【M.モゥブレィスポーツのエナジーαをレビュー】足裏を支える疲れにくいインソール

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、M.モゥブレィスポーツのエナジーαをレビュー。

リョクシン
結論から申し上げますと、足の裏の形状を支えることで疲れにくくなるインソールです。

「立ち作業で疲れる」

「通気性のあるインソールを探している」

「厚みのあるインソールは重たくて使いたくない」

リョクシン
そんな方におすすめな製品です。

実際に履いてみて「厚みがある割りに軽い、疲れにくい、通気性がある」という感想でした。

疲れにくいインソールを探している方におすすめ!

M.MOWBRAYSPORTS(エム・モゥブレィスポーツ)
この記事の著者

靴ブロガー

リョクシン

ryokushin

プロフィール

大阪在住のサラリーマンです。仕事に関係する靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

インソールのエナジーαとは?重量や厚み、使い方を紹介

インソールのエナジーαとは、M.モゥブレィスポーツが開発したインソール。

評価項目詳細
価格¥3,500〜(通販による)
サイズXS(21.5〜23.0cm)
S(23.5〜24.5cm)
M(25.0〜26.0cm)
L(26.5〜27.5cm)
XL(28.0〜29.0cm)
XXL(29.5〜31.0cm)
サイズ調整法カットして調整
通気性★★★★☆(星4つ)
消臭力★★★★☆(星4つ)
クッション性★★★★★(星5つ)
靴との相性革靴△
スニーカー◎
作業靴◎
※インソール取り外せるモノに限る

M.モゥブレィスポーツは、シューズケアブランドのモゥブレィのスポーツライン。

主に4種類のインソールを展開していて、エナジーαはその中でも立ち仕事に向いていると感じました。

リョクシン
本来はスポーツ競技向けのインソールです。

エナジーαの場合には、下記のスポーツに対応しているとのこと。

エナジーα対応インソール
  1. 野球
  2. 卓球
  3. ゴルフ
  4. テニス
  5. ボウリング
  6. ソフトボール
  7. バドミントン

衝撃吸収に優れつつ、踏み出しやすいと感じました。

またインソールが足の裏に沿った形状で、使っていても疲れにくい。

リョクシン
スポーツだけじゃなく、立ち仕事でも疲れにくいと感じます。
M.MOWBRAYSPORTS(エム・モゥブレィスポーツ)

↑目次へ戻る↑

重量・厚み・使い方

ここからは、エナジーαの重量や厚み、使い方について解説します。

まずは、重量を見ていきましょう。

重量

M.モゥブレィスポーツのエナジーαは、XLサイズのカットなしで62gでした。

インソールの市場では、重たい部類です。

リョクシン
しかし、厚みがあるインソールの中では、軽量。

インソールの良し悪しは、重量ではありません。

フィッティング性クッション効果で決まります。

リョクシン
後ほど、「詳しくレビュー」の項で見ていきます。

厚み

M.モゥブレィスポーツのエナジーαは、1番薄い先部分でも6.10mmありました。

6.10mmは通常のインソールでは、1番厚みのある部分と同じくらい。

リョクシン
クッション効果があるものの、サイズ感は大きく変わる可能性があります。

革靴やスリッポン、ローファーのような靴の中の空間が少ない靴とは、相性が悪いかもしれません。

1番厚みのある部分で15.42mmです。

土踏まずの部分ですが、めちゃ厚めですね。

リョクシン
足の裏の形状に沿った構造なので、仕方なし。

その代わりに、疲れにくく足本来の力をサポートしてくれます。

使い方

M.モゥブレィスポーツのエナジーαの使い方は簡単です。

パッケージから出したら、靴に入っていたインソールとカカト側で合わせます。

リョクシン
つま先側の余った部分をカットしたらOK!

インソールを外して代わりにM.モゥブレィスポーツのエナジーαを入れたら完了

もともと入っていたインソールは破棄しても良いですし、エナジーαの休暇用に使っても良いでしょう。

リョクシン
素材にもよりますが、インソールにも人間と同じで休暇を与えることをおすすめします笑

M.モゥブレィスポーツのエナジーαは、連日使用していると、クッション効果が下がってきてしまうので、週に1〜3日休みを入れるとベストコンディションで使用できました。

M.モゥブレィスポーツのエナジーαに限らず、市販のインソールは、連日使用はあまりおすすめしません。

リョクシン
三連投くらいが限界だと思っています。
M.MOWBRAYSPORTS(エム・モゥブレィスポーツ)

↑目次へ戻る↑

モゥブレィスポーツのエナジーαを詳しくレビュー

ここからは、M.モゥブレィスポーツのエナジーαを詳しくレビューします。

レビューするポイントは下記のとおり。

どれもインソール選びで重要なポイントです。

詳しく見ていきましょう。

通気性・消臭力

まずは通気性から見ていきましょう。

インソールは通気性にも関係します。

リョクシン
表面の質感形状がポイント!

通気口がある

M.モゥブレィスポーツのエナジーαは、通気口がありました。

つま先方面に通気口があるのが通気性を高めるので良いですね。

リョクシン
足の動き方のメカニズム上、つま先に通気口があることで通気性がアップします。

オーソライトを採用

スカイブルーの部分がオーソライト®︎という素材です。

オーソライトは、素材間にセル状の層があり、層を通じて通気が可能!

リョクシン
通気性が高いと蒸れにくいので、疲れにくいです。

密着しない

M.モゥブレィスポーツのエナジーαの表面素材は、足に密着しません

繊維質な素材で、ザラザラして密着しないので通気性が高い

リョクシン
靴の中でソックスと摩擦が起きやすいので、滑りにくいのも良いところです。

靴の中で滑ってしまうことで、踏ん張ってしまうので、蒸れてしまう可能性がありました。

靴の中で滑らないのは、通気性においても大事なポイントでしょう。

通気性まとめ

  • 通気口がある
  • 表面素材で滑りにくい
  • オーソライトで蒸れにくい
M.MOWBRAYSPORTS(エム・モゥブレィスポーツ)

↑目次へ戻る↑

クッション効果

続いてクッション効果について見ていきましょう。

インソールにおいてクッション効果は1番大事。

リョクシン
インソールの素材形状が大きく関係します。

素材について

M.モゥブレィスポーツのエナジーαは、白い部分がEVAです。

EVAは、軽量でクッション性が高い。

リョクシン
ただし、連日の使用には向いてないため、休暇を与えることをおすすめします。

1〜2日あれば、回復するはず!

赤い部分は、おそらくウレタン素材。

もしくは、硬度の高いEVAでしょう。

リョクシン
いずれにせよ、配合や種類の違う素材を使用する構造のインソールは衝撃を吸収しやすいので疲れにくい!

カカトの下には、濃いブルーの低反発のクッションがありました。

M.モゥブレィスポーツのエナジーαは、非常に多くの素材を使用していることがわかります。

リョクシン
一般的なインソールは、1種類が通常。

しかし、M.モゥブレィスポーツのエナジーαの素材の種類は下記のとおり。

エナジーαの素材
  • 白(EVA)
  • 赤(硬EVA or ウレタン)
  • スカイブルー(ウレタン)
  • 濃いブルー(柔EVA or ウレタン)

素材の種類が分からない部分があり申し訳ございません。

しかし、ここまで複数の素材を使用している時点で、疲れにくいのは明らか!

リョクシン
素材だけじゃなく、形状も素晴らしい!

足の裏に沿った形状

M.モゥブレィスポーツのエナジーαのインソール形状がウェーブしているのわかりますか?

この形状は、足の裏のアーチという構造を支えるため、疲れにくくなります。

リョクシン
足には、土踏まずなどアーチという3本の橋状の曲線構造がありました。

アーチとは?

アーチとは、上記の画像のように骨や筋肉で形成された構造です。

このアーチがあるから、人間は直立2足歩行がしやすい。

リョクシン
猿などには、ありません。その代わりに、手のように足を使えるので、木を登ることが可能です。

疲れにくさを生み出すには、このアーチを支えるアーチサポートという形状であることが重要!

接地しない

M.モゥブレィスポーツのエナジーαを平地に置くと、土踏まず部分が接地していない事がわかります。

この構造によって、土踏まずのアーチが疲れて落ち込むのを防止できました。

リョクシン
疲れてくるとアーチが低下して疲れるので、アーチサポートで落ち込みを防ぐことが重要です。

中心が盛り上がっている

中心部分が盛り上がっていました。

この形状で、アーチ全体をサポートします。

リョクシン
女性が落ち込みやすい部分ですね。

土踏まずの反対側も盛り上がっています。

これで3本のアーチがサポートされている事がわかりました。

カカトを固定

カカト下部分は、逆に「へこみ」がありました。

これをディープヒールカップと言います。

リョクシン
カカトが固定される事で、立ち位や歩行が安定しました。

立ち位や歩行が安定するとブレないので、踏ん張るなどの余計なパワーを使うことがありません。

よって疲れにくくなります。

クッション効果まとめ

  • インソール素材を複数使用
  • アートサポート形状で疲れにくい
  • ディープヒールカップでブレにくい
M.MOWBRAYSPORTS(エム・モゥブレィスポーツ)

↑目次へ戻る↑

靴との相性について

最後に、靴との相性について見ていきましょう。

どんなにインソール単体で素材と形状に優れていても、靴との相性が悪いと意味がありません。

リョクシン
インソールの厚み形状が関係します。

かなり厚め

M.モゥブレィスポーツのエナジーαは、冒頭のとおりかなり厚めです。

そのため、靴に入っていたインソールと交換しても、すこしサイズ感が変わるでしょう。

リョクシン
もし、靴と一緒に購入するのであれば、0.5cmは大きめのサイズの靴をおすすめします。

アーチサポート形状

かなり強めなアーチサポート形状です。

たまに、靴本体がアーチサポート形状である製品がありました。

リョクシン
そのケースでは、アーチサポートの上に、アーチサポートとなってしまい相性が悪くなります。

そこまで多く無いのですがお気をつけください。

インソールを取り外した部分が、平面であれば問題ありません

凸凹(でこぼこ)していましたら、相性が悪い可能性があります。

リョクシン
靴本体がアーチサポートであるs製品は珍しいので、大丈夫だと思いますが、念のためご案内しました。
注意

厚みがありアーチサポートが高い。

そのため、靴内の空間が少ない靴との相性は悪いでしょう。

ローファーやスリッポンが代表的。

製品にもよりますが、ご注意ください。

靴内の空間が少ない靴には、薄めのインソールをおすすめします。

下記のソルボスーパーシートがおすすめ!

もっと詳しく解説
【ソルボスーパーシートをレビュー】インソールの下に敷くシートで疲れない!
リョクシン
それでは、靴との相性をまとめます。

靴との相性

  • アーチサポートが無い靴を選ぶ
  • 靴内の空間が少ない靴は選ばない方が無難
  • 厚いので新しく靴を買うのであればサイズアップ
M.MOWBRAYSPORTS(エム・モゥブレィスポーツ)

↑目次へ戻る↑

モゥブレィスポーツのエナジーαのレビューまとめ

当記事では、M.モゥブレィスポーツのエナジーαを解説しました。

M.モゥブレィスポーツのエナジーαは、厚みがありクッション素材をたくさん使ったインソール。

リョクシン
衝撃吸収性が高く、疲れにくい!

素材が厚い割りには、軽くて快適です。

本来は、スポーツ専門のインソールであるため、踏ん張りも効きました。

リョクシン
今お使いの靴やインソールにご不満な方におすすめします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願いします。

「もっと他のインソールを見てみたい

そんな方に向けて他にもインソールを解説しました。

もっと詳しく解説
立ち仕事で疲れないインソールはある!ただし、靴の選び方次第です。

よろしくお願い致します。

コメントを残す