【プーマのスリッパをレビュー】室内履きやルームシューズにおすすめ!

どーも、靴の仕事歴12年の松下智博です。

今回は、プーマのスリッパをレビュー。

リョクシン
結論から申し上げますとスポーツメーカーのルームシューズの中で1番おすすめです。

「カッコイイ室内履きある?」

「疲れにくいルームシューズがほしい」

「オフィスで履けておしゃれなルームシューズを探している」

リョクシン
そんな方におすすめな商品です。

プーマワイロをルームシューズとしてレビュー

実際に履いてみて「デザインが良く気分よい、疲れにくい、甲の調整ができる」と大満足でした。

おしゃれで高機能なルームシューズがほしい方におすすめ!

この記事の著者

靴の仕事歴11年・シューフィッター

リョクシン(松下智博)

ryokushin

プロフィール

靴の仕事歴11年の松下智博です。作業靴メーカーと靴の販売店で合計11年仕事しました。シューフィッターの資格も取得しメーカー営業と販売員、シューフィッターの目線から靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

プーマのスリッパをレビュー!室内履きやルームシューズにおすすめ

プーマが室内履きとしてルームシューズを新しく開発しました!

プーマの室内履きのルームシューズをレビュー

評価項目詳細
品名プーマワイロ
価格¥6,490(税込)〜
サイズ22.0〜30.0cm
サイズ感普段履き比較:すこし小さめ
通気性★★★☆☆(星3つ)
クッション性★★★★★(星5つ)
フィッティング性★★★★★(星5つ)
おすすめ
使用環境
畳:× 大理石:◯ カーペット:△
フローリング:◯ コーティング床:◯

プーマは実はいろんな室内履き・ルームシューズを開発しています。

その中でも1番おすすめは上記のプーマワイロ

リョクシン
その他は、秋冬向けなので、詳しくはまたの機会にこちらの記事に追記します。

秋冬モデル

秋冬のプーマのルームシューズ

今回はデザインだけですが、秋冬モデルです。

ふわふわした素材を使用して足元を温める機能付き。

リョクシン
また秋冬になったらご紹介します。

サイズ感・重量・カラー展開

ここからはプーマワイロの重量とサイズ感、カラー展開をみていきましょう。

プーマワイロの重量は28.0cmで225g

まずは重量ですが、28.0cmで225gでした。

室内履きやルームシューズの中ではかなり重たい部類。

リョクシン
ただし、足にしっかりフィットするので、重量を全く感じませんでした。
補足

フィットする理由は記事の中盤で詳しくレビューしました。

サイズ感

室内履きプーマワイロのサイズ感

プーマワイロのサイズ感は普段履きスニーカーと比較して少し小さめ。

普段履きスニーカーとは、コンバースやニューバランスなどのこと。

リョクシン
普段履きスニーカーが27.5cmのところ、28.0cmでかなりピッタリ目でした。
補足

甲の調整はできるので、甲が高い方はサイズアップを普段より気にしなくて大丈夫です。

カラー展開

プーマワイロのカラーバリエーション

プーマワイロは22SSの新商品で、2カラー展開。

どちらも家でもオフィスでも履けるデザインですね!

リョクシン
私は汚れが気になると思いブラックにしましたが、グレーもかっこいい!!

↑目次へ戻る↑

プーマのスリッパの室内履きとルームシューズとしてのメリット・デメリット紹介!

ここからはプーマワイロを室内履きやルームシューズとしてレビューしていきます。

プーマワイロをルームシューズとしてレビュー

プーマワイロのメリットとデメリットは下記のとおり。

メリット
  1. カッコイイ!
  2. 滑りにくい
  3. 蒸れにくい
  4. サラサラ裏布
  5. 甲の調整ができる
  6. フィッティング性が高い
  7. 屈曲しやすくて歩きやすい
  8. クッションが2層構造で疲れにくい
デメリット

たまに裏布の切り返し部分が引っかかる

詳しくみていきましょう。

カッコイイ!

プーマワイロはカッコイイ

オフィスで履いてみましたが、見た目がカッコイイですね!

ソックスと本体を同じ色にすると余計カッコイイと思いました。

リョクシン
スーツにもオフィスカジュアルにもピッタリ。

滑りにくい

プーマワイロは滑りにくい

プーマワイロは滑りにくいです!

プーマワイロの靴底のアップ

靴底の素材がハード目なゴム素材で、溝が多いのでしっかりグリップしました。

リョクシン
今年の新作でまだ履いてる期間が短いのですが、すり減りにくそうなので、長い間履けそうですね!
注意

カーペットなど繊維質の床材の上ではおすすめしません。

蒸れにくい

プーマワイロは、蒸れにくい

プーマワイロのアッパーはメッシュ素材のため、蒸れにくいと感じました。

つま先がオープンタイプではないのですが、しっかり通気するので蒸れにくいです。

サラサラ裏布

プーマワイロは裏布サラサラ

裏布はサラサラした速乾素材のような質感です。

蒸れにくく夏場も快適でしょう。

リョクシン
スカスカな素材ではないので、冷房の効いた室内でも問題ありません。

甲の調整ができる

STEP.1
マジックテープで調整が可能プーマワイロは甲のサイズ調整が可能
甲の部分にマジックテープがありました。
甲のサイズ調整が可能です。
STEP.2
1本目を外して調整プーマワイロの甲の調整
甲のサイズ調整は2ヶ所マジックテープがありました。
まずは1ヶ所目を開きます!
STEP.2
2本目を外すプーマワイロの甲の調整2ヶ所目
1本目の下の部分にもマジックテープがあり外すことが可能です。
プーマワイロの2ヶ所目のマジックテープ
見えにくいのですが、小さめのマジックテープがありました!
STEP.3
全て外した状態
プーマワイロの調整を全て外した状態
すべてのマジックテープ部分を外すとこんな感じ!
プーマワイロはカッコイイ
かなり甲が高い(ハイアーチ)筆者でも問題ありませんでした!

クッション構造が2層

プーマワイロは疲れにくい

プーマワイロのクッション素材は疲れにくいと感じます!

プーマワイロはフラットインソール

アーチサポートなどの足裏を支える構造はありません。

疲れにくい理由は、クッション構造にありました。

プーマワイロは2層構造

アーチサポートはないものの、クッション素材が2層構造でした。

よくよく見ると、2層あることがわかりますね!

リョクシン
しっかり衝撃吸収してくれました。

↑目次へ戻る↑

たまに裏布の切り返し部分が引っかかる

プーマワイロのデメリット

最後にプーマワイロのデメリットを見ていきましょう。

人の足によりけりですが、私の場合雑に履くと、右足だけ赤丸部分が足に引っかかりました

リョクシン
手で直せば、一瞬で直りますが、気にはなりますね!

↑目次へ戻る↑

プーマのスリッパのレビューをまとめます。

当記事ではプーマのスリッパで室内履きのワイロをレビューしました。

見た目がおしゃれで、甲のサイズ調整ができ、しかも疲れにくいとハイスペックです。

リョクシン
オフィスでも履けるデザインですし、ルームシューズの中でおすすめ度かなり高めなので、ぜひ試してみてください!

それでは下記より簡単に記事をまとめます。

プーマの室内履き『ワイロ』のメリットは下記のとおり。

メリット
  • カッコイイ!
  • 滑りにくい
  • 蒸れにくい
  • サラサラ裏布
  • 甲の調整ができる
  • フィッティング性が高い
  • 屈曲しやすくて歩きやすい
  • クッションが2層構造で疲れにくい

デメリットは1つです。

デメリット

たまに裏布の切り返し部分が引っかかる

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願いします。

「もっとルームシューズについて知りたい」

そんな方に向けて下記の記事にておすすめのルームシューズを紹介しました。

もっと詳しく解説
【ルームシューズのおすすめ品ベスト5】おしゃれな商品を夏冬別にご紹介!【ルームシューズのおすすめ品を紹介】おしゃれで夏冬別で解説!

【ルームシューズのおすすめ品を紹介】おしゃれで夏冬別で解説!

コメントを残す