【レビュー】TY201は「安くて滑りにくい」コックシューズ!

こんな人に読んでほしい
  • コックシューズTY201の購入を考えている方。
  • 安くて滑りにくいコックシューズを探している方。

 

どーも、コックシューズ・厨房靴オタクのリョクシンです。

今回は、コックシューズのTY201について説明します。

「安くて滑りにくいコックシューズがほしい」

「幅が広いコックシューズがよい」

そんな方にオススメ!!

実際に履いてみて、「滑りにくい、幅が広いが脱げにくい、安い割にクッション性がよい」と満足しています。

普段のコックシューズが安い製品で不満点がある方は、一度試してほしい製品といえるでしょう!

 

 

TY201とは

厨房シューズ TY201 黒 27.0
MONTBLANC(モンブラン)

住商モンブランというユニフォームメーカーの発売するコックシューズ。

コックコートを販売するなかでコックシューズも開発したのでしょう!

靴メーカーに勝るために、”安くて滑りにくい”コックシューズを発売したと思います。

 

 

靴用語3つ

TY201の解説前に、靴用語3つを説明します。

知っている方多いと思いますが、一応紹介させてください。

画像メインで簡単に説明します。

靴用語3つ
  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

それぞれ見ていきましょう!

 

アッパー

アッパーは、足を覆うパーツ。

靴の上の部分ですね。

水や洗剤から足を守ります。

フィッティング性や耐久性が求められるでしょう!

 

クッション

クッションは、足の裏側にくるパーツ。

履き心地に大きく関係します。

履き心地が悪いと疲れやすくカラダによくありませんね

 

靴底

靴底コックシューズの生命線です。

最も重要なパーツ!!

なぜなら滑りにくさに関係するから。

すごいクッション性がよく、最強の耐久性のアッパーを使用しても、滑る靴底では価値はゼロ。

靴底でコックシューズを選ぶといってよいでしょう!

 

TY201を履いて感じたメリット3つ

TY201を履いて感じたメリットを紹介!!

下記3点になります。

メリット3つ
  • 安い
  • 幅広いが脱げにくかった
  • 滑りにくい

詳しく見ていきましょう!

 

安い

価格が安いですね。

2000円台になります。

1000円台のコックシューズもありますが、正直なところ機能性が・・・・

履きここちもそこまで悪くない印象。

価格と品質のバランスにすぐれます。

 

 

 

幅広いが脱げにくかった

幅が広いのですが、靴が脱げにくい!!

カパカパしにくいのがよいです。

幅が広いコックシューズは、カパカパして脱げやすいモノがあります。

それでは、疲れやすいですし、靴ズレ発生の可能性大!!

安いのに履き心地もよいのはよいですね。

 

 

滑りにくい

意外と滑りにくくて驚きました。

前述の通りですが、安いコックシューズって滑るんですね。

安いのに滑りにくい!!

それはユーザーにとってはありがたいですね。

 

 

デメリット

ココからは、TY201のデメリットを紹介。

デメリット
  • 履き始めが硬い

デメリットは、履き始めが硬いこと。

クッション素材にゴムを使用しています。

それが原因かと。

ただ、クッションと靴底をゴム素材にしてコスト削減しているから安い!!

やはり安いモノには理由があります。

しかし、履きはじめだけのデメリットでした。

もし、お使いのコックシューズに満足していない方は安いので試してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

今回は、TY201を紹介しました。

TY201は住商モンブランというユニフォームメーカーが販売するコックシューズ。

靴メーカーに負けないように安くて品質のよいコックシューズにしています。

1000円台の安いコックシューズを使用していて「滑る!!」という方はぜひ試してみてください。

下記、簡単に記事をまとめます。

 

TY201のメリットは3つありました。

メリット3つ
  • 安い
  • 幅広いが脱げにくかった
  • 滑りにくい

 

デメリットは、1つです。

デメリット
  • 履き始めが硬い

 

厨房シューズ TY201 黒 27.0
MONTBLANC(モンブラン)

 

TY201では「高い!!」という方は、下記の安価品のレビュー記事をどうぞ!!

 

「いやいや、とにかく疲れにくくて滑りにくいのが欲しい」という方は、下記のレビュー記事がオススメ!!

 

「安くもなく高くない製品が知りたい」そんな方は下記の製品がオススメ!!

 

コメントを残す