【ダンロップのスニーカーをレビュー】ダサくないし疲れにくいエアロジャンプがおすすめ!

【ダンロップのスニーカーをレビュー】ダサくないし疲れにくいエアロジャンプがおすすめ!

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、ダンロップのエアロジャンプをレビュー。

リョクシン
結論から申し上げますと、疲れにくい幅広のスニーカーです。

「エアマックスが幅狭くて履けない」

「疲れにくくて安価なスニーカーがほしい」

「ダサくないダンロップのスニーカーってある?」

リョクシン
そんな方におすすめな製品です。

エアロジャンプを実際に履いてレビュー

実際に履いてみて「幅広、エアで疲れにくい、滑りにくい」という感想でした。

幅広で疲れにくいスニーカーを探している方におすすめ!

この記事の著者

靴の仕事歴11年・シューフィッター

リョクシン(松下智博)

ryokushin

プロフィール

靴の仕事歴11年の松下智博です。作業靴メーカーと靴の販売店で合計11年仕事しました。シューフィッターの資格も取得しメーカー営業と販売員、シューフィッターの目線から靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

ダンロップのスニーカー『エアロジャンプ』とは?ダサい?重量やサイズ感をレビュー

エアロジャンプとは、ダンロップが開発したスニーカーです。

エアロジャンプはダンロップが開発した幅広のスニーカー

評価項目詳細
価格¥4,900〜
サイズ24.5 〜 28.0cm
サイズ感比較:1.0cm大きめ
普段履き比較:同じサイズ
通気性★★★★☆(星4つ)
クッション性★★★★☆(星4つ)
フィッティング性★★☆☆☆(星2つ)
おすすめ
使用環境
通勤◎
立ち仕事◎

正直なところ中学生やオッサンが履いている印象が強いダンロップさんの靴はファッション的に良いイメージがありませんでした。

つまりはダサい的なイメージがあります。

リョクシン
しかし、ダンロップのエアロジャンプはそんなことはありません。

エアロジャンプ はエアーで疲れにくい

ファッション性だけではなく、このエアーが最大のポイント。

一般的なスニーカーのクッション素材は加重を受けるとヘタってしまい機能が低下しやすいです。

補足

しかしダンロップエアロジャンプにはクッション素材というよりは、空気の充填されたエアーが組み込まれていました。

エアーはヘタリにくくクッション性が長続きしやすいので、疲れにくいと言えます。

ナイキのエアマックスようなクッションですね!

リョクシン
しかもエアマックスとは異なり価格が安いので立ち仕事用としてもオススメ。

エアロジャンプ はインソール入り

その他、エアーに加えてインソールが入っているので更に疲れにくい!

エアロジャンプは滑りにくい

また滑りにくい素材を使用した靴底なので、余計に踏ん張る必要がなく疲れにくいと感じました。

リョクシン
意外と忘れがちなのですが、疲れにくさには滑りにくさも重要です。

エアロジャンプは蒸れにくい

つま先にはメッシュ素材が使用されているので、通気性が高いと言えます。

蒸れにくい靴は疲れを感じにくいので立ち仕事用の靴としても優秀でしょう。

リョクシン
クッション素材の次に大事かもしれません!

↑目次へ戻る↑

重量・サイズ感・別カラー

ここからは、重量とサイズ感、別のカラーバリエーションをレビュー。

まずは、重量から見ていきましょう。

重量

エアロジャンプは28.0cmで399g

エアロジャンプの重量は、28.0cmで399gでした。

正直なところ、軽くはない数値なのですが「エアー」や「滑りにくい靴底」など機能性を高めるための素材が原因のため仕方のないことでしょう。

リョクシン
また、靴の良し悪しは重量では決まりません。

重要なのはフィッティング性

靴の良し悪しはフィッティング性で決まる

靴の良し悪しはフィッティング性で決まります。

人の足によって変わるものですが、メーカー靴の型(ラスト)次第なところもありました。

リョクシン
ダンロップのエアロジャンプは老舗の靴問屋である広島化成さんが企画しているので問題はないと思います。
注意

ただし、4Eなので足幅がせまい方にはあまりオススメはできません。

足幅が広い方にオススメします。

サイズ感

エアロジャンプのサイズ感は少し小さめ

エアロジャンプのサイズ感は、すこし小さめ。

ナイキやアディダスなどの普段履きスニーカーと比較しています。

リョクシン
普段履きスニーカーが27.5cmのところ、28.0cmでした。

サイズ選びのご参考までに筆者の靴のサイズをご案内!

筆者の所持してる靴とサイズ

【普段履きスニーカー】

  1. エアマックス(ナイキ):27.5cm
  2. スタンスミス(アディダス):27.5cm
  3. オールスター(コンバース):27.5cm

【革靴(薄手のビジネスソックス着用)】

  1. ソルボ(アキレス):26.5cm
  2. 通勤快足(リーガル):26.5cm
  3. テクシーリュクス (アシックス):26.5cm

上記のように靴のサイズ感はジャンルや履く靴下によっても変わってきます。

ご自身の足のサイズは決めつけずに上記をご参考にしていただき選んでいただければと思います。

カラーバリエーション

エアロジャンプのカラーバリエーション

カラーバリエーションは2色。

ま、正直シルバーはないかなと笑

リョクシン
ブラックがおすすめですね!

↑目次へ戻る↑

ダンロップのスニーカー『エアロジャンプ』を詳しくレビュー

ここからはダンロップエアロジャンプを詳しくレビュー。

エアロジャンプを詳しくレビュー

メリットとデメリットは下記のとおり。

メリット
  1. 安い
  2. 紐でフィッティング
  3. トーアップで歩きやすい
  4. クッション性が長持ちする
  5. エアロクッションで疲れにくい
  6. つま先から通気できるメッシュ素材
  7. 滑りにくくすり減りにくい靴底素材
デメリット
  1. メンズサイズのみ
  2. 機能性が高い分すこし重い

メリット7個でデメリット2つ(私見は除く)です。

メリットとデメリットを詳しくみていきましょう。

エアロジャンプのメリット

エアロジャンプを実際に履いてレビュー

まずはエアロジャンプのメリットからみていきましょう。

安い

エアロジャンプは安い

まずエアロジャンプは安いのが特徴。

似たようなクッション構造のエアマックスとは半値ほどの価格です。

リョクシン
税抜きで¥4,900はかなりお買い得でしょう。

紐でフィッティング

エアロジャンプは紐でフィッティングできる

エアロジャンプは紐でフィッティングできます。

靴の中でも靴紐が1番フィッティング性を高められるパーツ。

リョクシン
フィッティング性が高いと疲れにくいので、靴を選ぶのであれば基本的には靴紐の商品にしましょう。

エアロジャンプはベロが厚手でフィットしやすい

ちなみに、エアロジャンプは靴紐の他、ベロが厚手でした。

ベロとは足の甲に密着するパーツのこと。

リョクシン
ベロが厚手の靴は、容易にフィッティング性を高めやすくなります。

エアロジャンプは履き口周りもフィットしやすい

また履き口の周りの素材も厚手で脱げにくいのが特徴。

靴ズレ対策にもなるのでオススメです。

リョクシン
履き口が厚手だと足にフィットしやすいので疲れにくい!

トーアップで歩きやすい

エアロジャンプ はトーアップで歩きやすい

エアロジャンプはトーアップで歩きやすいのが特徴。

トーアップとは、つま先が接地しない形状を指します。

リョクシン
歩きやすく動きやすいので、仕事中によく歩く方にもオススメ!

クッション性が長持ちする

エアロジャンプはクッション性が長持ち

エアロジャンプはクッション性が高く、更に効果が持続しやすいのが特徴。

冒頭でお話しましたが、一般的なスニーカーに搭載されているスポンジ状の発泡素材と比較して空気を充填したエアーはクッション効果が持続します。

リョクシン
新品のときのクッションが持続しやすいのは嬉しいですね!

エアロクッションで疲れにくい

エアロジャンプはクッション性が高い

前述のとおり、エアロジャンプはエアー入りのため疲れにくいです。

その理由はエアー(エアロクッション)だけではありません。

リョクシン
エアロクッションとその他のクッション素材が組み合わさって疲れにくいのです。

エアロジャンプの構造と疲れにくい理由

上記のとおり、エアロクッションの他、EVA(スポンジ状のクッション)とインソールがあります。

このように複数の素材を使用したクッション構造を多層構造といい衝撃吸収に優れますのでオススメ。

リョクシン
3〜4層もあるので疲れにくいです!

つま先から通気できるメッシュ素材

エアロジャンプは蒸れにくい

エアロジャンプはつま先にもメッシュ素材がありました。

靴は歩き方のメカニズムからつま先から通気しやすい特徴があります。

リョクシン
よってつま先にメッシュ素材があると通気しやすくなるので蒸れにくい!

滑りにくくすり減りやすい靴底素材

エアロジャンプは滑りにくい

エアロジャンプは滑りにくい特徴があります。

その理由は靴底素材!

エアロジャンプは滑りにくい

このグリーンとブルーの間くらいの色の靴底素材がゴムを使用しています。

その他の黒い部分はTPRという軽い樹脂とゴムの間くらいの素材なので軽量性も兼ね備えていました。

エアロジャンプは着地が安定する

カカト側を見るとゴムをたくさん使用しているのがわかります。

ゴムを使用しているので、滑りにくくすり減りにくいのがメリット。

リョクシン
ゴムに比べてすり減りやすいTPRを減らしていますね。

エアロジャンプは着地が安定

さらにエアーに切れ目が入っていました。

この切れ目によって着地するときにカカトのエアーが屈曲してくれるので、地面を点ではなく面で接地できるので、安定するのです。

リョクシン
着地が安定すると疲れにくいのでオススメ!

↑目次へ戻る↑

エアロジャンプのデメリット

エアロジャンプのデメリットも解説していきましょう。

残念なことにメリットがあればデメリットもあります。

メンズサイズのみ

エアロジャンプはメンズのみ

エアロジャンプはメンズサイズしかありません。

これはデメリットでしょう。

リョクシン
可能であれば、レディースカラーも用意して販売してほしいものです。

高機能な分、すこし重たい

エアロジャンプは28.0cmで399g

本当に若干ですが、すこし重たいです。

その理由は滑りにくい靴底のゴム素材とエアロクッションが原因でしょう。

リョクシン
高機能な分、中身が詰まっているので重たくなる訳ですね!

↑目次へ戻る↑

ダンロップのスニーカー『エアロジャンプ』の口コミ・レビューをまとめます!

当記事ではダンロップのエアロジャンプをレビューしました。

エアロジャンプはダンロップのスニーカーの中でも疲れにくくダサくない商品です。

メモ

クッション性が高く長続きしやすいのが特徴。

また4Eで幅広なので足の幅が広い方にオススメです。

リョクシン
メンズサイズしかないのが残念ですが、男性の方は安いですし立ち仕事用で試してみてください。

それでは簡単に記事をまとめます。

ダンロップのエアロジャンプのメリットは7つありました。

メリット
  1. 安い
  2. 紐でフィッティング
  3. トーアップで歩きやすい
  4. クッション性が長持ちする
  5. エアロクッションで疲れにくい
  6. つま先から通気できるメッシュ素材
  7. 滑りにくくすり減りにくい靴底素材

デメリットは下記のとおり。

デメリット
  1. メンズサイズのみ
  2. 機能性が高い分すこし重い

最後までお読みいただきありがとうござました。

下記の関連記事もよろしくお願い致します。

「もっと幅広の靴について知りたい」

そんな方に向けて下記の記事で、幅広の靴の選び方とおすすめ商品を紹介しました。

もっと詳しく解説
幅広スニーカー を紹介します、幅広の靴のおすすめ商品をご紹介【メンズ・レディース】

「もっと立ち仕事で疲れにくい靴を知りたい」

そんな方に疲れにくい靴を徹底レビューしました。

もっと詳しく解説
立ち仕事でお疲れの方は靴が原因ですよ!疲れないスニーカーを徹底解説!立ち仕事でお疲れの方は靴が原因ですよ!疲れないスニーカーを徹底解説!

よろしくお願いします!

コメントを残す