【メディカルエレパスCSS-15Siをレビュー】衛生管理しやすいナースシューズ

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、メディカルエレパスCSS-15Siをレビューしました。

リョクシン
結論から申し上げますと、衛生管理しやすいナースシューズです。

「軽いナースシューズがほしい」

「衛生管理しやすいナースシューズがほしい」

「静電気の発生しにくいナースシューズを探している」

リョクシン
そんな方におすすめするナースシューズです。

通気口がないので、蒸れやすいのですが、消毒の効きやすい製品でした。

 

メディカルエレパスCSS-15Siとは?

メディカルエレパスCSS-15Siとは、ミドリ安全が開発したナースシューズです。

ミドリ安全は、医療現場に欠かせないメーカー。

ナースシューズの他、医療用のユニフォームや手袋など多数ラインナップしています。

評価項目詳細
価格¥4,719〜(通販による)
サイズ21.5~25.5cm
サイズ感普段履き比較:0.5cm小さめ推奨
ナースシューズ比較:0.5cm小さめ推奨
ウィズ:3E(幅は広め)
カラー展開1色
動きやすさ★★★☆☆(星3つ)
クッション性★★★☆☆(星3つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境大学病院◎
個人病院◎
看護専門学校◎
看護大学◎

ミドリ安全は、ナースシューズを2ブランドで展開。

『メディカルエレパス』『ケアセーフティ』です。

その内、メディカルエレパスは静電気を発生させにくい「静電」という機能のあるシリーズ。

リョクシン
カラダに電気を溜めにくいので、患者さんと接するときに「バチバチッ」となる心配がありません。

メディカルエレパスCSS-15Siは、シリーズの中でも衛生管理のしやすいナースシューズ

通気口やメッシュ素材のない製品です。

メッシュ素材や綿のような素材を表面に使用すると、菌が付着しやすく消毒しにくい可能性がありました。

リョクシン
メディカルエレパスCSS-15Siには、全く通気口がありません。

ですので、安全性も高く表面を消毒液で拭くことで、衛生的によい状態を作ることができます。

重量

メディカルエレパスCSS-15Siは、24.5cmで213gでした。

すごい軽いですね。

ただし、靴は軽ければ良い製品という訳ではありません。

リョクシン
1番大事なのは、フィッティング性です。

足にしっかりフィットしないと、靴の中で足が遊んでしまい疲れやすくなったり、足の変形にもつながることも・・・。

ですので、ご自身にあったナースシューズを見つけましょう。

サイズ感

メディカエレパスCSS-15Siは、普段履きスニーカーに比較してすこし大きめでした。

ミドリ安全さんの製品は、大きめが多いです。

普段履きスニーカーとは、ナイキやアディダスなどのスポーツメーカー品。

リョクシン
ナイキなどよりも、0.5cm小さめが良いと感じます。

↑目次へ戻る↑

ミドリ安全のメディカルエレパスCSS-15Siを詳しくレビュー。

ここからはメディカルエレパスCSS-15Siを詳しくレビューします。

メディカルエレパスCSS-15Siのメリットデメリットは下記。

メリット
  1. 通気口がない
  2. 菌の吸着しやすい素材が少ない
  3. マジックテップでフィッティング
  4. カカトのエアーが入っている
  5. カカト部分が厚底
  6. 靴底に通気口がある
  7. 足音がしにくい靴底
デメリット

通気性

メリットとデメリットをパーツ別に解説しました。

靴は大きく分けて3つのパーツに分かれます。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

この3つのパーツが「靴のどこに当たるのか?」を図解しました。

 

靴のパーツの名称を解説

上から順番にアッパーから見ていきましょう。

 

アッパー(通気性)

靴のパーツのアッパーの場所について解説

アッパーは、足を包みこむパーツ。

フィッティング性通気性安全性に関係します。

通気口がない

通気口がありませんでした。

ナースシューズは、通気性のためにアッパーのどこかに通気する素材を使用します。

メディカルエレパスCSS-15Siは、その通気する素材が一切ありません。

通気性の高いナースシューズはこんな感じ

例えば、通気性の高いナースシューズですと上記の画像のようにメッシュ素材をたくさん使います。

これであれば歩くたびに靴内部を通気することが可能。

しかし、メッシュ素材は表面に菌を吸着しやすく、衛生面に優れません。

リョクシン
また血液が付着する可能性もありました。

マジックテープ

メディカルエレパスCSS-15Siは、マジックテープでフィッティングします。

マジックテープは靴ヒモのように「ほどけて、紐を踏んで転倒」といった可能性がないので安心。

また、1本のマジックテープで脱ぎ履きもラクラクできます。

アッパーまとめ

  • メリット1:通気口がない
  • メリット2:菌の吸着しやすい素材が少ない
  • メリット3:マジックテップでフィッティング
  • デメリット1:通気性

 

↑目次へ戻る↑

クッション(履き心地)

靴のパーツのクッションの場所について解説

続いて、クッションについて見ていきましょう。

クッションとは、足の裏に当たる部分で、体重や荷重を支えるパーツ。

疲れにくさ履き心地に関係します。

厚底

カカトの下のクッション素材に厚みがありました。

厚みのあるクッション素材を厚底と呼びます。

厚底は素材にもよりますが、衝撃吸収に優れているので、疲れにくい!

エアー入り

さらに、カカト下にエアーが入っていました。

これにより、より衝撃を吸収できるので疲れいくいでしょう。

また、靴のクッション素材は一般的にスポンジ素材をメインに使用します。

リョクシン
スポンジ素材は、EVAといって上記の画像でいうところの、白い部分。

スポンジ素材は、連日の使用でクッション性を失っていきます。

エアーはスポンジと異なり、クッション性を失いにくく、そのエアーがスポンジ素材の間に入ることで衝撃吸収をサポート。

その結果、スポンジ素材だけのナースシューズに比較して、エアー入りの方が疲れにくいのです。

リョクシン
ナイキのエアーマックスと同じ!

クッションまとめ

  • メリット4:カカトのエアーが入っている
  • メリット5:カカト部分が厚底

 

↑目次へ戻る↑

靴底(すべりにくさ)

靴のパーツの靴底の場所について解説

最後に、靴底について解説します。

靴底は、地面に接地するパーツ。

滑りにくさ足音の大きさに関係します。

通気する靴底

メディカルエレパスのシリーズには、割と採用されている機能です。

靴底から通気して、靴内部の温度を下げることが可能。

蒸れにくくなります。

リョクシン
ただし、アッパーから空気を逃すことができないのが残念。

メディカルエレパスCSS-15Siは、アッパーから空気を逃せません。

よって、通気性は多少よくなるイメージですね!

ものすごく蒸れにくい訳ではありません。

足音がでにくい

靴底の形状を見てみてください。

角が丸みを帯びています。

着地するときに、衝撃を吸収してくれました。

リョクシン
これにより、足音を小さく抑えてくれます。

夜勤など足音を抑えた方が良いシーンは、病院にはあるでしょう。

入院施設のある方は必須な機能ではないかと思います。

靴底まとめ

  • メリット6:靴底に通気口がある
  • メリット7:足音がしにくい靴底

 

↑目次へ戻る↑

メディカルエレパスCSS-15Siの紹介をまとめます。

当記事では、メディカルエレパスCSS-15Siをレビューしました。

メディカルエレパスCSS-15Siは、ミドリ安全が開発したナースシューズです。

ミドリ安全は、医療現場には欠かせないメーカー。

リョクシン
ナースシューズの他、手袋やユニフォームなど多数ラインナップしています。

メディカルエレパスCSS-15Siは、その中でも衛生管理しやすいナースシューズでした。

表面に菌が吸着しにくく、消毒しやすい製品です。

また、電気を逃してくれるので患者さんと接する時も、静電がバチッとなる心配がありません。

リョクシン
高機能なナースシューズでした。

高いレベルでの衛生管理が求められる病院の方におすすめ!

それでは下記より簡単に記事をまとめます。

メディカルエレパスCSS-15Siのメリットは下記のとおり。

メリット
  1. 通気口がない
  2. 菌の吸着しやすい素材が少ない
  3. マジックテップでフィッティング
  4. カカトのエアーが入っている
  5. カカト部分が厚底
  6. 靴底に通気口がある
  7. 足音がしにくい靴底

デメリットは1つです。

デメリット

通気性

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願いします。

「もっとナースシューズについて知りたい」

そんな方に向けてナースシューズを徹底解説しました。

もっと詳しく解説
【ナースシューズを30種類履いた筆者が解説】おすすめ製品はコレだ!!

「他のミドリ安全のナースシューズについて知りたい」

ミドリ安全のナースシューズを全て解説しました。

もっと詳しく解説
【ミドリ安全のナースシューズをすべて解説】コアな現場にも対応したラインナップ

コメントを残す