【アーチフィッターの室内履きの口コミ】601がおすすめ!

【アーチフィッターの室内履きの口コミ】601がおすすめ!

どーも、靴の仕事歴12年の松下智博です。

今回は、アーチフィッターの室内履きをレビュー。

リョクシン
結論から申し上げますと、一度履いたら他は履けなくなるルームシューズです。

「仕事にプラスになるオフィス履きが欲しい」

「コスパ抜群のルームシューズを探している」

「クッション性が長続きする室内履きがほしい」

リョクシン
そんな方におすすめの室内履きです。

実際に履いてみて「足がポカポカする、足裏にフィットしまくる、歩きやすい」と大満足でした。

ただの室内履きでは満足できない方におすすめ!

この記事の著者

靴の仕事歴11年・シューフィッター

リョクシン(松下智博)

ryokushin

プロフィール

靴の仕事歴11年の松下智博です。作業靴メーカーと靴の販売店で合計11年仕事しました。シューフィッターの資格も取得しメーカー営業と販売員、シューフィッターの目線から靴をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

アーチフィッターの室内履きとは?口コミやラインナップを紹介!

アーチフィッターとは、株式会社AKAISHIが開発した足に働きかける靴ブランド。

アーチフィッターをレビュー

足裏の構造(アーチ)にしっかりフィットするので、足にやさしくトラブル対策となる靴ばかりです。

なのでブランド名もアーチフィッターなのでしょうね!

リョクシン
すごいわかりやすいブランド名ですし効果も実際にありました。

口コミ

筆者も一度履いてみてアーチフィッターの履き心地に感動しました。

オフィスでも家でも履きたい1足ですね!

ラインナップ

商品名アーチフィッター
601(チェア)
アーチフィッター
603(ソファ)
アーチフィッター
608(ルームシューズ)
画像アーチフィッター601アーチフィッター603アーチフィッター608
価格¥4,180〜¥4,400〜¥5,940〜
サイズM(23.0-23.5cm)
L(24.0-24.5cm)
LL(25.0-25.5cm)
3L(26.0-26.5cm)
4L(27.0-27.5cm)
S(22.0-22.5cm)
M(23.0-23.5cm)
L(24.0-24.5cm)
LL(25.0-25.5cm)
3L(26.0-26.5cm)
4L(27.0-27.5cm)
S(22.0-22.5cm)
M(23.0-23.5cm)
L(24.0-24.5cm)
LL(25.0-25.5cm)
備考つき上げ強い
カラー展開多い
カラー展開多いカラー展開多い

すべてレビューしていきます。

まずはアーチフィッター601チェアからレビューしました。

リョクシン
ぜひ、参考にしてみてください!

↑目次へ戻る↑

アーチフィッター601チェアをレビュー

ここからはアーチフィッター601チェアをレビューします。

アーチフィッター601をレビュー

評価項目詳細
品名チェア
価格¥4,180(税込)〜
サイズM(23.0-23.5cm)
L(24.0-24.5cm)
LL(25.0-25.5cm)
3L(26.0-26.5cm)
4L(27.0-27.5cm)
サイズ感普段履き比較:同じサイズでOK
通気性★★★★☆(星4つ)
クッション性★★★★☆(星4つ)
フィッティング性★★★★★(星5つ)
おすすめ
使用環境
畳:× 大理石:◯ カーペット:△
フローリング:◯ コーティング床:◯

アーチフィッターの室内履きの中では1番安いモデルです。

また足裏への働きかけは1番強力!

リョクシン
かなり強い突き上げとフィット感がありました。

カラーバリエーション

アーチフィッター601のカラーバリエーション

アーチフィッター601のカラーバリエーションは全部で3色。

オフィスでも家でも履けるデザインですね!

サイズ感・重量

ここからはアーチフィッター601のサイズ感と重量についてみていきましょう。

アーチフィッター601の重量は3Lで168g

まず重量ですが、3L(〜26.5cm)で168gでした。

室内履きとしては重くもなく軽くもないくらいの重量。

リョクシン
足にしっかりフィットするので、実際の重量より軽く感じました。

サイズ感

アーチフィッター601のサイズ感

アーチフィッター601のサイズ選びは普段履きスニーカーと同じかすこし小さめがおすすめ。

普段履きスニーカーとはコンバースやニューバランスなどのこと。

リョクシン
普段履きスニーカーが27.5cmですが、3L(〜26.5cm)でかなりピッタリめでした。

アーチフィッター601の履いたサイズ感

本当にピッタリすぎなくらいピッタリです。

おそらく4Lでも問題ないくらいでした。

リョクシン
革靴ではないので、ここまでジャストフィットではなくても良いでしょう。

↑目次へ戻る↑

メリット

アーチフィッター601のメリット

ここからはアーチフィッター601のメリットとデメリットをみていきましょう。

まずはメリットです。

メリット
  1. 静音
  2. 蒸れにくい
  3. 歩きやすい
  4. 足裏を強く刺激
  5. クッションが崩れにくい
  6. 甲のサイズ調整しやすい

詳しくみていきましょう。

静音

アーチフィッターの靴底は足音がしにくい

靴底の素材は、やわらかい人工皮革です。

滑りにくさも感じましたが、この手の室内履きの中で1番足音がしにくいと思いました!

リョクシン
アーチフィッター601のようなデザイン室内履きは市場にありますが、足音の観点からオフィスがメインになりがち。
補足

アーチフィッター601は床材や造りにもよりますが、家でも問題なしでしょう!

蒸れにくい

アーチフィッター601は蒸れにくい

アーチフィッター601は室内履きの中でも、つま先の開けたオープントゥ仕様

そのため蒸れにくい効果がありました。

アーチフィッター601は素材も蒸れにくい

表面の素材はザラザラした粗面です。

粗面にすることで、足と密着しすぎないので、蒸れにくいと感じました。

リョクシン
素足で履くサンダルなどと同じですね!

アーチフィッター601は裏布がサラサラ

アーチフィッター601は裏布がサラサラしています。

こちらもベタつかないので蒸れにくいと感じたポイントでしょう!

リョクシン
室内履きで蒸れると仕事にも影響するので、通気性は大事ですね。

歩きやすい

アーチフィッター601はトーアップ形状

アーチフィッター601は歩きやすいと感じました。

その理由の1つは、つま先が接地していないことが挙げられます。

リョクシン
トーアップ形状といい、蹴り出しがしやすいので、次の一歩を踏み出しやすい

アーチフィッター601はヒールカットで歩きやすい

さらにカカトもすこし接地していませんでした。

こちらは着地が安定するので、歩きやすくなります。

足裏を刺激

アーチフィッター601は足裏を刺激する構造

アーチフィッター601のクッション形状を見るとかなりウェーブしてるのがわかりますね!

クッション構造

例えば、ユニクロのルームシューズはこんな感じ!

かなりフラットで平坦なのがわかります。

アーチフィッター601で足裏を刺激

あのウェーブ上に足を乗せると足裏から強いつき上げを感じました。

疲れにくく、足が正しいポジションに追いやられる感覚がしますね!

リョクシン
一度、アーチフィッターを履いたら他の靴を履けない方がいると聞きますが、実感しました。

クッションが崩れにくい

アーチフィッター601はクッションが潰れにくい

実はウェーブが強く足裏をつよく刺激できる室内履きは「たくさん」あります。

しかし、そのほとんどが体重などの加重でクッション素材が潰れてしまい形状を保持できません。

リョクシン
アーチフィッター601は加重による形状の崩れがしにくい素材を使用していました。

足の甲を調整しやすい

アーチフィッター601は足にしっかりフィット

アーチフィッター601は大きめのマジックテープがありしっかり足にフィットします。

アーチフィッター601はマジックテープ1本で調整

マジックテープも範囲が広いので多くの方の足にフィットします。

甲が高い方向けのアーチフィッター601

甲が高い方はマジックテープを浅くつけることで足にフィット!

甲が低い方向けのアーチフィッター601

甲が低い方は深めにマジックテープをつけましょう。

リョクシン
マジックテープも1本なので、サイズ調整がラクラクです!

↑目次へ戻る↑

デメリット

アーチフィッター601のデメリット

最後にアーチフィッター601のデメリットも見ていきます。

デメリット

靴底に汚れがつきやすい

良い商品なのでデメリットを見つけるのが大変でした笑

詳しくみていきましょう。

靴底に汚れがつきやすい

靴底に汚れがつきやすい

メリットでもあった足音のしにくい柔らかい人工皮革の靴底ですが、デメリットがありました。

それは汚れがつきやすいこと!

リョクシン
静音の機能を極めると汚れは仕方のないことなので、一長一短で選んでみてください!

下記の記事にておすすめのルームシューズを紹介しています。

ぜひ、参考にしてみてください!

もっと詳しく解説
【ルームシューズのおすすめ品ベスト5】おしゃれな商品を夏冬別にご紹介!【ルームシューズのおすすめ品を紹介】おしゃれで夏冬別で解説!

↑目次へ戻る↑

アーチフィッターの室内履きの口コミ紹介をまとめます。

当記事ではアーチフィッターの室内履きをレビューしてきました。

口コミの評価も高く一度履いたら他の室内履きが履けなくなる商品です。

リョクシン
足で気になることがございましたら、一度試してみてください。

それでは下記より、簡単に記事をまとめます。

アーチフィッターのラインナップは全部で3つ。

商品名アーチフィッター
601(チェア)
アーチフィッター
603(ソファ)
アーチフィッター
608(ルームシューズ)
画像アーチフィッター601アーチフィッター603アーチフィッター608
価格¥4,180〜¥4,400〜¥5,940〜
サイズM(23.0-23.5cm)
L(24.0-24.5cm)
LL(25.0-25.5cm)
3L(26.0-26.5cm)
4L(27.0-27.5cm)
S(22.0-22.5cm)
M(23.0-23.5cm)
L(24.0-24.5cm)
LL(25.0-25.5cm)
3L(26.0-26.5cm)
4L(27.0-27.5cm)
S(22.0-22.5cm)
M(23.0-23.5cm)
L(24.0-24.5cm)
LL(25.0-25.5cm)
備考つき上げ強い
カラー展開多い
カラー展開多いカラー展開多い

アーチフィッター601のメリットは下記でした。

メリット
  1. 静音
  2. 蒸れにくい
  3. 歩きやすい
  4. 足裏を強く刺激
  5. クッションが崩れにくい
  6. 甲のサイズ調整しやすい

デメリットは1つです。

デメリット

靴底に汚れがつきやすい

最後までお読みいただきありがとうござました。

下記の関連記事もよろしくお願いします。

「もっとルームシューズについて知りたい」

そんな方に向けて下記の記事にておすすめのルームシューズを紹介しました。

もっと詳しく解説
【ルームシューズのおすすめ品ベスト5】おしゃれな商品を夏冬別にご紹介!【ルームシューズのおすすめ品を紹介】おしゃれで夏冬別で解説!

【ルームシューズのおすすめ品を紹介】おしゃれで夏冬別で解説!

コメントを残す