【メディカルエレパスCSS-13Siをレビュー】あえて通気口の少ないナースシューズ

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、メディカルエレパスCSS-13Siをレビュー。

リョクシン
結論から申し上げますと、あえて通気口を減らしたナースシューズです。

「血液の付着する可能性がある」

「車イスを押すことが良くある」

「注射針の落下から足を守りたい」

リョクシン
そんな方におすすめなナースシューズです。

確かにメッシュ素材のようなモノがありませんね。

 

メディカルエレパスCSS-13Siとは?サイズ感と重量をご案内

メディカルエレパスCSS-13Siとは、ミドリ安全の開発したナースシューズです。

ミドリ安全は、働く環境には欠かせないメーカー。

医療現場でもナースシューズのみならず、多数の商品をラインナップしています。

評価項目詳細
価格¥4,290〜(通販による)
サイズ21.5~25.5cm
サイズ感普段履き比較:0.5cm小さめ推奨
ナースシューズ比較:0.5cm小さめ推奨
ウィズ:3E(幅は広め)
カラー展開2色(ホワイト・ピンク)
動きやすさ★★★☆☆(星3つ)
クッション性★★★☆☆(星3つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境大学病院◎
個人病院◎
看護専門学校◎
看護大学◎

メディカルエレパスCSS-13Siは、そんなミドリ安全が開発したナースシューズです。

ミドリ安全のラインナップの中でも、通気口が少ない製品。

前述のとおり、血液の付着や注射針の落下から足を守ります。

重量

メディカルエレパスCSS-13Siの25.0cmで225gでした。

かなり軽いですね。

ただし、軽ければ良い靴という訳ではありません。

リョクシン
靴で1番大事なのは、フィッティング性。

いくら軽くても足にフィットしなければ、疲れたりストレスを感じます。

ですのでフィッティング性が1番大事。

サイズ感

ミドリ安全の製品は、普段履きスニーカーと比較すると、すこし大きいです。

ナイキやアシックス、アディダスなどのスポーツメーカー品と比較して0.5cm小さめがベストでしょう。

↑目次へ戻る↑

メディカルエレパスCSS-13Siを詳しくレビュー

ここからはメディカルエレパスCSS-13Siをレビューします。

私が思う、メディカルエレパスCSS-13Siのメリットデメリットは下記。

メリット
  1. 軽い
  2. 通気口が少なく安全性が高い
  3. 静電タイプ
  4. クッションにエアー入り
  5. 足音を抑えた靴底
  6. 通気口のある靴底
デメリット
  1. 通気口が少ない
  2. 重心が前のめりになる

これらメリットとデメリットをパーツ別に解説します。

靴は大きく分けて3つのパーツに分けることが可能。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

この3つのパーツが「靴のどこに当たるのか?」を図解しました。

 

靴のパーツの名称を解説

上から順番にアッパーから見ていきます。

 

アッパー(通気性)

靴のパーツのアッパーの場所について解説

アッパーとは、足を包みこむパーツ。

通気性フィッティング性安全性に大きく関係します。

メディカルエレパスCSS-13Siのアッパーは、安全性に優れていました。

メッシュが少ない

メディカルエレパスCSS-13Siは、メッシュがないのが特徴。

リョクシン
ナースシューズのほとんどは、通気性を重視して、通気口がたくさんあります。

メッシュ素材は、通気性が高いです。

しかし、汚れやすく、車イスなどの衝突にも弱いデメリットがありました。

リョクシン
メディカルエレパスCSS-13Siは、万人ウケというよりは、コアなユーザー向けだと感じます。

靴ヒモ

フィッティングは靴ヒモです。

靴のサイズ調整の部材は、靴ヒモ以外にもたくさんあります。

リョクシン
マジックテープやダイヤル式などなど。

しかし、靴ヒモが1番サイズ調整ができて、フィットしやすいですね。

その代わりに、脱ぎ履きがしにくいのがデメリットでしょう。

アッパーまとめ

  • メリット①:軽い
  • メリット②:通気口が少なく安全性が高い
  • メリット③:通気口が少ない
  • デメリット①:通気口が少ない

↑目次へ戻る↑

クッション(履き心地)

靴のパーツのクッションの場所について解説

続いて、クッションについて見ていきましょう。

クッションは、足の裏から体重や荷重を支えるパーツ。

疲れにくさ履き心地に大きく関係します。

メディカルエレパスCSS-13Siのクッションは、エアー入りでした。

スポーツメーカーのナイキが開発したエアーマックス90のようですね。

エアー入り

エアー入りのメリットは、履き心地がよくなること。

エアーは、クッション素材と違って、潰れにくい素材です。

通常のクッション素材は、EVAという発泡素材のため、スポンジ状で潰れやすいデメリットがあります。

リョクシン
エアーは、発泡素材ではないので、なかなか潰れません。

つまり新品のような履き心地が、長続きするということですね。

静電インソール

静電インソールが入っていました。

というよりメディカルエレパスCSS-13Si自体が静電タイプのナースシューズ。

患者さんに接するときに、「バチッ」とスパークする可能性を低下させます。

クッションまとめ

  • メリット③:静電タイプ
  • メリット④:クッションにエアー入り
  • デメリット②:重心が前のめりになる

エアーが入っているせいか、重心が前にいく感覚を覚えるという意見がありました。

そこはデメリットかなと。

↑目次へ戻る↑

靴底(すべりにくさ)

靴のパーツの靴底の場所について解説

最後に、靴底について解説します。

靴底は、地面に接地するパーツ。

滑りにくさ足音の大きさに関係します。

メディカルエレパスCSS-13Siは、足音を抑えた形状の靴底でした。

丸みを帯びた靴底

靴底の角が丸みを帯びています。

これにより、着地した時の衝撃を抑えて、足音を抑えてくれました。

通気口がある

靴底に通気口があります。

この通気口は靴に中まで貫通しているので、蒸れにくい。

ただし、前述のとおりアッパーには通気口が少ないです。

リョクシン
ものすごい通気性が高い訳ではないことだけ、お伝えします。

靴底まとめ

  • メリット⑤:足音を抑えた靴底
  • メリット⑥:通気口のある靴底

↑目次へ戻る↑

メディカルエレパスCSS-13Siのレビューまとめ

当記事では、メディカルエレパスCSS-13Siについて解説しました。

メディカルエレパスCSS-13Siは、ミドリ安全が開発したナースシューズです。

ミドリ安全は、医療現場に向けて多数の商品をラインナップ。

リョクシン
メディカルエレパスCSS-13Siは、通気口をあえて抑えたナースシューズ。

安全性に特化したコアな製品でした。

ナースシューズが汚れてしまったり、安全性が求められる現場におすすめ!

リョクシン
それでは、下記より簡単に記事をまとめます。

メディカルエレパスCSS-13Siのメリットは、下記の6つ

メリット
  1. 軽い
  2. 通気口が少なく安全性が高い
  3. 静電タイプ
  4. クッションにエアー入り
  5. 足音を抑えた靴底
  6. 通気口のある靴底

デメリットは、2つありました。

デメリット
  1. 通気口が少ない
  2. 重心が前のめりになる

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしければ、ご確認をお願いします。

「もっとナースシューズについて知りたい」

そんな方に向けてナースシューズを徹底解説しました。

もっと詳しく解説
【ナースシューズを30種類履いた筆者が解説】おすすめ製品はコレだ!!

「ミドリ安全の他のナースシューズも知りたい」

そんな方に向けてミドリ安全のナースシューズを徹底解説しました。

もっと詳しく解説
【ミドリ安全のナースシューズをすべて解説】コアな現場にも対応したラインナップ

コメントを残す