フロンティア『ルームズ』のスリッパをレビュー!ルームシューズ革命品

フロンティア『ルームズ』のスリッパをレビュー!ルームシューズ革命品

どーも、靴の仕事歴12年のリョクシンです。

今回は、ルームズのスリッパをレビュー。

リョクシン
結論から申し上げますと、ルームシューズ革命の火付け役な商品です。

「ルームシューズにこだわりたい」

「おしゃれなオフィス履きを探している」

「家でもオフィスでも使えるスリッパがほしい」

リョクシン
そんな方におすすめの商品です。

実際に履いてみて「軽い、おしゃれ、家でもオフィスでも併用できるデザイン」と感じました。

ルームシューズ革命の火付け役な商品でしょう!

この記事の著者

靴の仕事歴11年・シューフィッター

リョクシン(松下智博)

ryokushin

プロフィール

靴の仕事歴11年の松下智博です。作業靴メーカーと靴の販売店で合計11年仕事しました。シューフィッターの資格も取得しメーカー営業と販売員、シューフィッターの目線から靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

ルームズのスリッパとは?フロンティアが開発したルームシューズ

ルームズのスリッパは、フロンティアさん(以降、フロンティア)が開発したルームシューズです。

ルームズのスリッパはフロンティアが開発したルームシューズ

評価項目詳細
価格¥2,970(税込)〜
サイズM(23.0-25.0cm)
L(25.5-27.0cm)
LL(27.5-29.0cm)
サイズ感普段履き比較:同じサイズ
通気性★★★☆☆(星3つ)
クッション性★★★☆☆(星3つ)
フィッティング性★★★★☆(星4つ)
おすすめ
使用環境
畳:△ 大理石:△ カーペット:◎
フローリング:◎ コーティング床:◎

フロンティアはリモートワークが増える前からルームズのルームシューズを開発していた会社。

こだわったルームシューズにいち早く取り組み、家やオフィスで取り入れやすいデザインのルームシューズを展開しました。

ルームズはグッドデザインを受賞

リョクシン
その証拠に2018年にグッドデザイン賞を受賞しています。
補足

グッドデザイン賞の受賞は業界によって難易度が変わります。

靴市場では取ることが難しいと言われていますね!

創業して100年近い靴メーカーさんでも1度も受賞していない会社もあるくらいです。

そんな中、フロンティアはデザイン性と機能のバランスからかグッドデザイン賞を受賞。

リョクシン
例の流行にあやかることなく開発していたことを評価して欲しいですね!

こだわり

フロンティアのルームズはその製法にもこだわりがありました。

一般的なスリッパは、外縫いといいすべてパーツを1縫いで行うものが多い中、ルームズは外履きの靴のようにしっかり設計した形状で生産しているのです。

リョクシン
実はこの製法もフロンティアがルームズを開発するまでにもすでに市場にあったもの。製法に加えて見せ方がうまかったのだと筆者は思っています!

フロンティアのルームズは見せ方がうまい!

まず商品本体のデザインもそうですが、この箱ですね!

箱のなしや袋で売るのが一般的なスリッパ市場の中で箱にこだわって展開していました。

フロンティアのルームズの箱にはこだわりがある

リョクシン
ルームズをリアル店舗で展開するにあたり、他のスリッパと比較して高価なのでこの差別化は販売店さんも助かるでしょう。

ルームズは袋入り

ちなみにこんな感じの袋に入っていました。

高級感ありますね!

↑目次へ戻る↑

サイズ感

ルームズのサイズ感

ルームズのサイズ感はすこし小さめ。

ただ、コンバースやナイキなどの普段履きスニーカーと同じか+0.5cm大きめがおすすめ!

リョクシン
普通のスリッパと比較してフィット感を追求しているので、多少小さく感じる方も多いようですね。
補足

ルームズは歩きやすさを考えたスリッパのため、一般的なスリッパに比較してピッタリになるように設計されていました。

↑目次へ戻る↑

フロンティア商品ラインナップ

ここからはフロンティアの商品ラインナップをみていきましょう。

ラインナップ代表画像価格用途色展開サイズ受賞歴・その他
ルームズルームズ¥2,970〜年間
室内履き
9色S(21.5-22.5cm) L(25.0-27.0cm)
M(22.5-24.5cm) LL(27.5-28.5cm)
グッドデザイン賞
ルームズプラスルームズプラス¥4,180〜屋外もOK
オフィス履き
6色ドイツのデザイン賞
ルームズ・モコルームズモコ¥3,850〜防寒
ボア素材
室内履き
5色M(22.5-24.5cm)
L(25.0-27.0cm)
ルームズ・シープルームズシープ¥3,954〜防寒
ボア+フェルト
室内履き
5色
bi×sole ASOBiアソビ¥2,200〜屋外履き4色S(23.0-23.5cm) L(25.0-25.5cm) 
M(24.0-24.5cm) LL(26.0-26.5cm)3L(27.0-27.5cm)
FOOTLIFEDaysフットライフデイズ¥2,200〜屋外履き8色M(22.5-24.5cm)
L(25.0-27.0cm)

室内履きだけではなくオフィス専用や屋外用もラインナップしていました。

それぞれ詳しくみていきましょう。

ルームズ

ルームズ

 

評価項目詳細
価格¥2,970(税込)〜
サイズS(21.5-22.5cm) L(25.0-27.0cm)
M(22.5-24.5cm) LL(27.5-28.5cm)
使用用途年間
室内履き

先ほどもご紹介しました定番品でルームシューズのルームズです。

グッドデザイン賞を受賞するデザインと機能性でおすすめ!

ルームズのカラーバリエーション

カラーバリエーションは9色。

どれもおしゃれでカッコイイですね!

リョクシン
筆者の契約しているコワーキングスペースは基本的にはルームズで統一されていますが、良い感じです。

↑目次へ戻る↑

ルームズプラス

ルームズプラス

評価項目詳細
価格¥4,180(税込)〜
サイズS(21.5-22.5cm) L(25.0-27.0cm)
M(22.5-24.5cm) LL(27.5-28.5cm)
使用用途屋外もOK
オフィス履き

ルームズプラスはオフィス履きと屋外へのちょっと出にも最適な商品です。

オフィス履きとして使用し、ランチや銀行窓口などのちょっとした外出にも対応した靴底を採用。

リョクシン
家での使用は足音の都合上、床材を選ぶため、注意しましょう。

ルームズプラスのカラーバリエーション

カラーバリエーションは6色。

一部、メッシュ素材を使用しているカラーもあり通気性に優れます!

リョクシン
ネイビーとレッド、グレーがメッシュ素材。

↑目次へ戻る↑

ルームズモコ

ルームズモコ

 

評価項目詳細
価格¥3,850(税込)〜
サイズM(22.5-24.5cm)
L(25.0-27.0cm)
使用用途室内履き
防寒(ボア)

ルームズモコは防寒タイプのルームシューズです。

ボアによる防寒で冬場に活躍。

ルームズモコのカラーバリエーション

カラーバリエーションは5色。

ヒール部分は、コーディロイ生地を使用していておしゃれです!

↑目次へ戻る↑

ルームズシープ

ルームズシープ

評価項目詳細
価格¥3,954(税込)〜
サイズM(22.5-24.5cm)
L(25.0-27.0cm)
使用用途室内履き
防寒(ボア+フェルト)

ルームズシープは防寒のルームシューズです。

ボアに加えてフェルト素材を使用しているため保温性バッチリ!

リョクシン
フェルト素材は、雪国で測れる長靴にも使用される素材なのでそれだけ保温性が高いといえますね。

ルームズシープのカラーバリエーション

ルームズシープのカラーバリエーションは5色。

リョクシン
温かみのあるデザインで良い感じです!

↑目次へ戻る↑

bi×sole ASOBi

アソビ

評価項目詳細
価格¥2,200(税込)〜
サイズM(22.5-24.5cm)
L(25.0-27.0cm)
使用用途屋外履き

ルームズプラスはオフィス専用な印象でしたが、こちらは普段履き専用の商品。

もはやルームズじゃないんですけど、フロンティアの商品なので紹介しました。

リョクシン
現在の状況下の中でそこまで長時間外出しませんので、そんなときに履けるツッカケをイメージしてるそうです。

フロンティアの外履きのASOBI

カラーバリエーションは全部で4色。

リョクシン
レッドが派手ですね!

↑目次へ戻る↑

FOOTLIFEDays

フットライフデイズ

 

評価項目詳細
価格¥2,200(税込)〜
サイズM(22.5-24.5cm)
L(25.0-27.0cm)
使用用途屋外履き

FOOTLIFEDaysも外履き専用です。

先ほどのASOBIよりも近場を歩くために開発されたのではないかと。

リョクシン
ベランダやバルコニー、庭などでも大活躍!

FOOTLIFEDaysのカラーバリエーション

FOOTLIFEDaysのカラーバリエーションは上記のとおり。

内部のデザインが派手なタイプとベーシックなものがありますね!

↑目次へ戻る↑

フロンティア『ルームズ』のスリッパをレビュー!ルームシューズ革命の火付け役!

ここからはフロンティア『ルームズ』のスリッパを詳しくレビュー。

フロンティア「ルームズ」のメリットとデメリットをレビュー

ルームズのメリットとデメリットは下記のとおり。

メリット
  1. 軽量
  2. 歩きやすい
  3. 滑りにくい
  4. 足音しにくい
  5. つまずきにくい
  6. 甲の高い人もOK
  7. 形状が変わりにくい
デメリット

連日履き続けるとクッションがへたる可能性あり

詳しくみていきましょう。

軽量

ルームズは軽量

ルームズは軽量なのが特徴。

1番大きいLLサイズで125gしかありません。

リョクシン
カカトのないスリッパは軽いと歩きやすいのでおすすめ!

歩きやすい

ルームズはトーアップで歩きやすい

ルームズはトーアップ形状で歩きやすい。

トーアップとは、つま先が接地していない形状のこと。

リョクシン
蹴り出しがしやすく、次の一歩が出しやすい形状です。

つまずきにくい

ルームズはつまずきにくい

前から見ると、地面に接地していないトーアップ形状なのがわかりやすいですね!

トーアップは割と近年、基本スペックになりつつある形状ですが、ここまで高いトーアップはあまり見かけません。

リョクシン
段差などでつまづきにくいにも良いところでしょう。

滑りにくい

ルームズの靴底

ルームズはツルツルした床材でも滑りにくいのが特徴。

ルームズはつま先が滑りにくい

つま先のこの楕円形の素材がしっかりグリップします。

ルームズはカカトも滑りにくい

カカト部分にもありました。

足音がしにくい

スエード調の素材で足音静か

また靴底の滑りにくい素材以外の場所は、足音を抑えやすいスエード調素材。

足音が少ないのはルームシューズにおいて必須項目でしょう。

リョクシン
前述のオフィス用のルームズプラスは逆に足音がする可能性があるので購入の際にはお間違えの内容に注意してください!

甲が高い人もOK

ルームズは足の甲が高い人も対応

足の甲が高い人が履いてもよいように、アッパーの頂点に切れ目が入っていました。

甲のサイズでお困りの方でも履きやすいと思います。

形状が変わりにくい

ルームズは形状が変わりにくい

安いスリッパは、平置きするとぺちゃんとアッパーが潰れてしまい履きにくいモノもありました。

ルームズは、平置きしても形状が変わりにくいです。

リョクシン
両手が塞がっていても、楽に履くことができました。

クッションのヘタリ

ルームズはクッションが低い

ルームズのデメリットを最後に見ていきましょう。

ルームズは、歩きやすさを追求しているが故に、クッションが薄めの薄底形状でした。

リョクシン
そのため連日スタンディングデスクなど本体に負荷がかかりやすい履き方をするとクッション性が低下しやすい可能性があると感じます。
注意

歩きやすさとクッション性は相反する機能でもあるので、仕方のないデメリットではないかと思います。

↑目次へ戻る↑

フロンティアのルームズのスリッパのレビューのまとめ

当記事ではフロンティアのルームズのスリッパをレビューしました。

ルームズのスリッパはルームシューズ市場に革命をもたらした商品です。

リョクシン
見せ方やその見せ方に伴った機能がありました。

オフィスやリモートワークにおすすめです。

それでは下記より簡単に記事をまとめます。

フロンティアの商品ラインナップは下記でした。

ラインナップ代表画像価格用途色展開サイズ受賞歴・その他
ルームズルームズ¥2,970〜年間
室内履き
9色S(21.5-22.5cm) L(25.0-27.0cm)
M(22.5-24.5cm) LL(27.5-28.5cm)
グッドデザイン賞
ルームズプラスルームズプラス¥4,180〜屋外もOK
オフィス履き
6色ドイツのデザイン賞
ルームズ・モコルームズモコ¥3,850〜防寒
ボア素材
室内履き
5色M(22.5-24.5cm)
L(25.0-27.0cm)
ルームズ・シープルームズシープ¥3,954〜防寒
ボア+フェルト
室内履き
5色
bi×sole ASOBiアソビ¥2,200〜屋外履き4色S(23.0-23.5cm) L(25.0-25.5cm) 
M(24.0-24.5cm) LL(26.0-26.5cm)3L(27.0-27.5cm)
FOOTLIFEDaysフットライフデイズ¥2,200〜屋外履き8色M(22.5-24.5cm)
L(25.0-27.0cm)

フロンティアのルームズのメリットは下記のとおり。

メリット
  1. 軽量
  2. 歩きやすい
  3. 滑りにくい
  4. 足音しにくい
  5. つまずきにくい
  6. 甲の高い人もOK
  7. 形状が変わりにくい

デメリットは1つです。

デメリット

連日履き続けるとクッションがへたる可能性あり

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願いします。

「もっとルームシューズについて知りたい」

そんな方に向けて下記の記事にておすすめのルームシューズを紹介しました。

もっと詳しく解説
【ルームシューズのおすすめ品ベスト5】おしゃれな商品を夏冬別にご紹介!【ルームシューズのおすすめ品を紹介】おしゃれで夏冬別で解説!

【ルームシューズのおすすめ品を紹介】おしゃれで夏冬別で解説!

「ビルケンのルームシューズについて知りたい」

そんな方に向けて下記の記事ではビルケンのルームシューズを紹介しました。

【ビルケンシュトックの室内履き】ルームシューズのツェルマットをレビュー

【ビルケンシュトックの室内履き】ルームシューズのツェルマットをレビュー【ビルケンシュトックの室内履き】ルームシューズのツェルマットをレビュー

「コロンビアのルームシューズのレビューをみたい」

そんな方に向けてコロンビアのテントシューズをレビューしました。

【コロンビアのテントシューズをレビュー】ルームシューズにもなる!

【コロンビアのテントシューズをレビュー】ルームシューズにもなる!【サイズ感紹介】【コロンビアのテントシューズをレビュー】ルームシューズにもなる!【サイズ感紹介】

コメントを残す