【ムーンスターのスリッポンをレビュー】SPLT197・173は防水・幅広で疲れにくいスリッポン!

SPLT197はムーンスターが開発した防水スリッポン

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、ムーンスターの防水スリッポンSPLT197・173をレビュー。

リョクシン
結論から申し上げますと、コスパ抜群の防水ウォーキングシューズです。

「安い防水の靴がほしい」

「防水の靴って臭いやすくて困る」

「スリッポンで疲れにくい靴がほしい」

リョクシン
そんな方におすすめな製品です。

ムーンスターSPLTを履いてレビュー

実際に履いてみて「スリッポンなのに疲れにくい、クッション性高い、防水で消臭機能あり」と大満足です。

コスパ抜群な靴をお求めの方におすすめ!

この記事の著者

靴ブロガー

リョクシン

ryokushin

プロフィール

大阪在住のサラリーマンです。仕事に関係する靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

ムーンスターのスリッポンSPLT197・173とは?重量やサイズ感をレビュー

SPLT197・173とは、ムーンスターが開発した防水スリッポンです。

SPLT197はムーンスターが開発した防水スリッポン

評価項目詳細
価格¥4,600〜3,300位
※通販サイトの在庫状況により変動
サイズL173:22.0〜24.5cm
M197:24.5〜30.0cm
足幅:4E(幅広)
サイズ感普段履き比較:同じサイズ
カラー展開合計10色以上
動きやすさ★★★☆☆(星3つ)
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境散歩
通勤
立ち仕事

L173がレディースM197がメンズです。

ムーンスターは、日本ではコンバースの日本企画を手掛け、品質の高い靴を自社品でも開発しているメーカー。

リョクシン
学校で使う上履きでも人気です。

ワークシューズとアパレルの二刀流

ムーンスターは、アパレル系やワークシューズ、学販(学校で使う靴のこと)のどの分野でも活躍しているメーカー

近年、ワークや学販のよいところをとり、アパレルに活かす開発もしています。

リョクシン
Twitterでもワークマンのようにバズっていますね!

自社工場があり

日本に自社工場があります。

コンバースの日本製の他、品質の高いワークシューズやアパレル品を製造。

リョクシン
価格もそこまで高くないのですが、品質は間違えありません

製品保証がある

ムーンスターは製品保証がある

「安かろう悪かろう」というような物づくりはしていません。

その証拠にSPLTには「製品保証対象品」のタグがついていました。

リョクシン
¥5,000以下の製品で「製品保証」を付与できるのは、品質に相当な自信があることがわかります。

↑目次へ戻る↑

重量・サイズ感・別カラー

ここからは、重量とサイズ感、別のカラーバリエーションをレビュー。

まずは、重量から見ていきましょう。

重量

ムーンスターSPLTの重量は28.0cmで343g

ムーンスターSPLT197(メンズ)173(レディース)重量は、27.0cmで343gでした。

男性でも大きめのサイズで女性サイズの重量とは・・・めっちゃ軽いです。

リョクシン
ただし、靴の良し悪しは重量では決まりません。

重要なのはフィッティング性

靴の良し悪しはフィッティング性で決まる

靴の良し悪しはフィッティング性で決まります。

人の足によって変わるものですが、メーカーの靴の型(ラスト)次第なところもありました。

リョクシン
ムーンスターは前述のとおり、品質の高いメーカーなので問題なし
注意

4Eという幅広な型です。

足が細い方には合わないのでご注意ください!

サイズ感

ムーンスターSPLTは普段履きと同じサイズでOK

ムーンスターSPLT197(メンズ)173(レディース)サイズ感は、普段履きスニーカーと同じ。

ナイキやアディダスなどの普段履きスニーカーと比較しています。

リョクシン
普段履きスニーカーが27.5cmのところ、28.0cmでした。
MEMO

27.5cmがなかったため、28.0cmにしました。

多少大きく感じましたが、問題なく履ける程度。

普段履きと同じサイズがある場合には、同じサイズを選んでください!

サイズ選びのご参考までに筆者の靴のサイズをご案内!

筆者の靴ラインナップ

普段履きのスニーカー

  • ニューバランス『574』 ⇒ 27.5cm
  • ニューバランス『996』 ⇒ 27.5cm
  • アシックス『ゲルカヤノ』 ⇒ 27.5cm
  • アディダス『スタンスミス』⇒27.5cm
  • ナイキ『エアマックス720』⇒ 27.5cm
  • ナイキ『エアマックスオケト』⇒27.5cm
  • ホカオネ『クリフトン』⇒ 27.5cm(ワイド)
  • ホカオネ『ボンダイ6』⇒ 28.0cm(ノーマル)

革靴

  • ペダラ ⇒ 26.5cm
  • リーガル ⇒ 26.5cm
  • ランウォーク ⇒ 26.5cm
  • テクシーリュクス ⇒ 26.5cm

※足は狭めです。

サイズ感は、メーカーや商品によって異なりますので、上記を参考にしてみてください!

ムーンスターSPLT197(メンズ)173(レディース)は4Eという幅広の設計です。

リョクシン
幅広のため、筆者の足には合わないのですが、防水でスリッポンの靴の中ではとても優秀なので、レビューしました。

カラーバリエーション

ムーンスターSPLT197・173のカラーバリエーション

まずはメンズのM197のカラーバリエーションをご案内!

どれも普段履きにもユニフォームにも合わせやすいカラーです。

ムーンスターSPLTL173のカラーバリエーション

レディースは2種類です。

どれも落ち着いたカラー。

リョクシン
普段はきも仕事用でも最適ですね!

↑目次へ戻る↑

ムーンスター防水スリッポンのSPLT197と173を詳しくレビュー

ここからはムーンスターSPLT197・173を詳しくレビュー。

ムーンスターが開発した防水スリッポンSPLT197を詳しくレビュー

メリットデメリットは下記のとおり。

メリット
  1. 4E
  2. 防水
  3. 厚底
  4. 消臭素材
  5. 品質保証あり
  6. インソール入り
  7. 破れにくい裏布
  8. 滑りにくい靴底
  9. 脱ぎ履きしやすい
デメリット
  1. 連日の使用はおすすめしない
  • 筆者の足には合わなかった

→足が細身のため

メリット8個でデメリット1つ(私見は除く)です。

メリットとデメリットを詳しく解説するために、パーツ別に見ていきましょう。

リョクシン
靴は、大きく分けて3つのパーツに分けることが可能です。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

下記にて3つのパーツを図解しました。

靴のパーツの名称を解説

上から順番にアッパーから見ていきましょう。

アッパー(通気性がわかる)

靴のパーツのアッパーの場所について解説

アッパーとは、足を包みこむパーツ。

通気性フィッティング性安全性に関係します。

スリッポン

ムーンスターSPLT197はスリッポンで脱ぎ履きしやすい

ムーンスターSPLT197・173(レディース)は、靴紐など留め具がないスリッポン形状。

脱ぎ履きがしやすいので、仕事や作業でも手間取りません。

リョクシン
普段履きとしても、めんどくさくないのでオススメ!

サイドゴアで脱ぎ履きラクラク

ムーンスターSPLT197はサイドゴアで脱ぎ履きが楽

サイドゴアで脱ぎ履きラクラクです。

サイドゴアのゴムも伸縮性がしっかりしているので、耐久性もよいと感じました。

リョクシン
サイドゴアが破れると足にフィットしなくなるので助かりますね。

防水

ムーンスターSPLT197は防水

ムーンスターSPLT197(メンズ)173(レディース)は防水です。

ムーンスターSPLT197は地面から4cm防水

「防水」と言っても効果には段階があります。

長靴のような完全防水ではなく、地面から4cmまでの防水

リョクシン
雨天の水たまり等では問題なしでしょう。

消臭

防水の靴のデメリットは臭いやすいこと。

ムーンスターSPLT197(メンズ)173(レディース)は、菌の繁殖を防ぐ抗菌・防臭効果がありました。

リョクシン
ただし、連日の使用は菌の繁殖を促すので、控えましょう。

3足履き替えて菌の繁殖を防ぐ

最低でも3足を履き替えることで菌の繁殖を防げるので、臭いや蒸れの防止をお願いします。

1度履いたら、次回履くまでに48時間空きがあれば、靴内部をしっかり乾燥させることが可能。

リョクシン
乾燥すれば、菌の繁殖を抑えることができるので臭いにくいです。

幅広

ムーンスターSPLT197は幅広4E

ムーンスターSPLT193・173(レディース)は、幅広の4E。

Eが増える毎に幅が広くなるのですが、通常が2Eに対して4Eなので、かなり幅が広いことがわかります。

リョクシン
残念なことに、筆者は2E以下のためサイズ感では合いませんでしたが、幅広の方にとっては良い靴であることはわかったのでレビューしました。

カカトが破れにくい素材

カカト後ろの素材が破れにくい素材を使用していました。

脱ぎ履きが多いので、人によっては破れやすい方もいるはず。

リョクシン
全く破れない訳ではありませんが、気持ち破れにくいのでも嬉しいですね!

アッパーまとめ

  • メリット:4E
  • メリット:防水
  • メリット:消臭素材
  • メリット:品質保証あり
  • メリット:破れにくい裏布
  • メリット:脱ぎ履きしやすい
  • デメリット:連日の使用はおすすめしない

↑目次へ戻る↑

クッション(履き心地がわかる)

靴のパーツのクッションの場所について解説

続いて、クッションを見ていきましょう。

クッションは、足の裏から体重や加重を支えるパーツ。

リョクシン
疲労履き心地に関係します。

厚底

ムーンスターSPLT197は厚底

ムーンスターSPLT197(メンズ)173(レディース)は厚底。

厚底は、クッション素材に厚みのある靴のこと。

リョクシン
厚底は衝撃吸収に優れるため、疲れにくいです。

厚底は動きにくい

ただし、一般的に、厚底は薄底に比べて動きにくいというデメリットがあります。

しかし、ムーンスターSPLT197・173はしっかり対応していました。

ムーンスターSPLT197はトーアップ

まず、つま先が接地していないトーアップ形状。

トーアップとは、段差でつまずいたり、歩きやすくする形状のこと。

リョクシン
ムーンスターSPLT197はトーアップにより動きやすくなります。

ムーンスターSPLT197は着地が安定する

またカカトも接地していない構造です。

これは着地を安定する効果と、重心をつま先方向へ運びやすい効果を生み出す構造。

リョクシン
カカトとつま先が接地していないことで、動きやすくなり厚底のデメリットをカバーしていました。

インソール入り

ムーンスターSPLT197はインソールいり

ムーンスターSPLT197・173はインソールが入っていました。

ムーンスターSPLT197のインソールは通気口あり

インソールには通気口がありました。

多少ですが、蒸れにくい効果があります。

ムーンスターSPLT197のインソールの厚みは5.17mm

ムーンスターSPLT197の厚みは5.17mmでした。

厚くもなく薄くもない程度。

リョクシン
クッション効果は十分にあります。

クッションまとめ

  • メリット:厚底
  • メリット:インソール入り

↑目次へ戻る↑

靴底(滑りにくさがわかる)

靴のパーツの靴底の場所について解説

最後に、靴底について見ていきましょう。

靴底は、地面に接地するパーツ。

リョクシン
滑りにくさに関係します。

滑りにくい & すり減りにくい

ムーンスターSPLT197の靴底は、すり減りにくく滑りにくい

ムーンスターSPLT197(メンズ)173(レディース)の靴底の素材は、滑りにくくすり減りにくい

防水の安い靴あるあるですが、「防水なのに滑りやすい靴底」みたいなことがありません。

リョクシン
防水が求められる場所って、滑ることほとんどなのですが、滑りにくいのは嬉しいですね!

ムーンスターSPLT197は足と連動しやすい

さらに、靴底の溝(みぞ)の構造が足と連動しやすいことがわかりました。

溝(みぞ)の配置によって足と靴が連動しやすいかがわかるのですが、ムーンスターSPLT193は問題ありません。

リョクシン
この構造に履き慣れなくても、新品のときから歩きやすくなります。

靴底まとめ

  • メリット:滑りにくい

↑目次へ戻る↑

ムーンスターの防水スリッポンSPLT197・173の口コミ・レビューをまとめます!

当記事ではムーンスターの防水スリッポンSPLT197と173をレビューしました。

「防水・消臭・厚底・滑りにくい」という高機能ながら¥4,500ほどで購入することができるコスパ抜群な靴。

リョクシン
普段履きだけではなく、作業用としても重宝します。

天候を気にせずお出かけできるのが嬉しいですね。

作業靴としても普段履き、ウォーキングシューズとしてもオススメします!

リョクシン
それでは下記より簡単に記事をまとめます。

ムーンスターSPLT197・173のメリットは下記のとおり。

メリット
  1. 4E
  2. 防水
  3. 厚底
  4. 消臭素材
  5. 品質保証あり
  6. インソール入り
  7. 破れにくい裏布
  8. 滑りにくい靴底
  9. 脱ぎ履きしやすい

デメリットは1つです。

デメリット
  1. 連日の使用はおすすめしない
  • 筆者の足には合わなかった

→足が細身のため

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願いします。

「もっと疲れにくいスリッポンがみたい」

そんな方に向けて記事を疲れにくい靴を紹介しました。

もっと詳しく解説
立ち仕事で疲れないスリッポンは素材で選ぶ! 【靴の専門家が解説】

「スリッポン以外で疲れにくい靴を知りたい」

そんな方に向けて疲れない靴を徹底解説しました。

もっと詳しく解説
立ち仕事でお疲れの方は靴が原因ですよ!疲れないスニーカーを徹底解説!

その他、下記の記事が人気です。

もっと詳しく解説
蒸れない靴のアイキャッチ【蒸れない靴をすべて解説します!】メンズとレディースのおすすめ品をご紹介! 【雪道でも滑らない靴を解説】アイスバーンや雪対策のおすすめ製品を紹介!【ワークマンもあり!】

よろしくお願いします。

コメントを残す