【ナガイレーベンのニューフィールシューズMN275をレビュー】通気性の高いナースシューズ

 

どーも、靴の仕事して10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、ニューフィールシューズMN275について解説しました。

リョクシン
結論から申し上げますと、通気性の高いナースシューズ。

「蒸れにくいナースシューズがほしい」

「スニーカー形状で蒸れにくいナースシューズを探していた」

そんな方におすすめなナースシューズです。

リョクシン
実際に履いてもらって「軽い、蒸れにくい」という感想がありました。

蒸れにくいナースシューズを探している方におすすめ!

 

ナガイレーベンのニューフィールシューズMN275とは?

ニューフィールシューズMN275は、ナガイレーベンが製造したナースシューズです。

ナガイレーベンは、メディカル白衣のトップメーカー。

ナースシューズもラインナップしていました。

評価項目詳細
価格¥6,820〜(通販による)
サイズ22.0~25.5cm
サイズ感普段履き比較:小さめ推奨
ナースシューズ比較:同じサイズ推奨
カラー展開1色(ホワイト)
動きやすさ★★★☆☆(星3つ)
クッション性★★☆☆☆(星2つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境大学病院◎
個人病院◎
看護専門学校◎
看護大学◎

ナガイレーベンは、ナースシューズを多数ラインナップ。

その中でもニューフィールシューズMN275は、細身で動きやすさに優れるナースシューズです。

また静電気を逃しやすいインソールも入っていました。

重量

ニューフィールシューズMN275の重量は、24.0cmで174gでした。

軽いですね。

ナースシューズに限らず、靴の良し悪しは、重量ではありません。

リョクシン
フィッティング性が1番重要です。

疲れにくさや足のトラブルに関係しますので、フィッティング性が1番重要。

重量もいくら軽くても、足にフィットしないとバタバタ遊んでしまい、踏ん張ってしまうので疲れを感じます。

 

ニューフィールシューズMN275のサイズ感について

普通のスニーカーに比べると0.5cmくらい大きめとのこと。

ただし、同じナガイレーベンのニューフィールシューズに比較したら、幅がせまめ。

ビタミンシューズMN410よりは、大きめになります。

サイズ感

普段履きスニーカーとの比較:0.5小さめ推奨

アシックスのナースシューズとの比較:0.5小さめ推奨

別のニューフィールシューズとの比較:同じサイズ推奨

ビタミンシューズMN410との比較:0.5小さめ推奨

ミドリ安全のナースシューズとの比較:1.0cm大きめ推奨

普段履きスニーカーとは、ナイキやアディダス、プーマなどのスポーツメーカー。

試験者の所持しているナースシューズのサイズは、下記になります。

試履きして頂いた方のナースシューズ
  1. アシックス(ナースウォーカー203):24.5cm
  2. ミドリ安全(ケアセーフティCSS-01):23.5cm
  3. ニューフィールシューズMN275:24.0cm

足が広い方や甲が高い方は、0.5cm大きめでもOKでしょう。

ナガイレーベンのニューフィールシューズMN275のメリットとデメリット

ここからはナガイレーベンのニューフィールシューズMN275をレビューします。

ニューフィールシューズMN275のメリットデメリットは、下記。

メリット
  1. 軽い
  2. アッパーの通気性が高い
  3. クッションにも通気口がある
  4. 動きやすいクッション
  5. 静電対応
  6. カカト裏まで靴底がある
デメリット

立ちっぱなしに向いていない

メリットとデメリットに触れながら、ニューフィールシューズMN275をパーツ別に解説しました。

靴は、大きく分けて3つのパーツに分かれます。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

3つのパーツが靴のどこに当たるのか図解しました。

靴のパーツの名称を解説

上から順番に、アッパーから見ていきます。

リョクシン
詳しく見ていきましょう。

↑目次へ戻る↑

アッパー

靴のパーツのアッパーの場所について解説

アッパーは、足を包みこむパーツ。

通気性フィッティング性安全性に関係するパーツです。

ニューフィールシューズMN275は、通気性に優れるアッパーでした。

またフィッティングは、マジックテープで行います。

メッシュの面積が広い

アッパーの側面は全てメッシュ素材です。

かなり通気性が高さを意識していることがわかりました。

マジックテープ

マジックテープでサイズ調整がでいます。

マジックテープの面積も広いので、フィッティング性にも優れました。

細身

ニューフィールシューズMN275の足幅(ウィズ・ワイズ)はせまめです。

他のニューフィールシューズを履いている方からすると、せまく感じるでしょう。

足が細い方におすすめします。

アッパーまとめ

  • メリット①:軽い
  • メリット②:アッパーの通気性が高い

↑目次へ戻る↑

クッション

靴のパーツのクッションの場所について解説

続いて、クッションについて解説します。

クッションは、足の裏から体重を支えるパーツ。

履き心地疲れにくさクッション性に関係します。

ニューフィールシューズMN275のクッション素材の厚みは、薄めでした。

クッションの厚みが薄いと動きやすさに優れます。

その代わりに、立ちっぱなし作業では疲れを感じやすいでしょう。

インソール入り

薄底ですが、インソールは入っていました。

静電気を逃す仕様になっています。

患者さんと「バチっ」となりにくい機能がありました。

通気口がある

クッションに通気口がありました。

この通気口は、靴の中まで繋がっています。

奥に3本線が見えませんか?

あの線の部分に穴があり、先ほどの通気口と繋がっていました。

クッションまとめ

  • メリット③:クッションにも通気口がある
  • メリット④:動きやすいクッション
  • メリット⑤:静電対応

↑目次へ戻る↑

靴底

靴のパーツの靴底の場所について解説

最後に、靴底について見ていきます。

靴底は、地面に接地するパーツ。

滑りにくさ足音の大きさに関係します。

いたって普通の靴底でした。

滑りにくさは、そこまで高くありません。

しかし、滑りやすい訳ではないのでそこは、安心してください。

リョクシン
水があると滑りやすいですね。

靴底がカカト裏まである

靴底の素材がカカト裏までありました。

これにより歩行や階段を降りるときに、滑ったり足を痛めにくくなります。

靴底まとめ

  • メリット⑥:カカト裏まで靴底がある

↑目次へ戻る↑

ナガイレーベンのニューフィールシューズMN275のレビューをまとめます。

当記事では、ニューフィールシューズMN275について解説しました。

ニューフィールシューズMN275は、ナガイレーベンの開発したナースシューズです。

リョクシン
通気性に優れたナースシューズでした。

静電対応のインソールも良いですね。

クッションは薄底で動きやすさに優れるナースシューズ。

動きの多い方におすすめします。

リョクシン
それでは、簡単に記事をまとめます。

ニューフィールシューズMN275を履いて感じたメリットは、6つありました。

メリット
  1. 軽い
  2. アッパーの通気性が高い
  3. クッションにも通気口がある
  4. 動きやすいクッション
  5. 静電対応
  6. カカト裏まで靴底がある

デメリットは、1つです。

デメリット

立ちっぱなしに向いていない

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願い致します。

「ナガイレーベンの他のナースシューズを見たい」

そんな方に向けてナガイレーベンのナースシューズを徹底解説しました。

ぜひ、参考にしてみてください。

もっと詳しく解説
【ナガイレーベンのナースシューズ特集】靴メーカーと開発した良い製品たくさん!【ナガイレーベンのナースシューズ特集】靴メーカーと開発した良い製品たくさん!

 

「もっとナースシューズについて知りたい」

リョクシン
そんな方に向けて、ナースシューズを徹底解説しました。

下記にて、市場にある定番品20種類すべて履いてレビューしています。

もっと詳しく解説
【ナースシューズを30種類履いた筆者が解説】おすすめ製品はコレだ!!

ぜひ、参考にしてみてください。

コメントを残す