【ナガイレーベンのニューフィールシューズMN215をレビュー】足幅が広くて甲が高いナースシューズ

 

どーも、靴の仕事して10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、ナガイレーベンMN215をレビューしました。

リョクシン
結論から申し上げますと、足幅と甲が広いナースシューズです。

「足の幅が広い」

「甲が高くて困っている」

「通気性の高い機能がほしい」

リョクシン
そんな方におすすめするナースシューズです。

足が全体的に丸みを帯びた感じの方におすすめ!

ナガイレーベンのニューフィールシューズMN215とは?

ニューフィールシューズMN215は、ナガイレーベン株式会社が開発したナースシューズです。

ナガイレーベンは、病院関係の白衣の最大手メーカー。

白衣だけではなく、ナースシューズもラインナップしていました。

評価項目詳細
価格¥6,820〜(通販による)
サイズ22.0~25.5cm
サイズ感普段履き比較:小さめ推奨
ナースシューズ比較:同じサイズ推奨
カラー展開1色(ホワイトのみ)
動きやすさ★★☆☆☆(星2つ)
クッション性★★★☆☆(星3つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境大学病院◎
個人病院◎
看護専門学校◎
看護大学◎

ナガイレーベンは、ナースシューズを複数ラインナップしています。

一部、靴メーカーのアキレスとスポーツメーカーのヨネックスが生産している製品もありました。

今回のニューフィールシューズMN215も、靴メーカーが開発しているかもしれませんね。

リョクシン
昔のニューバランスのランニングシューズにちょっと似たフォルムだと感じました。

ニューフィールシューズは、軽量で蒸れにくい通気口があるのが特徴です。

白衣メーカーならではの通気方法だと感じました。

通気方法に関しては、後ほど解説します。

重量

ナガイレーベンMN215の重量は、25.0cmで226gでした。

軽いですね。

リョクシン
靴って実は、軽いからと行って良い製品とは限りません。

足へのフィッティング性が一番重要。

フィッティング性が低いと靴の中で足が遊んでしまい、踏ん張るため、疲れやすくなります。

 

ニューフィールシューズML210のサイズ感について

足の幅と甲が広めです。

足にピタっとフィッティングする感じがないとのこと。

これは履いた方の足が細いからでしょう。

リョクシン
ご自身の足をみていただき、丸みを帯びた足の場合には、最適ではかなと。
サイズ感

普段履きスニーカーとの比較:0.5cm小さめ推奨

アシックスのナースシューズとの比較:0.5cm小さめ推奨

他ナースシューズとの比較:同じサイズ推奨

ミドリ安全のナースシューズとの比較:0.5cm大きめ推奨

普段履きスニーカーとは、ナイキやアディダスなどスポーツメーカー品。

ミドリ安全は、少し大きめなので、切り替えの際には、0.5cm大きめを選びましょう。

筆者の靴のサイズ

普段履きスニーカー

  • ナイキ・プーマなど:27.5cm以上
  • コンバース・アシックス:27.5cm

革靴

  • リーガル:26.5cm

ナースシューズ

  • アシックス:27.5cm
  • ナガイレーベンのニューフィール:27.0cm
  • ミドリ安全:26.5cm

※足は細いです。

※靴下は女性に合わせて、薄手にしています。

女性はタイツやストッキングで履くケースが多いようなので、超薄手のビジネスソックスを使用。

サイズ選びの参考にしてみてください。

↑目次へ戻る↑

ナガイレーベンのニューフィールシューズMN215のメリットとデメリット

ここからはナガイレーベンのニューフィールシューズMN215をレビューします。

ニューフィールシューズMN215を履いて感じたメリットデメリットは、下記。

メリット
  1. 幅が広い
  2. 甲が高い
  3. 通気性が高い
  4. 厚底のクッション
  5. 滑りにくい
デメリット
  1. 足の細い人には合わない
  2. 履き心地が硬い

メリットとデメリットをパーツ別に解説しました。

靴は、大きく分けて3つのパーツに分けることができます。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

この3つのパーツが靴のどこに当たるのを図解しました。

 

靴のパーツの名称を解説

上から順番にアッパーからみていきます。

リョクシン
詳しくみていきましょう。

↑目次へ戻る↑

アッパー(通気性)

靴のパーツのアッパーの場所について解説

アッパーは、足を包みこむパーツ。

通気性フィッティング性安全性に関係します。

ナガイレーベンMN215のアッパーは、靴の中の空間が広かったです。

ですので、足の細い方には合わないでしょう。

リョクシン
しかし、足の幅が広い方や甲が高い方には、最適です。

靴ヒモ

ニューフィールシューズMN215は、靴ヒモでフィッティングします。

フィッティング性を高めるには、靴ヒモが一番よいと感じました。

リョクシン
サイズの微調整が可能です。

平ヒモ付き

ほどけ難い平べったい平ひもが別途、入っていました。

色はブルー系ですね。

外羽根

靴ヒモを入れているレーンが、内側から外側に広がっています。

この形状を外羽根と言いまして、通常は革靴などのデザインを表すときに使う靴用語。

外羽根の方がサイズ調整がしやすくなります。

ちなみに、外羽根に対して、内羽根もあります。

内羽根とは、画像のように、靴ヒモの穴があるレーンが外側に広がらない形状。

甲が高い

私がつまんでいる部分をベロと言います。

ベロの素材が少し薄手に感じました。

そのため、足が細い私には合いません。

リョクシン
度々ですが、甲や幅が広い方には最適です。

つま先が高く作られています。

普段ナースシューズを履いていて、つま先が当たる方は試してみてはいかがでしょうか?

アッパーまとめ

  • メリット①:幅が広い
  • メリット②:甲が高い
  • メリット③:通気性が高い
  • デメリット①:足の細い人には合わない

↑目次へ戻る↑

クッション(履き心地)

靴のパーツのクッションの場所について解説

続いて、クッションについて解説します。

クッションは、足の裏から体重を支えるパーツ。

疲れにくさ履き心地クッション性に関係します。

ナガイレーベンのMN215のクッションに優れる厚底でした。

クッションに厚みがあると、厚底でクッション性に優れます。

薄いと動きやすさに優れる薄底。

インソール入り

取り外し可能なインソールが入っていました。

クッション性とフィッティング性に優れます。

通気口がある

ナースシューズならではの工夫がありました。

クッションに通気口があり、この通気口が靴の中に、つながっています。

つま先側とカカト側に穴がありますね。

この穴が先ほどのクッションの通気口とつながっていました。

クッションまとめ

  • メリット③:通気性が高い
  • メリット④:厚底のクッション
  • デメリット②:履き心地が硬い

 

↑目次へ戻る↑

靴底(すべりにくさ)

靴のパーツの靴底の場所について解説

最後に、靴底について見ていきましょう。

靴底は、地面に接地するパーツ。

滑りにくさ足音の大きさに関係します。

ニューフィールシューズMN215の靴底は、透明なソールでした。

先ほどの通気口が透けてますね。

滑りにくい素材を使用していました。

靴底ですが、カカト裏までありました。

この理由がわかりませんw

よく車の運転のしやすいドライビングシューズに使われている形状ですね。

靴底まとめ

  • メリット⑤:滑りにくい

↑目次へ戻る↑

ナガイレーベンのニューフィールシューズMN215のまとめ

当記事では、ニューフィールシューズMN215について解説しました。

ニューフィールシューズMN215は、ナガイレーベンが開発したナースシューズです。

ナガイレーベンは、白衣で市場シェア6割りを誇るトップメーカー。

ナースシューズも複数ラインナップしていました。

足の幅が広い人に向いたナースシューズです。

該当する感じた方は、ぜひ参考にしてみてください。

それでは、下記より簡単に記事をまとめます。

ニューフィールシューズMN215を履いて感じたメリットは、下記の5つ。

メリット
  1. 幅が広い
  2. 甲が高い
  3. 通気性が高い
  4. 厚底のクッション
  5. 滑りにくい

デメリットは、2つです。

デメリット
  1. 足の細い人には合わない
  2. 履き心地が硬い

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願い致します。

「ナガイレーベンの他のナースシューズを見たい」

そんな方に向けてナガイレーベンのナースシューズを徹底解説しました。

ぜひ、参考にしてみてください。

もっと詳しく解説
【ナガイレーベンのナースシューズ特集】靴メーカーと開発した良い製品たくさん!【ナガイレーベンのナースシューズ特集】靴メーカーと開発した良い製品たくさん!

 

「もっとナースシューズについて知りたい」

リョクシン
そんな方に向けて、ナースシューズを徹底解説しました。

下記にて、市場にある定番品20種類すべて履いてレビューしています。

もっと詳しく解説
【ナースシューズを30種類履いた筆者が解説】おすすめ製品はコレだ!!

ぜひ、参考にしてみてください。

コメントを残す