無印良品の靴が安いし疲れにくい!コンバースやvansよりもおすすめ!【ちょっと意外】

無印良品の靴が安いし疲れにくい!

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシンです。

今回は、無印良品の靴について解説します。

リョクシン
疲れない撥水スニーカーをメインにすべての無印良品の靴(スニーカー・サンダル・雪駄・スリッパ・ルームシューズ)を解説しました!

「立ち仕事で疲れにくいスニーカーがほしい」

「疲れにくいスニーカーって高くて手が出せない」

「コンバースやvansをライブやフェスで履いて行くけど、足疲れる」

リョクシン
疲れない撥水スニーカーは、そんな方におすすめです。

実際に履いてみて、おしゃれ、疲れにくい、履き心地よい、安い」と大満足でした。

お仕事で使う靴でお金をかけたくない方にもおすすめします!



この記事の著者

靴ブロガー

リョクシン

ryokushin

プロフィール

大阪在住のサラリーマンです。仕事に関係する靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

無印良品の靴が安いし疲れにくい!コンバースやvansよりもおすすめ!

無印良品の疲れない撥水スニーカー

【無印良品】 疲れにくい 撥水スニーカー オフ白 【メンズ】

【無印良品】 疲れにくい 撥水スニーカー オフ白 【レディース】

※他のカラーリングやデザインもあります。

※記事の最後にまとめて一覧表を作成しました。

無印良品の疲れにくい撥水スニーカーを購入しました。

正直なところ、全く期待していなかったのが、本音。

しかし、履いてみてビックリ!

意外とやるなーと思いましたね。

そして、一番最初に感じたのは、コンバースやvansの定番スニーカーより圧倒的に疲れない

コンバースやvansのスニーカーを歴史とかおしゃれ目的で購入していない方であれば、無印の靴にするべきでしょう。

本当におすすめですね。

前述のとおり、立ち仕事の方やお出かけする方には持ってこいと言えます。

↑目次へ戻る↑

なぜコンバースやvansより疲れにくいのか!

スニーカー過去の名品

なぜ、無印の靴が同じようなデザインのコンバースvansより疲れにくいのか!

それは、コンバースとvansが過去の名品だからです。

コンバースもvansのあの定番型のスニーカーは、過去には画期的なスニーカーでした。

「ゴムが加硫されていて、気温で伸び縮みがなく、弾力がある」と言った感じです。

しかし、それってもう普通なこと。

むしろ、もう遅れている製品なんですね。

無印良品の靴が見た目は同じようなスニーカーやスリッポンなのに、疲れにくいのは後発だから。

靴の作り方や、使用素材は日々進化しています。

無印良品は、コンバースやvansの似たデザインの製品に比較して新しい素材を使用。

さらに、インソールを入れること前提の設計とインソールと靴底の機能が連携されていました。

だから疲れにくいのです。

コンバースやvansにも疲れにくい製品はあります。

今回は、あくまで靴ヒモタイプとスリッポンの定番品での比較ですね!

シンコーちゃん

⇒商品紹介までジャンプ

↑目次へ戻る↑

無印良品の靴『疲れにくい撥水スニーカー』のメリット

ここからは、無印良品の疲れにくい撥水スニーカーのメリットを見ていきましょう。

リョクシン

私が実際に使用して感じたメリットです。

下記になります。

メリット
  1. 疲れにくいインソール
  2. インソールの機能と連動した靴底
  3. 見た目がシンプルでおしゃれ
  4. 月型芯がしっかりカカトをホールド
  5. インソールを入れること前提とした設計

リョクシン

詳しくみていきましょう。

 

①疲れにくいインソール

無印良品の疲れない撥水スニーカーのインソール

まずインソールがかなりよいですね。

正直なところ、無印良品さんのホームページでみた感じだと、大したことないと思っていました。

しかし、履いてみてわかりましたが、疲れにくいです。

その秘密は、素材形状

素材は、EVAというありきたりな素材でした。

しかし、EVAも配合次第では、機能面がかなり変わってきます。

しっかり反発するような配合でした。

また、足裏にあたる表面にはデコボコがあり、快適な歩行をサポートします。

土踏まずに沿った形状は、立ち仕事にも持ってこい。

足が疲れてくると、土踏まずって落ちてくるのです。

このインソールは、落ちてきた土踏まずをサポートして、本来の形状を保てる様なイメージ。

土踏まずが落ちて来なければ、疲れは感じにくくなります。

↑目次へ戻る↑

②インソールの機能と連動した靴底

疲れにくい撥水スニーカー靴底

靴底にも疲れにくい秘密がありました。

正直なところ、靴業界からすると結構ありきたりな靴底です。

しかし、この無印の靴のよいところは、インソールと靴底の機能を連動させたこと。

インソールのデコボコと、靴底の形状が機能的に連携がとれています。

とくに歩きやすさで連携がとれているのではないかと。

着地したときの足のブレもありません。

これが疲れにくい秘密ですね。

↑目次へ戻る↑

③見た目がシンプルでおしゃれ

無印良品疲れにくい撥水スニーカー

無印良品さんの製品は、シンプルでおしゃれな製品が多いです。

それは、無印の靴『疲れにくい撥水スニーカー』も同じ。

私はオフ白を購入しましたが、他にもカラー展開はあります。

どれも変なロゴなど入っていないので、服に合わせやすい!

見た目もお値段以上な感じですね。

シンプルって靴だと安っぽく見えることが多いでしょう。

オーガニックコットンの影響か、そこまで安っぽくは感じません。

↑目次へ戻る↑

④月型芯がしっかりカカトをホールド

無印良品疲れにくい撥水スニーカーのカカト部

無印の靴『疲れにくい撥水スニーカー』で意外とすごいと思ったのがカカトの素材

シンコーちゃん

いやー、マニアックですねw

たぶん、良品計画さんも意図していないことなんじゃないw

ま、まぁー個人のレビューですから!

リョクシン

カカトの素材(表面からは見えない)が、しっかりしています。

靴業界だと月型芯と呼びますね。

かなり硬い印象。

この手のスニーカーって、このカカトの月型芯が弱いイメージでした。

月型芯にしっかりした素材を使用することで、カカトをホールド!

カカトが安定すれば、足がバタバタしないので、疲れにくいと言えますね。

⑤インソールを入れること前提とした設計

無印良品 疲れない 撥水スニーカー 履いてみた

無印の靴『疲れにくい撥水スニーカー』は、インソールが入ること前提で設計されています。

何が言いたいのかといいますと・・・

「コンバースにインソール入れたらよいじゃん!」

みたいな意見がありそうだったので、解説します。

靴を設計するときに、必ず靴内部のスペースを考えられていることは想像できますね。

そのときに、インソール有りで設計するのとしていないのでは、履き心地に大きな差が発生。

コンバースのオールスターでインソール入りを作ったとします。

そもそもインソール入りで設計していないので、インソールのクッション性を感じないのが靴のむずかしいところ。

つまり履き心地は、「インソールに良いモノを使用すればOK〜!!」というわけではないのです。

前述のとおり、無印の靴『疲れにくい撥水スニーカー』はインソールと靴底の形状が連携しています。

つまりインソール入りを前提に設計していることは間違えありません。

よって疲れにくいスニーカーだと証明できます。

↑目次へ戻る↑

無印良品の靴『疲れにくい撥水スニーカー』のデメリット

ここからは、無印良品の靴『疲れにくい撥水スニーカー』のデメリットを解説。

シンコーちゃん

メリットもあれば、当然デメリットもありますからね!

下記の2点になります。

デメリット
  1. インソールがヘタりやすい
  2. 白は汚れやすい

リョクシン

詳しく見ていきましょう。

①インソールがヘタりやすい

無印の靴『疲れにくい撥水スニーカー』を履いて感じたデメリットは、ヘタリやすいということ。

あまりおすすめしませんが、連日履いて見ました。

すると2日目の午後には、若干クッション性が低下してきましたね。

そもそも靴は、連日履くものではありません。

ですので、この履き方が間違っています。

しかし、靴によっては連日履いても問題ない製品も中にはあるのでデメリットにしました。

基本的には、靴は「1勤2休」です。

1回履いたら、2日間は休ませましょう。

その間にクッション性が回復しますし、靴の中も乾燥するので菌の繁殖を防ぎます。

臭くなりにくいわけですね。

無印の靴は安いので、3足買っても1万円でお釣りきます。

連日履くことは控えましょう!

↑目次へ戻る↑

②オフ白は汚れやすい

今回は、オフ白色を購入しました。

無印の靴『疲れにくい撥水スニーカー』が撥水な理由ですが、汚れにくさもあるそう。

私が思うに、その汚れにくさはあまり感じませんでした。

もしかしたら、他の撥水機能のないスニーカーは、もっと汚れやすいのかもしれませんね。

ですので、ネイビーか黒がおすすめです。

まぁー汚れてもスニーカーシャンプーや漂白剤で汚れは取れます。

安いですし、ガシガシ履いてお出かけ・お仕事しましょう!

↑目次へ戻る↑

無印良品の靴をスニーカー以外もすべて解説!

ここからは、無印良品で販売されている男女兼用の靴をご紹介!

下記のラインナップになります!

それぞれ詳しく見ていきましょう!

↑目次へ戻る↑

ルームシューズ

ルームシューズは、全部で2種類で4カラーありました。

ルームシューズ種類

  • ニット
  • フランネル

素材によって機能や履き心地が変わります。

それぞれ簡単にみていきましょう。

ニット

商品名リヨセル混起毛ニットルームシューズ
商品画像
サイズM(23.5〜25.0cm)
L(25.0〜26.5cm)
LL(26.5〜28.0cm)
価格¥1,290
公式ページhttps://www.muji.com/jp/ja/store/roomshoes

ニット素材のルームシューズには、リヨセルという再生繊維を配合していました。

リヨセルは、ユーカリなどの自然素材を溶かして作る再生繊維です。

リョクシン
繊維の形状が丸状のため、強度が高い素材!

トーアップ

平地に置くと、つま先が接地していないことがわかります。

この形状をトーアップと言います。

リョクシン
つまずき防止の効果がある形状!

別カラー

擦って歩くサンダルには欠かせない形状ですね。

部屋と部屋の間にある微妙な段差でも「ひっかかる」可能性が下がります。

屋内のみ対応の靴底

靴底は、スウェード調の素材。

スウェードと言っても革ではなく、化繊素材のため、室内のみの対応です。

リョクシン
コンクリート剥き出し的な床でもおすすめしません。

【公式サイトhttps://www.muji.com/jp/ja/store/roomshoes

↑目次へ戻る↑

フランネル

商品名綿フランネルルームシューズ
商品画像
サイズM(23.5〜25.0cm)
L(25.0〜26.5cm)
LL(26.5〜28.0cm)
価格¥1,290
公式ページhttps://www.muji.com/jp/ja/store/roomshoes

フランネル素材は、保温と保湿性に優れるので冬場に最適。

重量が重くなることもなく、快適に履くことができます。

リョクシン
表地は、オーガニックコットンを使用しているので、風合いがよく部屋の空気に馴染みやすい!

トーアップ

ニット同様につま先がつり上がった形状(トーアップ)です。

歩きやすく障害物があってもつまずきにくい!

リョクシン
冬場の足をしっかりサポートします。

乾きやすい

靴内は、ポリエステル素材です。

速乾性があるので、乾きやすい!

リョクシン
高温には弱いので、乾燥機はおすすめしません。

靴底は、ニット素材のルームシューズと同じです!

【公式サイト】https://www.muji.com/jp/ja/store/roomshoes

↑目次へ戻る↑

撥水スニーカー

無印良品疲れにくい撥水スニーカー
撥水(はっすい)スニーカーは、全部で6色ありました。

ラインナップは下記のとおり!

商品名疲れにくい撥水スニーカー
商品画像無印良品の撥水スニーカー(ダークベージュ)無印良品の撥水スニーカー(ネイビー)無印良品の撥水スニーカー(オフホワイト)無印良品の撥水スニーカー(ワイン)無印良品の撥水スニーカー(黒)無印良品の撥水スニーカー(モノクローム)
D.ベージュネイビーオフ白ワイン黒/白黒/黒
サイズ22.0〜25.0cm22.0〜29.0cm
価格¥2,990
公式ページhttps://www.muji.com/jp/ja/store/water-repellent-shoes

撥水スニーカーは、その名のとおり水を弾く素材を使用しています。

コンバースやVANSのスニーカーも似たデザインの靴がありますが、撥水ではありません。

リョクシン
撥水だけではなく、疲れにくいインソールもポイントです!

疲れにくいインソール

無印良品の疲れない撥水スニーカーのインソールはクッション性抜群

正直なところ、撥水よりもインソールが1番良いと感じました!

インソールをいれることを前提に商品開発をしていますので、靴との相性がバッチリです。

リョクシン
靴本体とインソールが機能的に連動して疲れにくい!

カカト素材がよい!

無印良品疲れにくい撥水スニーカーのカカト部

カカトを形成するパーツがしっかりしていました。

これもコンバースのオールスターにはない構造です。

リョクシン
カカトを形成する素材がしっかりしていると足に靴が付いてくる感覚で歩けるので、疲れにくい!

コーティネートに困らない

無印良品 疲れない 撥水スニーカー

どのカラーもスニーカーの定番デザインなので、コーディネートを選びません。

開発の背景は、無印の社員さんが履くことを想定しているそう。

無印良品 疲れない 撥水スニーカー 履いてみた

オフホワイトなら何でも合うと思いました!

その他、パンツの色と同じでなければ、問題なくオシャレになるはずです!

【公式サイト】https://www.muji.com/jp/ja/store/water-repellent-shoes

↑目次へ戻る↑

撥水スリッポン

撥水スリッポンは、2カラーありました。

商品名疲れにくい撥水スリッポン
商品画像無印良品の撥水スリッポン無印良品の撥水スリッポン
サイズ22.0〜29.0cm
価格¥2,990
公式ページメンズ:https://www.muji.com/jp/ja/store/slipon-mens

レディース:https://www.muji.com/jp/ja/store/slipon-ladys

どちらも無難でファッション的にも合わせやすい!

VANSのスリッポンとは異なり撥水加工なのが嬉しいですね!

リョクシン
しかも、値段も¥2,990と激安でした!

インソールが疲れにくい

無印良品 疲れない 撥水スニーカー インソール

スリッポンにおいてインソールが厚手で疲れにくい製品は数少ないです。

無印良品のスリッポンは疲れにくいインソールが入っていました!

リョクシン
そもそもインソールをいれることを想定した設計なので、きつくありません。

口コミ

【公式サイト】

メンズ:https://www.muji.com/jp/ja/store/slipon-mens

レディース:https://www.muji.com/jp/ja/store/slipon-ladys

↑目次へ戻る↑

疲れにくいスニーカー

疲れにくいスニーカーは全部で3種類ありました。

疲れにくいスニーカー種類

  • ハイカットスリッポンスニーカー
  • かかとの衝撃を吸収するスニーカー
  • 防水テープ使い踵の衝撃を吸収するスニーカー

それぞれ解説していきます。

かかとの衝撃を吸収するスニーカー

商品名かかとの衝撃を吸収するスニーカー
商品画像無印良品の疲れにくいスニーカー
オフ白グレーネイビー
サイズ22.0〜25.0cm22.0〜29.0cm
価格¥2,990
公式ページメンズ:https://www.muji.com/jp/ja/store/sneaker-mens
レディース:https://www.muji.com/jp/ja/store/snesker-ladys

まずは『かかとの衝撃を吸収するスニーカー』です。

その名のとおりカカトの衝撃を抑える素材を使用したスニーカー。

インソール

無印良品の疲れにくいスニーカー

衝撃を吸収をメインにした素材の配合のため、疲れにくい!

靴本体とのクッション性の相性も抜群です。

リョクシン
どんなに良い素材を使ったインソールでも靴本体のクッション素材とのバランスが悪ければ、疲れやすくなるもの!

つま先の素材が良い!

つま先にメッシュ素材があるので蒸れにくい!

歩行のメカニズム上、つま先に通気性の高い素材を使用することが1番蒸れにくい効果があります。

リョクシン
また、コアな話ですがつま先のアイボリー色の部分は破れにくいポリウレタンを使用していました!

すり減りにくい

無印良品の疲れにくいスニーカー

靴底が黒くなっている場所がすり減りにくい部分です。

必要最低限に抑えられていました!

リョクシン
靴底がすり減りにくい素材って、重たくなるので、最低限に抑えれているのは嬉しいですね。

【公式ページ】

メンズhttps://www.muji.com/jp/ja/store/sneaker-mens

レディースhttps://www.muji.com/jp/ja/store/snesker-ladys

防水テープ使い踵の衝撃を吸収するスニーカー

商品名防水テープ使い踵の衝撃を吸収するスニーカー
商品画像防水テープ使い踵の衝撃を吸収するスニーカー防水テープ使い踵の衝撃を吸収するスニーカー
サイズ23.0〜28.0cm
価格¥4,990
公式ページメンズ:https://www.muji.com/jp/ja/store/sneaker-mens-tape

レディース:https://www.muji.com/jp/ja/store/snesker-ladys-tape

「防水テープ使い踵の衝撃を吸収するスニーカー」も読んでそのままの機能の製品です。

完全防水ではなく、縫製部分を裏側から止水したもの。

リョクシン
アッパーは撥水で透湿素材なので、防水性が高くしながらも、通気性のある素材です。

撥水スニーカー

撥水できるアッパーです。

通気性に関しても透湿素材なので、しっかりありました。

リョクシン
あくまで水滴レベルを弾くだけなので、お気をつけて!

トーアップ

つま先がつり上がっている形状。

この形状をトーアップと言います。

リョクシン
トーアップは、つまずき防止や歩きやすさにプラスになりました!

【公式ページ】

メンズ:https://www.muji.com/jp/ja/store/sneaker-mens-tape

レディース:https://www.muji.com/jp/ja/store/snesker-ladys-tape

↑目次へ戻る↑

ハイカットスニーカー

商品名ハイカットスリッポンスニーカー
商品画像防水シート使い かかとの衝撃を吸収するハイカットスニーカー防水シート使い かかとの衝撃を吸収するハイカットスニーカー防水シート使い かかとの衝撃を吸収するハイカットスニーカー
サイズ23.0〜28.0cm
価格¥4,990
公式ページhttps://www.muji.com/jp/ja/store/highcut

ハイカットスニーカーも無印良品はラインナップしています。

こちらも撥水性がありながらも、通気性がある製品。

一見、撥水性がないように感じますが、画像のとおりあります。

こちらも撥水性がありながらも、通気性もありました!

リョクシン
超大雨であれば、難しいと思いますが、あまり天候を考えずにお出かけできるのは嬉しいですね!

デザインもシンプルでかっこいい!

全部、無印の撥水スリッポンでも良いと思ってしまうくらいに、シンプルで良いですね!

↑目次へ戻る↑

ビーチサンダル・雪駄・甲調整サンダル

商品名甲の高さで調節できるサンダル
商品画像無印良品の疲れにくいサンダル無印良品の疲れにくいサンダル無印良品の疲れにくいサンダル
サイズXS(22.5〜23.0cm)
S(23.5〜24.0cm)
M(24.5〜25.0cm)
L(25.5〜26.0cm)
XL(26.5〜27.0cm)
価格¥4,990
公式ページhttps://www.muji.com/jp/ja/store/sandal

甲の高さを調整できるサンダルも無印で販売されています。

サンダルを履いていて、靴ズレのように足の甲が痛くなることありませんか?

リョクシン
ベルトの高さを調整できるので、上記のような足のトラブルも防ぐことができます。

足裏にひっつきにくい

無印良品の疲れにくいサンダル

サンダルって通気性良いと思いませんか?

実はサンダルの素材が平面だと足とサンダルが「ひっつく」ので、通気できず蒸れてしまいます。

リョクシン
しっかり対応していました!

ローランドも使用

あのローランドさんが使用しているそう!

ミニマリストでもあるローランドさんに最適なデザインと使用ですね!

【公式ページ】https://www.muji.com/jp/ja/store/sneaker-mens-highcut

↑目次へ戻る↑

足なりサンダル

商品名足なりサンダル
商品画像無印良品の疲れにくいサンダル
サイズXS(22.5〜23.0cm)
S(23.5〜24.0cm)
M(24.5〜25.0cm)
L(25.5〜26.0cm)
XL(26.5〜27.0cm)
価格¥990
公式ページhttps://www.muji.com/jp/ja/store/sandal

足なりサンダルも無印良品の製品です。

土踏まずにそう形状で疲れにくいサンダル。

無印良品の疲れにくいサンダル

土踏まずは、人間が持っている本来のクッション素材です。

その土踏まずのクッションは負荷がかかると徐々に低下していき、足腰に影響。

リョクシン
靴の構造が土踏まずをサポートする形状であるとその足のクッションの低下を抑えることが可能です!

トーアップ形状

無印良品の疲れにくいサンダル

トーアップ形状がありました。

つまずき防止の効果があります。

リョクシン
サンダルは、擦って歩くのでどうしても、つまずき安いので注意しましょう。

【公式ページ】https://www.muji.com/jp/ja/store/sandal

↑目次へ戻る↑

かかとの衝撃を吸収する 雪駄サンダル

商品名かかとの衝撃を吸収する 雪駄サンダル
商品画像無印良品の疲れにくい雪駄無印良品の疲れにくい雪駄
サイズM(24.0cm)
L(25.5cm)
XL(27.0cm)
価格¥2,990
公式ページhttps://www.muji.com/jp/ja/store/sandal

『かかとの衝撃を吸収する 雪駄サンダル』も無印良品が開発した雪駄です。

こちらも商品名とおりの雪駄で疲れにくい。

厚底

無印良品の疲れにくい雪駄

クッション素材が厚めの靴を厚底と言います。

厚底は、衝撃吸収性が高いので疲れにくい!

リョクシン
雪駄でクッション性を高くする発想はなかったので良いと思いました!

屈曲しやすい

無印良品の疲れにくい雪駄

靴底には、3本の深い溝がありました。

この溝により屈曲しやすいので、歩きやすいと感じます。

リョクシン
厚底は、動きにくいので、そのデメリットをカバーしているイメージ!

【公式ページ】https://www.muji.com/jp/ja/store/sandal

↑目次へ戻る↑

疲れにくい撥水スニーカー

商品名足なりビーチサンダル
商品画像無印良品の疲れにくいビーチサンダル無印良品の疲れにくいビーチサンダル無印良品の疲れにくいビーチサンダル無印良品の疲れにくいビーチサンダル無印良品の疲れにくいビーチサンダル無印良品の疲れにくいビーチサンダル
オフ白グレーブラックグリーンブルーレッド
サイズXS(22.5〜23.0cm)
S(23.5〜24.0cm)
M(24.5〜25.0cm)
L(25.5〜26.0cm)
XL(26.5〜27.0cm)
XXL(27.5〜28.0cm)
XXXL(28.5〜29.0cm)
価格¥690
公式ページhttps://www.muji.com/jp/ja/store/water-repellent-shoes

『足なりビーチサンダル』も無印良品の製品です。

価格が安いのは良いですね!

土踏まずに多少サポートあり

無印良品の疲れにくいビーチサンダル

土踏まずの形状を保つサポートありました。

足が疲れを感じるのは、土踏まずなどのアーチという足の構造が低下するためです。

リョクシン
ビーチサンダルは平面な製品が多いのですが、すこし対応していました!

足にはり付かない

足に張り付かないデコボコした素材でした。

そのため、安いビーチサンダル特有の足に張り付く感覚はありません。

リョクシン
足の裏と密着しないので、蒸れにくい!

【公式ページ】https://www.muji.com/jp/ja/store/sneaker-mens-beach

↑目次へ戻る↑

無印良品の靴『疲れにくい撥水スニーカー』紹介のまとめ!

当記事では、無印良品の靴『疲れにくい撥水スニーカー』について解説しました。

無印の靴は、安価なのに、高機能で驚きです。

インソールと靴底の形状の機能が連携しているのには、驚きました。

見た目以上に、機能性がしっかりしています。

立ち仕事の無印良品のスタッフに向けて開発したと言われるスニーカー。

ぜひ、立ち仕事やお出かけで疲れてしまう方は、履いて見てください。

それでは下記、簡単に記事をまとめます。

無印良品の靴「疲れにくい撥水スニーカー」のメリットは、5つありました。

メリット
  1. 疲れにくいインソール
  2. インソールの機能と連動した靴底
  3. 見た目がシンプルでおしゃれ
  4. 月型芯がしっかりカカトをホールド
  5. インソールを入れること前提とした設計

デメリットは、2つです。

デメリット
  1. インソールがヘタりやすい
  2. 白は汚れやすい

無印の疲れにくいスニーカーは、下記になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願いします。

「無印良品の靴の他、疲れにくい靴を知りたい」

そんな方に向けて立ち仕事でも疲れない靴について解説しました。

リョクシン
下記の記事から確認をお願いします。
もっと詳しく解説
立ち仕事でお疲れの方は靴が原因ですよ!疲れないスニーカーを徹底解説!

立ち仕事で疲れない靴について解説した記事はこちら!

その他、下記の記事も人気です。

もっと詳しく解説
【疲れない靴のおすすめ品をご紹介】メンズ・レディースの立ち仕事で楽な靴はコレだ! 立ち仕事でも疲れにくい ローファー紹介!!【立ち仕事でも疲れないローファーはコレ!】通勤・通学でも活躍すること間違えなし!【2020年】立ち仕事で疲れないサンダルを解説【メンズ・レディースのおすすめ製品!】立ち仕事でも疲れないスリッパを徹底解説!【フェスやライブ、お祭りにもおすすめ】安全靴のおすすめ品を紹介します。立ち仕事でも疲れない!【安全靴の人気おすすめ品を解説!】立ち仕事でも疲れない・蒸れない安全靴はコレだ!立ち仕事で疲れないインソールはある!ただし、靴の選び方次第です。着圧ソックス【着圧ソックスのおすすめ品を紹介!】立ち仕事で疲れない靴下は、着圧ソックスで決まり!【昼用・夜用やメンズ・レディース品をご紹介】【必見】立ち仕事による足の疲れは、対策グッズで楽々解消!

よろしくお願いします!

 

コメントを残す