【メディカルエレパスCSS-10Siをレビュー】着脱が簡単なナースシューズ

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、メディカルエレパスCSS-10Siについてレビュー。

リョクシン
結論から申し上げますとワンタッチで着脱のできるナースシューズです。

「脱ぎ履きが多い現場で働いている」

「ナースシューズの足音が気になる」

「脱ぎ履き多いけど、フィットするナースシューズがほしい」

リョクシン
そんな方におすすめする製品です。

静電気の発生しにくい機能や通気性に優れる構造でもありました。

ぜひ、参考にしてみてください。

この記事の著者

靴ブロガー

リョクシン

ryokushin

プロフィール

大阪在住のサラリーマンです。仕事に関係する靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

メディカルエレパスCSS-10Siとは?サイズ感と重量をご案内

メディカルエレパスCSS-10Siとは、ミドリ安全が開発したナースシューズ。

ミドリ安全は、ナースシューズのみならず医療現場には欠かせないメーカーです。

ナースシューズではおそらくラインナップ数でトップではないかと。

評価項目詳細
価格¥4,290〜(通販による)
サイズ21.5~25.5cm
サイズ感普段履き比較:0.5cm小さめ推奨
ナースシューズ比較:0.5cm小さめ推奨
ウィズ:3E(幅は広め)
カラー展開2色(ホワイト・ピンク)
動きやすさ★★★☆☆(星3つ)
クッション性★★★☆☆(星3つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境大学病院◎
個人病院◎
看護専門学校◎
看護大学◎

ミドリ安全は、ナースシューズを「ケアセーフティ」「メディカルエレパス」の2ブランド展開。

メディカルエレパスは、カラダに電気を溜めにくい静電タイプです。

静電気のバチッという問題に対応。

リョクシン
患者さんと接する機会の多い方は、必須な機能ですね。

重量

メディカルエレパスCSS-10Siの重量は、25.0cmで218g

かなり軽いですね。

ナースシューズに限らず、靴は軽ければ良い訳ではありません。

リョクシン
一番重要なのは、フィッティング性です。

フィッティング性が悪ければ、いくら軽くても足にフィットしていないので、余計な力を使い疲労の原因になることも!

さらに、踏ん張ることで発汗するので、臭いも発生しやすいです。

サイズ感

メディカルエレパスCSS-10Siのサイズ感は、少し大きめ

普段ナイキやアシックス、アディダスのスニーカーのサイズの0.5cmは小さめを推奨します。

↑目次へ戻る↑

メディカルエレパスCSS-10Siを詳しくレビュー

ここからは、メディカルエレパスCSS-10Siを詳しくレビューします。

メディカルエレパスCSS-10Siのメリットデメリットは下記のとおり。

メリット
  1. 軽い
  2. つま先が汚れにくい
  3. ワンタッチで着脱可能
  4. 疲れにくいエアー入り
  5. インソールが臭いにくい
  6. 通気口のある靴底
  7. 足音のしにくい靴底
デメリット

サイズの微調整できない

メリットとデメリットを詳しく解説するために、メディカルエレパスCSS-10Siをパーツ別に解説します。

靴は大きく分けて3つのパーツ分けることが可能。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

この3つのパーツが「靴のどこに当たるのか?」を図解しました。

靴のパーツの名称を解説

上から順番にアッパーから見ていきましょう。

↑目次へ戻る↑

アッパー(通気性)

靴のパーツのアッパーの場所について解説

アッパーとは、足を包みこむパーツ。

通気性やフィッティング性、安全性に関係します。

メディカルエレパスCSS-10Siのアッパーは通気性もフィッティング性もそこまで高くはありませんでした。

ただし、通気性に関しては、靴底で補っていますので、蒸れやすいわけではありません。

フィッティング性が低い理由を見ていきます。

マジックテープが1枚だけ

メリットでもありデメリットでもあるのですが、マジックテープが1枚しかありません。

よって、着脱はラクラクなのですが、細かいフィッティングができないのです。

脱ぎ履きの多い、お仕事の環境の方に最適。

カカト踏めるナースシューズより圧倒的に良い

病院や介護施設でナースシューズを使用される方に、おすすめできないのが、カカト踏めるタイプ。

フィッティング性が圧倒的に低く、転倒の原因にもなります。

カカト踏めるタイプを使うのであれば、1枚のマジックテープ式がおすすめ!

つま先のガード

つま先に通気口がありません。

そのため、注射針の落下や血液・薬品の付着から守ってくれます。

さらに、車イスで少し踏んでしまっても、多少は守ってくれるという意見もありました。

アッパーまとめ

  • メリット①:軽い
  • メリット②:つま先が汚れにくい
  • メリット③:ワンタッチで着脱可能
  • デメリット①:サイズの微調整できない

↑目次へ戻る↑

クッション(履き心地)

靴のパーツのクッションの場所について解説

続いてクッションです。

クッションは、足の裏から体重を支えるパーツ。

疲れにくさ履き心地に関係します。

メディカルエレパスCSS-10Siのクッションは、厚みのある厚底でした。

厚底の場合は、動きやすさで劣るものの、疲れにくさには優れます。

さらに、カカト部分にエアーが入っていました。

エアーは通常のクッション素材と異なり、クッション性が長続きするので、おすすめです。

臭いにくいインソール

取り外しのできるインソールが入っていました。

臭いの原因となるバクテリアを抑えつつ、消臭効果のあるオーダレス加工のしてあるインソールです。

アッパーまとめ

  • メリット④:疲れにくいエアー入り
  • メリット⑤:臭いにくいインソール

↑目次へ戻る↑

靴底(すべりにくさ)

靴のパーツの靴底の場所について解説

最後に、靴底について解説します。

床と接地するパーツ。

靴底は、滑りにくさ足音の大きさに関係します。

メディカルエレパスCSS-10Siの靴底は、通気性がよく、足音もしにくい素材でした。

靴底に通気口がありますが、この通気口が靴の中へ空気を循環します。

また靴底は、角の丸まった素材を使用していますので、着地時の衝撃を抑えることが可能。

リョクシン
その結果、足音がでにくい訳ですね。

夜勤のある方は、ぜひ足音のしにくいナースシューズをおすすめします。

靴底まとめ

  • メリット⑥:通気口のある靴底
  • メリット⑦:足音のしにくい靴底

↑目次へ戻る↑

メディカルエレパスCSS-10Siのまとめ

当記事では、メディカルエレパスCSS-10Siを解説しました、

メディカルエレパスCSS-10Siは、ミドリ安全が開発したナースシューズ。

静電気の対策や通気性がありました。

リョクシン
マジックテープで着脱しやすいのも、良いところですね。

ナースシューズの脱ぎ履きが多い職場の方におすすめ!

それでは、下記より簡単に記事をまとめます。

メディカルエレパスCSS−10Siのメリットは7つありました。

メリット
  1. 軽い
  2. つま先が汚れにくい
  3. ワンタッチで着脱可能
  4. 疲れにくいエアー入り
  5. インソールが臭いにくい
  6. 通気口のある靴底
  7. 足音のしにくい靴底

デメリットは1つです。

デメリット

サイズの微調整できない

最後までお読み頂きありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願いします。

「もっとナースシューズについて知りたい」

そんな方に向けて、ナースシューズを徹底解説しました。

もっと詳しく解説
【ナースシューズを30種類履いた筆者が解説】おすすめ製品はコレだ!!

「もっとミドリ安全のナースシューズを見てみたい」

そんな方に向けて、ミドリ安全のナースシューズだけ解説しました。

もっと詳しく解説
【ミドリ安全のナースシューズをすべて解説】コアな現場にも対応したラインナップ

ぜひ、参考にしてみてください。

コメントを残す