【ケアセーフティCSS-110をレビュー】靴ヒモで超軽いナースシューズ

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、ケアセーフティCSS-110をレビュー。

リョクシン
結論から申し上げますと、軽いナースシューズです。

「軽いナースシューズを探している」

「動きやすいナースシューズがほしい」

リョクシン
そんな方におすすめなナースシューズです。

実際に履いてみて「軽すぎるくらいに軽い、動きやすい、通気性がある」という感想を持ちました。

とにかく軽いナースシューズを探している方におすすめ!

 

ケアセーフティCSS-110とは?重量やサイズ感をご案内

ケアセーフティCSS-110とは、ミドリ安全の開発したナースシューズです。

ミドリ安全は、仕事をする場所に欠かせないメーカーさん。

医療や介護の現場でも大活躍しています。

評価項目詳細
価格¥2,960〜(通販による)
サイズ21.5~28.0cm
サイズ感普段履き比較:同じサイズ推奨
ナースシューズ比較:0.5cm大きめ推奨
ウィズ:3E(幅は広め)
カラー展開1色(ホワイト)
動きやすさ★★★☆☆(星3つ)
クッション性★★★☆☆(星3つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境大学病院◎
個人病院◎
看護専門学校◎
看護大学◎

ミドリ安全は、多数ナースシューズをラインナップしています。

ケアセーフティCSS-110は、その中でも軽くて靴ヒモが特徴のナースシューズ。

リョクシン
靴ヒモがなんだかんだ足にフィットしますので、嬉しいですね。

重量

ケアセーフティCSS-110の重量は、26.5cmで199gでした。

めっちゃ軽いですね。

しかし、靴は軽ければ良い訳ではありません。

サイズ感

普段履きスニーカーと比較すると少し大きめ。

また、ミドリ安全の靴の中では、サイズは小さめに感じました。

ケアセーフティーCSS-110は、27.0cmを選択。

サイズ感

普段履きスニーカーとの比較 : 0.5cm小さめ推奨

他ナースシューズとの比較 : 同じサイズ推奨

ミドリ安全の製品との比較:0.5cm大きめ推奨

ミドリ安全って少しサイズが大きめですね。

また普段履きスニーカーとは、アシックスやナイキなどを指します。

サイズ選びの参考に筆者が持っている靴のサイズを一覧をご案内。

筆者の靴ラインナップ

普段履きのスニーカー

  • アシックス・アキレス ⇒ 27.5cm
  • ナイキ・アディダス・プーマ ⇒ 27.5cm
  • ニューバランス ⇒ 27.5cm

革靴

  • リーガル ⇒ 26.5cm
  • テクシーリュクス ⇒ 26.5cm

ナースシューズ

  • アシックス ⇒ 27.5cm
  • ミドリ安全⇒ 26.5cm

※ナースシューズは、超薄手ソックスで着用。

※足は狭めです。

ぜひ、参考にしてみてください。

↑目次へ戻る↑

ケアセーフティCSS-110を詳しくレビュー

ここからは、ケアセーフティーCSS-110を詳しくレビューします。

ケアセーフティーCSS-110を履いて感じたメリットデメリットは下記。

メリット
  1. 軽い
  2. 通気性がある
  3. 靴ヒモでフィッティング
  4. 厚底で疲れにくい
  5. 動きやすいクッション構造
  6. 靴底に重たい素材を使用していない
デメリット

筆者には軽すぎた

メリットとデメリットをパーツ別に見ていきましょう。

靴は、大きく分けて3つのパーツに分けることが可能です。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

この3つのパーツが「靴のどこに当たるのか」を図解しました。

 

靴のパーツの名称を解説

上から順番にアッパーから見ていきましょう。

↑目次へ戻る↑

アッパー(通気性)

靴のパーツのアッパーの場所について解説

アッパーとは、足を包みこむパーツ。

通気性フィッティング性安全性に関係します。

ケアセーフティCSS-110のアッパーは、通気性に優れていました。

メッシュ素材

メッシュの面積が大きめに取られています。

これにより、仕事で動くたびに、靴の中に空気を送りこむことが可能。

結果、蒸れにくくなりますね。

靴ヒモ

靴ヒモで足にしっかりフィットします。

マジックテープやダイヤルなど、靴にはたくさんのサイズ調整の留め具があります。

しかし、靴ヒモが1番足にフィットさせやすいですね。

アッパーまとめ

  • メリット①:軽い
  • メリット②:通気性がある
  • メリット③:靴ヒモでフィッティング

 

↑目次へ戻る↑

クッション(履き心地)

靴のパーツのクッションの場所について解説

続いて、クッションについて解説します。

クッションは足の裏から体重や荷重を支えるパーツ。

疲れにくさ履き心地に関係します。

ケアセーフティCSS-110のクッションは、厚みのある厚底

厚底は、疲れにくさに優れますが、動きやすさで劣りました。

薄底は、その逆です。

動きやすいクッション

つま先が反り上がっていることと、クッション部分に切れ目が入っています。

これにより、動きやすいクッション構造になっていました。

つまり、厚底の動きにくいデメリットをカバーしていますね。

 

カカトも同じですね。

切れ目が入っていることに加えて、カカトも反りあげっています。

インソールも入っています。

厚底なことに加えて、インソールも内蔵されているとは!

疲れにくいでしょう。

クッションまとめ

  • メリット④:厚底で疲れにくい
  • メリット⑤:動きやすいクッション構造

↑目次へ戻る↑

靴底(すべりにくさ)

靴のパーツの靴底の場所について解説

最後に、靴底について解説します。

靴底は、地面に接地するパーツ。

滑りにくさ足音の大きさに関係します。

ケアセーフティCSS-110の靴底は、軽量性に優れていました。

靴って靴底の素材次第で重さが大きく変わります。

ケアセーフティーCSS-110には、とくに重たい素材を使用していませんでした。

靴底まとめ

  • メリット⑥:靴底に重たい素材を使用していない
  • デメリット①:筆者には軽すぎた

ケアセーフティCSS-110は筆者にとっては、軽すぎました。

人による部分がありますが、軽すぎる靴は、膝や足腰の負担となります。

靴は多少、重量がないと動く際に遠心力が働かないので、負担が増えてしまうのです。

↑目次へ戻る↑

ケアセーフティCSS-110のレビューをまとめます。

当記事では、ケアセーフティCSS-110を解説しました。

ケアセーフティCSS-110は、ミドリ安全のナースシューズです。

ミドリ安全は、ナースシューズを多数ラインナップしていますが、その中でも軽量で靴ヒモなのが特徴。

リョクシン
本当に軽いので、現状の靴で重量が気になる方におすすめします。

それでは下記より簡単に記事をまとめます。

ケアセーフティーCSS-110を履いて感じたメリットは、6つありました。

メリット
  1. 軽い
  2. 通気性がある
  3. 靴ヒモでフィッティング
  4. 厚底で疲れにくい
  5. 動きやすいクッション構造
  6. 靴底に重たい素材を使用していない

デメリットは、1つです。

デメリット

筆者には軽すぎた

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願いいたします。

「もっとナースシューズについて知りたい」

リョクシン
そんな方に向けて、ナースシューズを徹底解説しました。

下記にて、市場にある定番品30種類すべて履いてレビューしています。

もっと詳しく解説
【ナースシューズを30種類履いた筆者が解説】おすすめ製品はコレだ!!

「ミドリ安全の他のナースシューズも知りたい」

そんな方に向けてミドリ安全のナースシューズを徹底解説しました。

もっと詳しく解説
【ミドリ安全のナースシューズをすべて解説】コアな現場にも対応したラインナップ

ぜひ、参考にしてみてください。

コメントを残す