【メディカルエレパスCSS-12Siをレビュー】ヒールのあるナースシューズ

どーも、靴の仕事歴12年の松下智博(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、ミドリ安全のナースシューズメディカルエレパスCSS-12Siをレビュー。

リョクシン
結論から申し上げますと、ヒールスニーカーのような製品です。

「疲れにくいナースシューズがほしい」

「通気性より安全性のナースシューズが良い」

「スタンダードなナースシューズを探している」

リョクシン
そんな方におすすめな製品です。

カカトにエアーが入っていて疲れにくいのが特徴!

この記事の著者

靴の仕事歴11年・シューフィッター

リョクシン(松下智博)

ryokushin

プロフィール

靴の仕事歴11年の松下智博です。作業靴メーカーと靴の販売店で合計11年仕事しました。シューフィッターの資格も取得しメーカー営業と販売員、シューフィッターの目線から靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

メディカルエレパスCSS-12Siとは?サイズ感と重量をご案内!

メディカルエレパスCSS-12Siは、ミドリ安全が開発したナースシューズです。

ミドリ安全は、働く場所に欠かせないメーカー。

医療現場でもミドリ安全の製品がたくさん、採用されていました。

評価項目詳細
価格¥4,290〜(通販による)
サイズ21.5~25.5cm
サイズ感普段履き比較:0.5cm小さめ推奨
ナースシューズ比較:0.5cm小さめ推奨
ウィズ:3E(幅は広め)
カラー展開1色(ホワイト)
動きやすさ★★★☆☆(星3つ)
クッション性★★★☆☆(星3つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境大学病院◎
個人病院◎
看護専門学校◎
看護大学◎

ミドリ安全は、ナースシューズも2ブランド展開していました。

『メディカルエレパス』『ケアセーフティ』になります。

メディカルエレパスは、静電気の発生を防ぐ、静電タイプ。

リョクシン
バチッというスパークを防止します。

メディカルエレパスCSS-12Siは、女性サイズ限定のナースシューズ。

そのため、女性らしいヒールスニーカーのような形状です。

重量

メディカルエレパスCSS-12Siは、25.0cmで225gでした。

かなり軽いですね。

ただし、靴は軽ければ良いわけではありません。

リョクシン
あくまでフィッティング性が重要です。

フィッティング性が悪いと靴の中で足が遊んでしまい、踏ん張ってしまいます。

また、踏ん張った結果、余計に汗をかき、臭いやすくもなるので注意が必要。

サイズ感

サイズ感は、大きめ

最低でも0.5cmは小さいサイズを選びましょう。

普段履きスニーカーのナイキやアシックス、アディダスと比較しています。

↑目次へ戻る↑

メディカルエレパスCSS-12Siを詳しくレビュー!

ここからは、メディカルエレパスCSS-12Siを詳しくレビューします。

メディカルエレパスCSS-12Siを履いて感じたメリットデメリットは下記。

メリット
  1. 軽い
  2. 安全性が高い
  3. 靴ヒモでフィッティング
  4. エアー入りで疲れにくい
  5. インソールが臭いにくい加工
  6. 靴底から通気できる
  7. 足音のしにくい靴底
デメリット
  1. 通気性がすこし低い
  2. 靴ヒモで解ける可能性がある

このメリットとデメリットを詳しく解説するために、パーツ別に見ていきます。

靴は大きく分けて3つのパーツに分けることが可能。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

この3つパーツが靴のどこに当たるのかを図解しました。

靴のパーツの名称を解説

上から順番にアッパーから見ていきましょう。

 

アッパー(通気性)

靴のパーツのアッパーの場所について解説

アッパーは、足を包みこむパーツ。

通気性フィッティング性安全性に関係します。

メディカルエレパスCSS-12Siは、フィッティング性に優れたアッパーでした。

まず、靴ヒモでした。

靴のサイズ調整には、マジックテープやダイヤル式などあります。

しかし、今でもフィッティング性を最も高めるのは、靴ヒモ。

リョクシン
微調整ができるので嬉しいですね。

ただし、靴ヒモには「ほどけて」転倒するリスクがあるので注意が必要。

つま先に通気口がない

つま先に通気口がありません。

よって、注射針の落下や車イスにぶつける、血液の付着から足を守ってくれます。

すこし、通気性が下がるものの、靴底で通気できたので、そこまで気にならない程度。

アッパーまとめ

  • メリット①:軽い
  • メリット②:安全性が高い
  • メリット③:靴ヒモでフィッティング
  • デメリット①:通気性がすこし低い
  • デメリット②:靴ヒモで解ける可能性がある

↑目次へ戻る↑

 

クッション(履き心地)

靴のパーツのクッションの場所について解説

続いてクッションについて解説します。

クッションは、足の裏から体重を支えるパーツ。

疲れにくさ履き心地に関係します。

メディカルエレパスCSS-12Siのクッションは厚みのある厚底。

厚底は、疲れにくさに優れます。

特にカカト部分には、エアーが入っていますので、厚底でした。

エアー入り

カカトにエアーが入っています。

エアーの何がよいかと言いますと、履き心地が継続すること。

エアーなしの場合には、スポンジのクッションのみとなり、新品の時の履き心地がすぐに失われやすくなるです。

リョクシン
クッション性が長続きするのは、助かりますね。

インソール入り

取り外し可能なインソールが入っていました。

臭いの原因菌であるバクテリアを抑え、さらに消臭効果のあるオーダレス加工がなされています。

クッションまとめ

  • メリット④:エアー入りで疲れにくい
  • メリット⑤:インソールが臭いにくい加工

 

↑目次へ戻る↑

靴底(すべりにくさ)

靴のパーツの靴底の場所について解説

最後に、靴底について解説します。

靴底は、地面に接地するパーツ。

滑りにくさ足音の大小に関係します。

靴底に通気口があり、靴内部へ空気を循環します。

また靴底の形状が、丸みを帯びていて、着地した時の衝撃音を抑制!

夜勤などの時に、足音が患者さんのストレスにならない工夫がありました。

靴底まとめ

  • メリット⑥:靴底から通気できる
  • メリット⑦:足音のしにくい靴底

↑目次へ戻る↑

メディカルエレパスCSS-12Siのまとめ

当記事では、メディカルエレパスCSS-12Siをレビューしました。

メディカルエレパスCSS-12Siは、ミドリ安全が開発したナースシューズです。

静電気の発生と足音を抑える機能がありました。

リョクシン
安全性も高いし、エアーも入って高機能ですね。

安全性を求める現場におすすめ!

それでは、下記より簡単に記事をまとめます。

メディカルエレパスCSS-12Siのメリットは下記。

メリット
  1. 軽い
  2. 安全性が高い
  3. 靴ヒモでフィッティング
  4. エアー入りで疲れにくい
  5. インソールが臭いにくい加工
  6. 靴底から通気できる
  7. 足音のしにくい靴底

デメリットは、2つです。

デメリット
  1. 通気性がすこし低い
  2. 靴ヒモで解ける可能性がある

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願いします。

「もっとナースシューズについて知りたい」

そんな方に向けてナースシューズを徹底解説しました。

もっと詳しく解説
【ナースシューズのおすすめ人気ランキング】疲れないし蒸れない!【ナースシューズを30種類履いた筆者が解説】おすすめ製品はコレだ!!

「他のミドリ安全のナースシューズについて知りたい」

ミドリ安全のナースシューズを全て解説しました。

もっと詳しく解説
【ミドリ安全のナースシューズをすべて解説】コアな現場にも対応したラインナップ

コメントを残す