【ウィンジョブ®︎CP307BOAをレビュー】ダイヤル式とマジック仕様のアシックスのプロスニーカー

【ウィンジョブ®︎CP307BOAをレビュー】ダイヤル式とマジック仕様のアシックスのプロスニーカー

どーも、靴の仕事歴11年のリョクシンです。

今回は、ウィンジョブ®︎CP307BOAをレビュー。

リョクシン
結論から申し上げますと、アシックスが開発したダイヤルとマジックテープでフィットするプロスニーカーです。

「ダイヤル式で普段よりサイズを微調整したい」

「ダイヤル式で耐久性の高い製品を探している」

「つま先から異物が入りにくいプロスニーカーがほしい」

リョクシン
そんな方におすすめの製品です。

実際に履いてみて「クッション性が高い、ワイヤーが引っ掛かりにくい、深くしゃがむと甲がベロに当たる」という感想でした。

ぜひ、参考にしてみてください!

疲れにくいおすすめ安全靴・プロスニーカーを紹介した記事はこちら!

この記事の著者

靴の仕事歴11年・シューフィッター

リョクシン(松下智博)

ryokushin

プロフィール

靴の仕事歴11年の松下智博です。作業靴メーカーと靴の販売店で合計11年仕事しました。シューフィッターの資格も取得しメーカー営業と販売員、シューフィッターの目線から靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

ウィンジョブ®︎CP307BOAをレビュー!サイズ感や重量

ウィンジョブCP307BOAとは、アシックスが開発したプロスニーカー(A種)。

ウィンジョブCP307BOAはアシックスが開発

評価項目詳細
価格¥14,080(定価)
サイズ22.5~30.0cm
足幅(ワイズ)3E
カラー展開3色
安全性JSAAのA種
★★★★☆(星4つ)
通気性★★☆☆☆(星2つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
クッション性★★★★★(星5つ)
おすすめの使用環境一般的な現場・倉庫

アシックスはウィンジョブ®︎というブランドで安全靴やプロスニーカーを多数ラインナップ。

ウィンジョブCP307BOAはその中でもマジックテープとダイヤルでサイズ調整するプロスニーカーです。

リョクシン
普通のダイヤルだけのモデルよりサイズの微調整がしやすく耐久性も高いのが特長。
補足

その他、ダイヤルのワイヤーが引っかかりにくい効果も見込めます。

ワイヤーが中央にあると足の動作の都合上、台車やモノに引っかかりやすいデメリットがありました。

口コミ

台車や運転、資材の持ち運びなどワイヤーが引っかかると危険な状況で活躍することが見込めます。

ただし、ヨコ移動などが多い現場や深くしゃがむ作業がある方は別の製品を選びましょう。

リョクシン
ウィンジョブCP307BOAはサイドにワイヤーがあり、ダイヤル部分が甲に当たるためです。

カラーバリエーション

ウィンジョブCP307BOAのカラーバリエーション

ウィンジョブCP307BOAのカラーバリエーションは上記のとおり。

どれもカッコイイですね!

リョクシン
ネオンライム×ブラックは視認性が求められる現場におすすめ。

重量

ウィンジョブCP307BOAは27.0cmで464g

ウィンジョブCP307BOAの重量は27.0cmで464g

耐久性が高く、滑りにくく、靴の中に異物が入りにくいプロスニーカーは重たくなりがちです。

リョクシン
ウィンジョブCP307BOAは上記のようなメリットをすべて持っている割りには軽量だと感じました。

サイズ感

ウィンジョブCP307BOAのサイズ感は少し大きめ

ウィンジョブCP307BOAのサイズ感はすこし大きめ。

コンバースなどの普段履きスニーカーと比較しています。

リョクシン
普段履きスニーカーが27.5cmに対して27.0cmでした。
筆者の靴サイズ

↓普段履きスニーカー

  • オールスター:27.5cm
  • スタンスミス:27.5cm
  • エアマックス90:27.5cm

※上記のサイズは、ユニクロの定番ソックス着用時

↓革靴(ビジネスシューズ)

  • リーガル:26.5cm
  • テクシーリュクス:26.5cm

※上記のサイズは、薄手のビジネスソックス着用

↓安全靴・プロスニーカー

  • ミズノ:27.5cm
  • プーマ:27.5cm
  • ハイパーV#2000:27.5cm

靴のサイズ選びのご参考までに筆者の靴のサイズを紹介します!

↑目次へ戻る↑

ウィンジョブ®︎CP307BOAのメリットとデメリットを紹介!

ここからはウィンジョブ®︎CP307BOAを詳しくレビューしていきます。

ウィンジョブCP307BOAを詳しくレビュー

ウィンジョブCP307BOAのメリットとデメリットは下記のとおり。

メリット
  1. 反射材あり
  2. 滑りにくい
  3. 耐久性が高い
  4. インソール入り
  5. 異物が入りにくい
  6. クッション性が良い
  7. クッション性が長持ち
  8. ダイヤルで楽々フィット
  9. カカトでしっかりホールド
  10. マジックテープでダイヤル保護
デメリット
  1. 通気性
  2. ベロが硬い

それぞれ詳しくみていきましょう。

メリット

ウィンジョブCP307BOAのメリットを解説

まずは、ウィンジョブCP307BOAのメリットから見ていきましょう。

前述のとおり、ウィンジョブCP307BOAのメリットは10個ありました。

1.反射材あり

ウィンジョブCP307BOAは反射材で視認性が高い

ウィンジョブCP307BOAは反射材がありました。

反射材はトンネルや夜間などの暗闇作業で活躍します。

リョクシン
急な暗闇作業でも問題なし!

「2.異物が入りにくい」&「3.耐久性が高い」

ウィンジョブCP307BOAは異物が入りにくく耐久性も高い

ウィンジョブCP307BOAのつま先には、メッシュなどの通気口のある素材がないため、靴の中に異物が入りにくい。

またつま先の黄色の部分は衝突から素材が破れることを防止する効果があります。

リョクシン
黒い部分は地面に設置する靴底の素材ですが、上まで巻き上がっているため、さらに衝突から保護することが可能!

4.カカトでしっかりホールド

ウィンジョブCP307BOAは踵幅が狭い

ウィンジョブCP307BOAのカカト幅はすこし細め

カカト幅を細身にすることで、足がしっかり固定され作業中もブレにくくなります。

リョクシン
実は筆者は足が細身でEか2Eなのですが、3EのウィンジョブCP307BOAでもフィッティング性が高く感じたのは、このカカト幅があってこそでしょう。

「5.ダイヤルで楽々フィット」&「6.マジックテープで保護」

ウィンジョブCP307BOAはダイヤルでフィッティング

ウィンジョブCP307BOAの最大の特長はBOA社のダイヤルでしょう。

ウィンジョブCP307BOAはBOA社のダイヤル式

ダイヤル式の使用する手順は下記のとおり!

ダイヤルの使用手順

  • ①ダイヤル中心を押す
  • ②時計周りに回す(フィット感が締まる)
  • ③引く(フィット感をゆるめる)

ウィンジョブCP307BOAはダイヤルとマジックテープ仕様

冒頭で説明しました通り、ウィンジョブCP307BOAはダイヤル式とマジックテープ仕様

このような使用をするメリットは下記のとおり。

メリット
  1. ワイヤーが引っかかりにくい
  2. ダイヤルにゴミが詰まりにくい
  3. マジックテープを緩めてサイズを微調整

ダイヤル式は使用していて不具合が発生する可能性がありました。

しかし、マジックテープで保護されることで耐久性がアップ。

リョクシン
またマジックテープの締め具合でサイズ調整が可能です。

ウィンジョブCP307BOAはワイヤーが内側にある

ただし、ウィンジョブCP307BOAはワイヤーが内側にありました。

そのため足場作業や建物の間などの狭い場所で作業するときは注意しましょう。

リョクシン
ワイヤーが引っかかる可能性があるためです!

7.インソール入り

ウィンジョブCP307BOAはインソール入り

ウィンジョブCP307BOAはインソール入りでした。

ウィンジョブCP307BOAのSRBインソール裏面

インソールはアシックスのスポーツシューズでも使用されているSRBインソール

SRBインソールは疲れにくい

リョクシン
足裏にフィットして疲れにくく、靴内部で足と靴との隙間を埋める形状のため、フィッティング性も高まります。

「8.クッション性が良い」&「9.クッション性が長続き」

ウィンジョブCP307BOAはクッション性が高い

ウィンジョブCP307BOAはインソールに加えてクッション素材に厚みがあるため、クッション性が高いと感じました。

ウィンジョブCP307BOAは厚底

後ろから見てもわかりますね!

クッション素材が厚い靴のことを厚底といいますが、ウィンジョブCP307BOAは厚底です。

リョクシン
さらに、カカトの下にはシリコン素材のGELクッションが内蔵されておりクッション効果が長続き!

ウィンジョブCP307BOAはトーアップで動きやすい

厚底のデメリットとして動きにくいことが考えられます。

ウィンジョブCP307BOAは厚底ですが、平置きするとつま先が地面に設置しないトーアップという形状。

リョクシン
トーアップは動きやすいため、デメリット対策されていました。

10.滑りにくい

ウィンジョブCP307BOAは滑りにくい

ウィンジョブCP307BOAは滑りにくい靴底でした。

しかもタテヨコ斜めの全方向で滑りにくい!

リョクシン
靴底は全面ゴム素材のため、耐久性や安定性も高いと感じました!

ウィンジョブCP307BOAは全方向で滑りにくい

実はタテヨコ斜めすべての方向で滑りにくい安全靴やプロスニーカーはアシックスだけ!

アシックスのCPソールは色んな作業用の靴を見てきましたが滑りにくさナンバー1でしょう。

ウィンジョブCP307BOAは溝が広くなった

すこし前のCPソールと異なり、深い溝(みぞ)の幅が広くなりました。

これにより泥や石ころが詰まっても少しは取れやすくなったと思います。

リョクシン
滑りや安定性を求める方はCPソールのウィンジョブで決まりでしょう。

↑目次へ戻る↑

デメリット

ウィンジョブCP307BOAは通気性が低い

最後にウィンジョブCP307BOAのデメリットをみていきましょう。

ウィンジョブCP307のBOAのデメリットは通気性が低いこと。

リョクシン
前述のとおり、つま先から異物が入りにくいメリットがあるのですが、その代わりに通気性が低いデメリットがあります。

ベロが硬い

ウィンジョブCP307BOAのベロ

またウィンジョブCP307BOAのデメリットとして「ベロが硬い」と感じました。

ベロとは上記の画像で私が指を刺している部分のこと。

ウィンジョブCP307BOAはしゃがみ動作に向かない

ベロが硬いと深くしゃがむ姿勢をとった際に足と甲に強くあたります。

またBOAのダイヤルがベロにあるため、履き始めは素材感が硬めでしゃがみにくいと感じました。

リョクシン
細かい作業には向かない可能性があるでしょう。

↑目次へ戻る↑

アシックスのウィンジョブ®︎CP307BOAのレビューをまとめます

当記事ではアシックスのA種プロスニーカーの『ウィンジョブCP307』をレビューしました。

ウィンジョブCP307BOAはマジックテープとダイヤルで耐久性・安全性・フィッティング性に優れます。

リョクシン
現在、ダイヤル式のプロスニーカーを使用していて耐久性やフィッティング性、安全性でご不満の方におすすめ!

それでは簡単に記事をまとめます。

ウィンジョブCP307BOAのメリットは下記のとおり。

メリット
  1. 反射材あり
  2. 滑りにくい
  3. 耐久性が高い
  4. インソール入り
  5. 異物が入りにくい
  6. クッション性が良い
  7. クッション性が長持ち
  8. ダイヤルで楽々フィット
  9. カカトでしっかりホールド
  10. マジックテープでダイヤル保護

デメリットは下記の2点でした。

デメリット
  1. 通気性
  2. ベロが硬い

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願いします。

コメントを残す