【ビルメングリップBMG-10をレビュー】袋ベロで異物が入りにくいスニーカー

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、ビルメングリップBMG-10をレビューしました。

リョクシン
結論から申し上げますと、袋ベロで滑りにくいスニーカーでした。

「ビルメンテナンス向けの靴がほしい」

「滑りにくいスニーカーを探している」

「靴の中に異物の入りにくい靴がほしい」

リョクシン
そんな方におすすめな製品です。

清掃でもおすすめな靴だと思いました。

 

ビルメングリップBMG-10とは?サイズ感をご案内

ビルメングリップBMG-10は、ミドリ安全が開発した滑りにくいスニーカーです。

ミドリ安全は、日本を代表するワークシューズのメーカー。

ビルメン以外にも、医療や食品、建築、屋根作業など幅広く深く商品展開をしています。

評価項目詳細
価格¥3,240〜(通販による)
サイズ22.0~30.0cm
サイズ感普段履き比較:1.0cm小さめ推奨
カラー展開2色
滑りにくさ★★★★☆(星4つ)
蒸れにくさ★★☆☆☆(星2つ)
防水性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境清掃・ビルメンテナンス

ビルメングリップBMG-10は、ミドリ安全のラインナップの中でもビルメンテナンスに特化した製品。

滑りにくい靴底と異物が靴の中に入ってきにくい構造です。

清掃で使う水もそうですし、屋外での土ほこりなども入りにくい。

リョクシン
袋ベロという構造がそれを実現します。

袋ベロ

画像の開いている部分は、本来素材がありません。

防水靴やトレッキングシューズに見られる構造ですね。

異物が入りにくい反面、通気性が悪いので、ご注意ください。

リョクシン
一長一短なわけですね。

重量

ビルメングリップBMG-10は、26.0cmで360gです。

重量としては、普通くらい。

通気性の高くて軽いメッシュ素材を使用していない割りに軽いですね。

リョクシン
また、靴底に滑りにくいゴムを全面に使用しているとも思えないくらい軽い!

滑りにくいスニーカーは、素材の特性上、重くなりがちです。

サイズ感

ビルメングリップBMG-10のサイズ感は、普段履きスニーカーと比べて大きめ

普段履きスニーカーとは、ナイキやアディダスなどのスポーツメーカー品です。

普段履きスニーカーが27.5cmに対して、ビルメングリップBMG-10は26.5cmでした。

リョクシン
最低でも0.5cmは小さめがおすすめ!

サイズ選びのご参考までに筆者の所持している靴のサイズをご案内します。

筆者の靴ラインナップ

普段履きのスニーカー

アシックス・アキレス ⇒ 27.5cm
ナイキ・アディダス・プーマ ⇒ 27.5cm
ニューバランス ⇒ 27.5cm

革靴

リーガル ⇒ 26.5cm
テクシーリュクス ⇒ 26.5cm

安全靴

ウィンジョブ ⇒ 27.0cm
軽技KA211 ⇒ 27.0cm

清掃・ビルメン向けの靴

ハイグリップULH-716 ⇒ 26.5cm
ハイグリップH-715N   ⇒ 26.5cm
ハイグリップH-715N   ⇒ 26.5cm
ハイグリップH-710N   ⇒ 26.5cm
ハイグリップH-711N   ⇒ 26.5cm

※足は狭めです。

ぜひ、参考にしてみてください。

↑目次へ戻る↑

ミドリ安全のビルメングリップBMG-10を詳しくレビュー

ここからは、ビルメングリップBMG-10を詳しくレビューします。

メリットデメリットは下記のとおり。

メリット
  1. 袋ベロ
  2. 靴ヒモ仕様
  3. 耐久性の高い構造
  4. 異物シャットアウト
  5. トーアップ構造
  6. インソール入り
  7. 厚底で疲れにくい
  8. つま先下まで厚底
  9. 滑りにくい靴底
デメリット

通気性がない

メリットとデメリットは、パーツ別に解説しました。

靴は大きく分けて3つのパーツに分かれます。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

この3つのパーツが「靴のどこに当たるのか?」を図解しました。

 

靴のパーツの名称を解説

上から順番にアッパーから見ていきましょう。

 

アッパー

靴のパーツのアッパーの場所について解説

アッパーは、足を包みこむパーツ。

フィッティング性通気性に関係します。

ビルメングリップBMG-10は、フィッティング性にはある程度、優れていました。

しかし、通気性が低く蒸れやすい。

その理由は、前述のとおり異物が入りにくい構造が関係しています。

通気口がない

通気口が一切ありません。

そのため、水や土ほこりが入りにくい構造。

しかし、通気性には期待できませんでした。

リョクシン
ご自身の作業環境に照らし合わせて、ご検討ください。

袋ベロ

ビルメングリップBMG-10は、袋ベロという構造です。

ベロは、足の甲に当たる部位のこと(画像で「つままれて」いる部分)。

袋ベロとは、異物がベロとアッパーの間から入らない構造です。

ベロとアッパーの切れ目って結構、いろんなモノ入ってきます。

袋ベロ構造であれば問題ありません。

靴ヒモ

靴ヒモでサイズ調整します。

マジックテープやダイヤル式など、新しいサイズ調整の留め具は市場にはたくさん。

しかし、結局のところ靴ヒモが1番サイズ調整できますね。

リョクシン
フィッティング性は、足のトラブルや疲労にも関係するので、重要!

耐久性のある構造

アッパーのサイド部分には、耐久性の高い構造がありました。

靴ヒモの穴(ハトメ)から靴底方向に向かって下に伸びていますね。

紐を結ぶときに、力強く締めたり、作業中も破損しにくい補強ですね。

リョクシン
また、フィッティング性もアップします!

カカト素材がしっかりしている

ミドリ安全の製品全般に言えますが、カカトを設計してる素材がしっかりしています。

月型芯と呼びます。

安価な製品ですと月型芯がよわい製品もあり、あまりおすすめはしません。

アッパーまとめ

  • メリット:袋ベロ
  • メリット:靴ヒモ仕様
  • メリット:耐久性の高い構造
  • メリット:異物シャットアウト
  • デメリット:通気性がない

 

↑目次へ戻る↑

クッション

靴のパーツのクッションの場所について解説

続いて、クッションについて解説します。

クッションは、足の裏から体重を支えるパーツ。

疲労履き心地に関係します。

厚底

ビルメングリップBMG-10のクッション素材は厚みのある厚底でした。

厚底は、素材にもよりますが衝撃吸収に優れる構造。

素材は、ミドリ安全の靴なので問題ありませんでした。

リョクシン
立ち仕事でも疲れにくいです。

カカトでしっかり衝撃吸収

特にカカトがすごい衝撃吸収してくれました。

画像のとおり、かなり厚底ですね。

インソール

インソールが入っていました。

カカト下に衝撃吸収材が付いています。

この「衝撃吸収材」+「厚底」だから疲れにくいのでしょう。

つま先下まで厚底

ビルメングリップBMG-10のすごいところは、つま先の下まで厚底であること。

ここまで厚底であれば、疲れにくいこと間違えなしですね。

ここまで厚底ですと、逆に動きにくいケースも考えられます。

しかし、ビルメングリップBMG-10は、つま先がつり上がっていました。

この形状をトーアップといいます。

リョクシン
トーアップは、つまずき防止と動きやすさもあり、ワークシューズには必須な設計。

トーアップで厚底のデメリットをカバーしています。

クッションまとめ

  • メリット:トーアップ構造
  • メリット:インソール入り
  • メリット:厚底で疲れにくい
  • メリット:つま先下まで厚底

↑目次へ戻る↑

靴底

靴のパーツの靴底の場所について解説

最後に、靴底について見ていきましょう。

靴底は、地面に接地するパーツ。

滑りにくさに関係します。

滑りにくい靴底

滑りにくい靴底でした。

主には、水や油、洗剤といった液体に対する滑りにくさ。

筆者の目視の話なので、話半分で聞いてほしいのですが笑

製菓工場にて使用されていたようにも見えました。

製菓工場と言えば、床に粉があります。

リョクシン
推測ですが、「粉モノ+水」でも多少は滑りにくいのかもしれません。

とはいえ、粉と液体での滑り対策は、全く違う方法です。

現状では、両立できた靴底はないので、その点はご容赦ください。

靴底まとめ

  • メリット:滑りにくい靴底

↑目次へ戻る↑

ミドリ安全のビルメングリップBMG-10解説のまとめ

当記事では、ビルメングリップBMG-10について解説しました。

ビルメングリップBMG-10は、ミドリ安全が開発したワークシューズです。

ビルメンテナンス向けに開発されました。

リョクシン
靴の中に異物が入りにくい構造。

また水で靴下が濡れる可能性も低くなります。

靴底は、滑りにくい素材と形状でした。

ビルなど屋内だけではなく、屋外の清掃関係でもおすすめします。

リョクシン
屋外での使用する際には、靴底のつまりだけお気をつけください。

厚底で疲れにくいですし、すべてのビルメンテナンスの方におすすめ!

それでは簡単に記事をまとめます。

ビルメングリップBMG-10のメリットは下記のとおり。

メリット
  1. 袋ベロ
  2. 靴ヒモ仕様
  3. 耐久性の高い構造
  4. 異物シャットアウト
  5. トーアップ構造
  6. インソール入り
  7. 厚底で疲れにくい
  8. つま先下まで厚底
  9. 滑りにくい靴底

デメリットは1つです。

デメリット

通気性がない

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願いします。

「もっと清掃関係のワークシューズを知りたい」

そんな方に向けて清掃向けの靴を解説しました。

もっと詳しく解説
【清掃員さんにおすすめな靴を紹介!】滑りにくいし濡れにくいシューズを集めました!

「他の作業靴から最適な靴を探したい」

そんな方に向けて様々な市場のワークシューズを解説しました。

リョクシン
清掃の靴は、専用シューズがないので、他市場の靴も参考になると思います。
もっと詳しく解説
【ワークシューズのおすすめ品を徹底解説】 職種別にメンズ・レディース製品をご紹介! 土木建築・病院・介護施設・食品現場の画像【作業靴のおすすめ製品をジャンル別にご紹介!】土木建築・病院・介護施設・食品現場など網羅!

↑どちらでも内容は同じなので、大丈夫です。

「ワークシューズではなく、疲れにくい靴を探したい」

そんな方に向けて疲れにくい靴を解説しました。

もっと詳しく解説
立ち仕事でお疲れの方は靴が原因ですよ!疲れないスニーカーを徹底解説! 【レディースの立ち仕事でも疲れない靴をレビュー】スニーカーから作業用の靴までジャンル別に紹介! 立ち仕事で疲れないメンズの靴を紹介【メンズ】立ち仕事で疲れない靴を「ビジネス〜作業用品」まで全ジャンル解説! 立ち仕事で疲れないスリッポンは素材で選ぶ! 【靴の専門家が解説】 立ち仕事でも疲れないサンダルはコレだ!【疲労軽減におすすめ】 立ち仕事でも疲れないスリッパを徹底解説!【フェスやライブ、お祭りにもおすすめ】

お時間ございましたらよろしくお願いします。

コメントを残す