ』です。

これもクロックス同様に説明不要ですね。

ビルケンシュトックのアリゾナもクロックスと同じでパクられてます。

しかし、姿や形状、デザインは真似できても、履き心地は真似できません。

前述のとおり、そのような模倣メーカーには設計思想がないからです。

ビルケンシュトックの『アリゾナ』amazonサイド

ビルケンシュトックのオリジナル配合のコルクや4層式のクッションは最高ですね。

アッパー部分の素材も肌にやさしい素材を使用しています。

 

④サロモン『サンダル RX BREAK 4.0

サロモン リカバリーサンダル

4つ目の立ち仕事でも疲れないサンダルは、サロモンの『サンダルRX BREAK 4.0』です。

サロモンは、創業80年以上の歴史あるアウトドアメーカー。

その中でもトレイルランニングシューズが人気です。

トレイルランニングとは、山や草原を走るランニング競技の1つ。

コースは、アップダウンの多いため、衝撃吸収性や耐久性が求められます。

サロモン リカバリーサンダル 上から

さらに、天候不順なコースが多いので、耐水性も必要な業界ですね。

かなり過酷なレースのため、競技終了後には、足や膝をかばう必要があります。

そこで、生まれたのがサロモンのリカバリーサンダルRX BREAK4.0

全米足病医師会が推奨するまでに衝撃を吸収して足や膝を守ります。

それだけ衝撃吸収性が高く、疲れにくいのが特徴。

ぜひ、一度試してみてください。

 

⑤シェフメイトサボα-120

シェフメイトサボα-120 サイド

最後に立ち仕事でも疲れないサンダルとして弘進ゴムの『シェフメイトサボα-120』を紹介。

おおお!本家のコックシューズですね。

シンコーちゃん

リョクシン

そうだね。

コックシューズの中でもサボシューズと言って、脱ぎ履きしやすくカカトが低いデザインになっているよ。

シェフメイトサボα-120は、サボシューズの中でもクッションが厚底です。

サボシューズは通常、足音が大きくなるので、薄いクッション。

シェフメイトサボα-120はどういう訳か、厚底なのです。

そのおかげで、疲れにくいサンダルになりました。

しかも、靴底が滑りにくい仕様です。

シェフメイトサボα-120 靴底

気をつけるポイントは、コックシューズなので通気口がありません。

ですので、蒸れますね。

冬場の軽い雨の日とか最適かも知れません。

 

立ち仕事でも疲れないサンダル紹介のまとめ

当記事では、立ち仕事でも疲れないサンダルについて解説しました。

おすすめ商品が気に入らなかった時は、選び方を参考にして見てください。

有名なメーカーでクッション素材が2層以上あり、厚底であれば最高です。

今回ご紹介しました製品は、立ち仕事だけでなくても、おすすめ。

ディズニーやフェスなどでも大活躍でしょう。

それでは、簡単に記事をまとめます。

 

立ち仕事でも疲れないサンダルの選び方は、下記です。

疲れないサンダルの選び方

  • 素材
  • 厚底であるか
  • 有名メーカーを選ぶ

リョクシンおすすめ製品は、5つ。

立ち仕事でも疲れないおすすめサンダル

  • ホカオネオネ『リカバリーサンダル』
  • ウーフォス『リカバリーシューズOOriginal Sport』
  • ビルケンシュトック『アリゾナ』
  • サロモン『サンダル RX BREAK 4.0
  • シェフメイトサボα-120
[ホカ オネオネ] リカバリーサンダル M Ora Recovery Flip メンズ ブラック US US11(29 cm) D
HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)

最後まで読んでいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願いいたします。

 

「サンダル以外で立ち仕事で疲れにくい靴を知りたい」

そんな方に向けて、下記の通り解説しました。

あわせて読みたい【疲れないスニーカー】 

【疲れないローファー】

【疲れないスリッポン】

【疲れないスリッパ】

【疲れないコックシューズ】

 

シンコーちゃん

コックシューズについて知りたい
そんな方に向けてコックシューズを徹底解説しました。

下記のリンクから確認お願いします!

リョクシン

 

コメントを残す