【作業靴のおすすめ製品をジャンル別にご紹介!】土木建築・病院・介護施設・食品現場など網羅!

土木建築・病院・介護施設・食品現場の画像

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、作業靴のおすすめ商品をジャンル別(土木建築・病院・介護施設・食品現場)にご紹介!

リョクシン
すべてのジャンルに対して、詳しく解説した詳細記事をご用意しました。

「疲れにくい作業靴がほしい」

「作業靴のジャンルを知りたい」

「自分の履いている作業靴について知りたい」

リョクシン
そんな方におすすめな記事です。

作業靴は、ジャンルによっては、呼び方がわからないケースもあります。

そんな方の辞書みたいな記事に慣れればと思い作成しました。

 

作業靴とは?おすすめな選び方をご紹介!

作業靴は、2つの意味があります。

作業靴とは?

  • ①塗装などで使用する価格の安い靴
  • ②仕事で履かれる専門シューズ

①は、汚れてすぐに買い換えるため、¥1000以下の靴のこと。

主に土木建築の塗装の段階で履かれたりします。

当記事では、この意味での作業靴はご紹介していません。

リョクシン
②について解説しました。

作業靴とは、呼ばずに各ジャンルでは下記のように呼ばれています。

ジャンル別の呼び方

  • 食品現場(コックシューズ・厨房靴)
  • 土木建築(安全靴・プロスニーカー)
  • 病院介護(ナースシューズ・ナースサンダル)

土木建築の安全靴やプロスニーカーを除いて、あまり専門の作業靴を履いていないイメージがあります。

当記事で読んで、ぜひ食品現場と病院、介護施設で働く方も専門の作業靴を履いいただければと!

作業靴のおすすめの選び方

【ナガイレーベンのナースシューズ特集】靴メーカーと開発した良い製品たくさん!

すべての作業靴に共通するおすすめの選び方を解説。

下記が重要だと感じています。

作業靴の選び方

  • フィッティング性が高い
  • 靴メーカーが開発している
  • 現場にあった機能があるか

簡単にそれぞれ解説します。

 

 

フィッティング性が高い

まずは足にしっかりフィットするか。

正直なところ、靴選びで重要なのは、これだけでも良いかなとw

どんなに良い作業靴でも、足へのフィッティング性が低いと疲れます。

リョクシン
また、足の変形につながる可能性もあり気を付ける必要がありました。

安全性も低下しますので、まずはフィッティング性の高い作業靴を探しましょう。

ある程度の目安は下記になります。

フィッティング性の高い作業靴

  • ①靴ヒモやマジックテープ、ダイヤル式を使用
  • ②細身
  • ③カカト部分で固定される工夫があるか

③は、難しいので履いた時に、ズボズボ動かなければOKです。

↑目次へ戻る↑

靴メーカーが開発している

靴メーカーが開発していることも良い製品の選び方の1つ。

アシックスやミズノ、ミドリ安全、弘進ゴム、アキレスなど。

靴には、設計思想という開発する上で、ユーザーを考えた設計にしている必要があります。

リョクシン
その設計思想がしっかりしてるが靴メーカー。

特に、アシックスとアキレスが設計思想がしっかりしていて、おすすめだと感じました。

設計思想がしっかりしていると、フィッティング性や安全性、疲れにくさで非常に優れます。

↑目次へ戻る↑

現場にあった機能があるか

作業靴を履く上でも最も重要なのが、現場にあった機能があること。

代表例は下記になります。

現場にあった機能の代表例

  • 飲食店のキッチンの水や油で滑りにくい靴底
  • 病院で夜勤向けに足音がしない靴底
  • 介護施設で、静電気の発生を防ぐ靴
  • 溶接の現場で、火花が飛んでも燃えないような靴

ご自身の働く現場にあった機能のある靴かどうかで選びましょう。

↑目次へ戻る↑

作業靴のおすすめ製品をジャンル別に紹介します。

ここからは、作業靴のおすすめ製品をジャンル別にご紹介!

ご紹介するジャンルは、下記になります。

アシックス展開している作業靴ジャンル

  • 病院(ナースシューズ)
  • 介護施設(サンダル)
  • 食品(コックシューズ)
  • 土木(安全靴・プロスニーカー)

各ジャンルすべて、詳細記事を作成しました。

ぜひ参考にして見てください。

詳しく見ていきましょう。

 

病院(ナースシューズ)

病院や介護施設向けにおすすめなのが、アシックスのナースウォーカー203です。

ナースウォーカー203は、ナースシューズの最高峰でしょう。

アシックスは、日本を代表する世界的スポーツメーカー。

リョクシン
疲れにくいし足にしっかりフィットします。

消臭効果あり

つま先にMOFF(モフ)という消臭効果のある素材を使用。

ちょっと浮き出てるの分かりますか?

それです。

リョクシン
看護師さんの悩みの1つがナースシューズの臭い。

安全性の観点から、ナースシューズはつま先に通気口を設けません。

だから蒸れやすいのです。

臭い対策があるのは嬉しいですね。

もっと詳しく解説
【ナースシューズを30種類履いた筆者が解説】おすすめ製品はコレだ!!

 

↑目次へ戻る↑

介護施設(サンダル)

介護施設の中でも作業靴の脱ぎ履きが多い方には、アシックスのケアウォーカー700がおすすめ!

ケアウォーカー700は、カカトの低い脱ぎ履きしやすい作業靴。

脱ぎ履きしやすいと足にフィットしないのが通常ですよね?

リョクシン
さすがアシックス全然ちがいました。

なんと脱ぎ履きしやすいのに、靴を履いたときは足にしっかりフィットするのです!

履いたらフィットする

ケアウォーカー700

詳しくは、別記事で確認してほしいのですが、細かいパーツで足にしっかりフィットします。

特に、甲ゴムと言って左上の画像の指の先のパーツ。

この甲ゴムがしっかりしていることと、マジックテープ仕様がフィッティング性の高くしています。

もっと詳しく解説
【アシックスのケアウォーカー700をレビュー】脱ぎ履きしやすいナースシューズ

↑目次へ戻る↑

食品(コックシューズ)

食品関係で履かれる作業靴をコックシューズと呼びます。

コックシューズで最もおすすめなのが、クッキングメイト100

アキレスが開発したコックシューズです。

市場ナンバー1のインソール

クッキングメイト100も簡単には語れないくらいに、良い製品です。

1番優れた機能は、インソールでしょう。

コックシューズ市場でナンバー1のインソール!

リョクシン
クッション性が長続きします!
もっと詳しく解説
【コックシューズ50種類履いてわかった】最高の4足と人気おすすめ商品20足を解説します!【コックシューズ50種類を履いてわかった】人気おすすめ商品すべて解説!

↑目次へ戻る↑

土木(安全靴・プロスニーカー)

土木建築の作業靴はたくさんありますが、代表的なのはプロスニーカーです。

安全靴は、JIS規格という基準をクリアする必要があり、大前提として革製である必要がありました。

革でないといけない作業者の方は、少ないので、新しい基準でJSAAという安全基準ができ、それをクリアしたのがプロスニーカーです。

リョクシン
プロスニーカーでおすすなのがアシックスが開発したウィンジョブCP209です。

ダイヤル式

ウィンジョブCP209は、ダイヤル式と言って、脱ぎ履きしやすいのに、足にしっかりフィットします。

脱ぐときは、ダイヤルを引っ張るだけ!

履くときは、ダイヤルを押して回すだけです。

リョクシン
靴ヒモと違ってほどけて転倒する可能性もありません。
もっと詳しく解説
【ウィンジョブCP209Boaをレビュー】ダイヤル式で着脱ラクラクなアシックスの安全靴!

↑目次へ戻る↑

作業靴のおすすめ製品の解説をまとめます。

当記事では作業靴のおすすめ製品をご紹介しました。

当たり前ですが、足にしっかりフィットして安全な製品がおすすめ!

その判断基準に当ブログを参考にしていただければと思います。

リョクシン
それでは簡単に記事をまとめます。

作業靴の言葉の意味は2つありました。

作業靴とは?

  • ①塗装などで使用する価格の安い靴
  • ②仕事で履かれる専門シューズ

作業靴の各ジャンルでの呼び方は下記になります。

ジャンル別の呼び方

  • 食品現場(コックシューズ・厨房靴)
  • 土木建築(安全靴・プロスニーカー)
  • 病院介護(ナースシューズ・ナースサンダル)

作業靴のおすすめの選び方は下記。

作業靴の選び方

  • フィッティング性が高い
  • 靴メーカーが開発している
  • 現場にあった機能があるか

ご紹介した作業靴のジャンルは、下記の通り。

アシックス展開している作業靴ジャンル

  • 病院(ナースシューズ)
  • 介護施設(サンダル)
  • 食品(コックシューズ)
  • 土木(安全靴・プロスニーカー)

↓おすすめのナースシューズ 

↓おすすめの介護施設向けシューズ

↓おすすめのコックシューズ

↓おすすめのプロスニーカー

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願い致します。

「作業靴ではなく疲れにくいスニーカーについて知りたい」

そんな方に向けて立ち仕事でも疲れにくいスニーカーを紹介しました。

もっと詳しく解説
立ち仕事でお疲れの方は靴が原因ですよ!疲れないスニーカーを徹底解説!

ぜひ、参考にしてみてください。

コメントを残す