【ウィンジョブCP211SLIP-ONをレビュー】サイズ感や履き心地をご紹介!

【ウィンジョブCP211SLIP-ONをレビュー】サイズ感や履き心地をご紹介!

どーも、靴の仕事歴11年のリョクシンです。

今回は、ウィンジョブCP211SLIP-ONをレビュー。

リョクシン
結論から申し上げますと、アシックスのめっちゃ脱ぎ履きしやすいプロスニーカーです。

「作業靴を脱ぎ履きする機会が多い」

「重たい荷物を持ちながら靴を脱ぎ履きすることがある」

「塗装エリアと危険なエリアの行き来で簡単に靴を履き替えたい」

リョクシン
そんな方におすすめです。

実際に履いてみて「履き心地がよい、脱ぎ履きしやすい、サイズ感は普段履きと同じ」という感想でした。

脱ぎ履きしやすく疲れにくいプロスニーカーを探してる方におすすめします!

この記事の著者

靴の仕事歴11年・シューフィッター

リョクシン(松下智博)

ryokushin

プロフィール

靴の仕事歴11年の松下智博です。作業靴メーカーと靴の販売店で合計11年仕事しました。シューフィッターの資格も取得しメーカー営業と販売員、シューフィッターの目線から靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

ウィンジョブCP211SLIP-ONをレビュー!サイズ感や安全性、メリットデメリットを紹介!

ウィンジョブCP211SLIP-ONはアシックスが開発したプロスニーカー!

ウィンジョブCP211SLIP-ONはアシックスのプロスニーカー

評価項目詳細
価格¥9,570(定価)
サイズ22.5~30.0cm
足幅(ワイズ)3E
カラー展開3色
安全性JSAAのA種
★★★★☆(星4つ)
通気性★★★☆☆(星3つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
クッション性★★★★★(星5つ)
おすすめの使用環境一般的な現場・倉庫

アシックスはJIS規格の安全靴やJSAA規格のプロスニーカーを『ウィンジョブ』というブランドで展開。

ウィンジョブCP211SLIP-ONはその中でも履き口が広いタイプで脱ぎ履きしやすいのが特徴です。

リョクシン
ウィンジョブのスリッポンタイプの中でも1番脱ぎ履きしやすいタイプ!

安全基準はJSAAのA種

ウィンジョブCP211SLIP-ONはA種

ウィンジョブCP211SLIP-ONの安全基準はJSAAのA種です。

プロスニーカーですので、JIS規格を取得した安全靴ではありません

補足

現在のところ、主流はプロスニーカーです。

多くの方は履いてる靴はほとんどがプロスニーカー。

安全靴は溶接で火花がまう現場や高温の機械油が飛ぶような環境で履くものです。

安全靴やプロスニーカーの違いやおすすめ品を知りたい方は下記の記事も見てみてください!

おすすめの安全靴とプロスニーカーとの違いを解説した記事はこちら。

安全靴のおすすめ品を紹介します。立ち仕事でも疲れない!【安全靴の人気おすすめ品を解説!】立ち仕事でも疲れない・蒸れない安全靴はコレだ!

↑目次へ戻る↑

カラーバリエーション

ウィンジョブCP211SLIP-ONのカラーバリエーション

ウィンジョブCP211SLIP-ONのカラーバリエーションは、3色ありました。

個人的にはピーコート×ハバネロがアシックスっぽくって好き!

リョクシン
ただし、選ぶカラーによって作業環境によって汚れにくさが変わるので、ファッション性ではなく実用性でも選んでみてください。

↑目次へ戻る↑

重量

ウィンジョブCP211SLIP-ONの重量は27.5cmは428g

ウィンジョブCP211SLIP-ONの重量は27.5cmで428g

軽いとは言えませんが、重くもない程度。

リョクシン
脱ぎ履きがしやすいため、フィッティング性がめっちゃ高いとは言えませんが、その割りにはフィット感があるので、重たくは感じにくいと思いました。

↑目次へ戻る↑

サイズ感

ウィンジョブCP211SLIP-ONのサイズ感は普段履きと同じでOK

ウィンジョブCP211SLIP-ONのサイズ感は普段履きスニーカーと同じサイズ。

普段履きスニーカーが27.5cmのところ、27.5cmでした。

注意

ウィンジョブはシリーズによっては27.0cmを選択した製品もありました。

そのためウィンジョブを履いたことがあるからと言って同じサイズを選ばないようにしましょう。

下記の記事にてアシックスのウィンジョブについて解説しました。

サイズ感など比較して選んでみてください!

アシックスのウィンジョブを比較して選びたい方はこちら

【2021年】アシックスの安全靴『ウィンジョブ』のおすすめ品はコレだ!!【新作まで解説!】

↑目次へ戻る↑

メリット

アシックスのウィンジョブCP211SLIPONのメリットを紹介

ここからはウィンジョブCP211SLIP-ONのメリットを見ていきましょう。

メリット
  1. 反射材つき
  2. 脱ぎやすい
  3. 履きやすい
  4. 蒸れにくい
  5. インソール入り
  6. 最低限のフィット感
  7. 全方向に滑りにくい
  8. GEL素材で疲れにくい
  9. 先芯の部分が破れにくい
  10. トーアップで歩きやすく安全

それぞれ見ていきましょう。

反射材つき

ウィンジョブCP211SLIP-ONは反射材付き

ウィンジョブCP211SLIP-ONは反射材(リフレクター)付き。

夜間やトンネルなどの暗闇作業にて光が当たることで、反射して作業者の視認性を高めます!

リョクシン
暗闇作業をする可能性のある方は、本体のカラーリングも目立つ色にしましょう。

脱ぎ履きやすい

ウィンジョブCP211SLIP-ONは脱ぎ履きしやすい

ウィンジョブCP211SLIP-ONは脱ぎ履きしやすいように履き口が広い!

履き口が広いことで、足を靴に入れやすくなり、抜きやすくもなります。

リョクシン
手を使わずに脱ぎ履きが可能ですし、手に持った荷物で足元が見えなくても、靴が履きやすいでしょう!

最低限のフィット感

ウィンジョブCP211SLIP-ONは足にしっかりフィット

脱ぎ履きしやすい靴の多くは一般的には足にフィットしにくいです。

しかし、ウィンジョブCP211SLIP-ONはベロに厚みがあり足にフィット!

リョクシン
ベロとは、筆者がつまんでいる部分のことです。

ウィンジョブCP211SLIP-ONは甲ゴムでフィット

さらにベロをめくると甲ゴムというパーツが見えます。

ゴムの伸縮性もよいため、甲が高い方でも履きやすい!

リョクシン
作業用の靴なので、あらゆる足にある程度フィットするように作られています。

ウィンジョブCP211SLIP-ONはカカトでもフィット

またウィンジョブCP211SLIP-ONはカカトでもフィットします。

カカト幅がすこし狭めなので、カカトをしっかりホールド!

ウィンジョブCP211SLIP-ONは脱ぎやすい

リョクシン
脱ぎ履きしやすいようにカカトが低いので、履いているときはホールドして、脱ぎたいときには脱ぎやすい設計をしています。

蒸れにくい

ウィンジョブCP211SLIP-ONは蒸れにくい

ウィンジョブCP211SLIP-ONはつま先にメッシュ素材を使用しています。

通気口のあるメッシュ素材がつま先にあることで、歩行のメカニズム上、靴内部へ通気しやすいので蒸れにくい

リョクシン
メッシュの目が細かいので、異物が入りにくいのが良いですね。

インソール入り

ウィンジョブCP211SLIP-ONはインソール入り

ウィンジョブCP211SLIP-ONはインソール入りで疲れにくい!

インソールはSRBインソールというアシックスがスポーツシューズに採用しているインソールです。

ウィンジョブCP211SLIP-ONのインソールの裏面

リョクシン
足裏にフィットするので、作業がしやすいので疲れにくい!

全方向に滑りにくい

ウィンジョブCP211SLIP-ONは滑りにくい

ウィンジョブCP211SLIP-ONは滑りにくい靴底

ただ滑りにくいだけじゃなく、全方向に滑りにくい特徴があります。

リョクシン
タテヨコ斜めの全方向に滑りにくいのはアシックスのCPソールだけ!

ウィンジョブCP211SLIP-ONは全方向滑りにくい

筆者はワークシューズのメーカーに5年11ヶ月勤めていましたが、この靴底をアシックスが開発してきたときビックリしました!

細かくは解説できないのですが、それまでの理論上は全方向は無理だからです。

リョクシン
ヨコ滑り対策をすれば、タテに滑り、タテ滑りを対策すれば、ヨコに滑ると行った感じ!それを改善してしまうとは、アシックスには脱帽でした!

GEL素材で疲れにくい

GEL素材で疲れにくい

内蔵されているため、画像ではわからないのですが、カカト下にGEL素材が入っています。

ウィンジョブCP211SLIP-ONのGELはシリコン素材であり、靴本体のクッション(画像の白い部分)はEVAという素材のため、クッション素材が多層構造!

リョクシン
多層構造は、衝撃を吸収しやすく疲れにくく、実際にウィンジョブのユーザーからは「夕方以降の疲れが違う」という意見があります。

トーアップで歩きやすい

ウィンジョブCP211SLIP-ONはトーアップで歩きやすい

ウィンジョブCP211SLIP-ONはクッション性が高いのですが、一般的にクッション性が高い靴は歩きにくいデメリットがあります。

それはクッション素材が厚すぎたり、衝撃を吸収しすぎるので、推進力がなくなるようなケース。

リョクシン
ウィンジョブCP211SLIP-ONは上記の画像のように、平置きするとつま先が設置しないトーアップ形状です!

つま先が破れにくい

ウィンジョブCP211SLIP-ONはつま先が破れにくい

安全靴やプロスニーカーのデメリットはつま先の素材が破れやすいこと。

ウィンジョブCP211SLIP-ONはつま先にポリウレタンで補強しており破れにくい

ウィンジョブCP211SLIP-ONはつま先がゴムで破れにくい

さらに、靴底のゴム素材が先ほどのポリウレタンの前方にあるため、つま先が破れにくい!

つま先が破れたことで買い替える必要があるため、これは助かりますね!

リョクシン
ちなみに、ウィンジョブCP211SLIP-ONの先芯は強化ガラス繊維のため、先芯が濡れてもサビる心配はありません

↑目次へ戻る↑

デメリット

ウィンジョブCP211SLIP-ONのデメリット

最後にウィンジョブCP211SLIP-ONのデメリットを見ていきましょう!

デメリット

足にフィットしにくい

仕方のないデメリットですが、ウィンジョブCP211SLIP-ONは脱ぎ履きしやすい分、足にフィットしにくいです。

そのため、フィッティング性の高いプロスニーカーをお探しの方は、別の製品を使用しましょう!

ちなみに、スリッポンでフィッティング性の高いプロスニーカーはあります。

下記の記事にておすすめのスリッポンのプロスニーカーを紹介しましたので、見てみてください!

おすすめのスリッポンのプロスニーカー・安全靴を紹介した記事はこちら

【スリッポンの安全靴のおすすめ製品を紹介!】メーカーやタイプ別に解説します【紐なし】

↑目次へ戻る↑

ウィンジョブCP211SLIP-ONのレビューをまとめ!

当記事ではウィンジョブCP211SLIP-ONをレビューしました。

ウィンジョブCP211SLIP-ONはアシックスが開発したプロスニーカーの中でも脱ぎ履きしやすい製品。

リョクシン
ウィンジョブシリーズの中でも圧倒的に脱ぎ履きしやすいプロスニーカーのため、靴の脱ぎ履きが多い方におすすめします。

それでは下記より簡単に記事をまとめます。

ウィンジョブCP211SLIP-ONのメリットは下記のとおり!

メリット
  1. 反射材つき
  2. 脱ぎやすい
  3. 履きやすい
  4. 蒸れにくい
  5. インソール入り
  6. 最低限のフィット感
  7. 全方向に滑りにくい
  8. GEL素材で疲れにくい
  9. 先芯の部分が破れにくい
  10. トーアップで歩きやすく安全

デメリットは1つです。

デメリット

足にフィットしにくい

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願いします。

もっと詳しく解説
【安全靴の販売店をご紹介!】ホームセンターやワークマンなど店舗がおすすめ! 【滑らない安全靴とは?】留め具別にすべて解説します! 【ローカットの安全靴を徹底レビュー】機能やタイプ別に解説します! 【メッシュの安全靴をご紹介!】メーカー別・ハイカット等もご紹介! 【ダイヤル式の安全靴でおすすめ製品とは?】ディアドラやアシックスで決まり!

コメントを残す