【エアフォートFIGB1800をレビュー】ミズノが開発したナースシューズで快適!

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、ミズノのナースシューズ『エアフォートFIGB1800』について解説。

リョクシン
結論から申し上げますと、スポーツメーカーのミズノが開発しただけあるナースシューズでした。

「疲れにくいナースシューズが欲しい」

「蒸れにくいナースシューズを探している」

「マジックテープで脱ぎ履きしやすいナースシューズが欲しい」

リョクシン
そんな方におすすめなナースシューズです。

実際に履いてみて「軽い、疲れにくい、蒸れにくい、マジックテープで脱ぎ履きしやすい」という感想でした。

今お使いのナースシューズに不満のある方におすすめします。

ミズノのエアフォートFIGB1800とは?サイズ感や重量を紹介!

エアフォートFIGB1800とは、スポーツメーカーのミズノが開発したナースシューズです。

ミズノはランニングシューズや野球のバットなど、靴に限らずスポーツに関係したメーカー。

スポーツで培った技術を医療製品にも採用しています。

評価項目詳細
価格¥6,050〜(通販による)
サイズ21.5~28.0cm
21.5〜25.5cm(ホワイト/ピンクのみ)
サイズ感普段履き比較:同じサイズ推奨
ナースシューズ比較:0.5cm大きめ推奨
ウィズ:3E(幅は広め)
カラー展開3色(ホワイト・ホワイト/ネイビー・ホワイト/ピンク)
動きやすさ★★★★★(星5つ)
クッション性★★★★☆(星4つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境大学病院◎
個人病院◎
看護専門学校◎
看護大学◎

ナースシューズは、もちろんのことドクターコートやスクラブなど、医療用製品もミズノは開発しています。

ナースシューズは2種類ラインナップ。

エアフォートFIGB1800は、マジックテープ式のナースシューズです。

重量

エアフォートFIGB1800は、27.0cmで222gでした。

軽いですね。

しかし、靴の良し悪しは重量ではありません。

リョクシン
1番は、フィッティング性です。

ご自身の足にフィットする合ったナースシューズを選びましょう。

サイズ感

サイズ感は、普段履きスニーカーと同じでOKでした。

サイズ感

普段履きスニーカーとの比較 : 同じサイズ推奨

他ナースシューズとの比較 : 0.5cm大きめ推奨

ミドリ安全のナースシューズ:1.0cm小さめ推奨

普段履きスニーカーとは、アシックスやミズノ、ナイキ、プーマなど。

サイズ選びのご参考に、筆者の所持している靴を一覧でご案内します。

筆者の靴ラインナップ

普段履きのスニーカー

  • アシックス・アキレス ⇒ 27.5cm
  • ナイキ・アディダス・プーマ ⇒ 27.5cm
  • ニューバランス ⇒ 27.5cm

革靴

  • リーガル ⇒ 26.5cm
  • テクシーリュクス ⇒ 26.5cm

ナースシューズ

  • アシックス ⇒ 27.5cm
  • ミドリ安全⇒ 26.5cm

※ナースシューズは、超薄手ソックスで着用

※足は狭めです。

エアフォートFIGB1800は、27.5cmでした。

サイズは、ジャンルやメーカーによって大きく変わります。

ぜひ、参考にしてみてください。

↑目次へ戻る↑

ミズノのエアフォートFIGB1800を詳しくレビューします。

ここからは、ミズノのエアフォートFIGB1800について詳しくレビューします。

エアフォートFIGB1800を履いて感じたメリットデメリットは、下記。

メリット
  1. 軽い
  2. マジックテープでサイズ調整
  3. アッパーの通気性が高い
  4. メッシュにカバー?がある
  5. 動きやすいクッション形状
  6. インソールが抗菌消臭
  7. 靴底にも通気性がある
  8. 動きやすい靴底形状
デメリット
  1. 細かいフィッティングが合わない
  2. 筆者の足には合わなかった

上記のメリットとデメリットをパーツ別に解説しました。

靴は、大きく分けて3つのパーツに分かれます。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

この3つのパーツが「靴のどこに当たるのか?」を図解しました。

 

靴のパーツの名称を解説

上から順番に、アッパーから見ていきましょう。

↑目次へ戻る↑

アッパー(通気性)

靴のパーツのアッパーの場所について解説

アッパーとは、足を包みこむパーツ。

通気性フィッティング性安全性に大きく関係します。

エアフォートFIGB1800は、通気性に優れるアッパーでした。

また、マジックテープによるフィッティングで脱ぎ履きラクラクです。

マジックテープ

マジックテープですが、全面に使用されていました。

これにより、サイズの調整が細かくできます。

右側が、ゆるめにマジックテープを使いました。

左側が、きつめに設定しています。

リョクシン
ここまでサイズ調整できるのは良いですね。

マジックテープも1つだけなので、脱ぎ履きが簡単。

通気性

サイド部分に大きくメッシュが設定されていました。

メッシュから空気を取り込み、靴内部の温度を下げることで、タコができにくくなります。

また、汗をかきにくくなるので、蒸れにくいのもメリット。

メッシュも荒いものと細かいモノで二重構造の部分もありました。

細かいメッシュは、汚れが入りにくくて良いですね。

つま先にはメッシュなし

つま先側には余計なメッシュがありません。

血液の付着注射針の落下が予想される病院には最適ですね。

アッパーまとめ

  • メリット①:軽い
  • メリット②:マジックテープでサイズ調整
  • メリット③:アッパーの通気性が高い
  • メリット④:メッシュにカバー?がある
  • デメリット①:細かいフィッティングが合わない

マジックテープは、全面にあってサイズ調整がしやすいです。

 

しかし、マジックテープ1枚では細かいフィッティングには向いていません。

リョクシン
細かいデメリットですが、多少感じました。

↑目次へ戻る↑

クッション(履き心地)

靴のパーツのクッションの場所について解説

続いて、クッションについて解説します。

クッションは、足の裏から体重を支えるパーツ。

疲れにくさや履き心地に優れます。

エアフォートFIGB1800のクッションは、厚みが薄い、薄ぞこ気味でした。

クッションに厚みがあると、厚底で疲れにくさがアップする代わりに、動きやすさが低下します。

薄ぞこは、その逆。

完全な「薄ぞこ」ではありません。

疲れにくさと動きやすさを両立した形状と言えるでしょう。

インソール入り

クッション自体は、薄ぞこ気味でした。

しかし、インソールが別で中に内蔵されています。

リョクシン
インソールは抗菌消臭の効果があるとのこと。

臭いを抑えてくれるのは、嬉しいですね。

クッションに「くぼみ」がある

クッション部分に「くぼみ」がありました。

画像には、3つ見えるのですが、わかりますか?

このくぼみを靴業界では、フレックスグルーヴと呼び、新品の時から動きやすくなります。

クッションまとめ

  • メリット⑤:動きやすいクッション形状
  • メリット⑥:インソールが抗菌消臭

 

↑目次へ戻る↑

靴底(すべりにくさ)

靴のパーツの靴底の場所について解説

最後に、靴底について解説します。

靴底は、地面に接地するパーツ。

滑りにくさ足音の大きさに関係します。

エアフォートFIGB1800は、滑りにくさと通気性に優れると感じました。

靴底からも通気できる

つま先に3つの通気口がありました。

ビジネスシューズではよく見かける機能ですね。

この機能がついて¥6,050は安いと思いました。

靴底の真ん中部分にも、通気口があります。

靴底からではわかりにくいので、靴内部から見てみましょう。

確かに、わかりやすく通気口がありますね。

動きやすい靴底

クッションの部分でお話しましたフレックスグルーヴですが、靴底と連動していないと意味がありません。

画像の通り、クッションの「くぼみ」と靴底の溝(みぞ)が連動していますね。

靴底まとめ

  • メリット⑦:靴底にも通気性がある
  • メリット⑧:動きやすい靴底形状
  • デメリット②:筆者の足には合わなかった

スポーツメーカーのミズノのナースシューズなので、良い製品だと思います。

しかし、筆者には合いませんでした。

同じスポーツメーカーのナースシューズならアシックスが足にぴったりで快適でしたね。

↑目次へ戻る↑

ミズノのエアフォートFIGB1800のレビューまとめ。

当記事では、ミズノのエアフォートFIGB1800について解説しました。

エアフォートFIGB1800は、スポーツメーカーミズノが開発したナースシューズ。

それだけの機能が詰まっていました。

リョクシン
筆者の足には合いませんでしたが、ミズノ製ということだけでも価値があるでしょう。

僕は、アシックスの方が合いましたね。

それでは下記より簡単に記事をまとめます。

ミズノのエアフォートFIGB1800を履いて感じたメリットは、8つ。

メリット
  1. 軽い
  2. マジックテープでサイズ調整
  3. アッパーの通気性が高い
  4. メッシュにカバー?がある
  5. 動きやすいクッション形状
  6. インソールが抗菌消臭
  7. 靴底にも通気性がある
  8. 動きやすい靴底形状

デメリットは、2つです。

デメリット
  1. 細かいフィッティングが合わない
  2. 筆者の足には合わなかった

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もご確認お願いします。

「もっとナースシューズについて知りたい」

リョクシン
そんな方に向けて、ナースシューズを徹底解説しました。

下記にて、市場にある定番品20種類すべて履いてレビューしています。

もっと詳しく解説
【ナースシューズを30種類履いた筆者が解説】おすすめ製品はコレだ!!

ぜひ、参考にしてみてください。

コメントを残す