【ミドリ安全のケアセーフティCSS-205をレビュー】カカトの低いナースシューズ

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、ケアセーフティCSS-205をレビューしました。

リョクシン
結論から申し上げますとカカトが低くて脱ぎ履きしやすいナースシューズ。

「仕事内容から脱ぐ履きが多い」

「蒸れにくいナースシューズが欲しい」

そんな方におすすめな製品です。

リョクシン
実際に履いてみて、「軽い、疲れにくい、動きやすい」という感想を持ちました。

 

ミドリ安全のケアセーフティCSS-205とは?サイズ感など案内

ケアセーフティCSS-205とは、ミドリ安全が開発したナースシューズ。

ミドリ安全は、働く現場に欠かせないメーカーです。

当ブログでもナースシューズに限らず、ミドリ安全の製品をたくさん紹介してきました。

リョクシン
それだけワークシューズの中では、有名なメーカーですね。

評価項目詳細
価格¥3,718〜(通販による)
サイズ22.0~28.0cm
サイズ感普段履き比較:小さめ推奨
ナースシューズ比較:同じサイズ
ウィズ:3E(幅は広め)
※人差し指の一番長い方向け
カラー展開ホワイト
動きやすさ★★★☆☆(星3つ)
クッション性★★★☆☆(星3つ)
耐久性★★★☆☆(星3つ)
おすすめの使用環境大学病院◎
個人病院◎
看護専門学校◎
看護大学◎

ケアセーフティーCSS-205は、ミドリ安全のナースシューズの中でもカカトが低く設定されている製品。

カカトが低いので、靴が脱ぎ履きしやすいのが特徴です。

リョクシン
バックストラップもあって足にもフィットしました。

重量

ケアセーフティーCSS−205の重量は、27.0cmで185gです。

かなり軽いですね。

ただし、靴は軽ければ良い訳ではありません。

リョクシン
もっとも重要なのは、フィッティング性です

足にフィットしない靴は、足の変形をまねく可能性や踏ん張るため、余計に疲れてしまうことも!

軽さだけで靴を選ぶのは、控えた方がよいでしょう。

サイズ感

ケアセーフティーCSS-205のサイズ感は、普段履くスニーカーと比較すると大きめ。

ただし、他のミドリ安全のナースシューズよりは小さめになります。

その理由は、このトーアップが原因。

トーアップは、歩きやすい反面、サイズ感が小さくなります。

サイズ感

普段履きスニーカーとの比較 : 0.5cm大きめ推奨

ミドリ安全のナースシューズ比較 : 0.5cm大きめ推奨

普段履きスニーカーとは、ナイキやアディダスなどのスポーツシューズです。

ケアセーフティーCSS-205のサイズは、27.0cmでした。

27.5cmなど、ハーフサイズがないので、すこし小さめに感じます。

リョクシン
また、サイズ選びの参考までに、筆者が所持している靴のサイズ一覧をご案内。
筆者の靴ラインナップ

普段履きのスニーカー

  • アシックス・アキレス ⇒ 27.5cm
  • ナイキ・アディダス・プーマ ⇒ 27.5cm
  • ニューバランス ⇒ 27.5cm

革靴

  • リーガル ⇒ 26.5cm
  • テクシーリュクス ⇒ 26.5cm

ナースシューズ

  • アシックス ⇒ 27.5cm
  • ミドリ安全⇒ 26.5cm

※ナースシューズは、超薄手ソックスで着用

※足は狭めです。

幅が広い方は、私より0.5cm大きめで考えてみてください。

↑目次へ戻る↑

ミドリ安全のケアセーフティCSS-205を詳しくレビュー

ここからは、ミドリ安全のケアセーフティCSS-205を詳しくレビューします。

ケアセーフティーCSS-205を履いて感じたメリットデメリットは、下記。

メリット
  1. 軽い
  2. 通気性が高い
  3. 脱ぎ履きしやすい
  4. サイズ調整がしやすい
  5. 甲がサポートされている
  6. 歩きやすい形状
デメリット
  1. 軽すぎる
  2. 他のミドリ安全の製品と比較して小さい

このメリットとデメリットをパーツ別に解説します。

靴は大きく分けて3つのパーツに分けることが可能。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

この3つのパーツが靴のどこに当たるのかを図解しました。

 

靴のパーツの名称を解説

上から順番にアッパーから見ていきましょう。

 

アッパー

靴のパーツのアッパーの場所について解説

アッパーは、足を包みこむパーツ。

通気性フィッティング性安全性に関係します。

ケアセーフティーCSS-205のアッパーは、通気性とフィッティング性、脱ぎ履きのしやすさに優れました。

通気性から見ていきましょう。

メッシュ素材

アッパーには、大きめにメッシュが割り当てられていました。

通気性がよくなりますね。

マジックテープ

フィッティングは、マジックテープがメインでした。

このマジックテープが変わっていて、画像のように片側だけかと思いきや・・・

なんだこりゃ!

スポーツカーのように全面開くようになっています。

甲をサポートするパッド

甲をサポートするパッドが入っています。

素材も厚手で甲を痛めにくいです。

脱ぎ履きの多いシューズは、甲が当たって痛いので助かりますね。

脱ぎ履きしやすい

カカトが低く脱ぎ履きしやすい特徴があります。

バックベルトがついて歩きやすい。

アッパーまとめ

  • メリット①:軽い
  • メリット②:通気性が高い
  • メリット③:脱ぎ履きしやすい
  • メリット④:サイズ調整がしやすい
  • メリット⑤:甲がサポートされている

 

↑目次へ戻る↑

クッション

靴のパーツのクッションの場所について解説

続いて、クッションについて見ていきましょう。

クッションは足の裏から体重を支えるパーツ。

履き心地疲れにくさクッション性が関係します。

ケアセーフティーCSS-205は、クッションに厚みのある厚底です。

厚底は、履き心地や疲れにくさに優れますが、動きやすさに劣るのが通常。

リョクシン
ただし、ケアセーフティーCSS-205は、厚底のデメリットを補完する工夫が見られました。

トーアップ

つま先の形状が、つり上がっていますね。

この形状をトーアップといい、動きやすさがアップ。

つまり厚底の動きにくいというデメリットをカバーしていることがわかります。

インソール入り

インソールが入っていました。

厚底に加えてインソール入りとは、疲れにくさを意識していますね。

カカト裏にクッション材がついています。

履き心地が格段によくなるわけではありませんが、多少はプラスされました。

クッションまとめ

  • メリット⑥:歩きやすい形状

↑目次へ戻る↑

靴底

靴のパーツの靴底の場所について解説

最後に、靴底について見ていきましょう。

靴底は、地面に接地するパーツ。

滑りにくさ足音の大きさに関係します。

ケアセーフティーCSS-205の靴底は、軽いのが特徴。

滑りにくさを優先するあまり、靴底をすべてゴムにしてしまうと重くなります。

ケアセーフティーCSS-205は、クリーム色の部分だけが滑りにくい素材でした。

だから圧倒的に軽いのでしょう。

靴底まとめ

  • メリット①:軽い
  • デメリット①:軽すぎる

ただし、軽すぎるのもよくはありません。

軽すぎる靴は、遠心力が使えず、逆に膝へ負担となる可能性もあるのです。

↑目次へ戻る↑

ミドリ安全のケアセーフティーCSS-205のレビューまとめ

当記事ではケアセーフティーCSS-205をレビューしました。

ケアセーフティー205は、ミドリ安全のナースシューズです。

ミドリ安全は、働く環境には欠かせないメーカー。

リョクシン
ナースシューズも多数ラインナップしています。

そのラインナップの中でも、ケアセーフティーCSS-205は、脱ぎ履きしやすい製品。

お仕事の中で、靴の脱ぎ履きが多い方におすすめ!

リョクシン
それでは、下記より簡単に記事をまとめます。

ケアセーフティー205を履いて感じたメリットは、6つ。

メリット
  1. 軽い
  2. 通気性が高い
  3. 脱ぎ履きしやすい
  4. サイズ調整がしやすい
  5. 甲がサポートされている
  6. 歩きやすい形状

デメリットは、2つ。

デメリット
  1. 軽すぎる
  2. 他のミドリ安全の製品と比較して小さい

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願いします。

「もっとナースシューズについて知りたい」

リョクシン
そんな方に向けて、ナースシューズを徹底解説しました。

下記にて、市場にある定番品30種類すべて履いてレビューしています。

もっと詳しく解説
【ナースシューズを30種類履いた筆者が解説】おすすめ製品はコレだ!!

「ミドリ安全の他のナースシューズも知りたい」

そんな方に向けてミドリ安全のナースシューズを徹底解説しました。

もっと詳しく解説
【ミドリ安全のナースシューズをすべて解説】コアな現場にも対応したラインナップ

ぜひ、参考にしてみてください。

コメントを残す