【ジャスタフィットをレビュー】ミズノが開発した作業用の長靴!

ミズノのジャスタフィットを詳しくレビュー

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、ミズノの長靴ジャスタフィットをレビュー。

リョクシン
結論から申し上げますと、足に最もフィットする長靴です。

「疲れにくい長靴がほしい」

「靴底に汚れが溜まらない長靴ってあるの?」

「足にフィットして疲れにくい長靴がほしい!」

リョクシン
そんな方におすすめな製品です。

実際に履いてみて「疲れにくい、足にフィットする、スニーカーの履き心地に近い」という感想でした。

レジャーや作業、雪国の方におすすめ!

この記事の著者

靴ブロガー

リョクシン

ryokushin

プロフィール

大阪在住のサラリーマンです。仕事に関係する靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

ジャスタフィットとは?重量やサイズ感をレビュー

ジャスタフィットとは、ミズノが開発した長靴です。

ジャスタフィットはミズノが開発した長靴

評価項目詳細
価格¥5,040〜(通販による)
サイズ25.0~28.0cm
丈の長さ25.0cmのとき38.0cm
26.0cmのとき39.0cm
27.0cmのとき40.0cm
28.0cmのとき41.0cm
※カバー含む
履き口の長さ25.0cmのとき41.0cm
26.0cmのとき43.0cm
27.0cmのとき44.5cm
28.0cmのとき46.0cm
サイズ感普段履き比較:0.5cm小さめか同じ
ウィズ:3E
カラー展開1色
ショート丈あり
滑りにくさ★★★☆☆(星3つ)
クッション性★★★★★(星5つ)
フィッティング性★★★★★(星5つ)
おすすめの使用環境悪天候・

ミズノは日本発の世界的スポーツメーカー。

スポーツシューズの技術を応用した作業用の靴も一部ラインナップしています。

リョクシン
安全靴類のプロスニーカーで人気!

足にフィットしやすい

ミズノのジャスタフィットは足にフィットする

スポーツシューズは、足にフィットしないとパフォーマンスが低下します。

よってミズノさんは常にフィッティング性と向き合っているはず。

リョクシン
ジャスタフィットを履いて感じたのは、長靴の中で2020年現在では、1番フィットしやすいと感じました。

フィットする口コミあり

足にフィットすると感じたのは筆者だけではなく、他のユーザーさんも同じみたいです。

こればっかりは履かないとわからないのでぜひ試して見てください!

リョクシン
しかも価格がそこまで高くないのが良いですね!

↑目次へ戻る↑

重量・サイズ感・別カラー

ここからは、重量とサイズ感、別のカラーバリエーションをレビュー。

まずは、重量から見ていきましょう。

重量

ミズノのジャスタフィットの重量は27.0cmで765g

ミズノのジャスタフィットの重量は、27.0cmで765gでした。

先芯のない長靴の中では、割と重たい方です。

リョクシン
ただし、靴の良し悪しは重量では決まりません。

重要なのはフィッティング性

靴の良し悪しはフィッティング性で決まります。

人の足によって変わるものですが、靴の型次第なところもありました。

リョクシン
ジャスタフィットは前述のとおりフィッティング性には問題ありません。

サイズ感

ミズノのジャスタフィットのサイズ感は少し大きめ

ジャスタフィットのサイズ感は、すこし大きめ。

ナイキやアディダスなどの普段履きスニーカーと比較しています。

リョクシン
普段履きスニーカーが27.5cmのところ、27.0cmでした。

サイズ選びのご参考までに筆者の靴のサイズをご案内!

筆者の靴ラインナップ

普段履きのスニーカー

  • オールバーズ ⇒ 27.0cm
  • ニューバランス ⇒ 27.5cm
  • アシックス・アキレス ⇒ 27.5cm
  • ナイキ・アディダス・プーマ ⇒ 27.5cm

革靴

  • リーガル ⇒ 26.5cm
  • テクシーリュクス ⇒ 26.5cm

長靴

  • ミズノ ⇒ 27.0cm
  • 弘進ゴム ⇒ 27.0cm
  • ミドリ安全 ⇒ 26.5cm

※足は狭めです。

サイズ感は靴のジャンルやメーカーによって変わります。

ご自身のサイズを決めつけずにサイズは毎回選んで見てください!

↑目次へ戻る↑

ショート丈もあり

ジャスタフィット(ショート丈)

関東など雪国、作業以外は、ショート丈で良いでしょう。

通勤や通学、レジャーであればショート丈をおすすめします!

↑目次へ戻る↑

ミズノのジャスタフィットを詳しくレビュー

ここからはミズノジャスタフィットを詳しくレビュー。

ミズノのジャスタフィットを詳しくレビュー

メリットデメリットは下記のとおり。

メリット
  1. カバー付き
  2. 滑りにくい
  3. 巻き上げの靴底
  4. 裏布が蒸れにくい
  5. 土が詰まりにくい
  6. 足にフィットする
  7. カカトが沈みこむ
  8. 「くじき」にくい
  9. スニーカーのような履き心地
デメリット
  • なし(比較対象のレベルが低い)
  • 筆者の足ではなくには合わなかった

メリット9個でデメリット0個(私見は除く)です。

メリットとデメリットを詳しく解説するために、パーツ別に見ていきましょう。

リョクシン
靴は、大きく分けて3つのパーツに分けることが可能です。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

下記にて3つのパーツを図解しました。

上から順番にアッパーから見ていきましょう。

アッパー(通気性がわかる)

アッパーとは、足を包みこむパーツ。

通気性フィッティング性に関係します。

足にフィットする

ミズノのジャスタフィットは足にフィットする

何回も書いてますが、足にフィットします。

足の甲の高さを下げたローアーチ構造というスポーツシューズによくあるのですが、長靴ではあまりない構造でした。

リョクシン
ただ、甲を下げれたローアーチにすれば良い訳ではなく、クッションやインソールとのバランスがあってのローアーチです。

筆者の「脚」には合わなかった

長靴のフィッティング性には、足と脚で分かれます。

長靴のフィッティング性が求めらえれる場所

英語でいうと足はFOOT脚はLEGですね。

リョクシン
筆者的には、LEGへのフィッティング性はまだまだ改善の余地があると感じましたが、筆者の脚が細いこともあるので、デメリットにはしませんでした。

裏布が蒸れにくい

足の当たる部分を裏布(ライニング)といいます。

長靴の通気性で、フィッティング性の次に大事なのは、裏布。

リョクシン
メッシュ状で足と脚と「ひっつき」にくい素材が大事です。

また、速乾性があることで翌日に汗や結露、湿気を持ち込まないので、裏布の素材感は大事!

カバー付き

ミズノのジャスタフィットはカバー付き

ジャスタフィットにはカバーが付いていました。

カバー付きは、石ころや土、雨など靴の中に異物や水滴が入らないようにするモノ。

リョクシン
作業用には欠かせない機能でしょう。

ミズノのジャスタフィットのカバー付きの使い方

カバーの使い方は簡単です。

アタッチメントを押して、長靴側に押して締めるだけ。

リョクシン
前側にパンツとの隙間がなければOKです!

ツヤ感のないアッパー

ミズノのジャスタフィットは艶感がない

ジャスタフィットは、ツヤ感がない素材。

ツヤ感がある長靴のアッパーは下記のとおり。

艶のある長靴のアッパー

とくに機能性が変わることもありません。

しかし、若い方はツヤがない方がオシャレに見えるでしょう。

リョクシン
アパレル系のハンターやエーグルなどの長靴も、ツヤ感がないアッパーであるためです!

北海道や東北方面では、ツヤ感を求める方も多いそうですが、正直どうでも良いところかなと笑

アッパーまとめ

  • メリット:カバー付き
  • メリット:裏布が蒸れにくい
  • メリット:足にフィットする

↑目次へ戻る↑

クッション(履き心地がわかる)

続いて、クッションを見ていきましょう。

クッションは、足の裏から体重や加重を支えるパーツ。

リョクシン
疲労履き心地に関係します。

薄底

ミズノのジャスタフィットは薄底

ミズノのジャスタフィットは薄底でした。

薄底は、クッション性では劣るものの安全性が高くなります。

リョクシン
床や地面をしっかり捉えることができる!

作業で使用されることを想定しているので、薄底が大前提なのでしょう!

インソール入り

ミズノのジャスタフィットのインソール

薄底ではあるもののインソールが入っていました。

ミズノのジャスタフィットは裏面にクッション材がある

黒くてわかりにくいのですが、裏面のカカトから中心部にかけてクッション素材があります。

ミズノのジャスタフィットは厚めのクッション素材がある

割と厚めのあるクッションです。

適当なスッカスカなクッション素材ではなく、反発力のある素材でした。

ミズノのジャスタフィットはカップインソール

インソールの形状は、カップインソール

カップインソールとは、コップのように端が折れ曲がっている形状のインソールのこと。

リョクシン
靴と足の隙間を減らすことができるので、フィッティング性が高くなります。

ミズノのジャスタフィットの厚みは薄い場所で3.52mm

インソールの1番薄い部分は、3.52mm。

ミズノのジャスタフィットのインソールの1番厚い部分は14.04mm

1番厚い部分で14.04mmでした。

かなり厚いですね!

リョクシン
市販のインソールと買い替えるときは、厚めのインソールでも問題ないクラスでしょう。

トーアップ

ミズノのジャスタフィットはトーアップあり

ジャスタフィットのつま先は、平置きすると接地していないことがわかります。

この形状をトーアップといい、つまずき防止や歩きやすい効果がありました。

ミズノのジャスタフィットはトーアップあり

前から見るとわかりやすいですね!

靴底の素材がつま先まできています。

リョクシン
この形状を巻き上げソールといい、耐久性と安全性に優れる構造。

アーチが二重

ミズノのジャスタフィットはアーチ部の補強が二重

足には土踏まず等をはじめとする、アーチという構造があります。

このアーチ部分には、二重でゴム素材により補強をしていました。

リョクシン
この補強により作業中の動作で足が長靴の中でズレないようにフィットして動きやすくなります。

カカトが沈みこむ

ミズノの長靴の1番疲れにくいと感じたポイントです。

スニーカーでは当たり前の構造ですが、カカトが沈みこむ形状でした。

リョクシン
長靴の大半が、カカトで沈みこまず、一直線なので、前方へ体重が乗ってしまうのでバランスを崩しやすく、本来の足の動きではないので疲れやすい!

ジャスタフィットは、アーチ部の補強とこの構造のおかげで疲れにくいのでしょう!

その証拠にインソールなしでも履きやすいですね!

クッションまとめ

  • メリット:カカトが沈みこむ
  • メリット:「くじき」にくい
  • メリット:スニーカーのような履き心地

↑目次へ戻る↑

靴底(滑りにくさがわかる)

最後に、靴底について見ていきましょう。

靴底は、地面に接地するパーツ。

リョクシン
滑りにくさに関係します。

波底

ジャスタフィットの靴底は波底(なみぞこ)という形状です。

波底は土や泥、石ころが詰まりにくく、詰まっても取れやすい!

リョクシン
屋外の悪路でも作業性が高いのでオススメです。

ミズノのジャスタフィットは波底の中でも溝が多い

波底の中でも溝(みぞ)が多い形状です。

そのため、雨の日でコンクリートの上でも滑りにくいと感じました。

リョクシン
そこまで期待はしないで欲しいのですが、メッチャ滑るようなことはありません。

着地が安定

ミズノのジャスタフィットは着地が安定する

つま先と同様に、カカトも巻き上げソールでした。

巻き上げソールは、靴底素材がアッパーまである構造のこと。

リョクシン
着地が点ではなく、面で対応できるので滑りにくく、安定します。

くじきにくい

ミズノのジャスタフィットは挫きにくい

ジャスタフィットは「くじきにくい」と感じました!

ミズノのジャスタフィットは巻き上げソールでくじきにくい

左に倒れても・・・

ミズノのジャスタフィットは巻き上げソールでくじきにくい

右に倒れてもすべて面で接地することができます。

これが巻き上げソールのよいところ。

リョクシン
屋根で作業する靴にもよくある構造です!

それだけ安全でした!

長靴は悪路で使うことが想定されるので、石を踏んだりした時に役立つでしょう!

靴底まとめ

  • メリット:滑りにくい
  • メリット:巻き上げの靴底
  • メリット:土が詰まりにくい

↑目次へ戻る↑

ミズノのジャスタフィットの口コミ・レビューをまとめます!

当記事ではミズノのジャスタフィットをレビューしました。

ジャスタフィットはスポーツメーカーが開発しただけあってフィッティング性の高い長靴。

リョクシン
さすがスポーツメーカーが開発した長靴です。

作業用や降雪、雨におすすめ!

それでは下記より簡単に記事をまとめます。

リョクシン
ジャスタフィットのメリットは下記のとおり。
メリット
  1. カバー付き
  2. 滑りにくい
  3. 巻き上げの靴底
  4. 裏布が蒸れにくい
  5. 土が詰まりにくい
  6. 足にフィットする
  7. カカトが沈みこむ
  8. 「くじき」にくい
  9. スニーカーのような履き心地

デメリットはありません。

ただし、比較対象の作業用の長靴のレベルが低いこともあります。

デメリット
  • なし(比較対象のレベルが低い)
  • 筆者の足ではなくには合わなかった

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もおすすめします!

「疲れにくい靴について知りたい」

そんな方に向けて疲れない靴について解説しました。

もっと詳しく解説
立ち仕事でお疲れの方は靴が原因ですよ!疲れないスニーカーを徹底解説!

またその他、下記の記事もおすすめです!

蒸れない靴を解説
蒸れない靴のアイキャッチ【蒸れない靴をすべて解説します!】メンズとレディースのおすすめ品をご紹介!
滑らない靴を解説
【雪道でも滑らない靴を解説】アイスバーンや雪対策のおすすめ製品を紹介!

よろしくお願い致します!

コメントを残す