【アシックスのナースウォーカー300SEをレビュー】静電対応のナースシューズ

 

どーも、靴の仕事して10年以上のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、ナースウォーカー®︎300について解説。

結論から申し上げますと静電対応のナースシューズです。

リョクシン
電気を流しやすいのが特徴!

患者さんに触れるときに、バチッと静電気が発生しにくいです。

その他、精密機械に触れることがある看護師さんにおすすめ!

ホコリなど室内に持ち込みにくくなります。

リョクシン
お困りの方はぜひ試してみてください。

履き心地はアシックスが開発しているので、間違えありません。

↑目次へ戻る↑

アシックスのナースウォーカー300SEとは?サイズ感や重量を紹介

ナースウォーカー300は、アシックスが開発したナースシューズです。

アシックスは、世界的なスポーツメーカー。

スポーツの世界大会で見ないことがありません。

評価項目詳細
価格¥7,480〜(通販による)
サイズ21.5~29.0cm
サイズ感普段履き比較:同じサイズ推奨
ナースシューズ比較:
ウィズ:3E(幅は広め)
※人差し指の一番長い方向け
カラー展開1色(ホワイト/シルバーのみ)
動きやすさ★★★★★(星5つ)
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境大学病院◎
個人病院◎
看護専門学校◎
看護大学◎

アシックスは、ナースシューズを複数ラインナップしています。

ナースウォーカー300SEは、静電対応のナースシューズ

静電気をため込まずに、外部へ流します。

リョクシン
冬場に患者さんと接するときも安心ですね。

医療や介護の現場では、精密機械を使用することもあります。

精密機械によっては、ホコリがNGなこともありました。

静電気によってホコリを機械に巻き込むことを防ぎます。

リョクシン
場合によっては、静電気が原因で火災になることもありますので、やはり精密機械を扱う現場では気をつける必要があるでしょう。

検査表

アシックスは検査表も入っていますので、しっかり検査済みでした。

重量

ナースウォーカー300の重量は、27.5cmで250gです。

とても軽い数値でした。

軽いから優れた靴という訳ではありません。

リョクシン
むしろ、高機能だと重くなりがち。

アシックスは、素材の配合を調整して軽いのに高機能という相反することを実現しています。

競技用スポーツシューズに中には、軽さが決め手なシューズもあるため、素材の配合には強いのでしょう。

 

ナースウォーカー300SEのサイズ感について

ナースウォーカー300SEのサイズ感は、足の指の長さで変わってきます。

ご自身の足の指の長さで、人差し指が1番長い方は、普段履きスニーカーと同じサイズでOK。

親指が1番長い方は、0.5cm大きめがおすすめ!

サイズ感

普段履きスニーカーとの比較 : 同じサイズ推奨

他ナースシューズとの比較 : 0.5cm大きめ推奨

普段履きスニーカーとは、ナイキやアディダスなどスポーツメーカーです。

アシックスも普段履きスニーカーがメインなのでサイズ感は近いものがありました。

足の幅が広い方は、0.5cm大きめをおすすめします。

↑目次へ戻る↑

アシックスのナースウォーカー300SEのメリットとデメリット解説

ここからは、ナースウォーカー300SEをレビューします。

実際に履いてみて感じたメリットデメリットは、下記。

メリット
  1. 静電
  2. マジックテープでフィット
  3. カカトで足をホールド
  4. メッシュ素材で蒸れ防止
  5. 動きやすいクッション
  6. 滑りにくい靴底
  7. 足音がしにくい
デメリット

静電インソールが気になる

上記のメリットとデメリットをパーツ別に解説しました。

靴は大きく分けて3つのパーツに分けることが可能です。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

このパーツが靴のどこに当たるのかを図解しました。

 

靴のパーツの名称を解説

それでは上から順番にアッパーから見ていきます。

 

アッパー

靴のパーツのアッパーの場所について解説

まずは、アッパーについて見ていきましょう。

アッパーは足を包むこむパーツ。

アッパーは、通気性フィッティング性安全性に関係します。

ナースウォーカー300は、通気性とフィッティング性に優れるアッパーでした。

まずはフィッティング性の部分から見ていきます。

マジックテープ

まずマジックテープでしっかりフィットさせられます。

甲のサイズ調整がうまくいきました。

カカト素材でホールド

カカトの素材が足をしっかりホールドしてくれました。

カカトが靴にホールドされることで、フィッティング性が格段にアップします。

メッシュ素材

続いて、通気性について見ていきましょう。

ナースウォーカー300のつま先方面は、メッシュ素材がありました。

面積はそこまで広くはありませんが、通気口があるのとないのとでは、蒸れにくさは雲泥の差。

リョクシン
メッシュが広いと、車椅子や医療機器を移動させるときに、衝突すると労災になることもあります。

ですので、メッシュ素材がそこまで広くないのは、むしろ安全性としては高いと言えるでしょう。

アッパーまとめ

  • メリット①:静電
  • メリット②:マジックテープでフィット
  • メリット③:カカトで足をホールド
  • メリット④:メッシュ素材で蒸れ防止

 

↑目次へ戻る↑

クッション

靴のパーツのクッションの場所について解説

続いて、クッションについて見ていきましょう。

クッションは、足の裏から体重や荷重を支えるパーツ。

疲れにくさ履き心地クッション性に関係します。

ナースウォーカー300SEのクッション素材はEVAでした。

EVA素材は、配合によって性能差がでる素材です。

前述のとおり、アシックスは素材の配合について研究していますので、履き心地にすぐれました。

リョクシン
安い製品や素材の配合に弱いメーカーのEVAですと、無意味に硬かったり、新品のときのクッション性がすぐに無くなってしまうことがありました。

フレックスグルーヴ

クッション部分にポツポツ切れ目があるの分かりますか?

グレーの靴底の合間にありますね。

この切れ目をフレックスグルーヴといい、靴が足の動きに連動しやすくなっています。

リョクシン
その結果、新品のときから履きやすいですし、作業しやすくなる効果がありました。

静電インソール

静電のため、電気を逃せるインソールを採用していました。

履き心地よく、疲れにくいインソールです。

しかし、電気を逃す部分がすこし擦れて気になりました。

クッションまとめ

  • メリット⑤:動きやすいクッション
  • デメリット①:静電インソールが気になる

 

↑目次へ戻る↑

靴底

靴のパーツの靴底の場所について解説

最後に、靴底について見ていきましょう。

靴底は地面に接地するパーツ。

滑りにくさ足音の大小に関係します、

靴底にゴム素材メインにした素材を使用していました。

ゴム素材だけの方が滑りにくいのですが、重くなりますし、足音が大きくなります。

アシックスの独自の配合の素材にすることで、滑りにくくて、足音がしにくくなりました。

靴底まとめ

  • メリット⑥:滑りにくい靴底
  • メリット⑦:足音がしにくい

 

↑目次へ戻る↑

アシックスのナースウォーカー300SEについてまとめます。

当記事では、ナースウォーカー300SEについて解説しました。

ナースウォーカー300SEは、アシックスが開発したナースシューズ。

静電対応のナースシューズの最高峰でしょう。

履き心地や安全性にすぐれるナースシューズでした。

冬場で静電気が発生してしまい患者さんに迷惑かけても問題なので、しっかり対応したいところ。

ぜひ、静電気でお困りの方は試してみてください。

それでは下記より記事をまとめます。

ナースウォーカー300SEを履いて感じたメリットは、7つありました。

メリット
  1. 静電
  2. マジックテープでフィット
  3. カカトで足をホールド
  4. メッシュ素材で蒸れ防止
  5. 動きやすいクッション
  6. 滑りにくい靴底
  7. 足音がしにくい

デメリットは、1つです。

デメリット

静電インソールが気になる

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願い致します。

「他のアシックスのナースシューズについて知りたい」

そんな方に向けて記事を作成しました。

もっと詳しく解説
アシックスのナースシューズ全種類の画像ナースシューズはアシックスで決まり!【大人気ナースウォーカー®︎を全て解説】

すべて履いてみた筆者のレビューにあります。

ぜひ参考にしてみてください。

 

「もっとナースシューズについて知りたい」

リョクシン
そんな方に向けて、ナースシューズを徹底解説しました。

下記にて、市場にある定番品20種類すべて履いてレビューしています。

もっと詳しく解説
【ナースシューズを30種類履いた筆者が解説】おすすめ製品はコレだ!!

ぜひ、参考にしてみてください。

コメントを残す