【エアフォートFIGB2000をレビュー】ミズノの脱ぎ履きしやすいナースシューズ

ミズノのエアフォートFIGB2000の全体像

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、エアフォートFIGB2000をレビュー。

リョクシン
結論から申し上げますと、紐タイプなのに、脱ぎ履きしやすいナースシューズです。

「疲れにくいナースシューズがほしい」

「脱ぎ履きしやすいナースシューズを探していた」

「スポーツメーカーのナースシューズを履きたい」

リョクシン
そんな方におすすめします。

実際に履いてみて、「疲れにくい、脱ぎ履きしやすい、動きやすい」と効果を実感しました。

ミズノは、スポーツメーカーのナースシューズの中では、安価です。

ですので、1ランク上のナースシューズを履きたい方におすすめ!

 

この記事の著者

靴ブロガー

リョクシン

ryokushin

プロフィール

大阪在住のサラリーマンです。仕事に関係する靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

ミズノのエアフォートFIGB2000とは?サイズ感と重量をご案内!

エアフォートFIGB2000とは、スポーツメーカーのミズノが開発したナースシューズです。

ミズノは日本を代表するスポーツメーカー。

野球用品をはじめ、ランニングシューズなど多数ラインナップしています。

リョクシン
ちなみに、ボクシング世界チャンピオンの井上尚弥もミズノですね。

ミズノのエアフォートFIGB2000の全体像

評価項目詳細
価格¥7,480〜(通販による)
サイズ21.5~28.0cm
サイズ感普段履き比較:同じサイズ推奨
ナースシューズ比較:0.5cm大きめ推奨
カラー展開2色(ホワイト・ホワイト/ライトブルー)
動きやすさ★★★★☆(星4つ)
クッション性★★★★☆(星4つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境大学病院◎
個人病院◎
看護専門学校◎
看護大学◎

そんなミズノですが、ナースシューズを複数ラインナップしています。

エアフォートFIGB2000は、その中でも靴ヒモ仕様

靴ヒモと言っても、結ぶタイプではありません。

リョクシン
靴ヒモ自体が、ゴム素材で結ばなくてOK

例えるなら、フィットしやすいスリッポンみたいなイメージです。

ナースシューズの脱ぎ履きが多い仕事内容の方におすすめでしょう。

重量

エアフォートFIGB2000の重量

27.5cmで230gでした。

かなり軽いですね。

しかし、靴は軽ければ良い訳ではありません。

リョクシン
1番重要なのは、フィッティング性です。

足にフィットしないと、靴の中で踏ん張るので、蒸れやすかったり、疲れやすくなることも・・・

ですので、靴は重さで選ばないようにしましょう。

サイズ感

エアフォートFIGB2000のサイズがわかりやすいように上から撮影

ミズノはスポーツメーカーなので、普段履きスニーカーと同じでOKです。

普段履きスニーカーとは、ナイキやアディダス、プーマなど。

サイズ感

普段履きスニーカーとの比較 : 同じサイズ推奨

他ナースシューズとの比較 : 0.5cm大きめ推奨

ミドリ安全との比較:1.0cm大きめ推奨

サイズ選びの参考に筆者の所持している靴のサイズをご紹介。

筆者の靴ラインナップ

普段履きのスニーカー

  • アシックス・アキレス ⇒ 27.5cm
  • ナイキ・アディダス・プーマ ⇒ 27.5〜28.0cm
  • ニューバランス ⇒ 27.5cm

革靴

  • リーガル ⇒ 26.5cm
  • テクシーリュクス ⇒ 26.5cm

ナースシューズ

  • アシックス ⇒ 27.5cm
  • ミドリ安全⇒ 26.5cm

※ナースシューズは、超薄手ソックスで着用。

※足は狭めです。

エアフォートFIGB2000は、27.5cmでした。

ぜひ、参考にしてみてください。

↑目次へ戻る↑

ミズノのエアフォートFIGB2000を詳しくレビューします。

ここからは、ミズノのエアフォートFIGB2000について詳しく解説します。

エアフォートFIGB2000を履いて感じたメリットデメリットは下記。

メリット
  1. 軽い
  2. ゴム紐で脱ぎ履きラクラク
  3. メッシュが少なめで安全
  4. 疲れにくい
  5. 滑りにくい
デメリット

すこし蒸れやすい

このメリットとデメリットをわかりやすくするため、パーツ別に解説しました。

靴は大きく分けて、3つのパーツに分けることが可能です。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

この3つのパーツが靴のどこに当たるのかを図解しました。

 

靴のパーツの名称を解説

上から順番にアッパーから見ていきましょう。

↑目次へ戻る↑

アッパー(通気性)

靴のパーツのアッパーの場所について解説

アッパーとは、足を包みこむパーツ。

通気性安全性に関係します。

エアフォートFIGB2000のアッパーは、安全性に優れていました。

余計なメッシュ部分が少ないですね。

安全性が高い

近年のナースシューズは、通気性を重視するあまり、メッシュ素材が多いイメージでした。

とくに、サイドの部分ですね。

サイドの部分にメッシュのような薄手の素材を使用すると、車イスを使用する時に、足を「ぶつけて」しまい怪我をするとのこと。

リョクシン
通気性はあれば良い訳じゃないんですね。

ゴム紐

エアフォートFIGB2000の靴紐の画像

たびたび説明していますが、靴ヒモに見えますが、ゴム紐でした。

ゴム紐なので結ぶ必要がありません。

解けて、紐を踏んでしまい転倒すると言った心配はないのです。

エアフォートFIGB2000のゴム紐の動きやすさ

ゴムなので、伸縮します。

よって、スニーカーのデザインの割には、脱ぎ履きもしやすい。

アッパーまとめ

  • メリット①:軽い
  • メリット②:ゴム紐で脱ぎ履きラクラク
  • メリット③:メッシュが少なめで安全
  • デメリット①:すこし蒸れやすい

デメリットは、通気口が少ないので多少は蒸れやすいかなと。

↑目次へ戻る↑

クッション(履き心地)

靴のパーツのクッションの場所について解説

続いて、クッションについて解説します。

クッションは、足の裏から体重や荷重を支えるパーツ。

疲れにくさ履き心地に関係します。

エアフォートFIGB2000の全体がわかる画像

エアフォートFIGB2000のクッションは、疲れにくい素材を使用していました。

エアフォートFIGB2000のクッション

クッション素材は、EVAという素材です。

EVAですが、素材の配合によって機能性が大きく変わる素材。

ミズノはスポーツメーカーだけあって、フカフカした履き心地でありながら、反発力を感じるEVAでした。

エアフォートFIGB2000 ヒールカット

カカトは、着地をスムーズにする形状をしています。

すこし、つり上がっているのわかりますか?

これにより、歩行のしやすさや動きやすさがアップします。

エアフォートFIGB2000のクッションは、動きやすい形状をしていました。

靴底と連動して、クッションに溝があるのわかりますか?

画像ですと3つありますね。

リョクシン
これをフレックスグルーヴと言います。

ただ溝を作れば良い訳ではありませんが、このあたりもさすがミズノと言った感じです。

静電対応のインソール

静電気を逃しやすくするインソールがありました。

これにより、冬場患者さんの「バチっ」とスパークする心配が減るでしょう。

クッションまとめ

  • メリット④:疲れにくい

↑目次へ戻る↑

靴底(すべりにくさ)

靴のパーツの靴底の場所について解説

 

最後に、靴底について見ていきましょう。

靴底は、地面に接地するパーツ。

滑りにくさ足音の大きさに関係します。

エアフォートFIGB2000の靴底

エアフォートFIGB2000の靴底は、滑りにくい靴底でした。

他のミズノのナースシューズは、靴底に通気口がありましたが、エアフォートFIGB2000にはありませんね。

リョクシン
今回は、コスト重視な製品なのでしょう。
靴底まとめ

  • メリット⑤:滑りにくい

↑目次へ戻る↑

ミズノのエアフォートFIGB2000のレビューまとめ

当記事では、ミズノのエアフォートFIGB2000について解説しました。

エアフォートFIGB2000は、スポーツメーカーのミズノが開発したナースシューズです。

疲れにくさと脱ぎ履きしやすさに優れた製品でした。

リョクシン
スポーツメーカーのナースシューズの中では、すこしだけ安いですね。

普段、安いナースシューズを履いていて、疲れやすい方におすすめ!

それでは下記より簡単に記事をまとめます。

エアフォートFIGB2000のメリットは、5つありました。

メリット
  1. 軽い
  2. ゴム紐で脱ぎ履きラクラク
  3. メッシュが少なめで安全
  4. 疲れにくい
  5. 滑りにくい

デメリットは、1つです。

デメリット

すこし蒸れやすい

最後までお読みいただきありがとうございました。

リョクシン
もしよろしければ、下記の関連記事も参考にしていただけると嬉しいです。

「もっとナースシューズについて知りたい」

そんな方に向けて、ナースシューズを徹底解説しました。

もっと詳しく解説
【ナースシューズを30種類履いた筆者が解説】おすすめ製品はコレだ!!

よろしくお願いします!

コメントを残す