【メディカルエレパスCSS-306Nをレビュー】静電でマジックテープのナースシューズ

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、メディカルエレパスCSS-306Nをレビュー。

結論から申し上げますと、疲れにくい静電ナースシューズです。

リョクシン
静電ナースシューズとは、患者さんと静電気でバチっとなりにくい製品。

「疲れにくいナースシューズがほしい」

「冬場、患者さんと接するので、静電気が気になる」

「マジックテープの静電ナースシューズを探している」

リョクシン
そんな方におすすめなナースシューズです。

実際に履いてみて、「厚底で疲れにくい、滑りにくい、マジックテープでフィッティングできる」という感想を持ちました。

静電気でお困りの看護師さんにおすすめ!

 

メディカルエレパスCSS-306Nとは?サイズ感と重量をご案内

メディカルエレパスCSS-306Nは、ミドリ安全が開発したナースシューズです。

ミドリ安全は、働く環境には欠かせないメーカー。

手袋や災害対策グッズなど、病院内で使用するモノにも大きく関わっています。

評価項目詳細
価格¥8,800〜(通販による)
サイズ21.5~30.0cm
サイズ感普段履き比較:小さめ推奨
ナースシューズ比較:小さめ推奨
ウィズ:3E(幅は広め)
※人差し指の一番長い方向け
カラー展開ホワイト
動きやすさ★★★☆☆(星3つ)
クッション性★★★★☆(星4つ)
耐久性★★★☆☆(星3つ)
おすすめの使用環境大学病院◎
個人病院◎
看護専門学校◎
看護大学◎

そんなミドリ安全ですが、ナースシューズは2ブランド展開しています。

カラダに溜まった電気を外部へ逃がす、静電タイプのメディカルエレパスシリーズ。

疲れにくいノーマルナースシューズのケアセーフティシリーズです。

リョクシン
メディカルエレパスCSS-306Nは、静電タイプになります。

メディカルエレパスCSS-306Nは、メディカルエレパスの中ではクッション性が高く、マジックテープでフィッティングしやすいのが特長。

総合病院や大学病院でも使用できるスニーカータイプです。

重量

重量は、27.0cmで284gでした。

ナースシューズの中では、重い部類です。

しかし、市場にあるナースシューズが軽すぎるというのが正直なところ。

リョクシン
メディカルエレパスCSS-306Nは、重いという訳ではありません。

靴で1番重要なのは、重量ではなく、フィッティング性です。

足にフィットして動きやすいナースシューズを選びましょう。

サイズ感

ミドリ安全の靴のサイズですが、大きめです。

普段お履きのスニーカーより小さめを選ぶ必要があるでしょう。

サイズ感

普段履きスニーカーとの比較 : 1.0cm大きめ推奨

他のナースシューズとの比較 : 0.5cm大きめ推奨

ミドリ安全のナースシューズ比較 : 同じサイズ推奨

たまにミドリ安全の製品でも小さめのもありますので、ミドリ安全との比較も記載しました。

サイズ選びの参考までに、筆者が所持している靴のサイズを下記に記します。

筆者の靴ラインナップ

普段履きのスニーカー

  • アシックス・アキレス ⇒ 27.5cm
  • ナイキ・アディダス・プーマ ⇒ 28.0cm
  • ニューバランス ⇒ 27.5cm

革靴

  • リーガル ⇒ 26.5cm
  • テクシーリュクス ⇒ 26.5cm

ナースシューズ

  • アシックス ⇒ 27.5cm
  • ミドリ安全⇒ 26.5cm

※ナースシューズは、超薄手ソックスで着用

※足は狭めです。

メディカルエレパスCSS-306Nは、26.5cmでした。

ぜひ、参考にしてみてください。

↑目次へ戻る↑

メディカルエレパスCSS-306Nをくわしくレビューします。

ここからは、メディカルエレパスCSS-306Nについて詳しくレビューします。

メディカルエレパスCSS-306Nを履いて感じたメリットデメリットは下記のとおり。

メリット
  1. 通気性がある
  2. マジックテープでフィッティング
  3. カカト素材でしっかりホールド
  4. クッション性が高い
  5. 滑りにくい靴底
デメリット

動きやすさが少し低い

メディカルエレパスCSS-306Nのメリットとデメリットをパーツ別に詳しく解説しました。

靴は、大きく分けて3つのパーツに分けることができます。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

この3つのパーツが靴のどこに当たるのかを図解しました。

 

靴のパーツの名称を解説

上から順番にアッパーからみていきましょう。

 

アッパー

靴のパーツのアッパーの場所について解説

アッパーとは、足を包みこむパーツ。

通気性フィッティング性安全性に関係します。

メディカルエレパスCSS-306Nは、通気性に優れるアッパーでした。

フィッティングに関しては、マジックテープで行いやすい印象です。

メッシュ素材で通気性アップ

メディカルエレパスCSS-306Nは、メッシュ素材があって通気性が抜群。

つま先部には、メッシュ素材がないので、注射針の落下や血液の付着に対応していました。

マジックテープ仕様

メディカルエレパスCSS-306Nは、マジックテープでフィッティングがしやすい。

しかも画像のとおり、オールマジックテープになっていました。

かなり細かくサイズを調整できますね。

カカト素材でしっかりフィット

カカトの素材でしっかり足をホールドします。

その結果、フィッティング性がアップ。

前述のとおり、靴にとって1番重要なのは、フィッティング性です。

リョクシン
フィッティング性があると靴の中で足が遊ばないので、疲れにくいのでおすすめ。

アッパーまとめ

  • メリット①:通気性がある
  • メリット②:マジックテープでフィッティング

↑目次へ戻る↑

クッション

靴のパーツのクッションの場所について解説

続いて、クッションについてみていきます。

クッションとは、足の裏から体重を支えるパーツ。

履き心地疲れにくさに大きく関係します。

メディカルエレパスCSS-306Nのクッションは、厚みのある厚底です。

厚底は、疲労軽減に優れますが、動きやすさは少し苦手。

ですので、動きの多い看護師さんは、その辺りも考慮して選ぶ必要があります。

2つの機能があるクッション

メディカルエレパスCSS-306Nは、2種類のクッションを使用しています。

カカトをホールドした白いクッション部分。

疲れにくさを優先したグレー色のクッションです。

リョクシン
素材の種類は、同じなのですが、形状と配合を変えることで、疲れにくさと安定性を高めました。

クッションまとめ

  • メリット③:カカト素材でしっかりホールド
  • メリット④:クッション性が高い
  • デメリット①:動きやすさが少し低い

↑目次へ戻る↑

靴底

靴のパーツの靴底の場所について解説

最後に、靴底について見ていきましょう。

靴底は、地面に接地するパーツ。

滑りにくさ足音の大きさに関係します。

メディカルエレパスCSS-306Nの靴底は、滑りにくい靴底でした。

また通気性をアップする機能もあるが嬉しいですね。

靴底から通気する

つま先と真ん中部分に、通気口がありました。

この通気口により、靴内部へ空気を送ります。

空気を靴内部に送ることで蒸れを防止する効果がありました。

靴底まとめ

  • メリット⑤:滑りにくい靴底

↑目次へ戻る↑

メディカルエレパスCSS-306Nのレビューまとめ

当記事では、メディカルエレパスCSS-306Nについて解説しました。

メディカルエレパスCSS-306Nは、ミドリ安全が開発したナースシューズ。

患者さんと接するときに、バチっとスパークすることを防ぐ静電タイプです。

リョクシン
不安なく患者さんと接することができますね。

ミドリ安全は、静電のナースシューズを多数ラインナップしていました。

メディカルエレパスCSS-306Nは、そのラインナップの中でもスニーカータイプでマジックテープ仕様です。

疲れにくく、フィッティング性を高める機能がありました。

リョクシン
静電タイプのスニーカーで、マジックテープのナースシューズをお探しの方はぜひ参考にしてみてください。

それでは、下記より簡単に記事をまとめます。

メディカルエレパスCSS-306Nのメリットは、5つありました。

メリット
  1. 通気性がある
  2. マジックテープでフィッティング
  3. カカト素材でしっかりホールド
  4. クッション性が高い
  5. 滑りにくい靴底

デメリットは、1つです。

デメリット

動きやすさが少し低い

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願いします。

「もっとナースシューズについて知りたい」

リョクシン
そんな方に向けて、ナースシューズを徹底解説しました。

下記にて、市場にある定番品20種類すべて履いてレビューしています。

もっと詳しく解説
【ナースシューズを20種類履いた筆者が解説】おすすめ製品はコレだ!!

ぜひ、参考にしてみてください。

コメントを残す