【40種類の安全靴を履いてわかった】人気おすすめ品を徹底解説します!【最新版】

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

作業靴メーカーで働いていました!

リョクシン
今回は、安全靴について解説します。

「疲れにくい安全靴がほしい」

「使用シーン別に安全靴を知りたい」

「安全靴ほしいけど何を購入したら良いかわからない」

リョクシン
そんな方におすすめな記事です。

実際に履いてサイズ感履き心地を確かめました。

すべてのご紹介した製品にサイズ感をご案内しましたので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事の著者

靴ブロガー

リョクシン

ryokushin

プロフィール

大阪在住のサラリーマンです。仕事に関係する靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

安全靴とは?実は履いているは安全靴ではなくプロスニーカー!

安全靴とは、JIS規格(日本工業規格)にある基準を満たして認定された靴のこと。

基準を満たし認定されないと「安全靴」と呼ぶことができません。

主な基準は下記になります。

安全靴の基準JIS8101

  • ①つま先の芯(先芯)の強度
  • ②表面の素材(アッパー)が革であるか
  • ③靴底の素材が、ゴムかポリウレタンであるか、また素材の厚み

もっと細かくあるのですが、長くなるので、こちらではザックリと!

ここで一番注目してほしいのが、です。

みなさんがお履きの靴って革ではない方が多いでしょう。

リョクシン
なんと革ではない靴は、安全靴ではありません。

それでは、みなさんがお履きの靴は、安全靴ではないので安全ではないのでしょうか?

実は、安全靴の基準をクリアしないものの、別の安全基準をクリアし靴があります。

それをプロスニーカーと呼んでいます。(基準をクリアしていないモノを安全スニーカー

リョクシン
プロスニーカーは、安全靴と同じように基準があり、クリアしないと呼称できません。

安全スニーカーとプロスニーカーは、革や芯の素材が限定的ではないので、履きやすいですね。

革で先芯が重い安全靴は、不要な現場の方が多かったのが正直なところ。

そこで、プロスニーカーの概念が生まれました。

↑目次へ戻る↑

安全靴とプロスニーカーの安全基準!

安全靴とプロスニーカーの違いは安全性

安全靴やプロスニーカーを購入前に事前に押さえてほしいのは、安全性の基準です。

リョクシン
安全性の基準は、安全靴は3段階、プロスニーカーは2段階。
安全性の基準

安全靴

  • 重作業用(H種)
  • 普通作業用(S種)
  • 軽作業用(L種)

プロスニーカー

  • 普通作業用(A種)
  • 軽作業用(B種)

作業現場ごとに、靴の安全性の指定がありますので、その指定された安全性の靴を選びましょう。

もしなければ、プロスニーカーのJSAAのA種クリア品がおすすめです。

また、溶接など火が飛ぶ現場では、安全靴のS種でしょう。

リョクシン
その日の作業内容で靴を変えるのがおすすめ!

次項からおすすめ商品を解説しますが、すべて安全性を記載しました。

ぜひ、安全靴やプロスニーカー選びの参考にしてみてください。

↑目次へ戻る↑

安全靴とプロスニーカーのおすすめをスタイル別に紹介!

ここからはおすすめの安全靴とプロスニーカーをご紹介します。

スタイル別にご紹介しました。

リョクシン
各部門のランキング1位をご紹介!

2位以下は、別の記事で解説しました。

別記事は、各部門の最後にリンクしています。

リョクシン
あわせて確認してみてください!

↑目次へ戻る↑

靴ヒモ部門|ウィンジョブ®︎CP103

ウィンジョブCP103

評価項目詳細
価格¥10,780〜(通販による)
サイズ22.5~30.0cm
サイズ感普段履き比較:0.5cm小さめ推奨
カラー展開4色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAA:A種
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境一般的な作業現場

靴紐のおすすめ製品は、ウィンジョブ®︎CP103です。

ウィンジョブ®︎CP103は、アシックスが開発したプロスニーカー(A種)。

リョクシン
長い間人気の超ロングセラー品です。

平紐

ウィンジョブ®︎CP103の靴紐は平紐

ウィンジョブ®︎CP103の靴紐は、平べったい平紐です。

ほどけにくく、緩みにくいメリットがありました。

リョクシン
靴紐の最大のデメリットである「ほどける」に対応しています。

メッシュの配置がよい

ウィンジョブ®︎CP103のメッシュの配置は耐久性に配慮している

メッシュの配置が耐久性を考えた配置になっています。

メッシュ素材は通気性を高める効果がある反面、破れやすく耐久性が低くなりました。

リョクシン
ウィンジョブ®︎CP103は、メッシュのデメリットを考えて開発しています。

その他、ウィンジョブ®︎CP103のメリットは下記のとおり。

ウィンジョブ®︎CP103のメリット
  • つま先が破れにくい
  • 全方向に滑りにくい
  • クッション性が長続き

などなど

その他のメリットは別の記事で解説しましたので、見てみてください!

商品リンクの下にあります。

カラーバリエーション

ウィンジョブCP103のカラーバリエーションは3色

ウィンジョブ®︎CP103のカラーバリエーションは画像のとおり。

作業服にあったカラーリングをおすすめします!

ウィンジョブ®︎CP103のサイズ感・重量など詳しくは下記の記事で解説しました。

【ウィンジョブCP103をレビュー】ロングセラーなアシックスの安全靴(プロスニーカー)

もっと詳しく解説

↑目次へ戻る↑

ダイヤル部門|ウィンジョブ®︎CP209

ウィンジョブ®︎CP209

評価項目詳細
価格¥12,980〜(通販による)
サイズ22.5~30.0cm
サイズ感普段履き比較:0.5cm小さめ推奨
カラー展開5色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAA:A種
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境脱ぎ履きの多い現場

ダイヤル式のおすすめ製品は、ウィンジョブ®︎CP209Boaです。

ウィンジョブ®︎CP209Boaは、アシックスが開発したプロスニーカー(A種)。

リョクシン
ダイヤル式は、脱ぎ履きしやすいのにフィッティング性も高いという利便性の高い留め具です。

ダイヤルにカバーがある

ウィンジョブCP209は、ダイヤルにカバーがあり壊れにくい

ウィンジョブ®︎CP209は、ダイヤルにカバーがついていました。

これによりダイヤルの最大のデメリットである破損を改善しています。

リョクシン
ダイヤルはBoa製なので、破損しても補修キッドを貰えるものの、直るまで履けないことには変わりがないので、デメリットと言えますね。

使い方

Boa®︎のダイヤル式使い方

ご存知の方多いと思いますが念のためご案内!

MEMO
  • 「押して回す」・・・フィットさせる
  • 「つまんで引く」・・・解除する

簡単ですので、ダイヤル未体験の方はぜひ、試してみてください!

ウィンジョブ®︎CP209の他の機能は下記のとおり。

ウィンジョブ®︎CP209の機能
  • つま先が破れにくい
  • 全方向に滑りにくい
  • クッション性が長続き

などなど

他の機能については、別記事で解説しました。

商品リンクの下にありますので、ぜひ確認してみてください!

カラーバリエーション

ウィンジョブ®︎CP207のカラーバリエーション

ウィンジョブ®︎CP209のカラーバリエーションは画像のとおり。

どれも間違えありませんね。

リョクシン
ビルメンテナンスの方は、グレーが汚れが目立ちすぎず目立つのでオススメします。

サイズ感・重量など詳しくは下記の記事で解説しました。

【ウィンジョブCP209Boaをレビュー】ダイヤル式で着脱ラクラクなアシックスの安全靴!

また、ダイヤル式のプロスニーカーは他にもあります。

下記の記事で詳しく解説しましたので、ぜひ参考にしてみてください!

もっと詳しく解説
【ダイヤル式の安全靴でおすすめ製品とは?】ディアドラやアシックスで決まり!

【ダイヤル式の安全靴でおすすめ製品とは?】ディアドラやアシックスで決まり!

↑目次へ戻る↑

ゴムヒモ部門|オールマイティES31L

オールマイティES31L

評価項目詳細
価格¥8,140〜(通販による)
サイズ24.5~29.0cm
サイズ感3E
カラー展開5色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAAのA種
クッション性★★★★☆(星4つ)
耐久性★★★☆☆(星3つ)
おすすめの使用環境一般的な現場・倉庫

ゴムヒモでおすすめ製品は、オールマイティES31Lです。

オールマイティES31Lは、ミズノが開発したプロスニーカー(A種)。

リョクシン
ゴムヒモとは、引っ張るだけでフィットする結ぶ必要のない紐のタイプです。

ほどけない

オールマイティES21Lはゴム紐で解ける心配がない

ゴムヒモは引っ張るだけで、フィットするので結ぶ必要がありません。

そのため、ほどける心配がなく安全です。

リョクシン
ダイヤルとスリッポンの間くらいのフィッティング性だと思いました。

オールマイティES31Lのゴム紐は脱ぎ履きしやすくフィッティング性が高い

ダイヤルの方がフィッティング性があるもののスリッポンよりはフィットする。

そんなイメージです。

リョクシン
利便性は高いので、脱ぎ履きがある程度ある方にオススメします。

カラーバリエーション

オールマイティES31Lのカラーバリエーション

オールマイティES31Lのカラーバリエーションは5色。

ニット素材の風合いがデザインに活きていますね。

リョクシン
通気性も高いと思いました。

サイズ感・重量など詳しくは下記の記事で解説しました。

もっと詳しく解説
【オールマイティES31Lをレビュー】ニットとゴム紐で快適なミズノのプロスニーカー!

【オールマイティES31Lをレビュー】ニットとゴム紐で快適なミズノのプロスニーカー!

↑目次へ戻る↑

スリッポン部門|ウィンジョブ®︎CP204

ウィンジョブ®︎CP204

評価項目詳細
価格¥9,570〜(通販による)
サイズ22.5~30.0cm
サイズ感普段履き比較:同じサイズ推奨
カラー展開3色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAA:A種
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境脱ぎ履きの多い現場

スリッポンのおすすめ製品は、ウィンジョブ®︎CP204です。

ウィンジョブ®︎CP204は、アシックスが開発したプロスニーカー(A種)。

リョクシン
スリッポンは、脱ぎ履きしやすいので引越しや内装の工程でおすすめ!

モノソックウィンジョブ®︎CP204はモノソック

ウィンジョブ®︎CP204は、履き口にモノソックというストレッチ素材を採用していました。

モノソックとは、ゴルフシューズから始まった脱ぎ履きしやすいのに、足にフィットする留め具。

リョクシン
スリッポンのデメリットである、フィッティング性を改善していました。

トーアップウィンジョブ®︎CP204はつま先のつり上がったトーアップ形状

スリッポンには「動きにくい」というデメリットもあります。

しかし、ウィンジョブ®︎CP204はトーアップといってつま先をつり上げた形状にして改善していました。

リョクシン
トーアップによって動きやすいしつまずきも防止します。

また、ウィンジョブ®︎CP204の他の機能は下記のとおり。

ウィンジョブ®︎CP204の機能
  • つま先が破れにくい
  • 全方向に滑りにくい
  • クッション性が長続き

などなど

他の機能については、別記事で解説しました。

商品リンクの下にありますので、ぜひ確認してみてください!

カラーバリエーション

ウィンジョブCP204のカラーバリエーション

ウィンジョブ®︎CP204には、3色のカラーバリエーションがありました。

ワイン色は、女性も履きやすいデザインですね。

サイズ感・重量など詳しくは下記の記事で解説しました。

【ウィンジョブCP204をレビュー】アシックスのスリッポン式の安全靴!

また、スリッポンの安全靴やプロスニーカーは他にもあります。

下記の記事にてJIS規格のスリッポン安全靴など多数レビューしました。

リョクシン

ぜひ、参考にしてみてください!
もっと詳しく解説
【スリッポンの安全靴のおすすめ製品を紹介!】メーカーやタイプ別に解説します【紐なし】

【スリッポンの安全靴のおすすめ製品を紹介!】メーカーやタイプ別に解説します【紐なし】

↑目次へ戻る↑

マジックテープ部門|オールマイティHW22L

オールマイティHW22L

評価項目詳細
価格¥11,000〜(通販による)
サイズ24.5~29.0cm
サイズ感普段履き比較:同じサイズ推奨
カラー展開2色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAA:A種
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境一般作業現場、掘削、解体

マジックテープのおすすめ製品は、オールマイティHW22Lです。

オールマイティHW22Lは、ミズノが開発したプロスニーカー(A種)。

リョクシン
ミズノの得意なウェーブ形状を使用した疲れにくい製品です。

全面マジックテープ

裏面ですが全面マジックテープでした。

かなりサイズ調整ができるので、甲が高い人や低い人にも合うでしょう。

リョクシン
しかもマジックテープが3本なのでしっかりフィッティングできました。

ウェーブフォーム

黒と白のクッション素材は配合が異なります

配合の異なるクッション素材をウェーブ状に組み合わせること高い衝撃吸収を実現。

リョクシン
ミズノは、ウェーブ構造のクッションが得意でウォーキングシューズでもミズノウェーブというシリーズが人気です。

カラーバリエーション

オールマイティHW22Lのカラーバリエーション

カラーバリエーションは2色です。

どれもスポーツテイストでよい感じ!

サイズ感・重量など詳しくは下記の記事で解説しました。

【オールマイティHW22Lをレビュー】ミズノのウェーブ機能で疲れにくいプロスニーカー!

マジックテープの安全靴やプロスニーカーは、多数あります。

下記の記事で詳しく解説しましたので、ぜひ確認してみてください!

もっと詳しく解説
【マジックテープの安全靴をレビュー】メーカー別におすすめ製品ご紹介!

【マジックテープの安全靴をレビュー】メーカー別におすすめ製品ご紹介!

↑目次へ戻る↑

クイックレース部門|クワンタムリープQL-01

クワンタムリープQL-01

クイックレースのおすすめ製品は、クワンタムリープQL-01です。

クワンタムQL-01は、ワークシューズのトップメーカー「ミドリ安全」が開発したプロスニーカー(A種)。

リョクシン
クイックレースは、野山を走るトレイルランニングで多く使用される留め具です。

クイックレースとは?

クイックレースとは、アタッチメントを足側に引くだけでフィッティングできる留め具のこと。

画像のような状態から右手で持っているアタッチメントを引くだけです。

リョクシン
簡単にフィットして、緩みにくいメリットがありました。

クイックレースの先端は、画像のように収納できるので安全です。

筆者はトレイルランニングシューズで使用していますが、かなり楽ですね。

リョクシン
タイムを競うスポーツで使われるほど、簡易的にフィットさせられるのが特徴。

クワンタムリープQL-01は、他にも下記の機能がありました。

クワンタムリープQL-01の機能
  • 滑りにくい
  • 高反発のクッションで疲れにくい
  • 高反発のクッションで動きやすい

細かい詳細は、別の記事で解説しました。

別記事は商品リンク下にあります。

カラーバリエーション

クワンタムリープQL-01のカラーバリエーション

クワンタムリープQL-01のカラーバリエーションは、上記のとおり。

グレー基調でユーザーを選びません。

リョクシン

さすが、ユーザー思考のミドリ安全ですね。

サイズ感・重量など詳しくは下記の記事で解説しました。

もっと詳しく解説

↑目次へ戻る↑

【JIS】ローカット部門|ウィンジョブ®︎FFR70s

ウィンジョブ®︎FFR70s

評価項目詳細
価格¥16,500〜(通販による)
サイズ22.5~30.0cm
サイズ感普段履き比較:同じサイズ推奨
カラー展開1色
安全性★★★★☆(星4つ)
JIS:S種
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境溶接・火花の飛ぶ環境

ローカットでJIS規格のおすすめ安全靴は、ウィンジョブ®︎FFR70sです。

ウィンジョブ®︎FFR70sは、アシックスが開発した安全靴(S種)。

リョクシン

「重たい動きにくい」安全靴が多い中でもアシックスの製品は軽くて動きやすいのでおすすめ!

本革

ウィンジョブ®︎FFR70sは本革を使用

安全靴なので当たり前ですが、ウィンジョブFFR70sは本革です。

溶接の火花や高音の機械油がはねても引火や破れの心配がありません。

リョクシン
上記のような心配がない現場では、安全靴ではなくプロスニーカーをおすすめします!
注意

現場毎に安全性の基準があります。

HやS、L種と指定があれば安全靴を使用しましょう。

AやB種であれば、安全靴ではなくプロスニーカーです。

つま先補強

ウィンジョブ®︎FFR70sはつま先に補強素材がある

地味に嬉しいのがつま先補強があること。

安全靴の多くがつま先補強がなく本革が「むき出し」です。

リョクシン
本革は、熱に強いものの衝突には弱く破れてしまうことがありました。

本革のデメリットがしっかりカバーされています。

ウィンジョブ®︎FFR70sの他の機能は下記のとおり。

ウィンジョブ®︎FFR70sの機能
  • 滑りにくい
  • クッション性が長続き

などなど

他の機能については、別記事で解説しました。

商品リンクの下にありますので、ぜひ確認してみてください!

カラーバリエーション

ウィンジョブ70sのカラーバリエーション

ウィンジョブ®︎FFR70sのカラーバリエーションは上記のとおり。

白系の安全靴でカラーリングがあるのは嬉しいですね!

サイズ感・重量など詳しくは下記の記事で解説しました。

 ⇒【ウィンジョブFFR70Sをレビュー】アシックス の本革の安全靴!!

JIS規格でローカットの安全靴やプロスニーカーは他にもあります。

下記にて徹底レビューしましたので、ぜひ参考にしてみてください!

もっと詳しく解説
【ローカットの安全靴を徹底レビュー】機能やタイプ別に解説します!

【ローカットの安全靴を徹底レビュー】機能やタイプ別に解説します!

↑目次へ戻る↑

【JIS】ハイカット部門|ウィンジョブ®︎FFR71s

ウィンジョブ®︎FFR71s

評価項目詳細
価格¥19,800〜(通販による)
サイズ22.5~30.0cm
サイズ感普段履き比較:同じサイズ推奨
カラー展開2色
安全性★★★★☆(星4つ)
JIS:S種
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境溶接・火花の飛ぶ環境

ハイカットでJIS規格のおすすめ安全靴は、ウィンジョブ®︎FFR71sです。

ウィンジョブ®︎FFR71sは、アシックスが開発した安全靴(S種)。

リョクシン
快適性や滑りにくさなど他のハイカットの安全靴を圧倒します。

ウィンジョブ®︎FFR71sは、JIS規格をクリアした安全靴です。

一般的な現場ではプロスニーカーが主流ですので、ご購入前に現場で指定された安全性をご確認ください!

注意

現場毎に安全性の基準があります。

HやS、L種と指定があれば安全靴を使用しましょう。

AやB種であれば、安全靴ではなくプロスニーカーです。

本革を使用する安全靴は、基本的に火花や高熱の機械油がまう現場で使用します。

そのような現場ではない方には、ハイスペックすぎるので、プロスニーカーがおすすめ!

リョクシン
現場に安全性の指定がないのであれば、プロスニーカーのA種をおすすめします。

足首をサポート

ウィンジョブ®︎FFR71sは足首をサポートするクッション付き

ウィンジョブ®︎FFR71sは、ハイカットの安全靴では珍しく足首サポートのクッションがありました。

しゃがみ作業では、足首が痛くなるので足首サポートが非常に大事です。

リョクシン
ただし、しゃがみ作業が多い方で、破れてしまうことがありましたら、クッション入りは控えましょう。

そのような場合には、厚手ソックスで対応します。

平紐ウィンジョブFFR71sの靴紐は平紐でほどけにくい

ハイカットの安全靴のデメリットはフィッティング性が低いこと。

ウィンジョブFFR71sは、平べったい靴紐の平紐を採用することで、高いフィッティング性がありました。

リョクシン
またそもそもの靴の設計がよいのでフィッティング性は高いです。

またウィンジョブ®︎FFR71sは他にも機能がありました。

ウィンジョブ®︎FFR71sの他の機能は下記のとおり。

ウィンジョブ®︎CP209の機能
  • 滑りにくい
  • つま先が破れにくい
  • クッション性が長続き

などなど

他の機能については、別記事で解説しました。

商品リンクの下にありますので、ぜひ確認してみてください!

カラーバリエーション

ウィンジョブFFR71Sのカラーバリエーション

ウィンジョブ®︎FFR71sのカラーバリエーションは画像のとおり。

バスケットボールシューズのようなデザインでファッション的!

サイズ感・重量など詳しくは下記の記事で解説しました。

【ウィンジョブ71Sをレビュー】本革でハイカットのアシックスの安全靴

ハイカットでおすすめの安全靴とプロスニーカーは他にもあります。

下記の記事にて、ダイヤル式や防水など徹底レビューしましたので見てみてください!

もっと詳しく解説
【ハイカットのおすすめ安全靴とは?】プロスニーカーや安全スニーカーも紹介!

【ハイカットのおすすめ安全靴とは?】プロスニーカーや安全スニーカーも紹介!

↑目次へ戻る↑

【番外編】安全スニーカー部門|タルテックス51649

タルテックス51649

評価項目詳細
価格¥2,500台〜(通販による)
サイズ22.5~28.0cm
サイズ感普段履き比較:同じサイズ推奨
カラー展開8色
安全性★☆☆☆☆(星1つ)
JIS規格L種相当
クッション性★★★☆☆(星3つ)
耐久性★★★☆☆(星3つ)
おすすめの使用環境靴の安全性の指定がない現場のみ

安全スニーカーでおすすめ製品は、タルテックス51649です。

タルテックス51649は、ユニフォームメーカーのアイトスが開発した安全スニーカー。

リョクシン
安全スニーカーとは、JISやJSAA規格をクリアしていないもののつま先に先芯が入った靴のことです。
注意

安全スニーカーは、前述のとおり安全基準を満たしていません。

そのため安全性の指定がある現場では使用不可。

ただし、塗装など危険性が少なく汚れやすい工程では使用許可が下りるケースもあります。

そんな時は価格の安い安全スニーカーがおすすめ!

設計が安価品とは思えない

タルテックス51649は設計がよい

安価品とは思えないくらいに設計がよいです。

正直なところ、アイトスさんは靴メーカーではないので、ただ安いだけだと思っていました。

リョクシン
しかし、カカトやつま先の形状などが足にフィットするような形状で快適です。

インソールも安価品の割りによい

タルテックス51649はインソールがよい

タルテックス51649は、インソールも意外によかったです。

安価品のインソールの大半が紙みたいなインソールでした。

リョクシン
タルテックス51649は、カカト下に大きめの衝撃吸収材が使用されていました。

カラーバリエーション

タルテックス51649のカラーバリエーション

他のカラーバリエーションは上記のとおり。

さすがアイトスといったデザインですね。

タルテックス51649のサイズ感・重量など詳しくは下記の記事で解説しました。

もっと詳しく解説
【タルテックス51649をレビュー】コスパ抜群すぎる安全スニーカー

【タルテックス51649をレビュー】コスパ抜群すぎる安全スニーカー

↑目次へ戻る↑

機能で選ぶ!おすすめ安全靴とプロスニーカーをご紹介

ここからは機能別におすすめな安全靴とプロスニーカーを解説しました。

各ジャンルのランキング1位を紹介します。

リョクシン
ご紹介したジャンルは下記のとおり。

2位以下は、別記事で解説しました。

別記事は各ジャンルの最後にリンクしています。

リョクシン
合わせて確認してみてください!

↑目次へ戻る↑

防水部門|ウィンジョブ®︎CP601

評価項目詳細
価格¥21,670〜(通販による)
サイズ24.5~30.0cm
サイズ感普段履き比較:同じサイズ推奨
カラー展開3色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAA:A種
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境雨天・汗をかきやすい場所

防水のおすすめ製品は、ウィンジョブ®︎CP601G-TXです。

ウィンジョブ®︎CP601G-TXは、アシックスが開発したプロスニーカー(A種)。

リョクシン
防水は壁面と距離感のある高圧洗浄や雨の日の活躍します。

防水なのに蒸れにくい

ウィンジョブ®︎CP601G-TXは、ゴアテックスなので防水ですが蒸れにくい

水滴の侵入を保護するものの蒸気は逃すことが可能です。

リョクシン
ゴアテックスは登山靴やマウンテンパーカーなどに使用されていました。

マジックテープ3本

ウィンジョブ®︎CP601G-TXは、3本のマジックテープを使用。

3本マジックテープであればフィッティング性が高くて安全です。

リョクシン
そもそもアシックスの設計なので靴の形状がフィッティング性高い!

また、ウィンジョブ®︎CP601G-TXには他にも機能がありました。

ウィンジョブ®︎CP601G-TXの他の機能は下記のとおり。

ウィンジョブ®︎CP209の機能
  • つま先が破れにくい
  • 全方向に滑りにくい
  • クッション性が長続き

などなど

他の機能については、別記事で解説しました。

商品リンクの下にありますので、ぜひ確認してみてください!

カラーバリエーション

ウィンジョブCP601G-TXのカラーバリエーション

ウィンジョブ®︎CP601G-TXのカラーバリエーションは、上記のとおり。

蛍光グリーンは、湿度の高い山間部やトンネル作業に最適ですね。

リョクシン
ローカット版もあるんで、ぜひ確認してみてください!

サイズ感・重量など詳しくは下記の記事で解説しました。

もっと詳しく解説
【ウィンジョブCP601をレビュー】防水ゴアテックスでハイカットの安全靴【アシックスが開発】

【ウィンジョブCP601をレビュー】防水ゴアテックスでハイカットの安全靴【アシックスが開発】

↑目次へ戻る↑

薄底部門|ウィンジョブ®︎CP210

評価項目詳細
価格¥10,780〜(通販による)
サイズ21.5~30.0cm(2E)
サイズ感普段履き比較:同じサイズ推奨
カラー展開3色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAA:A種
クッション性★★★★☆(星4つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境細かい動きの多い方
脱げたら困る方
足が細身の方

薄底でおすすめの製品は、ウィンジョブ®︎CP210です。

ウィンジョブ®︎CP210は、アシックスが開発したプロスニーカー(A種)。

リョクシン
薄底とは、クッション素材の厚みが薄い靴の形状を指します。

薄底でも疲れにくい

ウィンジョブ®︎CP210は薄底なのに疲れにくい

ウィンジョブ®︎CP210は、薄底です。

薄底には、疲れやすいというデメリットがありました。

リョクシン
衝撃を吸収するクッション素材が薄いので、カラダにかかる負荷が多いので疲れやすい。

しかしウィンジョブ®︎CP210はランニングシューズに採用されているFlyteFoamというクッション素材を採用。

さらに、FuseGelというゲル素材をカカト下に採用しているので衝撃がより吸収されます。

リョクシン
ゲル素材は、クッション効果が長続きするので、長時間疲れにくいのもメリット

薄底のデメリットが改善されていました。

ちなみに、薄底のメリットは下記になります。

メリット
  • 足場をとらえやすく歩行が安定する
  • 加重が靴底に伝わりやすいので疲れにくい

安全性を考えると薄底の方がよいのですね。

また、ウィンジョブ®︎CP210は他にも機能がありました。

リョクシン
下記のとおりです。
ウィンジョブ®︎CP209の機能
  • つま先が破れにくい
  • 全方向に滑りにくい
  • クッション性が長続き

などなど

他の機能については、別記事で解説しました。

商品リンクの下にありますので、ぜひ確認してみてください!

カラーバリエーション

ウィンジョブCP210のカラーバリエーション

カラーバリエーションは全部で3色。

どれもランニングシューズのようですね。

リョクシン
ピンクグレーは女性でも履きやすいデザイン!

サイズ感・重量など詳しくは下記の記事で解説しました。

もっと詳しく解説
【ウィンジョブCP210をレビュー】ホールド力と動きやすさに特化したアシックスの安全靴

【ウィンジョブCP210をレビュー】ホールド力と動きやすさに特化したアシックスの安全靴

↑目次へ戻る↑

蒸れない部門|ウィンジョブCP®︎202

評価項目詳細
価格¥10,780〜(通販による)
サイズ22.5~30.0cm
サイズ感普段履き比較:0.5cm小さめ推奨
カラー展開6色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAA:A種
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境汗かきやすい方
粉塵とぶ場所には向かない

蒸れ対策のおすすめ製品は、ウィンジョブ®︎CP202です。

ウィンジョブ®︎CP202は、アシックスの開発したプロスニーカー(A種)。

リョクシン
メッシュ素材をたくさん使ったプロスニーカーです。

マジックテープ以外すべてメッシュ

足を包みこむパーツをアッパーと呼びます。

マジックテープ以外のアッパーがすべてメッシュ素材でした。

リョクシン
蒸れにくさに特化しています。

通気性はメッシュが1番

通気性を発揮するには、メッシュ素材が1番です。

ゴアテックスや靴底から通気する製品も中にはありますが、メッシュには劣りました。

リョクシン
ただし、防水や汚れにくさ、耐久性では劣るので作業環境からご判断ください!

ウィンジョブ®︎CP202は、他にも機能がありました。

ウィンジョブ®︎CP202の他の機能は下記のとおり。

ウィンジョブ®︎CP202の機能
  • つま先が破れにくい
  • 全方向に滑りにくい
  • クッション性が長続き

などなど

他の機能については、別記事で解説しました。

商品リンクの下にありますので、ぜひ確認してみてください!

カラーバリエーション

ウィンジョブ®︎CP202のカラーバリエーション

他のカラーバリエーションは画像のとおり。

どれもスポーツテイストで外で履いてもプロスニーカーだとわかりませんね。

サイズ感・重量など詳しくは下記の記事で解説しました。

【ウィンジョブCP202をレビュー】アッパーの通気性の高いアシックスの安全靴

蒸れない安全靴とプロスニーカーは、他にもありました。

下記の記事からご確認をお願いします。

もっと詳しく解説
【メッシュの安全靴をご紹介!】メーカー別・ハイカット等もご紹介!

【メッシュの安全靴をご紹介!】メーカー別・ハイカット等もご紹介!

↑目次へ戻る↑

滑らない部門|ウィンジョブ®︎CP102

評価項目詳細
価格¥10,780〜(通販による)
サイズ22.5~30.0cm
サイズ感普段履き比較:0.5cm小さめ推奨
カラー展開4色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAA:A種
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境一般的な作業現場

滑らないおすすめ製品は、ウィンジョブ®︎CP102です。

ウィンジョブ®︎CP102は、アシックスが開発したプロスニーカー(A種)。

リョクシン
アシックスの中でも初代滑らない靴底を採用しています。

少しずつ改良されている靴底ですが、筆者的には初代が1番滑りにくいと感じています。

溝が細かい

この靴底の最大の特徴は、タテヨコ斜めの全方向に滑りにくいこと。

全方向に対応した靴底は今まで市場にはありませんでした。

リョクシン
しかし、アシックスが開発に成功します!

初代は、すこし溝が細いのです。

溝は細い方は、エッジが効いて床にある水や機械油を「かき出し」やすい。

リョクシン
床にある液体をかき出すことで、接地面積が増えて滑りにくくなるのです。

改良版は、おそらく靴底に土や石ころが詰まったときの対策で溝を広くしていました。

確かに詰まったものは、取れやすいのですが、滑りにくさはすこし劣ったと感じます。

リョクシン
ただし、床や地面に詰まりやすいモノがある環境では、溝が広いタイプの方が靴底が機能しますので注意しましょう。

あくまで液体だけの滑りで比較しています。

とはいえ大きな差はないので、そこまで気にするレベルでもないでしょう笑

リョクシン
「強いて言うなら・・・」滑りにくいのは、ウィンジョブ®︎シリーズの中で初代CPソールを搭載したウィンジョブ®︎CP102としました。

また、他にもウィンジョブ®︎CP102には機能があります。

ウィンジョブ®︎CP102の他の機能は下記のとおり。

ウィンジョブ®︎CP102の機能
  • つま先が破れにくい
  • クッション性が長続き

などなど

他の機能については、別記事で解説しました。

商品リンクの下にありますので、ぜひ確認してみてください!

カラーバリエーション

ウィンジョブcp102のカラーバリエーション

他のカラーバリエーションは画像のとおりです。

どれもスポーツテイストでありながらも、作業着にあうデザインですね。

サイズ感・重量など詳しくは下記の記事で解説しました。

【ウィンジョブCP102をレビュー】安全性の高いマジックテープのプロスニーカー

滑らない安全靴やプロスニーカーは他にもあります。

下記の記事で滑らない安全靴を徹底解説しました。

もっと詳しく解説
【滑らない安全靴とは?】留め具別にすべて解説します!

【滑らない安全靴とは?】留め具別にすべて解説します!

↑目次へ戻る↑

疲れない部門|ウィンジョブ®︎CP305AC

評価項目詳細
価格¥12,980〜(通販による)
サイズ24.0~30.0cm
サイズ感普段履き比較:同じサイズ推奨
カラー展開2色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAA:A種
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境一般作業現場、汗をかきやすい環境

疲れないおすすめ製品は、ウィンジョブ®︎CP305ACです。

ウィンジョブ®︎CP305ACは、アシックスが開発したプロスニーカー(A種)。

リョクシン
疲れにくさは、クッション性と通気性、利便性が重要ですが、そのすべてが揃っていました。

エアクール構造

クッション部分に外気を出し入れができる通気口がありました。

通気口には網がかりによって異物が入らないようになっています。

リョクシン
網目は細かいので、土ほこりも入りにくいでしょう。

何より通気性が高いのはよいことですね。

利便性とフィッティング性

マジックテープ3本なので、フィッティング性が高いです。

またマジックテープなので脱ぎ履きがしやすく利便性に優れました。

リョクシン
またマジックテープが安全性と耐久性で安定しています。

クッション性も高い

アシックスの製品であれば基本的にはクッション性高いのですが、ウィンジョブ®︎CP305ACも疲れにくい

クッション素材に厚みのある厚底形状に加えて、クッション効果が長続きするゲル素材を採用しています。

滑りにくい

最後に、滑りにくいのも疲れないポイント。

滑る靴は、足が靴の中で踏ん張ってしまうので疲れやすい。

リョクシン
滑る靴は、知らず知らずの間に力を使ってしまうので注意しましょう!

ウィンジョブ®︎305ACの他の機能については、別記事で解説しました。

商品リンクの下にありますので、ぜひ確認してみてください!

カラーバリエーション

サイズ感・重量など詳しくは下記の記事で解説しました。

【ウィンジョブCP305ACをレビュー】通気性が抜群のアシックスの安全靴!

疲れない安全靴やプロスニーカーは他にもあります。

下記の記事で疲れにくい理由を詳しく解説しましたので、参考にしてみてください!

もっと詳しく解説
立ち仕事で疲れない安全靴はアシックスで決まり!ミズノや他メーカー製品ではない理由も解説!

立ち仕事で疲れない安全靴はアシックスで決まり!ミズノや他メーカー製品ではない理由も解説!

↑目次へ戻る↑

おしゃれ部門|ウィンジョブ®︎CP201

評価項目詳細
価格¥9,130〜(通販による)
サイズ21.5~30.0cm
サイズ感普段履き比較:同じサイズ推奨
カラー展開7色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAA:A種
クッション性★★★★☆(星4つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境細かい動きの多い方

おしゃれなおすすめ製品は、ウィンジョブ®︎CP201です。

ウィンジョブ®︎CP201は、アシックスが開発したプロスニーカー(A種)。

リョクシン
ファッション性に富んだデザイン性の高い製品です。

オニツカタイガーに1番近いでデザイン

ウィンジョブ®︎CP201は、他のウィンジョブと比較してレトロ感があります。

すこしアシックスのファッションラインのオニツカタイガーに近い色合い。

リョクシン
そのためおしゃれな製品としました。

靴紐とロゴの色合いが同じ

アシックスロゴと靴ヒモの色合いが同じでした。

初めてウィンジョブ®︎CP201を見かけたのは、東京メトロ銀座線の駅構内ですが、真面目にアシックスのファッション製品だと思い、「アシックス スニーカー イエロー」と検索したのを覚えています笑

リョクシン
特に、イエローが作業用の靴とは思えませんね。

またウィンジョブ®︎CP201は、ファッション性だけじゃありません。

ウィンジョブ®︎CP201は機能性に優れました。

リョクシン

機能は下記のとおり。
ウィンジョブ®︎CP201の機能
  • 軽量
  • つま先が破れにくい
  • 全方向に滑りにくい
  • クッション性がよい

などなど

他の機能については、別記事で解説しました。

商品リンクの下にありますので、ぜひ確認してみてください!

カラーバリエーション

ウィンジョブ®︎CP201のカラーバリエーション

カラーバリエーションは画像のとおり。

限定色も出る品番なので、たまに通販サイトを覗いてみてください!

サイズ感・重量など詳しくは下記の記事で解説しました。

ィンジョブCP201をレビュー】動きやすさとファッション性が高いアシックスの安全靴

おしゃれな安全靴とプロスニーカーは他にもありました。

下記の記事にて他のおしゃれな製品を見てみてください!

もっと詳しく解説
【おしゃれな安全靴をすべて紹介!】靴ヒモやスリッポンなど徹底レビュー

【おしゃれな安全靴をすべて紹介!】靴ヒモやスリッポンなど徹底レビュー

↑目次へ戻る↑

屋根作業部門|トビスニTS-100N

評価項目詳細
価格¥3,800〜(通販による)
サイズ23.5~30.0cm
サイズ感普段履き比較:0.5cm小さめ推奨
カラー展開1色
断熱性★★★☆☆(星3つ)
フィッティング性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境屋根作業の現場

屋根作業のおすすめ製品は、トビスニTS-100Nです。

トビスニTS−100Nは、ワークシューズのトップメーカー「ミドリ安全」が開発したプロスニーカー(A種)。

リョクシン
屋根作業用の靴とはかなりニッチですが大事ですね!

脱ぎ履きしやすい

屋根作業の靴は、脱ぎ履きしやすい靴があまりありません。

と言うのも脱げて通行人に靴が当たったら危険だからです。

リョクシン
トビスニTS-100Nは、マジックテープ1本ですが、大きな甲ゴムによってしっかりフィットしました。

つま先が痛くなりにくい

屋根作業は、しゃがみ動作が多いです。

するとつま先が先芯にあたり痛くなることがありました。

リョクシン
トビスニTS-100Nは、インソールにつま先ガードがあります。

土ほこりで滑りにくい

トビスニTS-100Nは、土ほこりで滑りにくい機能がありました。

屋根には、たくさんの土ほこりがあるので、滑ります。

リョクシン
店舗で販売されている、一般的な滑りにくい「防滑」という機能は、水や油などの液体に対するモノ。

そのため、屋根で使用すると滑ることがあります。

トビスニは、土ほこりなど粉で滑りにくい珍しい靴底でした。

リョクシン
心あたりある方はぜひ、参考にしてみてください!

【トビスニTS-100Nをレビュー】鳶職向けの屋根作業の専用シューズ

屋根作業用の靴は他にもありました。

下記の記事からご確認をお願いします!

もっと詳しく解説

【屋根でも滑らない靴とは?】屋根の作業・工事用のおすすめシューズ紹介!

【屋根でも滑らない靴とは?】屋根の作業・工事用のおすすめシューズ紹介!

↑目次へ戻る↑

レディース部門|ミドリ安全MWJ110A

評価項目詳細
価格¥8,800〜(通販による)
サイズ21.0~28.0cm
サイズ感2E
カラー展開3色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAAのA種
クッション性★★★☆☆(星3つ)
耐久性★★★★★(星5つ)
おすすめの使用環境一般的な現場・倉庫
掘削・解体

レディースのおすすめ製品は、MWJ110Aです。

MWJ110Aは、ミドリ安全が開発したプロスニーカー(A種)。

リョクシン
ワーク女子に最適なカラーリングのプロスニーカーです。

さすがミドリ安全なのがワーク女子向けとしつつも28.0cmまで展開していること。

デザインがよいので、中性的な男性であれば似合うと思いました。

おしゃれ

おしゃれ部門と迷うくらいの製品です。

スウェードというかベロア素材の切り替えしもファッション的。

リョクシン
ニューバランス感は否めませんが、本家を超えているようにも感じるくらいに「おしゃれ」ではありませんか?

滑りにくい

MWJ110Aに採用されている靴底は、ハイグリップザフォースをモチーフにした靴底。

ハイグリップザフォースとは、ミドリ安全が飲食店で滑りにくいためのコックシューズの新商品に採用した靴底です。

リョクシン
滑りにくさは数値で測ることができ、各メーカー数値を競っています。

その数値でナンバー1の靴底がハイグリップザフォース。

ハイグリップザフォースそのままではありませんが、中心部は同じ形状です。

リョクシン
滑りにくいのは、間違えありません。

カラーバリエーション

MWJ110Aのカラーバリエーション

他のカラーバリエーションも素敵です。

女性には間違えなく最適なデザインでした。

サイズ感・重量など詳しくは下記の記事で解説しました。

【ミドリ安全のMWJ110Aをレビュー】デザインがよいワーク女子向けのプロスニーカー

レディースの安全靴やプロスニーカーは他にもあります。

別の記事で詳しく解説しましたので、ぜひ参考にしてみてください!

もっと詳しく解説
【レディース安全靴を徹底レビュー】ワーク女子向けのおすすめ製品を紹介します【女性の一級建築士と選定】

【レディース安全靴を徹底レビュー】ワーク女子向けのおすすめ製品を紹介します

↑目次へ戻る↑

スーツに合う部門|ウィンジョブ®︎CP502

ウィンジョブCP®︎CP502の全体像

評価項目詳細
価格¥10,780〜(通販による)
サイズ22.5~30.0cm
サイズ感3E
カラー展開1色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAAのA種
クッション性★★★★☆(星4つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境一般的な現場・倉庫・社屋

スーツに合うおすすめ製品は、ウィンジョブ®︎CP502です。

ウィンジョブ®︎CP502はアシックスが開発したプロスニーカー(A種)。

リョクシン
取引先に営業と同行する際やオフィス清掃、見積もり時の客先訪問などでスーツを着る時でも合うプロスニーカーです。

外羽根

ウィンジョブCP®︎CP502は外羽根

靴紐の穴をいれるパーツが靴本体に対して、外側に流れているのわかりますか?

この形状を外羽根と言います。

リョクシン
わかりにくいと思いますので、外羽根の逆の内羽根を見てみましょう。

内羽根の形状

内羽根は外側に流れていませんね。

内羽根の方がよりフォーマルであるものの、フィッティング性に劣ります

リョクシン
よって機能的な外羽根の形状をアシックスは選んだのでしょう。

またウィンジョブ®︎CP502は、デザイン以外にも機能が豊富です。

ウィンジョブ®︎CP209の機能は下記のとおり。

ウィンジョブ®︎CP209の機能
  • 全方向に滑りにくい
  • クッション性が長続き

などなど

他の機能については、別記事で解説しました。

商品リンクの下にありますので、ぜひ確認してみてください!

 ⇒ウィンジョブ®︎CP502をレビュー】アシックスの革靴デザインの安全靴

スーツに合う安全靴やプロスニーカーは他にもありました。

ぜひ、確認してみてください!

もっと詳しく解説
【スーツに合う安全靴とは?】オフィスでもOKな革靴風なおすすめ品をご紹介【防水もあり】

【スーツに合う安全靴とは?】オフィスでもOKな革靴風なおすすめ品をご紹介【防水もあり】

↑目次へ戻る↑

安全靴とプロスニーカーのおすすめ製品の紹介をまとめます。

当記事では、安全靴とプロスニーカーのおすすめ製品をご紹介しました。

安全靴とプロスニーカーは、安全性の基準が違います。

安全靴はJIS規格、プロスニーカーはJSAA規格の基準をクリアした製品。

リョクシン
今は、プロスニーカーが主流でしたね。

安全靴は、本革である必要があります。

本革を使用しないといけない現場は、少なく実は作業者のほとんどの方にとってはオーバースペック。

そのため、本革の安全靴ではなく、スニーカーのような通気性のある先芯が入った靴を履く人が増えました。

その結果、後追いでできたのが、プロスニーカーです。

リョクシン
安全性については、現場毎に指定がありますから、指定された安全性に合わせましょう。

大方、JSAAのA種であれば問題ありません。

本革の安全靴は溶接などの火花が飛ぶような現場でおすすめ!

まずはご自身の職場の環境にあった製品を選びましょう。

リョクシン
それでは下記より、簡単に記事をまとめます。

タイプ別におすすめな安全靴とプロスニーカーは下記でした。

機能別におすすめの安全靴とプロスニーカーについても解説しました。

おすすめ製品は下記のとおり。

↑タップで該当の箇所まで戻ります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

↑目次へ戻る↑

コメントを残す