【ナガイレーベンのニューフィールシューズMN225をレビュー】幅と甲の広いナースシューズ

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、ニューフィールシューズMN225について解説しました。

リョクシン
結論から申し上げますと、足の幅と甲が広いナースシューズです。

「メンズのナースシューズを探している」

「足の幅や甲が広いナースシューズがほしい」

リョクシン
そんな方におすすめするナースシューズです。

実際に履いてみて「蒸れにくい、靴内部の空間が広い、足幅がせまい人には合わない」という感想を持ちました。

足のフォルムが全体的に丸みを帯びている方におすすめします。

 

この記事の著者

靴ブロガー

リョクシン

ryokushin

プロフィール

大阪在住のサラリーマンです。仕事に関係する靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

ナガイレーベンのニューフィールシューズMN225とは?重量やサイズ感を紹介

ニューフィールシューズMN225とは、ナガイレーベンの開発したナースシューズです。

ナガイレーベンは、メディカル白衣のトップメーカー。

ナースシューズもラインナップしていました。

評価項目詳細
価格¥7,150〜(通販による)
サイズ24.0~28.0cm
サイズ感普段履き比較:小さめ推奨
ナースシューズ比較:同じサイズ推奨
カラー展開1色(ホワイト)
動きやすさ★★☆☆☆(星2つ)
クッション性★★★☆☆(星3つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境大学病院◎
個人病院◎
看護専門学校◎
看護大学◎

ナガイレーベンのナースシューズは、靴メーカーと共同開発した製品が多い。

白衣メーカーの販売ルートで得た情報を元に靴メーカーが製造するので最高ですね。

ニューフィールシューズMN225は、靴内部の空間があるナースシューズでした。

リョクシン
ナースシューズは割と細身の製品が多いことがわかり、そういった意味でも真逆をいくナースシューズです。

幅が広い方や甲が高い方には最適でしょう。

重量

ニューフィールシューズMN225の重量は、27.0cmで266gでした。

軽いですね。

しかし、軽いからといって良い製品とは限りません。

リョクシン
足にしっかりフィットする製品を選びましょう。

 

サイズ感

ニューフィールシューズMN225のサイズ感は、大きめでした。

普段履きスニーカーと比較しても0.5cmは大きめです。

サイズ感

普段履きスニーカーとの比較:0.5cm小さめ推奨

アシックスのナースシューズとの比較:0.5cm小さめ推奨

他ナースシューズとの比較:同じサイズ推奨

ミドリ安全のナースシューズとの比較:0.5cm大きめ推奨

普段履きスニーカーとは、ナイキやアディダス、プーマなどスポーツシューズ。

他ナースシューズとは、ナガイレーベンの自社オリジナルです。

ミドリ安全も平均的に、サイズが大きめなので、0.5cm大きめを選びましょう。

リョクシン
筆者の保持している靴サイズ一覧もご案内します。
筆者の靴のサイズ

普段履きスニーカー

  • ナイキ・プーマなど:27.5cm以上
  • コンバース・アシックス:27.5cm

革靴

  • リーガル:26.5cm

ナースシューズ

  • アシックス:27.5cm
  • ナガイレーベンのニューフィール:27.0cm
  • ミドリ安全:26.5cm

※足は細いです。

※靴下は女性に合わせて、薄手にしています。

サイズ選びの参考にしてみてください。

ニューフィールシューズMN225は、27.0cmを選びました。

↑目次へ戻る↑

ナガイレーベンのニューフィールシューズMN225のメリットとデメリット

ここからはナガイレーベンのニューフィールシューズMN225をレビューします。

ニューフィールシューズMN225を履いて感じたメリットデメリットは、下記。

メリット
  1. 靴の中の空間が広い
  2. マジックテープが伸びる
  3. 通気口がある
  4. すこし滑りにくい
デメリット
  1. 足がせまい人には向かない
  2. 履き心地が硬め

このメリットとデメリットをパーツ別に解説しました。

靴は、大きく分けて3つのパーツに分かれます。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

この3つのパーツが靴のどこに当たるのかを図解しました。

 

靴のパーツの名称を解説

上から順番にアッパーからみていきましょう。

 

アッパー(通気性)

靴のパーツのアッパーの場所について解説

アッパーは足を包みこむパーツ。

通気性フィッティング性安全性が求められます。

ニューフィールシューズMN225のアッパーは、通気性に優れるアッパーでした。

フィッティング性としては、足の甲が高い方や幅が広い方に最適です。

つま先が柔かい

つま先部分が柔らかいです。

また近年のスニーカーは、つま先が低い製品が多いのですが、ニューフィールシューズMN225はつま先が高い。

足の指が当たってしまう方にもおすすめします。

メッシュ素材

アッパーには、メッシュ素材がありました。

このメッシュ素材から靴内部へ通気するので、蒸れにくい。

マジックテープ

足へのフィッティングはマジックテープで行います。

マジックテープの面積も広く、調整しやすく感じました。

なんとこのマジックテープの付け根が、ゴム素材でした。

ですので、足の甲が低い方は、マジックテープを伸ばして使いましょう。

アッパーまとめ

  • メリット①:靴の中の空間が広い
  • メリット②:マジックテープが伸びる
  • デメリット①:足がせまい人には向かない

↑目次へ戻る↑

クッション(履き心地)

靴のパーツのクッションの場所について解説

続いて、クッションについて解説します。

クッションは、足の裏から体重を支えるパーツ。

履き心地疲れにくさクッション性が求められます。

ニューフィールシューズMN225のクッションには、厚みがあります。

つまり厚底と言われるクッション形状です。

厚底ですと、立ち作業でも疲れにくいのが特徴。

台形のクッション

厚底の靴の弱点は、足を「くじき」やすいことです。

しかし、ニューフィールシューズMN225は、靴底へ行くたびにクッションが広がっていました。

これにより足がくじき難くなるのです。

通気口がある

クッションに通気口がありました。

この通気口は、靴の中に通じています。

インソールを取ると見えました。

前方と後方に、3本線があり通気口がありますね。

靴底の素材が透明だったので、通気口が繋がっていることが分かりました。

靴底からみると分かりやすいですね。

インソール入り

インソールが入っていました。

このつま先のツブツブが足の蒸れを解消している感覚があります。

気のせいかもしれませんがw

クッションまとめ

  • メリット③:通気口がある
  • デメリット②:履き心地が硬め

↑目次へ戻る↑

靴底(すべりにくさ)

靴のパーツの靴底の場所について解説

最後に、靴底について見ていきましょう。

靴底は地面に接地するパーツ。

滑りにくさ足音の大きさに関係します。

半透明の靴底でした。

滑りにくさも少し感じます。

昔の上履きのような感じの素材ですね。

靴底まとめ

  • メリット④:すこし滑りにくい

↑目次へ戻る↑

ナガイレーベンのニューフィールシューズMN225のレビューのまとめ

当記事では、ニューフィールシューズMN225について解説しました。

ニューフィールシューズMN225は、ナガイレーベンが開発したナースシューズです。

リョクシン
ナガイレーベンは、メディカル白衣のトップメーカー。

ナースシューズは、靴メーカー共同開発製品が多く、ラインナップが豊富です。

ニューフィールシューズMN225は、メンズ向けナースシューズでした。

靴内部の空間が広く、足の甲が高い方や幅が広い方に最適です。

”リョクシン”それでは、下記より簡単に記事をまとめます。[/prpsay

ニューフィールシューズMN225を履いて感じたメリットは、4つありました。

メリット
  1. 靴の中の空間が広い
  2. マジックテープが伸びる
  3. 通気口がある
  4. すこし滑りにくい

デメリットは、2つです。

デメリット
  1. 足がせまい人には向かない
  2. 履き心地が硬め

最後までお読みいただきまありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願い致します。

「ナガイレーベンの他のナースシューズを見たい」

そんな方に向けてナガイレーベンのナースシューズを徹底解説しました。

ぜひ、参考にしてみてください。

もっと詳しく解説
【ナガイレーベンのナースシューズ特集】靴メーカーと開発した良い製品たくさん!【ナガイレーベンのナースシューズ特集】靴メーカーと開発した良い製品たくさん!

 

「もっとナースシューズについて知りたい」

リョクシン
そんな方に向けて、ナースシューズを徹底解説しました。

下記にて、市場にある定番品20種類すべて履いてレビューしています。

もっと詳しく解説
【ナースシューズを30種類履いた筆者が解説】おすすめ製品はコレだ!!

ぜひ、参考にしてみてください。

コメントを残す