幅広の靴のおすすめ商品をご紹介【メンズ・レディース】

幅広スニーカー を紹介します、

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシンです。

今回は、幅広の靴をご紹介しました。

幅広スニーカー を紹介します、

これまで多くの幅広の靴をレビューしてきました。

その中でもおすすめ商品をご紹介します。

リョクシン
ぜひ、見てみてください!
この記事の著者

靴ブロガー

リョクシン

ryokushin

プロフィール

大阪在住のサラリーマンです。仕事に関係する靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

幅広の靴のおすすめ商品をご紹介【メンズ・レディース】

幅広の靴を紹介する前に幅広の靴の選び方をみていきましょう。

幅広の靴の選び方をご紹介

幅広の靴選びで重要な項目は下記のとおり。

選び方

  • 紐靴
  • アキレス
  • アシックス
  • ニューバランス

まず重要なのは紐靴にすること。

マジックテープやダイヤル式など靴には多くのサイズ調整の留め具がありますが、1番フィッティング性を高めることができるのは紐靴です。

靴の留め具

  • 靴紐
  • ダイヤル式
  • スリッポン
  • マジックテープ

靴紐は緩めたり締めつけたりを柔軟に変更できる留め具です。

足と靴幅を完全に合わせることは非常に難しいので、紐靴がおすすめ!

リョクシン
ちなみに、3Eからが幅広の靴になります。
幅広の基準
  • 3E
  • 4E
  • 5E or F
  • 6E or G

一般的な靴の幅は2Eというサイズ。

Eが増える度に幅が広くなっていくため、3E以上が幅広になります。

補足

結構、多いのが「自分は幅広だ」と思っている方でも実は幅広ではないことがありました。

ゆったり履くことが自分の趣向であるがゆえに幅広だと思い込んでいるケースですね。

リョクシン
このケースは本当に多く、実は幅広ではないのに、幅広のスニーカーを履いてしまうと足を悪くしたり、疲れやすくなったり、臭いやすくなったすることも・・・ 
注意

百貨店やアシックスウォーキング直営店など足のサイズを測定できるお店はあります。

まずは本当に自分の足は幅広なのかを確認するためにもぜひ、お店で測ってみてください。

幅広スニーカー を紹介します、

それではここからは幅広の靴(スニーカー・サンダル)を解説していきましょう。

おすすめ商品は下記のとおりです。

それぞれ見ていきましょう。

ニューバランス『550』

ニューバランス550は幅広のスニーカー

評価項目詳細
価格¥5,500 〜 7,040
サイズメンズ:24.0 〜 29.0cm
レディース:22.5〜25.5cm
サイズ感4E
0.5cm小さめ

おすすめ度:★★★★★

ニューバランス550は幅広のスニーカーの中でもおすすめ製品です。

海外メーカーって幅がせまいイメージでしたが、ニューバランス550は4Eで幅広でした。

リョクシン
ニューバランスの中でも価格が安くお求めやすいのも魅力の1つです。

4Eで幅広

ニューバランスMW550は幅広

すでに表で解説しましたが、ニューバランス550は4Eで幅広です。

海外メーカーは細身が多いのでニューバランスを履くことをあきらめた方におすすめ!

平紐

ニューバランスMW550は平紐でフィッティング性が高い

紐は平べったい平紐なので解けにくい仕様。

厚底

ニューバランス550はクッション性が高い厚底

クッション素材には厚みがあるので厚底スニーカーです。

ニューバランスMW550のクッション素材は独自素材のアブゾーブ

クッション素材にはニューバランスが開発したアブゾーブです。

アブゾーブは衝撃を吸収できる素材。

アブゾーブ

衝撃吸収とは、アブゾーブにボールを落とすと、床に落とすより跳ね返りが少なくなるイメージです。

衝撃が抑えられることでカラダへの負担が減るので疲れにくくい。

リョクシン
疲れにくいのは嬉しいですね!

カラーバリエーション

ニューバランスmw550のカラーバリエーション

メンズは全部で4色。

レディースのニューバランスww550のカラーバリエーション

レディースは6色でした。

どれもコーディネートしやすい落ち着いたカラーリングで助かります。

リョクシン
何より幅広なのに、ボテっとした印象にならないのが良いところでしょう。

サイズ感やその他の機能については別の記事で解説しました。

下記のリンクからご確認をお願いします。

【ニューバランスMW550をレビュー】4Eで幅広のウォーキングシューズ

↑目次へ戻る↑

アシックス『GEL-CONTEND』

アシックスのGEL-CONTEND6のサイズ感は普段履きと同じ

評価項目詳細
価格¥6,380〜(通販による)
サイズ22.5~30.0cm
サイズ感細身
2E・4E

おすすめ度:★★★★☆

アシックスのGEL-CONTENDもおすすめの幅広スニーカーです。

ランニングシューズなので通気性に優れ軽量なのが特徴。

リョクシン
2Eというサイズ感もあるので注意して購入してください!

4E・通気性抜群

アシックスのGEL-CONTENDはつま先にメッシュ素材を多用

アシックスのGEL-CONTENDは4Eのサイズ展開があるランニングシューズです。

幅広ですしランニングシューズなので通気性が高く疲れにくく臭いにくいメリットもありました。

リョクシン
通気性が高いので蒸れにくいから臭いにくい訳ですね!

疲れにくい

アシックスのGEL-CONTEND6はAMPLIFOAM

クッション素材は厚みのある厚底でした。

クッション素材が厚いとその分、衝撃を吸収できるため疲れにくくなります。

アシックスのGEL-CONTENDは靴底にGELと記載あり

カカトしたにはGEL素材が入っており、長時間履いても疲れにくいメリットがあります。

アシックスのGEL-CONTENDはGEL素材配合

GEL素材はシリコンという素材を使用しており、体重や加重によるクッション性の低下がしにくい素材。

リョクシン
ランニングはもちろんのこと、散歩や通勤・通学にも最適です。

アシックスのGEL-CONTENDはインソール入り

さらにインソールもあるので疲れにくく感じました。

価格もそこまで高くないのでおすすめです。

カラーバリエーション

GEL-CONTENDはカラーバリエーション豊富

GEL-CONTENDのメンズのカラーバリエーションは上記のとおり。

めちゃくちゃ多いですね!

GEL-CONTEND 6レディースのカラー展開

レディースはこちら!

どれも落ち着いていて良い感じです。

リョクシン
アシックスはただ幅が広いだけのスニーカーにはせずに、しっかりフィットするのが良いですね!

サイズ感や重量、その他の機能については別の記事で解説しました。

ぜひ、参考にしてみてください。

【GEL-CONTEND6をレビュー】アシックスのゲル入りで安いランニングシューズ

↑目次へ戻る↑

アシックス『GEL-VENTURE8』

評価項目詳細
価格¥7,480 〜 8,800
サイズメンズ:25.5 〜 32.0cm
レディース:22.5 〜 26.0cm
サイズ感普段履き比較:同じサイズ
通気性★★★★☆(星4つ)
クッション性★★★★☆(星4つ)
フィッティング性★★★★☆(星4つ)

アシックスのGEL-VENTURE8は幅広のラインナップがありました。

GEL-VENTURE8は野山を走るトレイルランニングシューズですが普段履きとしても使用することを想定して開発されています。

GEL-VENTURE8のカラーバリエーション

リョクシン
トレランシューズは派手な色が多いのですが、GEL-VENTURE8は普段履きも兼ねているため、割と落ち着いたカラーバリエーション。

特徴

GEL-VENTURE8は幅広モデルあり

GEL-VENTURE8の幅広タイプの幅は4Eでした。

2Eのタイプもあるので間違えないようにしましょう。

GEL-VENTURE8は27.5cmで315g

トレイルランニングシューズなだけあって軽いです。

GEL-VENTURE8は滑りにくい靴底

軽い靴は靴底に滑りにくい素材を使用していない傾向にありますが、しっかりグリップする素材が使用されていました。

GEL-VENTURE8はGEL素材で疲れにくい

カカトの下にはGEL素材を使用しているため、疲れにくい。

GEL-VENTURE8はつま先から通気できる

つま先にはメッシュがあるので蒸れにくいのも特徴です。

GEL-VENTURE8は履き口でしっかりホールドが可能

トレイルランニングは靴が脱げやすいのですが、GEL-VENTURE8は履き口が細く脱げにくい。

しっかりフィットするので疲れにくく感じるでしょう。

リョクシン
かなり高機能ですが、定価で¥7,480とかなり安いのでぜひ試してみてください。

GEL-VENTURE8のサイズ感やその他の機能は下記の記事から確認をお願いします。

【GEL-VENTURE8をレビュー】4Eの幅広モデルもあるアシックスのトレランシューズ

↑目次へ戻る↑

ダンロップ『エアロジャンプ』

エアロジャンプを詳しくレビュー

評価項目詳細
価格¥4,900〜
サイズ24.5 〜 28.0cm
4E
サイズ感比較:1.0cm大きめ
普段履き比較:同じサイズ

おすすめ度:★★★☆☆

エアロジャンプは広島化成が開発した幅広のスニーカーです。

カカトにナイキのエアマックスのようなクッションが搭載されており疲れにくいのが特徴。

リョクシン
ナイキのエアマックスは幅が狭いので幅広でエアマックスを履けない方におすすめします。

疲れにくい

エアロジャンプ はエアーで疲れにくい

カカト下に入っているエアロクッションは長時間履いてもクッション性が低下しにくい特徴があります。

一般的な靴のクッションは発泡素材といってスポンジのような素材です。

リョクシン
スポンジでは長時間や長期間履くとクッション性が低下しますが、エアロクッションは問題ありませんでした。

エアロジャンプの構造と疲れにくい理由

クッションを図解すると上記のような感じです。

ほとんどの靴は1種類のクッション素材しか使用しない単層ですが、エアロジャンプは多層構造でした。

リョクシン
よって負荷が分散されやすいので疲れにくいと言えます。

エアロジャンプ はインソール入り

またインソールも入っているのも良いですね。

取り外しができるので、市販のインソールと取り替えてもサイズ感が変わりにくい!

リョクシン
しかも価格がそこまで高くないのが最大のメリットでしょう。

エアロジャンプのサイズ感やその他のメリットやデメリットを知りたい方は下記の記事から確認してみてください。

【ダンロップのスニーカーをレビュー】ダサくないし疲れにくいエアロジャンプがおすすめ!

↑目次へ戻る↑

ムーンスター『SPLT』

SPLT197はムーンスターが開発した防水スリッポン

評価項目詳細
価格¥4,600〜3,300位
※通販サイトの在庫状況により変動
サイズL173:22.0〜24.5cm
M197:24.5〜30.0cm
足幅:4E(幅広)
サイズ感普段履き比較:同じサイズ

おすすめ度:★★★☆☆

ムーンスターのSPLTも幅広でおすすめのスニーカーです。

ムーンスターのSPLTは上記のようなスリッポンの他、あらゆる種類のスニーカーをラインナップしていました。

リョクシン
4Eの中でもかなり幅が広い仕様です。

防水

ムーンスターSPLT197は防水

なんとSPLTシリーズは防水機能がありました。

完全防水ではないものの、¥5,000以下で防水機能があるスニーカーはなかなかありません。

抗菌

SPLTシリーズは銀イオンで抗菌

さらに、銀イオンで抗菌できる防臭タイプです。

防水スニーカーは通気性が低いため、蒸れやすく臭いやすいデメリットがありました。

リョクシン
防臭効果があるので菌の繁殖を抑えるので臭いにくい!

ムーンスターSPLT197・173のカラーバリエーション

メンズのカラーバリエーションは上記のとおり。

ムーンスターSPLTL173のカラーバリエーション

レディースは2色。

ムーンスターSPLTのサイズ感やその他の機能は、下記の記事で解説しました。

気になった方はぜひ参考にしてみてください。

【ムーンスターのスリッポンをレビュー】SPLT197・173は防水・幅広で疲れにくいスリッポン!

↑目次へ戻る↑

【サンダル】rig『スライド』

評価項目詳細
価格¥6,930〜(通販による)
サイズS~XLサイズ
S:22.5〜23.5cm
M:24.0〜25.0cm
L:25.5〜26.5cm
XL:27.0〜28.0cm
サイズ感大きめ・甲高幅広
カラー展開4色

おすすめ度:★★★★☆

rigのスライドは、日本人向けに開発された幅広のリカバリーサンダル。

リカバリーサンダルとは、カラダへの負担を軽減するような配合の素材を使用したサンダルです。

リョクシン
ハードなスポーツ後にアスリートなどに履かれていました。

rig(リグ)のリカバリーサンダル(スライド)は日本人向けの幅広甲高

普段重たいバックを持っている方のオフィスで履くサンダルとしても良いかもしれません。

rigはリカバリーサンダルは海外メーカーが多く、幅広甲高に向いた製品が少ないため、そう言った日本人に向けて開発したブランドです。

リョクシン
日本人が甲高幅広が多いかは置いておきまして、実際に甲高幅広の人には合うリカバリーサンダルでしょう。

カラーバリエーション

リグのスライドのカラーバリエーション

カラーバリエーションと他のデザインは上記のとおり。

鼻緒のあるタイプもありました。

rigのリカバリーサンダルのサイズ感やその他の機能を知りたい方は下記の記事から確認をお願いします。

【rig(リグ)のスライドをレビュー】アジア人向けのリカバリーサンダル

↑目次へ戻る↑

メンズとレディースの幅広の靴のおすすめ商品紹介をまとめます。

当記事では幅広の靴について解説しました。

幅広の靴選びはむずかしく広ければ良い訳ではありません。

補足

なるべく紐靴にしてサイズ感を調整しやすい靴にしましょう。

リョクシン
またフィッティング性の高いちゃんとした靴メーカーの商品が良いのでアシックスやニューバランス、アキレスの製品がおすすめ!

それでは下記より簡単に記事をまとめます。

幅広の靴(スニーカー・サンダル)でおすすめ商品は下記の製品でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の記事もおすすめなのでぜひ見てみてください。

もっと詳しく解説
立ち仕事でお疲れの方は靴が原因ですよ!疲れないスニーカーを徹底解説! 【雪道でも滑らない靴を解説】アイスバーンや雪対策のおすすめ製品を紹介!【ワークマンもあり!】 蒸れない靴のアイキャッチ【蒸れない靴をすべて解説します!】メンズとレディースのおすすめ品をご紹介!

よろしくお願いします。

コメントを残す