【アシックスのナースウォーカー509をレビュー】機能数が一番多いナースシューズ

こんな方に読んでほしい

  • ナースウォーカー®︎509について知りたい方
  • 機能性の高いナースシューズをお探しの方(女性限定)

リョクシン

どーも、靴のお仕事歴10年のリョクシンです。

今回は、ナースウォーカー®︎509について見ていきます。

結論から申し上げますと機能性が高く、且つ機能の数が多いナースシューズ。

「疲れにくいナースシューズがほしい」

「蒸れにくいナースシューズを探している」

「立ちっぱなことが多い病院で働いている」

「滑りにくいナースシューズがほしい」

そんな方におすすめなナースシューズです。

リョクシン
実際に履いてもらって「しばらく働いても疲れにくい、滑りにくい、通気性がある」とのことでした。

サイズ展開が女性限定なので男性の方は、別の製品をおすすめします。

ナースシューズの中で、全面的に機能性に優れる製品でした。

アシックスのナースウォーカー509とは?サイズ感紹介

ナースウォーカー509とは、アシックスが開発したナースシューズです。

アシックスは、日本発の世界的なスポーツメーカー。

各スポーツ種目の世界大会にてアシックスを見ないことがありません。

評価項目詳細
価格¥9,020〜(通販による)
サイズ21.5~25.5cm
サイズ感普段履き比較:同じサイズ推奨
ナースシューズ比較:
カラー展開1色(ホワイト)
動きやすさ★★★★★(星5つ)
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★★(星5つ)
おすすめの使用環境大学病院◎
個人病院◎
看護専門学校◎
看護大学◎

そんなアシックスですが、ナースシューズは複数ラインナップしています。

私の見立てでは、アシックスの中でナースウォーカー509が一番のハイスペック品

ただし、院内の働く環境や足にもよるので、ぜひ記事を参考にしていただければと。

重量

ちなみに、ナースウォーカー509の重量は25.5cm片足233gでした。

ナースシューズの中では、わずかに重い数値に感じるかもしれません。

しかし、靴の重量は、履き心地の目安にはならず、重要なのは足へのフィッティング性です。

リョクシン
軽くてもフィッティング性が低いと疲れてしまうし、重さも感じやすいんだね。

フィッティング性が低いと、靴内で足がバタバタして疲れやすく重く感じます。

詳しくは、後述しますが、ナースウォーカー509はフィッティング性の高く重量感は感じにくい製品でした。

 

ナースウォーカー509のサイズ感とは?

ナースウォーカー509のサイズ感は、広めとのこと。

つま先が広めになっていますね。

女性は、ホルモンバランスや腱や筋肉の関係から、働いてしばらくすると、足が広くなってしまうことがあります。

リョクシン
おそらくは、その足が広くなる部分も加味した形状なのかもしれません。

マジックテープが広い

しばらく働くと、足が広くなると自覚している看護師さん多いですね。さすがです。

主に師長さんクラスが多いイメージ。

こちらも後述しますが、足が広くなる前は、マジックテープをキツめに締めると良いでしょう。

リョクシン
キツめに締めて、足が広くなってきた感覚を覚えたら、ストレスない程度に緩めていくイメージです。

↑目次へ戻る↑

アシックスのナースウォーカー509のメリットとデメリット解説

ここからは、アシックスのナースウォーカー509をレビューします。

アシックスのナースウォーカー509のメリットデメリットは下記。

メリット
  1. 長めのマジックテープで足にフィット
  2. カカトでしっかりホールド
  3. メッシュ素材で蒸れにくい
  4. メッシュ素材が指にやさしい
  5. つま先にも通気口がある
  6. 品質の高いインソール
  7. シリコン素材α-GEL採用
  8. 通気性の高い靴底
  9. 靴底のすり減りにくいゴム採用
  10. 滑りにくい靴底
デメリット
  1. メッシュ部分が広い
  2. 足が細い細い人には向かないかも

上記のメリットとデメリット画像を使ってパーツ別に解説しました。

靴は大きく分けて3つのパーツに分かれます。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

この3つのパーツが靴のどこに当たるのかを図解しました。

 

靴のパーツの名称を解説

それでは、先ほどのメリットとデメリットに触れながら、ナースウォーカー509をパーツ別に見ていきましょう。

 

アッパー

靴のパーツのアッパーの場所について解説

まずは、アッパーについて見ていきましょう。

アッパーは、足を包みこむパーツ。

通気性フィッティング性安全性に関係します。

ナースウォーカー509は、通気性とフィッティング性に優れたアッパーでした。

まずは、通気性について見ていきましょう。

メッシュ

アッパーにメッシュ素材がありました。

かなり広めにメッシュ素材をとっていますね。

指の付け根あたりが、柔らかいメッシュなので、外反母趾などトラブルを抱えていても、痛みが軽減される可能性があります。

リョクシン
サイドがメッシュ素材のため、車椅子や医療器具との接触だけお気をつけてください。

ただし、メッシュ素材も割と厚手で、弱そうなイメージはありません。

通気口

メッシュの他にも通気口がありました。

画像はサイド部分です。

靴で通気性を出すには、歩行のメカニズム上、つま先に通気口が必要です。

つま先にも少しだけ通気口がありました。

リョクシン
靴底の解説で、触れますが、靴底の形状にも通気性の出す工夫がありましたね。

続いてフィッティング性について見ていきます。

マジックテープ

続いてフィッティング性について見ていきます。

何度も解説していますが、マジックテープがありました。

マジックテープが広めなので、サイズ調整がしやすい特徴があります。

ナースウォーカー®︎509は、幅広めでした。

おそらく、女性に多い、時間経つと足が広がってしまうことも計算に入れた設計です。

リョクシン
履きはじめは、キツめにフィットさせて、きつく感じて来たら、緩めましょう。

カカトでしっかりフィット

カカトの素材が足にしっかりフィットします。

ストッキングのような薄手なものでも問題なさそう。

アシックスの製品は、すべての製品でカカト素材に優れます。

アッパーまとめ

  • メリット①:長めのマジックテープで足にフィット
  • メリット②:カカトでしっかりホールド
  • メリット③:メッシュ素材で蒸れにくい
  • メリット④:メッシュ素材が指にやさしい
  • メリット⑤:つま先にも通気口がある
  • デメリット①:メッシュ部分が広い
  • デメリット②:足が細い細い人には向かないかも

 

↑目次へ戻る↑

クッション

靴のパーツのクッションの場所について解説

続いて、クッションについて見ていきましょう。

クッションは、足の裏から体重や荷重を支えるパーツ。

疲れにくさ履き心地クッション性に関係します。

ナースウォーカー509のクッションの厚みは、厚くもなく薄くもない中間くらい。

動きやすさとクッション性の両立を目指した厚みといえます。

インソールが優秀

インソールが厚めで超優秀でした。

クッションの厚みを抑えていたのは、インソールが厚いからなのですね。

インソールを平面に置くとわかるのですが、ウェーブが見られます。

このウェーブですが、足の裏にフィットする形状。

例えば、土踏まずは「立ちっぱなし」でいると、扁平足のように落ちて来てしまいます。

リョクシン
このインソールは、土踏まずなど足の裏にある曲線を潰れないようにする形状でした。

特に女性が潰れやすい曲線をサポート

画像ではわかりにくいのですが、私の指さす先が、盛り上がっています。

この盛り上がりが、足の裏にある曲線(アーチ)を持ち上げてくれました。

女性が割と落としやすい曲線のある部分です。

α-GEL採用

カカトの部分にα-GELというシリコン素材の衝撃吸収の素材がありました。

シリコン素材なので、体重で潰れて機能が低下することがありません。

よってクッション性が長続きします。

リョクシン
クッション素材や衝撃吸収の素材の多くが、体重によって潰れてしまうとクッション性が低下することがあります。

クッションまとめ

  • メリット⑥:品質の高いインソール
  • メリット⑦:シリコン素材α-GEL採用

 

↑目次へ戻る↑

靴底

靴のパーツの靴底の場所について解説

最後に、靴底について解説します。

靴底は、地面に接地するパーツ。

滑りにくさに優れます。

ナースウォーカー509は、靴底に多くのゴム素材を使用しています。

そのため滑りにくさに優れました。

すり減りにくいゴム

ゴム素材ですが、素材を形成する配合によって、機能が変わります。

ナースウォーカー509は、AHAR(エーハー)というすり減りにくい配合のゴムを使用。

AHARは、ゴムの弱点である重量を軽量化しつつ、すり減りにくくした素材です。

リョクシン
靴底のすり減りにくさは、耐久性のみならず、滑りにくさも継続するため、安全性もアップするでしょう。

通気性のよい靴底

靴底をよく見てみると、穴がポツポツ空いてました。

この穴から靴内部の空気を循環できるのです。

実際に、キリを入れて見ました。

ちょっとすごい光景ですがw

決して悪いことしている訳ではありませんw

すると画像のように、貫通していたので、通気していることがわかりました。

実際にはインソールを入れてしまうので、ものすごい蒸れにくい訳ではありません。

しかし、靴底に通気する構造があるのとないのとでは、蒸れにくさにおいて、全く違います。

靴底まとめ

  • メリット⑧:通気性の高い靴底
  • メリット⑨:靴底のすり減りにくいゴム採用
  • メリット⑩:滑りにくい靴底

↑目次へ戻る↑

アシックスのナースウォーカー509をまとめます。

当記事では、ナースウォーカー509について解説しました。

ナースウォーカー509は、アシックスが開発したナースシューズ。

疲れにくさ蒸れにくさフィッティング性滑りにくさに優れた製品です。

私の採点では、アシックスのナースシューズの中では一番機能性に優れていると感じました。

サイドがメッシュなので、車イスや医療器具との接触だけお気をつけください。

それでは、下記よりナースウォーカー509についてまとめます。

ナースウォーカー509を履いて感じたメリットは、10個ありました。

メリット
  1. 長めのマジックテープで足にフィット
  2. カカトでしっかりホールド
  3. メッシュ素材で蒸れにくい
  4. メッシュ素材が指にやさしい
  5. つま先にも通気口がある
  6. 品質の高いインソール
  7. シリコン素材α-GEL採用
  8. 通気性の高い靴底
  9. 靴底のすり減りにくいゴム採用
  10. 滑りにくい靴底

デメリットは、2つです。

デメリット
  1. メッシュ部分が広い
  2. 足が細い細い人には向かないかも

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願い致します。

「他のアシックスのナースシューズについて知りたい」

そんな方に向けて記事を作成しました。

もっと詳しく解説
アシックスのナースシューズ全種類の画像ナースシューズはアシックスで決まり!【大人気ナースウォーカー®︎を全て解説】

すべて履いてみた筆者のレビューにあります。

ぜひ参考にしてみてください。

 

「もっとナースシューズについて知りたい」

リョクシン
そんな方に向けて、ナースシューズを徹底解説しました。

下記にて、市場にある定番品20種類すべて履いてレビューしています。

もっと詳しく解説
【ナースシューズを30種類履いた筆者が解説】おすすめ製品はコレだ!!

ぜひ、参考にしてみてください。

コメントを残す