高級なコックシューズをご紹介!【耐久性・履き心地に優れます】

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

リョクシン
今回は、価格の高い高級なコックシューズについて解説。

結論から申し上げますと、価格の高いコックシューズは疲れにくくて、長持ちする製品ばかりでした。

「1日の疲れを改善したい」

「他の人とは違うコックシューズが欲しい」

「長持ちするコックシューズを探している」

リョクシン
そんな方におすすめする製品です。

実際に、履いてみて「多機能、疲れにくい、耐久性が高い」と大満足な製品もありました。

いつも安いコックシューズしか履かないという方におすすめします。

 

高級なコックシューズを紹介します。

実は、高級なコックシューズって意外とあります。

大手スポーツメーカーや海外サンダルメーカー、ワークシューズメーカーなど。

安い製品の方が販売しやすいことから、通販サイトくらいしか流通していないのでしょう。

リョクシン
下記の製品になります。

高級コックシューズ

  • ウィンジョブCP-303
  • クッキングメイト100
  • クロックスビストロプロ
  • ビルケンシュトック
  • シェフメイトグラスパーCG-800

詳しく見ていきましょう。

 

 

ウィンジョブCP-303

ウィンジョブCP-303の全体像

ウィンジョブCP-303は、アシックスが開発したコックシューズです。

アシックスは、日本を代表するスポーツシューズメーカー。

スポーツ関係のイベントで見ないことがありません。

リョクシン
スポーツ製品の技術が活かされたコックシューズです。

滑りにくい

ウィンジョブCP-303の靴底

ウィンジョブCP-303の魅力は、靴底です。

滑りにくいのですが、ヨコ方向にも滑りにくい!

タテ方向に滑りにくい製品は、今までも多数ありましたが、ヨコ方向はありませんでしたね。

モノソック

履き口にモノソックという部位がありました。

これは、足にしっかりフィットするためのモノです。

疲れにくくするには、足にしっかりフィットすることが大事。

リョクシン
また足にフィットすると、靴ズレを起こしにくくなるので、おすすめです。

α-GEL入り

アシックス α-GEL

クッション素材としてα-GELを採用しています。

靴のクッション素材は、ビート板などに使われる発泡素材が多く、軽いのですが、長時間の使用には向きません。

α-GELは、発泡素材に比較してクッション性が長続きします。

リョクシン
長時間、立ち仕事のコックシューズには最適ですね。
もっと詳しく解説
【アシックスのウィンジョブCP-303をレビュー】滑りにくさと疲れにくさMAXなコックシューズ

 

↑目次へ戻る↑

クッキングメイト100

クッキングメイト100の全体像

クッキングメイト100は、アキレスが開発したコックシューズです。

アキレスは、日本を代表する靴メーカー。

キッズスニーカーの瞬足が有名ですね。

靴底が滑りにくい

クッキングメイト100の靴底

こちらも圧倒的に滑りにくいです。

滑りにくいのは、もちろんのこと、靴底の溝にゴミが詰まっても取れやすい構造。

靴底もすり減りにくく耐久性が高い製品です。

インソールが疲れにくい

画像では一見、普通のインソールに見えますが、他のコックシューズでは使っていない高価なインソールです。

コックシューズを70種類以上履きましたが、1番疲れにくい素材だと感じました。

さすがアキレスといった感じです。

汚れが取れやすい

クッキングメイト100は、表面の素材が汚れにくい!

コックシューズは、汚れやすくて、汚れも取れにくいですよね!

表面素材が、汚れにくい防汚という機能を全面に押し出している唯一のコックシューズでおすすめです。

もっと詳しく解説
【クッキングメイト100をレビュー】コスパ最強!滑りにくさと履き心地で最高ランク

 

↑目次へ戻る↑

クロックスビストロプロ

ビストロクロックスプロの全体画像

サンダルメーカーのクロックスもコックシューズを開発しています。

ビストロシリーズとして、複数ラインナップしていました。

そのビストロシリーズで1番、高価なコックシューズが、ビストロクロックスプロです。

クッション性が高い

ビストロシリーズに限らず、クロックス全体でもハイスペック品に採用される素材を使用。

その名もライトライドです。

沈み込む足にフィットするような履き心地でまた軽い!

もっと詳しく解説
【クロックスの厨房用ビストロプロをレビュー】クッション性が高いコックシューズ

 

↑目次へ戻る↑

ビルケンシュトック

ビルケンシュトックの全体像

こちらもサンダルで有名なビルケンシュトックです。

ビルケンシュトックは、インソールの機能を表すフットベットという言葉を作ったメーカー。

それだけ機能面に優れたインソールを開発したメーカーさん。

インソール

コルクや革、ラテックスを駆使して作られたインソールです。

足に優しく、足を鍛えることで変形や疲労軽減に対応。

このインソールだけは、他には真似できませんね。

洗える

インソールをとると、こんな感じ。

クロックスのように丸洗いできる素材です。

ビルケンシュトックのコックシューズは、滑りにくさでは優れませんので、ご注意ください。

もっと詳しく解説
ビルケンのコックシューズA630/640をレビュー【長く使うのがポイント】

 

↑目次へ戻る↑

シェフメイトグラスパーCG-800

シェフメイトグラスパーCG-800は、ハイカットのコックシューズ。

日本製で耐久性の高い製品です。

長靴では重くて履きたく無い方ややけど対策をしたいという方におすすめ!

【ハイカット・厨房靴】シェフメイトグラスパーCG-800 

高級なコックシューズの紹介まとめ!

当記事では、高級なコックシューズについて解説しました。

高級なコックシューズは、価格が高いもののハイスペックな製品ばかり。

耐久性や滑りにくさ、クッション性に優れます。

リョクシン
安いコックシューズばかり履いている方が買い替えたら、満足度は高いでしょう。

すべての食品関係者の方におすすめ!

それでは、下記より簡単に記事をまとめます。

ご紹介しました高級なコックシューズは、下記。

高級コックシューズ

  • ウィンジョブCP-303
  • クッキングメイト100
  • クロックスビストロプロ
  • ビルケンシュトック
  • シェフメイトグラスパーCG-800

【ハイカット・厨房靴】シェフメイトグラスパーCG-800 

リョクシン
最後までお読みいただきありがとうござました。

下記の関連記事もよろしくお願いします。

「もっとコックシューズについて知りたい」

そんな方に向けてコックシューズを徹底解説しました。

もっと詳しく解説
【コックシューズ50種類履いてわかった】最高の4足と人気おすすめ商品20足を解説します!【コックシューズ50種類を履いてわかった】最高の4足と人気おすすめ商品20足を解説します!

よろしくお願い致します。

コメントを残す