【アシックスGEL119-R-Ⅲをレビュー】消防操法の専用シューズの最高峰!

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、アシックスのGEL119-R-Ⅲをレビュー。

リョクシン
結論から申し上げますと消防操法シューズの中で最高峰の製品でしょう。

「消防団に加入している」

「消防操法の大会に参加する」

リョクシン
そんな方におすすめな製品です。

実際に履いてみて「軽い、踏ん張りが効く、滑りにくい」と大満足です。

安全靴のような、つま先に先芯の入った靴ではないので、ご注意ください。

アシックスGEL119-R-Ⅲとは?サイズ感と重量をご案内!

GEL119-R-Ⅲとは、アシックスが開発した消防操法シューズ。

アシックスは、日本発の世界的スポーツメーカーです。

安全靴やナースシューズなど作業用シューズも開発。

評価項目詳細
価格¥10,780〜(通販による)
サイズ24.5~29.0cm
サイズ感普段履き比較:同じサイズ推奨
カラー展開2色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAA:A種
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境消防操法

アシックスの作業用シューズは、どの製品もスポーツシューズの技術を活かした製品で履き心地がよい!

GEL119-R-Ⅲは、消防団が主なユーザーですが、コアなユーザー向けにしっかり作られていました。

私は、知らなかったのですが消防操法には、大会があるそうで、優勝を狙うにはアシックスがよいとのこと。

リョクシン
まったく知らない世界でした。

重量

GEL119-R-Ⅲの重量は27.0cmで239gでした。

軽いですね。

靴は、軽ければよい訳ではなく、フィッティング性が重要。

リョクシン
GEL-R-Ⅲのみならずアシックスの製品は、基本的にどれもフィッティング性が高い印象を受けます。

サイズ感

GEL119-R-Ⅲのサイズ感は、普段履きスニーカーと同じくらい。

甲が高い方や幅が広い方は、大きめのサイズを推奨します。

靴選びのご参考までに筆者の所持している靴のサイズをご案内!

筆者の靴ラインナップ

普段履きのスニーカー

アシックス・アキレス ⇒ 27.5cm
ナイキ・アディダス・プーマ ⇒ 28.0cm
ニューバランス ⇒ 27.5cm

革靴

リーガル ⇒ 26.5cm
テクシーリュクス ⇒ 26.5cm

安全靴

GEL119-R-Ⅲ ⇒ 27.5cm

※足は狭めです。

ぜひ、参考にしてみてください。

↑目次へ戻る↑

アシックスGEL119-R-Ⅲを詳しくレビュー!

アシックスGEL119-R-Ⅲを詳しくレビューします。

GEL119-R-Ⅲを履いて感じたメリットデメリットは下記。

メリット
  1. フィッティング性が高い
  2. 通気性がある
  3. 甲当たりが優しい
  4. SpEVAで反発力と衝撃吸収を両立
  5. 滑りにくい
デメリット
  1. 第一放水隊員は、足が濡れる可能性がある

メリットとデメリットを詳しく見るために、パーツ別に見ていきましょう。

靴は大きく分けて3つのパーツに分けることが可能。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

この3つのパーツが「靴のどこに当たるのか?」を図解しました。

靴のパーツの名称を解説

上から順番にアッパーから見ていきましょう。

 

アッパー

靴のパーツのアッパーの場所について解説

アッパーは、足を包むこむパーツ。

フィッティング性通気性に関係します。

GEL-R-Ⅲは、フィッティング性と通気性に優れるアッパーでした。

画像のとおり、甲が低めなので甲高の方はサイズ選びでお気をつけください。

マジックテープが互い違い

マジックテープが互い違いでした。

通常のマジックテープは、同方向に並びますが、最後の1本だけ別方向に向いていますね。

ピースしている訳ではありません。

マジックテープが互い違いなことを説明したかったのですw

甲当たりが優しい

甲に当たる部分をベロやシュータンなんて呼びます。

シュータンが適度に厚手なので、甲あたりよく、通気性もありました。

あまりシュータンが厚すぎると蒸れてしまうことがあります。

メッシュ素材

つま先が側に通気性のあるメッシュ素材を使用していました。

歩くたびに靴の中へ空気を送るのに、最適なのは、つま先の上に通気口を設定すること。

よって、非常にGEL119-R-Ⅲは、通気性がよいと言えます。

リョクシン
ただし、放水のときに最前線にいく第一放水隊の方は、水が靴の中に入ってくる可能性は捨てきれません。
アッパーまとめ

  • メリット①:フィッティング性が高い
  • メリット②:通気性がある
  • メリット③:甲当たりが優しい

↑目次へ戻る↑

クッション

靴のパーツのクッションの場所について解説

続いて、クッションについて解説します。

クッションは、足の裏から体重を支えるパーツ。

履き心地や疲れにくさに関係します。

薄底

GEL119-R-Ⅲは、クッション素材の厚みが薄い、薄底

薄底は、動かないような立ち仕事では、疲れやすいです。

ただし、動きやすいメリットもありました。

消防団の方は、水が勢いよく通る、重いホースを使用するなど、踏ん張る必要があります。

踏ん張りを効かすには、厚底ですと、力を吸収してしまうため、薄底がベスト。

地面に力を効率的に伝えることが可能です。

SpEVAインソール

SpEVAインソールは、EVAという水泳で使われるビート板に使われる素材に反発力を与えたもの。

EVAは衝撃の吸収に優れるものの、推進力になる反発力がありません。

SpEVAは、衝撃を吸収しつつ、消防団に必要な動きやすさをプラスしたもので快適です。

クッションまとめ

  • メリット④:SpEVAで反発力と衝撃吸収を両立

↑目次へ戻る↑

靴底

靴のパーツの靴底の場所について解説

最後に、靴底について解説します。

靴底は、地面に接地する素材。

滑りにくさに大きく関係します。

GEL119-R-Ⅲの靴底は、滑りにくい素材を使用。

特につま先側は滑りにくさに特化していました。

踏ん張るのに向いていますね。

リョクシン
カカト側は、踏ん張りというよりは、重心移動のしやすい素材で、意図的にグリップは弱め。

滑りにくさは、作業内容によって高ければよいという訳ではありませんからね。

靴底まとめ

  • メリット⑤:滑りにくい

↑目次へ戻る↑

アシックスGEL119-R-Ⅲのレビューまとめ

当記事では、GEL119-R-Ⅲをレビューしました。

GEL119-R-Ⅲは、アシックスが開発した消防操法の専用シューズ。

薄底で踏ん張りが効いて、作業性の高い製品でした。

リョクシン

安全靴ではなく、つま先に先芯は入っていません。

消防操法の大会に出場される方におすすめ!

それでは、下記より簡単に記事をまとめます。

GEL119-R-Ⅲのメリットは、5つありました。

メリット
  1. フィッティング性が高い
  2. 通気性がある
  3. 甲当たりが優しい
  4. SpEVAで反発力と衝撃吸収を両立
  5. 滑りにくい

デメリットは、1つです。

デメリット
  1. 第一放水隊員は、足が濡れる可能性がある

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願い致します。

コメントを残す