「高いコックシューズ」の選び方とおすすめする理由。

こんな人に読んでほしい
  • 安いコックシューズを履いているが満足していない。
  • もっとよいコックシューズを履きたい。
  • どのコックシューズがよいかわからない。

どーも、コックシューズ・厨房靴オタクのリョクシンです。

今回は、価格の高いコックシューズの選び方を紹介!!

またなぜリョクシンが、高いコックシューズをおすすめするかの理由も合わせて説明します。

結論から申し上げますと、高いコックシューズは、履き心地がよく滑りにくさが持続!!

疲れにくいから仕事終わりも新しい挑戦ができ人生充実します!

ただし、なんでも高ければよいわけではありません。

その選び方も紹介します!!

 

靴のパーツ3つ紹介

高いコックシューズの選び方の前に、靴のパーツを3つ紹介。

どうしてもコックシューズを説明するのに必要なワードなので、説明します。

靴のパーツ
  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

詳しく見ていきましょう!

 

アッパー

アッパーは、足を覆うパーツ。

コックシューズの上側の部分ですね。

求められる機能性は、下記。

  • 防水性
  • 通気性
  • フィッティング性

防水性とは、靴の中に水が入らないこと。

また靴自体が水でダメにならない機能を指します。

お湯をよく使用する現場では、とくに重要な機能。

 

通気性とは、靴の中をいかに空気循環できるかです。

ランニングシューズは、蒸れにくくするために、メッシュを素材を使用していますね!

コックシューズは、防水性が重要なためそういう訳にはいきません。

そのため、防水性と通気性をどちらも兼ね備えたコックシューズは市場にはありませんね。

 

フィッティング性は、いかに足に合わせることができるか。

コックシューズは安全面と衛生面で靴ヒモが使用できません。

そのため、コックシューズのほとんどがスリッポンタイプ!

スリッポンタイプでフィッティング性のよい製品は、甲のゴムとカカトの形状で選ぶとよいでしょう!

※甲ゴムとカカトの形状については後ほど説明します。

 

クッション

クッションは、履き心地に大きく関係します。

疲れにくさに直結するくらいに重要。

気を付ける点は、新品のときはクッション性がよくても、継続して履くことでクッション性が低下するモノがあることです。

クッションに自信のあるメーカーは、クッション素材に対して必ず、機能説明をしているでしょう。

そのときに重要なのは、クッションの形状ではなく、素材の機能説明をしているかどうかです。

クッション素材の形状が疲れにくくても、その素材がヘタってしまえばなんの意味もありません。

クッションは形状も重要ですが、素材を意識しましょう!

 

靴底

靴底は、滑りにくさに大きく関係。

コックシューズにとって生命線といってよいでしょう!

どんなにアッパーとクッションがすぐれていても、靴底が滑ってしまうコックシューズ価値はゼロ。

それだけ、コックシューズにとって重要パーツになります。

また靴底は、すり減ることで機能が低下。

ですので、メーカー各社靴底の素材の配合をすり減りにくい配合にしています

逆にいえば、安いコックシューズは履きはじめ滑りにくくても、すぐにすり減り効果激減なんてことも・・・

靴底の配合がよいか悪いかは、メーカーのホームページや通販サイトのメーカーから機能説明を見ましょう!

 

 

高いコックシューズの選び方。

お待たせしました!

やっと、高いコックシューズの選び方です。

選び方
  • ステップ①:コックシューズならスニーカータイプがおすすめ!
  • ステップ②:アッパーは、甲ゴムとカカト、通気性のよい素材か調べる。
  • ステップ③:クッションは、素材と形状に特長があるモノを選ぶ。
  • ステップ④:靴底はゴム底のモノを選ぶ。

詳しく見ていきましょう。

 

ステップ①:コックシューズならスニーカータイプがおすすめ!

コックシューズにもいろいろな種類があります。

  • スニーカータイプ
  • サボタイプ
  • クロックスタイプ
  • お風呂掃除シューズタイプ
  • 長靴タイプ

簡単に見ていきます。

 

スニーカータイプ

これぞコックシューズって感じです。

外で履くスニーカーがそのままコックシューズになったイメージ。

機能性や履き心地、疲れにくさ、安全面を一番発揮できるのがスニーカータイプです。

スニーカータイプがオススメ!

 

サボタイプ

スニーカータイプのカカトが低いスニーカー

サンダルのように完全にカカトがないわけではありません。

ちょっとだけカカトがあります。

バタバタ音がなってしまうことと、足にもよくありません。

そのため、居酒屋さんなど小上がりがあるお店のフロア担当の方以外にはおすすめしません。

 

クロックスタイプ

読んでそのままクロックスタイプのコックシューズ。

本物のクロックスタイプと偽物クロックスタイプがあります。

もし選ぶなら本物クロックスタイプのコックシューズでしょう!

クッション性にすぐれます。

ただし、本物も偽物のどちらも蒸れやすいのがデメリット。

サボタイプ同じく、足音も大きくなりあまりおすすめはしていません。

 

お風呂掃除シューズタイプ

お風呂掃除のときに履く靴わかりますよね?

アレをちょっとシュッとさせたタイプ。

アレをシュッとで伝わるかわかりませんが・・・(笑)

細身のお風呂掃除シューズって感じです。

クロックスタイプと同じく蒸れやすいのがデメリット。

また疲れますね。

 

長靴タイプ

お湯を多く使うキッチンでおすすめ。

どうしてもスニーカータイプでは、お湯が入ってしまうキッチンではこれしかありません。

食品工場やラーメン屋、食品スーパーに多い印象ですね!

 

以上がコックシューズの種類ですが、スニーカータイプをオススメします。

 

 

ステップ②:アッパーは、甲ゴムとカカト、通気性のよい素材か調べる。

アッパーのチェックポイントは、3つ。

  • ①甲ゴム
  • ②カカトの強度
  • ③通気性のよい素材か

簡単にみていきましょう。

 

①甲ゴム

画像の赤丸の部分を甲ゴムと呼びます。

この甲ゴムの伸び縮みがしっかりしたモノを選びましょう!

高いコックシューズは大体、しっかりしています。

先ほど説明しましたとおり、コックシューズは靴ヒモがタブー。

安全面と衛生面が原因でした。

そのため、外で履くスニーカーよりフィッティングすることがむずかしいのです!

甲ゴム素材がフィッティングのカギを握ります。

 

 

②カカトの強度

カカトのアッパーの中に、月型芯という部材があります。

このパーツがいかに「しっかり」且つ、柔軟性があるかがポイント。

高級革靴なんかは、サイの革を使うようですね。

コックシューズは革という訳にはいきませんが・・・

フィッティングにカカトの月型芯はとても重要です。

 

 

③通気性のよい素材か

コックシューズの通気性は、気休めみたいなモノしかありません。

それは、防水性を求めた結果なので仕方のないこと。

ただし、その気休めレベルでもあるとないとでは天地の差があります。

 

 

ステップ③:クッションは、素材と形状に特長があるモノを選ぶ。

コックシューズのクッションは、素材と形状に特長があるものを選びましょう!

下記それぞれ詳しく説明します!

 

【素材】

素材で重要なのは、ヘタリにくい素材かどうか。

せっかくクッション性がよくてもヘタってつぶれてしまえば意味がありません。

 

【形状】

形状は、アーチサポートができるかどうかが重要。

アーチサポートとは、簡単に説明すると土踏まずをサポートしている形状です。

実は、人間が常時に直立二足歩行をできるのは土踏まずのおかげなのですが、その土踏まずもすっと「立ちっぱ」だとつぶれていきます。

土踏まずがクッションの役割をしているのですね!

そのクッションである土踏まずがつぶれると、足首やヒザ、腰、肋骨、肩、首へと負担が分散します。

その結果、カラダが歪むともいわれていますね。

カラダが歪むと疲れやすくなります。

よく疲れの原因を「年取ったなぁ~」と思う方多いと思いますが、加齢よりも歪みではないかと思っていますね。

クッションがアーチサポートの形状になっていれば、疲れにくいこと間違えなし!

ただし、薄っすらしたインソールによる「付け焼刃のアーチサポート」ではなく、素材のしっかりしたアーチサポートのモノを選びましょう!

 

 

ステップ④:靴底はゴム底のモノを選ぶ。

安いコックシューズの中には、靴底がゴムでないモノがあります。

それは、製造工程と原材料を減らすため。

例えば、クッションと靴底を同じ素材にしたコックシューズはその傾向にあります。

「安い」というメリットの代わりに、どうしてもその安い理由のデメリットがあるわけですね!

特殊なケースを除き、靴底はゴム素材のコックシューズを選びましょう!

ゴムの方が、すり減りにくく滑りにくいです!

高いコックシューズは、ゴムの配合を工夫してすり減りにくい傾向にあります。

また、高いコックシューズは、海外生産品でも靴底だけ日本製なんてコックシューズも多い!!

理由としては、靴底を海外生産にするとパクられるから。

日本製であれば、ゴムの配合も統一できて製品差が少なくなるでしょう!

 

おすすめの高いコックシューズを紹介!!

以上を踏まえてリョクシンがおすすめする高いコックシューズを紹介!!

下記になります。

おすすめ高いコックシューズ
  • ウィンジョブCP303(アシックス)
  • ハイグリップ・ザ・フォース(ミドリ安全)
  • クッキングメイト100(アキレス)
  • シェフメイトグラスパーCG-002(弘進ゴム)

レビュー記事がありますので、簡単に説明します!

気になる商品ありましたら、詳しくはレビュー記事を見てください!

それでは、おすすめの高いコックシューズの紹介です。

 

ウィンジョブCP303(アシックス)

文句なし!!

フィッティング性・疲れにくさ・滑りにくさがコックシューズ界で№1といってよいでしょう!

靴底もすり減りにくく、滑りにくさが長続きします!

さすがスポーツメーカーのアシックスが開発した製品!!

スポーツシューズを開発してきたノウハウが生きていますね!

もし気になりましたら、下記レビュー記事をどうぞ!

 

ハイグリップ・ザ・フォース(ミドリ安全)

こちらはまだ未発売の製品です。

よってレビュー記事はありません。

しかし、先行で展示会で履いてきました。

クッション性と滑りにくさに特化したコックシューズ!

ミドリ安全の中でも最高ランクといってよいでしょう!

発売次第すぐにレビューしますね!

 

クッキングメイト100(アキレス)

日本を代表するシューメーカーのアキレスが開発したコックシューズです。

その名もクッキングメイト100。

アキレスはキッズスニーカーの「瞬足」、インソールの「ソルボ」で有名ですね!

クッキングメイト100は滑りにくくて、疲れにくい!

とくに始めから内蔵されるインソールはコックシューズ界№1といってよいでしょう!

カカトの月型芯もよいと思います!

更には、コックシューズで唯一の「汚れにくさ」を前面で明記した製品です。

 

 

シェフメイトグラスパーCG-002(弘進ゴム)

シェフメイトグラスパーCG-002は、コックシューズでも数少ない日本製!!

他のコックシューズと同じで滑りにくくて疲れにくい!

アッパーは布状の素材がなく蒸れにくい素材を使用しています。

さらに、作り方も異なり簡単にいうと壊れにくさにすぐれます!

靴底がペローンって剥がれた経験ありませんか?

また、アッパーが破れて水がコックシューズの中に入ってきたことありますよね?

それがすくないのがシェフメイトグラスパーCG-002です!

 

 

まとめ

今回は、高いコックシューズの選び方とおすすめする理由について説明しました!

仕事関係のモノにはコストをかけたくないところです。

しかし、コックシューズだけは何とかコストをかけて自分に投資していただけると幸いです。

仕事終わった後の疲労感が変わってくるでしょう。

また高いコックシューズは耐久性が高いので、コスパもよいはず!

ぜひ、安価品から少しでもよいコックシューズを履いて仕事をしてみてください。

 

下記、安いコックシューズについて解説しました。

当記事をよんでも高いコックシューズに興味が沸かなかった方はみてみてください。

コメントを残す