【ソルボライトをレビュー】クッション効果が長続きするソルボセインを使用したインソール

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、ソルボライトをレビュー。

リョクシン
結論から申し上げますと、クッション効果が長続きするインソールです。

「疲れにくいインソールを探している」

「クッション効果が長続きするインソールがほしい」

リョクシン
そんな方におすすめな製品です。

実際に履いてみて「ウレタン樹脂で靴との相性が良い、疲れにくさが長続きした」という感想でした。

立ち作業などで疲労対策したい方にオススメ!

この記事の著者

靴ブロガー

リョクシン

ryokushin

プロフィール

大阪在住のサラリーマンです。仕事に関係する靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

ソルボライトとは?厚みや重量、使い方を紹介!

ソルボライトとは、三進興産が開発したインソールです。

評価項目詳細
価格¥1,400〜(通販による)
サイズ2S(22.0〜23.0cm)
S(23.5〜24.5cm)
M(25.0〜26.0cm)
L(26.5〜27.5cm)
サイズ調整法カットして調整
通気性★★☆☆☆(星2つ)
消臭力★★☆☆☆(星2つ)
クッション性★★★★★+(星5プラス)
靴との相性革靴△
スニーカー◎
作業靴◎
※インソール取り外せるモノに限る

三進興産は、アキレスが100%出資している会社です。

アキレスは、日本を代表する靴メーカー。

リョクシン
お求めやすい価格で高品質な靴が多いです。

キッズスニーカーの瞬足や普段履きのソルボで有名。

そんなアキレスが関係しているソルボのインソールは大手靴販売店には必ずといって良いほど、ラインナップされている位に人気です。

リョクシン
ソルボライトは、あまり店頭には並ばない軽量タイプ。

軽量と言ってもその辺に販売されているインソールとは一線を画します

クッション効果の長続きするソルボセインという素材で、長期間の使用でも疲れにくい。

リョクシン
インソール市場の中でも最もオススメしたいのがソルボです。

疲労対策でぜひ、試してみてください。

重量と厚み

ここからは、重量厚みについて解説します。

まずは重量から見ていきましょう。

重量

ソルボライトは、Lサイズのカットなしで76gでした。

インソール市場では、重い部類です。

リョクシン
しかし、インソールで重要なのは重量ではありません。

「クッション効果が長続きするか」が1番大事。

クッション効果が長続きする素材は、空気層が少ないため、どうしても重たくなりがち。

リョクシン
よっぽど重たい靴に入れなければ問題ないので、重さでインソールを選ぶのはやめましょう。

厚み

ソルボライトの厚みは、1番薄い部分で484mmです。

かなり厚みがあることがわかりました。

リョクシン
一般的なインソールの1番厚い部分の厚みくらいありますね。

1番厚みのある場所で、8.25mmでした。

かなり厚いですね。

リョクシン
今お履きの靴に入れる際には、インソールを取り外して使いましょう。

もし、取り外せない靴であれば、入れるのを避けた方が良いと思います。

おそらく、サイズ感が小さくなりますね。

リョクシン
また、ビジネスシューズやスリッポン、ローファーなどの靴の中の空間が少ない靴とも相性は悪いかもしれません。

上記のような、靴の中の空間が少ない靴は、薄めのインソールをオススメします。

下記のソルボスーパーシートは2mmなので、最適かなと。

もっと詳しく解説
【ソルボスーパーシートをレビュー】インソールの下に敷くシートで疲れない!

↑目次へ戻る↑

使い方

ここからは、ソルボライトの使い方を見ていきましょう。

ソルボライトは、ノーマルのインソールなので特別なことはありませんが念のためご案内!

カットする

見えにくいのですが、つま先にカットする目安があります。

画像では見えにくいのですが、実際にはわかりやすいのでご安心を!

リョクシン
徐々に小さくして調整することをオススメします。[/prpsay

ビニールシールを剥がす

裏面に透明なシールがあるので、外しましょう。

裏面はこんな感じです。

赤い部分が少しだけ、粘着質になっていって靴と接着しました。

リョクシン
ソルボセイン素材自体がそもそも、「ひっつく」ので滑りは問題ないと思います。

あとは、靴に入れるだけでOK!

必要なもの

  • ハサミ

↑目次へ戻る↑

ソルボライトを詳しくレビュー

ここからは、ソルボライトを詳しくレビューします。

レビューするポイントは下記のとおり。

どれもインソール選びで重要なポイントです。

詳しく見ていきましょう。

通気性・消臭力

靴の通気性はもちろんのこと、インソールの通気性も大事。

インソールにも通気性は関係あります。

リョクシン
通気口の有無や表面素材の質感によって通気性が関係しました。

ソルボライトの通気性を見ていきましょう。

通気口がない

ソルボライトは、通気口がありません。

そのため、通気性は特別高い訳ではないと感じました。

リョクシン
一体成型のインソールなので、穴を開けることは可能です。

もし、靴底から通気するタイプの靴をお履きでしたら、その通気口に沿った穴を開けてみても良いかもしれません。

表面は繊維質な素材を使用

表面は、繊維質な素材を使っていました。

表面をザラザラさせることで、密着しにくく、通気性が高くなります。

リョクシン
また、靴下と摩擦を起こすので、滑りにくくさも感じました。

靴の中で滑ると余計に踏ん張ってしまうので、蒸れますし、疲れやすい。

ソルボライトは、全く問題なく感じました。

通気性まとめ

  • 通気口がない
  • 繊維質な素材を使用

↑目次へ戻る↑

クッション効果

続いて、クッション効果を見ていきましょう。

インソールで最も大事なのがクッション効果です。

リョクシン
特に、クッション効果が長続きする素材を使用しているかどうか大事!

ソルボセイン

ソルボは、人工筋肉とも言われるソルボセインを使用。

ソルボセインは、ウレタン樹脂の素材でクッション効果が長続きします。

リョクシン
多少、重たいものの疲労対策にもってこい。

疲れにくい形状

画像ではわかりにくいのですが、カカトから中央部にかけて盛り上がっています。

足の裏を押し上がるような形状で、疲れにくい

リョクシン
足は疲れてくると、足の裏の形状が落ち込んでくるのですが、その落ち込みをカバーするイメージです。

カップインソール

ソルボライトは、端側が盛り上がっているカップインソール形状

端側が盛り上がることで、靴と足の隙間が減りフィッティング性がアップ。

リョクシン
フィッティング性がアップすることで、靴の中で足が遊ばないので、疲れにくくなるので、クッション効果にもプラスになりました。

クッションまとめ

  • ソルボセイン
  • 疲れにくい形状
  • カップインソール

↑目次へ戻る↑

靴との相性について

最後に、ソルボセインがどんな靴と合うかを解説します。

どんなに、インソール単体ではよい製品でも、靴と合わなければ意味がありません。

リョクシン
インソールの素材形状が関係します。

ウレタン樹脂

ソルボセインは、ウレタン素材でした。

ウレタンは、あまり靴のクッション素材には使用されていません。

リョクシン
そのため、ソルボライトを入れることで、2層構造を形成することができます。

2層構造とは?

2層構造とは、クッション部分に2種類の素材を使用している構造のこと。

衝撃吸収に優れるため、疲れにくい!

ほとんどの靴のクッション素材はEVAです。

リョクシン
ソルボライトはウレタン素材なので、高確率でEVAとウレタンの2層構造となるでしょう。

靴のクッション素材は、タグが通販サイトや公式サイトに原材料を見るとわかります。

スニーカーや本革の安全靴以外の作業靴は、ほとんどEVA素材のクッション。

リョクシン
ソルボライトは、あらゆる靴との相性が良いインソールです。

厚みがある

ソルボライトは、素材だけで考えれば、あらゆる靴と合います。

しかし、厚みがあるので、合わない靴もありました

リョクシン
ビジネスシューズやスリッポン、ローファーのような靴の中の空間が少ない靴との相性は悪いでしょう。

インソールを取り外せるタイプの靴で、インソールを取り外して入れても、すこしはサイズ感が変わると思います。

履き慣れた靴ですと、靴のクッションが新品の時と比べて、潰れてしまっているので、フィッティング性は緩いはず。

リョクシン
緩い方には、最適だと思います。

もし、ソルボライトと一緒に靴を購入する場合には、普段より0.5cm大きめが良いでしょう。

靴との相性まとめ

  • 素材的には、どの靴とも相性がよい
  • 厚みがあるのでサイズ感に注意する

↑目次へ戻る↑

ソルボライトのレビューをまとめ

当記事では、ソルボライトをレビューしました。

ソルボライトは、ソルボセインというウレタン樹脂のインソール。

リョクシン
ほとんどの靴の素材と相性が良いでしょう。

厚みがあるので、衝撃吸収に優れる反面、サイズ感が変わりやすい

履き慣れた靴であれば、クッション素材が潰れているので、フィッティング性を高める上でもちょうど良いと思います。

リョクシン
ただし、靴も買い替える予定でしたら、0.5cm大きめが最適だと感じました。

ソルボライトは、疲労軽減したい方におすすめします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願いします。

「もっと他のインソールを見てみたい

そんな方に向けて他にもインソールを解説しました。

もっと詳しく解説
立ち仕事で疲れないインソールはある!ただし、靴の選び方次第です。

よろしくお願い致します。

コメントを残す