【ウィンジョブFFR70Sをレビュー】アシックス の本革の安全靴!!

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、ウィンジョブFFR70Sをレビューしました。

リョクシン
結論から申し上げますとアシックス の本革の安全靴です。

「疲れにくい安全靴がほしい」

「JIS規格をクリアした安全靴を探している」

「安全靴の中でもつま先ガードのある製品がほしい」

リョクシン
そんな方におすすめします。

実際に履いてみて疲れにくい、足にフィットする、つま先ガードがあって長持ち」と大満足です。

JIS規格S種の安全靴を探している方におすすめ!

 

ウィンジョブFFR70Sとは?サイズ感や重量をご案内

ウィンジョブFFR70Sとは、アシックスが開発した安全靴です。

ご存知かと思いますが、アシックスは日本発の世界的スポーツメーカー。

アシックスは、安全靴も多数ラインナップしていてスポーツシューズの技術が活かされていて快適です。

評価項目詳細
価格¥16,500〜(通販による)
サイズ22.5~30.0cm
サイズ感普段履き比較:同じサイズ推奨
カラー展開1色
安全性★★★★☆(星4つ)
JIS:S種
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境溶接・火花の飛ぶ環境

アシックスは、安全靴のラインナップをウィンジョブというブランドで展開。

疲れにくいのは、もちろんのこと滑りにくいし、先芯の強度も高く安全性も間違えありません。

JIS規格のS種をクリアしています。

リョクシン
ウィンジョブFFR70Sは、本革の安全靴です。

溶接など火花が飛ぶ現場でもアッパーに穴が空きにくい。

足にしっかりフィットして歩きやすさも感じました。

重量

ウィンジョブFFR70Sの27.0cmの重量は、27.0cmで411gでした。

安全靴の中では、軽い方です。

靴は、軽ければ良い訳ではなく、重要なのはフィッティング性。

リョクシン
もちろん、アシックスなのでフィッティング性は問題ありませんでした。

フィッティング性が高いと靴内で足がバタバタしませんし、疲れにくい!

結果、安全性も高まりますね。

サイズ感

ウィンジョブFFR70Sのサイズ感は、普段履きスニーカーと比較して少し大きめ

アディダスやナイキなどの普段履きスニーカーが27.5cmですが、こちらは27.0cmでした。

サイズ選びの参考に、筆者の所持している靴のサイズをご紹介!

筆者の靴ラインナップ

普段履きのスニーカー

アシックス・アキレス ⇒ 27.5cm
ナイキ・アディダス・プーマ ⇒ 27.5cm
ニューバランス ⇒ 27.5cm

革靴

リーガル ⇒ 26.5cm
テクシーリュクス ⇒ 26.5cm

安全靴

ウィンジョブ ⇒ 27.0cm

※足は狭めです。

ぜひ参考にしてみてください。

↑目次へ戻る↑

アシックス のウィンジョブFFR70Sを詳しくレビューします。

ここからは、ウィンジョブFFR70Sを詳しくレビューします。

履いてみて感じたメリットデメリットは下記。

メリット
  1. 本革
  2. JIS規格S種クリアの安全靴
  3. 2本のマジックテープ
  4. フィッティング性の高い設計
  5. つま先ガードがある
  6. 履き心地がよい
  7. α-GELで履き心地が長続き
  8. 靴内で滑りにくいインソール
  9. 滑りにくい靴底
  10. 靴底がすり減りにくい
デメリット

お手入れ必要

以上のメリットとデメリットをパーツ別に詳しく解説しました。

靴は大きく分けて3つのパーツがあります。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

この3つのパーツが「靴のどこに当たるのか」を図解しました。

 

靴のパーツの名称を解説

上から順番にアッパーから見ていきましょう。

↑目次へ戻る↑

アッパー(通気性)

靴のパーツのアッパーの場所について解説

アッパーは、足を包みこむパーツ。

通気性フィッティング性に関係します。

本革

ウィンジョブFFR70Sは、本革です。

安全靴の認定には、JIS規格T8101をクリアする必要があり、その条件の1つに本革という決まりがありました。

本革は、火花などで穴があく可能性が低く、安全性の高い素材です。

リョクシン
また、足に馴染みやすく蒸れにくいメリットもありました。

つま先ガードあり

つま先のアッパーが破れにくいようにカバーがありました。

ポリウレタンの樹脂だと思いますが、これがあるのと無いのとでは耐久性に大きな違いがあります。

マジックテープ2本

マジックテープが2本ありました。

割と太いですし、フィッティング性を高めていると感じます。

靴ヒモですと「ほどけて」転倒してしまう可能性もあるので、嬉しいですね。

設計がよい

靴のフィッティング性の良し悪しは、設計の時点で決まります。

アシックスの設計は、本当によく快適。

特に、靴の頂点から親指までの設計がよく動きやすいのです。

リョクシン
とにかく、アシックスがすごいということで!

アッパーまとめ

  • メリット①:本革
  • メリット②:JIS規格S種クリアの安全靴
  • メリット③:2本のマジックテープ
  • メリット④:フィッティング性の高い設計
  • メリット⑤:つま先ガードがある
  • デメリット①:お手入れ必要

 

↑目次へ戻る↑

クッション(履き心地)

靴のパーツのクッションの場所について解説

続いて、クッションについて見ていきましょう。

クッションは、足の裏から体重や荷重を支えるパーツ。

疲れにくさ履き心地に関係します。

厚底

クッションに厚みのある靴を厚底と呼びます。

厚底は、素材にもよりますが、立ち仕事でも疲れにくいのでおすすめ!

α-GEL入り

アシックス α-GEL

α-GEL®︎というゲル素材が、カカト下に入っていました。

ゲル素材は、通常の靴に使われるクッション素材とは異なり、ヘタリにくい特徴があります。

長時間の使用でも疲れにくいという意見が多数ありました。

リョクシン
α-GELが多いに関係します。

インソールが良い

インソールは、靴の中で滑りにくい加工がありました。

黒い部分がシリコン素材でプリントされていて滑りにくい。

また、インソールの形状も足の裏の形状に沿う形で疲れにくいのも嬉しいですね。

クッションまとめ

  • メリット⑥:履き心地がよい
  • メリット⑦:α-GELで履き心地が長続き
  • メリット⑧:靴内で滑りにくいインソール

↑目次へ戻る↑

靴底(すべりにくさ)

靴のパーツの靴底の場所について解説

最後に、靴底について見ていきましょう。

靴底は、地面に接地するパーツ。

滑りにくさ耐久性に関係します。

靴底

靴底の形状で滑りにくさが決まります。

ウィンジョブFFR70Sは、滑りにくい靴底。

水や油でも滑りにくく、JIS規格の付加機能の防滑Fをクリアしていました。

すり減りにくい

この靴底のすごいところは、すり減りにくいこと。

靴底がすり減りにくければ、長持ちしますね。

また滑りにくさも長期間継続するでしょう。

靴底まとめ

  • メリット⑨:滑りにくい靴底
  • メリット⑩:靴底がすり減りにくい

↑目次へ戻る↑

ウィンジョブFFR70Sのレビューをまとめます。

当記事では、アシックスのウィンジョブFFR70Sをレビューしました。

ウィンジョブFFR70Sは、JIS規格のS種をクリアした安全靴です。

本革なので、火花が当たっても穴が開きにくい!

リョクシン
これは嬉しいですよね!

JIS規格の付加機能のEをクリアしているので、疲れにくいです。

また付加機能Fもクリアしているので、滑りにくさもありました。

リョクシン
とにかく、疲れにくい安全靴探している方におすすめ!

それでは、下記より簡単に記事をまとめます。

ウィンジョブFFR70Sを履いて感じたメリットは下記。

メリット
  1. 本革
  2. JIS規格S種クリアの安全靴
  3. 2本のマジックテープ
  4. フィッティング性の高い設計
  5. つま先ガードがある
  6. 履き心地がよい
  7. α-GELで履き心地が長続き
  8. 靴内で滑りにくいインソール
  9. 滑りにくい靴底
  10. 靴底がすり減りにくい

デメリットは1つです。

デメリット

お手入れ必要

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願いします。

「もっと安全靴・プロスニーカーについて知りたい」

そんな方に向けて安全靴・プロスニーカーについて徹底解説しました。

もっと詳しく解説
【2020年】安全靴の人気おすすめ品を徹底解説!【サイズ感もご案内】

ぜひ、参考にしてみてください。

コメントを残す