【ウィンジョブCP209Boaをレビュー】ダイヤル式で着脱ラクラクなアシックスの安全靴!

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、ウィンジョブCP209をレビュー。

リョクシン
結論から申し上げますとダイヤル式の安全靴です。

「着脱が簡単な安全靴がほしい」

「疲れにくいアシックスの安全靴がほしい」

「靴ヒモだとほどけて転倒して危ないから履きたくない」

リョクシン
そんな方におすすめします。

実際に履いてみて「疲れにくい、足にフィットするのに着脱がラクラク、滑りにくい」と大満足でした。

脱ぎ履きの多い方におすすめします。

注意

ウィンジョブCP209は、安全性を約束されたプロスニーカー(JSAAのA種)です。

しかし、JIS規格T8101には合格している革製の安全靴ではありません。

プロスニーカーは馴染みのない言葉のため、安全スニーカーとしますのでご容赦ください。

ウィンジョブCP209とは?サイズ感や重量をご案内!

ウィンジョブCP209はアシックスが開発した安全スニーカーです。

前述のとおりJIS規格では、安全靴ではありませんがプロスニーカーとして高い安全性テストをクリア。

何より、アシックス独自の靴の形状が、疲れにくいのが特徴です。

評価項目詳細
価格¥12,980〜(通販による)
サイズ22.5~30.0cm
サイズ感普段履き比較:0.5cm小さめ推奨
カラー展開5色
安全性★★★★☆(星4つ)
JSAA:A種
クッション性★★★★★(星5つ)
耐久性★★★★☆(星4つ)
おすすめの使用環境脱ぎ履きの多い現場

アシックスは、安全スニーカーを「ウィンジョブ」というシリーズで多数ラインナップ。

履き心地はもちろんのこと、滑りにくさも圧倒的なシリーズです。

ウィンジョブCP209は、その中でもダイヤル式でサイズを調整できる製品。

リョクシン
脱ぎ履きがラクラクですね。

また靴ヒモとは違い、ほどけて転倒する心配がありません。

脱ぎ履きが楽な靴は、フィッティング性が低いのがデメリットでした。

かといって、靴ヒモはフィッティング性が高いものの、ほどける危険性があります。

リョクシン
ダイヤル式は、その両方を解決する新しいサイズ調整のパーツ!

重量

ウィンジョブCP209の重量は、27.5cmで446gです。

ま、安全スニーカーなので、一般のスニーカーと比較すれば重たいのは当然。

しかし、アシックスはフィッティング性が高く、重量の数値以上に軽く感じますね。

リョクシン
足にフィットすることで、重量感を感じにくい!

サイズ感

ウィンジョブCP209は、普段履きのスニーカーと比べると、ちょっとだけ大きめ

本当にちょっとだけなので、普段お履きのスニーカーと同じでOKかなと。

普段履きスニーカーとは、ナイキやアディダス、アシックスなどのスポーツメーカー品ですね。

リョクシン
念のため、筆者の所持している靴のサイズをご案内します。
筆者の靴ラインナップ

普段履きのスニーカー

  • アシックス・アキレス ⇒ 27.5cm
  • ナイキ・アディダス・プーマ ⇒ 27.5cm
  • ニューバランス ⇒ 27.5cm

革靴

  • リーガル ⇒ 26.5cm
  • テクシーリュクス ⇒ 26.5cm

※足は狭めです。

ぜひ、参考にしてみてください。

↑目次へ戻る↑

アシックスのウィンジョブCP209をレビュー

ここからは、ウィンジョブCP209を詳しくレビューします。

実際に履いて感じたメリットデメリットをパーツ別に解説。

ウィンジョブCP209のメリットとデメリットは下記です。

メリット
  1. ダイヤル式
  2. つま先補強がある
  3. 先芯がJASSのA種クリア
  4. フィッティング性が高い
  5. トーアップで動きやすい
  6. 反射材で視認性アップ
  7. 独自配合のクッション素材
  8. 独自FuzeGELで履き心地が長続き
  9. すごい滑りにくい
  10. 靴底がすり減りにくい
デメリット

価格が高い

靴は、大きく3つのパーツ分けることが可能です。

下記の3つ。

靴のパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

この3つのパーツが「靴のどこに当たるのか?」を図解しました。

靴のパーツの名称を解説

先ほどのメリットとデメリットをパーツ毎に見ていきましょう。

上から順番に、アッパーからいきます。

↑目次へ戻る↑

アッパー(通気性)

靴のパーツのアッパーの場所について解説

アッパーは、足を包みこむパーツ。

フィッティング性通気性安全性に大きく関係します。

ウィンジョブCP209のアッパーは、フィッティング性と安全性に優れていました。

まず、アシックスの時点で靴の形状がよいですね。

リョクシン
靴の形状がそもそも悪いと、どんなに安全性高くても意味ないので、重要でしょう。

ダイヤル式

前述のとおり、ダイヤル式はフィッティング性が高いのに、脱ぎ履きがラクラク。

靴ヒモですとフィッティング性が高いものの、ほどけて転倒の可能性がありました。

フィッティング性が高いことで、疲れにくく、安全性も高いので、本当に重要なポイントです。

ダイヤル式の使い方

靴ヒモには、多少劣りますが、やはりフィッティング性は高いですね。

耐久性もありました。

万が一破損しても無償の修理キッドをもらえるので、安心です。

つま先補強がある

安全靴のつま先って傷つきますよね?

ウィンジョブCP209は、補強がありました。

これにより、傷つにくくなっています。

安全性

先芯の強度は、JSAAのA種です。

だいたいの現場では、問題ない強度だと思いますが、現場単位で指定の基準がある場合もあるので確認しましょう。

先芯は、特殊ガラス繊維なので軽くてカビないのが嬉しいですね。

トーアップで動きやすい

つま先がつり上げっているの分かりますか?

この形状をトーアップと言います。

トーアップあることで、動きやすさアップ!

リョクシン
作業靴には大事な役割ですね。

反射材で視認性アップ

夜間やトンネル作業でも視認性アップのために、反射材がついていました。

暗闇で作業していても視認性が高いこと安全性がアップします。

アッパーまとめ

  • メリット①:ダイヤル式
  • メリット②:つま先補強がある
  • メリット③:先芯がJASSのA種クリア
  • メリット④:フィッティング性が高い
  • メリット⑤:トーアップで動きやすい
  • メリット⑥:反射材で視認性アップ

↑目次へ戻る↑

クッション(履き心地)

靴のパーツのクッションの場所について解説

続いて、クッションについて見ていきましょう。

足の裏から体重や荷重を支えるパーツ。

履き心地疲れにくさに関係します。

ウィンジョブCP209のクッションには、厚みがありました。

厚みのあるクッションを厚底と呼び、疲れにくさや履き心地に優れています。

厚底は、動きにくいデメリットがあるのですが、前述の通りトーアップ形状でカバー。

リョクシン
しっかりデメリットを打ち消してました。

FuzeGEL

アシックス独自のGel素材をカカト周辺に搭載しています。

これにより履き心地が長続きしました。

ミズノなどの他のスポーツメーカーの安全靴と比較して、アシックスの方が履き心地が長続きするという意見があります。

リョクシン
それはGEL素材による物が多いでしょう。

クッションまとめ

  • メリット⑦:独自配合のクッション材
  • メリット⑧:独自FuzeGELで履き心地が長続き

↑目次へ戻る↑

靴底(すべりにくさ)

靴のパーツの靴底の場所について解説

最後に、靴底について見ていきましょう。

靴底は、地面に接地するパーツ。

滑りにくさ耐久性に関係します。

ウィンジョブCP209の靴底は、滑りにくさと耐久性のどちらも素晴らしいものでした。

アシックスの安全スニーカーで最も画期的なのが、靴底ではないかと思うほど。

まず、すり減りにくいので、耐久性は高いです!

全方向で滑りにくい

滑りにくさの秘密は、この溝の形状です。

タテヨコ斜めの全方向に滑りにくい唯一の靴底だと感じました。

これは他のメーカーには、ない機能ですね。

靴底まとめ

  • メリット⑨:すごい滑りにくい
  • メリット⑩:靴底がすり減りにくい

↑目次へ戻る↑

アシックスのウィンジョブCP209のレビューをまとめます。

当記事では、ウィンジョブCP209について解説しました。

ウィンジョブCP209は、アシックスが開発した安全靴です。

正確には、安全靴ではなく、プロスニーカーという安全性を保証された靴でした。

リョクシン
認可する団体が違います。

安全靴では、作業現場によって動きにくく感じるので、よりスニーカーに近い安全なプロスニーカーがおすすめ!

アシックスのスポーツシューズで培った履き心地をベースに画期的な靴底が特徴。

さらに、ダイヤル式で安全に足にフィットすることが可能でした。

リョクシン
それでは、下記より簡単に記事をまとめます。

ウィンジョブCP209を履いて感じたメリットは下記になります。

メリット
  1. ダイヤル式
  2. つま先補強がある
  3. 先芯がJASSのA種クリア
  4. フィッティング性が高い
  5. トーアップで動きやすい
  6. 反射材で視認性アップ
  7. 独自配合のクッション素材
  8. 独自FuzeGELで履き心地が長続き
  9. すごい滑りにくい
  10. 靴底がすり減りにくい

デメリットは下記の1つ。

デメリット

価格が高い

リョクシン
最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願い致します。

「他のアシックスの安全靴も知りたい」

そんな方に向けてアシックスのウィンジョブについてまとめました。

ぜひ、参考にしてみてください。

もっと詳しく解説
【アシックスの安全靴をすべて紹介!】ウィンジョブシリーズを超おすすめします!

「もっと安全靴・プロスニーカーについて知りたい」

そんな方に向けて安全靴・プロスニーカーについて徹底解説しました。

もっと詳しく解説
【2020年】安全靴の人気おすすめ品を徹底解説!【サイズ感もご案内】

ぜひ、参考にしてみてください。

コメントを残す