【ミドリ安全のケアセーフティCSS-01Nをレビュー】厚底で疲れにくいナースシューズ

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、ケアセーフティーCSS01をレビューしました。

リョクシン
結論から申し上げますと、カカトのクッションが効いたナースシューズです。

「クッション性がほしい」

「滑りにくいナースシューズを探している」

「ゆったりフィットなナースシューズがほしい」

リョクシン
そんな方におすすめするナースシューズです。

実際に履いてみましたが、カカトのクッションが良い感じでした。

すこしサイズが大きめです。

ぜひ、記事をお読みいただきナースシューズ選びの参考にしてみてください。

 

ミドリ安全のケアセーフティCSS-01Nとは?サイズ感もご案内

ケアセーフティCSS-01Nは、ミドリ安全が開発したナースシューズです。

ミドリ安全は、安全靴やヘルメット、衛生資材にてトップメーカー。

働く現場に欠かせないメーカーでしょう。

評価項目詳細
価格¥4,048〜(通販による)
サイズ白・ネイビー色:21.5~29.0cm
ブルー・ピンク色:21.5~25.5cm
サイズ感普段履き比較:小さめ推奨
ナースシューズ比較:小さめ推奨
ウィズ:3E(幅は広め)
※人差し指の一番長い方向け
カラー展開4色(白・ネイビー・ブルー・ピンク)
動きやすさ★★★☆☆(星3つ)
クッション性★★★☆☆(星3つ)
耐久性★★★☆☆(星3つ)
おすすめの使用環境大学病院◎
個人病院◎
看護専門学校◎
看護大学◎

そんなミドリ安全ですが、ナースシューズもラインナップしていました。

2種類ブランドを展開していて、ケアセーフティシリーズは、スタンダードな機能のナースシューズ。

「軽くて、滑りにくく、蒸れにくい」といった感じ。

リョクシン
もう1つは、静電気が発生しにくい機能のメディカルエレパスというシリーズ。

ケアセーフティCSS-01Nは、カカトのクッションに優れるナースシューズです。

 

ケアセーフティCSS-01Nのサイズ感について

ケアセーフティCSS-01Nのサイズ感は、大きいです。

普段履きスニーカー(ナイキやアディダスなど)のメーカーと比較すると、1.0cmほど小さめを選ぶことをおすすめします。

サイズ感

普段履きスニーカーとの比較 : 小さめ推奨

他ナースシューズとの比較 : 小さめ推奨

また、ご自身の足の指を見てみてください。

一番長い指が人差し指の方は、ケアセーフティCSS-01Nが最適でしょう。

親指が一番長い方は、もしかしたら合わないかもしれません。

リョクシン
筆者は、親指が一番長いのですが、特に問題はありませんでした。
筆者の靴ラインナップ

普段履きのスニーカー

  • アシックス・アキレス ⇒ 27.5cm
  • ナイキ・アディダス・プーマ ⇒ 27.5cm
  • ニューバランス ⇒ 27.5cm

革靴

  • リーガル ⇒ 26.5cm
  • テクシーリュクス ⇒ 26.5cm

ナースシューズ

  • アシックス ⇒ 27.5cm
  • ミドリ安全⇒ 26.5cm

※ナースシューズは、超薄手ソックスで着用

※足は狭めです。

ケアセーフティCSS-01Nは、26.5cmを選びました。

足の幅が広い方でも問題ないと思います。

逆に、足の幅が狭い方は、すこし余裕がある感じ。

リョクシン
幅がせまい筆者でもマジックテープでサイズ調整できました。

↑目次へ戻る↑

ミドリ安全のケアセーフティCSS-01Nのメリットとデメリット

ここからは、ケアセーフティCSS-01Nをレビューします。

ケアセーフティCSS-01Nを履いて感じたメリットデメリットは、下記。

メリット
  • マジックテープでサイズ調整
  • クッション性が高い
  • インソールのカカト素材が良い
  • 滑りにくい靴底
デメリット
  • つま先が人差し指が長い方向け
  • すこし動きにくい

メリットとデメリットを詳しくみていきます。

詳しくみるために、パーツ別に解説しました。

靴は、大きく分けて3つのパーツに分かれます。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

この3つのパーツが靴のどこに当たるのかを図解しました。

 

靴のパーツの名称を解説

上から順番にアッパーから見ていきます。

 

↑目次へ戻る↑

アッパー(通気性)

靴のパーツのアッパーの場所について解説

まずは、アッパーから見ていきましょう。

アッパーは、足を包みこむパーツ。

通気性フィッティング性安全性に関係します。

ケアセーフティCSS-01Nは、通気性とすこしフィッティング性に優れるアッパーでした。

まずは通気性から解説します。

メッシュ素材

ケアセーフティCSS-01Nのアッパーには、メッシュ素材がありました。

動くたびに靴の中の熱を逃がしてくれます。

リョクシン
次はフィッティング性について見ていきます。

マジックテープでサイズ調整

ケアセーフティCSS−01は、マジックテープでフィッティング性を向上します。

マジックテープも大きめでした。

ほぼ全面マジックテープなので、足の甲のサイズ調整に最適です。

つま先の形状

つま先の形状は、人差し指が長い人向けでした。

親指が一番長い方や全ての指がほとんど同じくらいの方は、合わないかもしれません。

リョクシン
筆者は、親指が一番長いのですが、特に問題ありませんでした。

おそらく、筆者は、26.5cmを購入しましたが、長さだけなら、本来は26.0cmを選ぶのが正解なのかもしれません。

しかし、指の形状で親指が一番長いので、0.5cm大きめの26.5cmだから問題なかったのではないかと。

リョクシン
カカトから足の指までの長さだけでいえば、26.0cmだけども、指の形状が合わないから、26.5cmが正解だった。
そんなイメージです。

 

アッパーまとめ

  • メリット①:マジックテープでサイズ調整
  • デメリット①:つま先が人差し指が長い方向け

 

↑目次へ戻る↑

クッション(履き心地)

靴のパーツのクッションの場所について解説

続いて、クッションについて見ていきましょう。

クッションは、足の裏から体重や荷重を支えるパーツ。

履き心地疲れにくさクッション性に関係します。

ケアセーフティCSS-01Nのクッションは、厚みのある厚底でした。

厚底は、クッション性が良い変わりに、動きやすさが低下します。

厚底のクッション

ケアセーフティCSS-01Nは、クッションが厚底ですね。

特にカカトがすごいクッション性よく感じました。

インソール

カカトのクッション性の良さは、インソールにも感じました。

「CareSafety」と書いてある部分わかりますか?

「CareSafety」の部分にクッション材が入っていました。

リョクシン
カカトの裏側を押されている感覚がありました。

クッションまとめ

  • メリット②:クッション性が高い
  • メリット③:インソールのカカト素材が良い
  • デメリット②:すこし動きにくい

 

↑目次へ戻る↑

靴底(すべりにくさ)

靴のパーツの靴底の場所について解説

最後に、靴底について見ていきましょう。

靴底は、地面に接地するパーツ。

滑りにくさ足音の強弱に関係します。

ケアセーフティCSS-01Nの靴底は、メインはゴム素材。

ゴム素材をつま先方面と、カカトの着地する部分にありました。

白い枠で囲われた部分が滑りにくいゴム素材。

ゴム素材は、滑りにくいのですが、重くもなります。

ですので、必要最低限にゴムを抑えられていました。

靴底まとめ

  • メリット④:滑りにくい靴底

 

↑目次へ戻る↑

ミドリ安全のケアセーフティのレビューをまとめます。

当記事では、ケアセーフティCSS−01について解説しました。

ケアセーフティCSS-01Nは、ミドリ安全が開発したナースシューズです。

ミドリ安全は、働く現場向けた製品を多数ラインナップ。

ナースシューズも多数ラインナップがありました。

ケアセーフティCSS-01Nは、その中でもスタンダードな製品

軽くて疲れにくい機能に優れています。

ぜひ、試してみてください。

それでは、下記より記事を簡単にまとめます。

ケアセーフティCSS-01Nのメリットは、下記の通り。

メリット
  • マジックテープでサイズ調整
  • クッション性が高い
  • インソールのカカト素材が良い
  • 滑りにくい靴底

デメリットは、2つです。

デメリット
  • つま先が人差し指が長い方向け
  • すこし動きにくい

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願い致します。

「もっとナースシューズについて知りたい」

リョクシン
そんな方に向けて、ナースシューズを徹底解説しました。

下記にて、市場にある定番品20種類すべて履いてレビューしています。

もっと詳しく解説
【ナースシューズを30種類履いた筆者が解説】おすすめ製品はコレだ!!

「ミドリ安全の他のナースシューズも知りたい」

そんな方に向けてミドリ安全のナースシューズを徹底解説しました。

もっと詳しく解説
【ミドリ安全のナースシューズをすべて解説】コアな現場にも対応したラインナップ

ぜひ、参考にしてみてください。

コメントを残す