【メンズ】立ち仕事で疲れない靴を「ビジネス〜作業用品」まで全ジャンル解説!

立ち仕事で疲れないメンズの靴を紹介

こんな方に読んでほしい
  • 立ち仕事で足が疲れて困っている方
  • 革靴・スニーカー・安全靴などジャンル別の疲れない靴を知りたい方

 

リョクシン

どーも、コックシューズ・厨房靴オタクのリョクシンです。
どーも、「野菜は炒めても足は痛めるな」料理人のシンコーです。

シンコーちゃん

リョクシン

今回は、立ち仕事で疲れにくい靴をジャンル別に徹底解説します。
そのメンズ編ですね。

立ち仕事で疲れるのは、料理人のみならず全員同じなので、知りたい!

シンコーちゃん

リョクシン

立ち仕事って靴の選び方間違えると本当にしんどい!

いくら、働きたい会社でも無駄に疲れてしまっては、仕事に集中できませんね!

ミスも増えるでしょう!

「立ち仕事だけど、足が疲れてしんどい!」

「高いスニーカー購入したのに、めっちゃ疲れる」

「疲れにくい靴を自分で選びたいけど、選び方わからない」

そんな方に向けて立ち仕事向けの靴を徹底解説しました。

実際に1部の靴を使用してみて、「疲れにくい、1日の終わり方が違う、仕事に集中できる」と効果を実感。

立ち仕事に関係する全ての方に読んで欲しい記事です。

ディズニーランドやフェス、レジャーなど「立ちっぱなし」が多い方にもおすすめ!

シンコーちゃん

 

【メンズ】立ち仕事で疲れない靴の選び方を紹介!!

なぜ、立ち仕事は疲れるのでしょう。

それは、靴の選び方を間違えているから。

市場にあるほとんどの製品が立ち仕事のような「立ちっぱ」には対応していません。

そこでまずは、「立ちっぱ」に対応した靴の選び方を見ていきましょう。

この靴の選び方は、ジャンル問わず同じです。

立ち仕事で疲れないスニーカーの選び方

  • クッションが多層構造(インソール含む)
  • アッパーが蒸れにくい
  • 靴底が滑りにくい
  • 過去の名品を選ばない
  • 設計思想のしっかりした製品を選ぶ

詳しく見ていきましょう。

 

①クッションが多層構造(インソール含む)

立ち仕事で疲れにくい製品選びは、クッション部分の構造が重要です。

クッション部分の構造が、多層構造の製品がおすすめ!

シンコーちゃん

多層構造ってなに?
多層構造とは、クッション部分に複数の素材がある構造のことです。

わかりやすい例は、ナイキのエアーマックスやニューバランスの製品かな?

リョクシン

ニューバランス クッション構造

ナイキ エアーマックス クッション構造

 

なるほど!クッション部分にいっぱい素材が組み込まれているね!

シンコーちゃん

クッション素材が、多層構造だと、足への衝撃吸収をしやすい傾向にあるんだ!

リョクシン

シンコーちゃん

足への負担が減れば疲れにくいわけだね!
そうだね。

多層構造は、技術的にもむずかしいのでちゃんとしたメーカーの製品が多い!

もしくは、ちゃんとしたメーカーが委託して作らせている工場の可能性もあるね。

いずれにせよ、疲れにくい靴を選ぶわかりやすい指標にはなるかな!

多層構造は、見た目ではわからない製品もあリます。

ですので、タグなどを見て使用素材を見てみても良いかも!

リョクシン

 

②アッパーが蒸れにくい

アッパー

立ち仕事で疲れない靴選びで重要なのは、蒸れにくさ

蒸れにくさに大きく関係してくるのは、アッパーという素材です。

靴の中で蒸れて汗や結露が溜まると、不愉快ですね。

また蒸れるということは、それだけ靴の中の温度が高い。

靴の中の温度が高いとボーとしますし、疲れを感じます。

そのため長距離ランナーの履くシューズは、アッパーにメッシュ素材を使用。

メッシュは、通気口も大きくて走るたびに、靴の中が通気しますね。

それだけ蒸れにくさは疲れに関係します。

アッパーに蒸れにくい機能があるかは疲れにくい靴選びに重要です。

シンコーちゃん

コックシューズが疲れやすいと感じるのは、すこし防水でメッシュがないからか!

 

③靴底が滑りにくい

立ち仕事で疲れない靴選びは、靴底の滑りにくさも重視しましょう。

シンコーちゃん

え、なんか意外!

滑りにくさが重要なのってコックシューズとか作業用関係だけだと思ってた!

どの立ち仕事も滑りにくい方が、疲れにくいよ!

滑りにくい靴は、靴の中で足が踏ん張らなくも良いのだ!

だから、余計に汗もかかないし、筋疲労も少ないし、蒸れにくい!

そりゃ、疲れにくくなるよね!

リョクシン

シンコーちゃん

コックシューズなら、選び方わかるけど。

一般のスニーカーは滑りにくい製品の選び方ってあるの?

靴底に、ゴム素材を使用していればOK!

コックシューズと違ってそこまで、慎重になる必要はないね!

リョクシン

 

④過去の名品を選ばない

過去の名品2

立ち仕事で疲れない靴選びで重要なのは、過去の名品を選ばないこと。

シンコーちゃん

なにそれ?

全然意味わからないよ!

過去の名品とは、昔のスニーカーブームや過去に画期的だった靴のこと。

「昔から人気だから、機能性は低いけど認知度は高いから売り場にある」みたいな感じになっている。

そんで結構、過去の名品あるのよ!

リョクシン

シンコーちゃん

あーなんだ。よかった!

最新アイテムを買っているから大丈夫だ!

そうとも限らないんだ!

最新アイテムでも過去の名品はあるよ。

例えば、過去の名品の別注カラーや期間限定デザインなどだね。

あと復刻バージョンもそうかな?

コンバースのオールスターやアディダスのスタンスミス、ナイキのエアーフォースなど!

挙げたらきりがないね。

リョクシン

シンコーちゃん

ちなみに、なんで過去の名品を選んだらダメなの?
過去の名品は、最新の素材や技術が活かされていないことが多いんだ。

とくに、作り方が古いと致命的だね。

価格が高くても、本当に疲れやすい。

ファッション的にかっこいいだけであって、機能性が低いと言えばわかるかな?

エアーマックスみたいに、過去の名品でも疲れにくい製品はあるけどね。

リョクシン

シンコーちゃん

なるほど!

過去の名品があるメーカーといったら、有名メーカーだよね?

有名メーカーの靴ならなんでも良いわけではないんだね!

その通り!

リョクシン

 

⑤設計思想のしっかりした製品を選ぶ

靴の開発部 設計思想

立ち仕事で疲れない靴選びで、靴の設計思想も重要です。

シンコーちゃん

また、コアなこと言い出したよ!
いや、そんなに難しい話じゃないから大丈夫!

靴には、メーカー各社に設計思想があるんだ。

靴を作るときに、関係してくる!

リョクシン

「足にフィットしやすいように、土踏まずに沿った構造にする」

「最後に蹴り出しをしやすいように、親指の下側の靴底に〇〇をする」

「脱げにくいように、甲のパーツを低くしている」

などなど

有名メーカーであれば、こだわりの設計思想がたくさん。

正直なところ、有名メーカーの製品の機能の差はほとんど拮抗しています。

どこで差をつけるかと、言えばこの設計思想だったり!

リョクシン

過去の名品の説明では、有名メーカーを否定したけど、設計思想を考えると有名メーカーなんだよね!
うーん。難しいですね・・・靴って奥が深い!

シンコーちゃん

リョクシン

安価な靴に設計思想のない製品が多いかな?

ヒット製品のコピーとかだね!

設計思想のない適当な靴を、リョクシンは「靴の形をしたモノ」だと表現しています!

ヒエー! 怖いw

シンコーちゃん

 

 

【メンズ】立ち仕事で疲れない靴のおすすめ製品紹介!ビジネス〜作業用まで!

立ち仕事3

ここからは、立ち仕事でも疲れない靴を、ジャンル別に紹介します。

ビジネスシューズから日常使い、安全靴まで厳選しました。

ジャンルは下記になります。

ジャンル紹介

  • ビジネスシューズ
  • ローファー
  • スニーカー
  • スリッポン
  • サンダル
  • スリッパ
  • コックシューズ
  • 安全靴・安全スニーカー
それぞれのジャンルのおすすめ製品を1つ紹介。

もっと知りたい方は、各ジャンルにより深く解説した記事をリンクしました。

そちらから確認お願いします!

シンコーちゃん

 

ビジネスシューズ

アシックスランウォーク

まずは、ビジネスシューズの立ち仕事で疲れない製品を紹介!

おすすめ製品は、アシックスのランウォークです。

アシックスの中でもアシックスウォーキングという履き心地に特化した製品。

クッション部分にα-GELという衝撃吸収にすぐれた素材を使用しています。

先ほど説明しましたクッションが多層構造なわけですね!

また、α-GELはヘタりにくいクッション素材。

シンコーちゃん

ヘタりにくいクッション素材ってなに?
クッション素材は、1度履くと素材自体がつぶれてしまうんだ。

つぶれて回復しないとヘタるといってクッション機能が低下してしまう。

ほとんどの素材がヘタる可能性があるんだけど、α-GELはシリコン製でヘタりにくい。

リョクシン

立ち仕事は、クッションのカカトの部分に一極集中で負荷がかかるでしょう。

そのため、靴がヘタりやすいです。

しかし、α-GELがあれば大丈夫!

ヘタりにくくて長い時間履いていても、クッション性が長続きします。

立ち仕事には持ってこいですね。

 

ローファー

ランウォーク ローファー

ローファーも会社指定でユニフォームになっているお店多いですね。

革靴に近いジャンルでローファーの立ち仕事で疲れない製品を紹介します。

こちらもアシックスのランウォークシリーズのローファーがおすすめ!

理由は、前述のビジネスシューズと同じです。

クッションにα-GELというクッション性が高く長続きする素材を採用。

α-GEL以外の素材は、EVAという発砲素材も使用していますね。

つまり多層構造なクッションと言えます。

また、ローファーは靴ヒモやマジックテープといったサイズ調整の留め具がありません。

ですので、靴自体の設計思想がしっかりしていないと脱げやすく歩きにくくなります。

それでは疲れやすいですね。

それもアシックスの製品であれば問題なし!

靴の知識や足に関する情報を熟知した開発者が開発しているでしょう。

おすすめです。

 

スニーカー

ホカオネオネ ボンダイ6

立ち仕事で疲れないスニーカーも見ていきましょう。

スニーカーなら仕事場だけでなく普段も履けますしね。

ある程度、スニーカーなら投資しても良いでしょう。

おすすめ製品は、ホカオネオネのボンダイ6です。

ホカオネオネは、オーバーミッドソールという超厚底のクッションが特長。

斜面を走るときの下り坂で、膝に負担がかかりにくいようにしたのが始まりなんだとか!

しかし、ナイキのランニングシューズも厚底で注目されましたが、ホカオネオネはさらに厚底。

実際に、長距離ランナーのスポンサーもしているくらい信頼の置けるメーかーです。

ここまで厚底ですと、重い気もしますが、持って見て驚きましたよ。

「軽い!」

ぜひ、試して見てください!

 

スリッポン

スケッチャーズ スリッポン

スニーカーの似たジャンルでスリッポンの立ち仕事で疲れない製品も紹介します。

スリッポンは脱ぎ履きしやすく、立ち仕事で履いている方を多く見かけますね。

スリッポンには、過去の名品が多いため、選び方を間違えると疲れる製品になります。

ですので、要注意ですね!

おすすめ製品は、スケッチャーズのGO WALK EVOLUTION ULTRA-IMPECです。

アッパーはニット生地で、蒸れにくい!

クッションは2層式で多層構造です。

1つは、反発力のある素材「ULTRA PILLARS™」

もう1つは、独自配合の軽量の発砲素材「ULTRA GO™」です。

さらにスケッチャーズという靴メーカーが開発していることもあり、設計思想もしっかりしています。

脱ぎ履きが多い立ち仕事の方におすすめ!

[スケッチャーズ] スニーカー GO WALK EVOLUTION ULTRA-IMPEC ブラック US 8.5(26.5 cm) 2E
SKECHERS(スケッチャーズ)

 

サンダル

ウーフォス リカバリーシューズ

夏場で足元がお客さまに見えないお店であれば、サンダルを履く方もいるでしょう。

また、立ち仕事ではなくても、フェスやお祭り、ディズニーなど「立ちっぱなし」の方にもおすすめです。

立ち仕事でも疲れないサンダルは、ウーフォスのリカバリーサンダルOOriginal Sportです。

ウーフォスは、疲れた足を衝撃から守るリカバリーシューズのリーディングカンパニー。

どういうシーンで使うかというと・・・

長距離ランナーの試合終わりに履いたりします。

かなり衝撃を吸収してくれるサンダル。

一度ぜひ、試してみてください。

 

スリッパ

サロモン リカバリースリッポン 4.0

サンダルの次に、スリッパでも疲れない製品を見ていきましょう。

シンコーちゃん

えっサンダルとスリッパって違うの?
サンダルは、つま先があいているタイプ。

スリッパは、つま先が開いていないタイプなんだ。

また、サンダルは屋外でスリッパは、屋内という決まりもあるらしいけど、今回は無視で!

リョクシン

立ち仕事でも疲れないスリッパは、サロモンのリカバリースリッポンRX SLIDE4.0です。

サロモンは、アウトドア製品を扱うメーカー。

特に山道を走るトレイルランニングシューズが人気です。

山道を走るので、アップダウンが激しく、足にダメージが蓄積しますね。

そのレース後に履く用のシューズがこのリカバリースリッポンRX SLIDE4.0。

先ほどのウーフォスと同じ理由ですね。

リカバリーシューズは衝撃吸収性が高いので、それだけ足への負担を抑えてくれます。

今後、大注目のジャンルで間違えないでしょうね。

あわせて読みたい
リョクシン|コックシューズ・立ち仕事の靴のレビューブログ
コックシューズや立ち仕事全般の靴を解説します。

 

コックシューズ

アキレス クッキングメイト100

コックシューズの立ち仕事で疲れない製品を見ていきましょう。

おすすめ製品は、アキレスのクッキングメイト100です。

アキレスのクッキングメイト100は、始めから内臓されているインソールが豪華。

クッキングメイト100 インソール画像

アキレスのソルボというインソールがあるのですが、それに近い素材感です。

コックシューズ界のインソールでナンバー1と言い切れる素材。

クッション素材もEVAという発砲素材を採用しています、

インソールの素材は、ウレタン素材。

ウレタンとEVAで多層構造のクッションで抜群の履き心地なのです。

靴の設計思想も疲れにくいように、足にフィット。

ちょっと締め付けを感じますが、これが疲れにくさのポイントなのです。

サイズは1サイズ大き目が良いでしょう。

価格もそこまで高くないので、おすすめです。

 

安全靴・安全スニーカー

ウィンジョブcp-106

安全靴や安全スニーカーで立ち仕事で疲れない製品を紹介。

アシックスのウィンジョブCP106です。

たぶん常日頃から安全靴や安全スニーカーを履いている方はこう思うはず。

「多数あるアシックスの安全スニーカーの中でなんでCP-106なの?」

結論から申し上げますと、私の信頼しているワークショップの店長さんに聞きました。

ただ、細かく見ていくと納得いくポイントが多数あります。

まず、アッパーはメッシュ素材で蒸れにくい使用。

また、クッションにはα-GELを採用し、インソールも立体的で足の裏にフィットします。

靴底は滑りにくい形状。

靴ヒモなので、余計は空間が生まれないので、さらに疲れにくいです。

総合的に、ウィンジョブcp-106は優れていますね。

もし、アシックスのウィンジョブシリーズで迷われている方は、参考にして見てください。

 

【メンズ】立ち仕事で疲れない靴をまとめます!

当記事では、立ち仕事で疲れない靴のメンズ編を解説しました。

今回ご紹介した製品ではデザインなど気に入らない方も多いはず!

そんな方は、立ち仕事で疲れない靴の選び方を参考にして選んで見てください。

立ち仕事に限らず、仕事で履く靴を適当に選ぶのは、危険!

疲れるし、足にトラブルが発生するかもしれません。

仕事であれば、履いている時間が長い重要なアイテムでしょう。

仕事靴には、惜しまず投資して見てください。

仕事にも活かされてくるはずです。

 

それでは下記、簡単に記事をまとめます。

立ち仕事で疲れにくい靴の選び方は、下記でした。

立ち仕事で疲れないスニーカーの選び方

  • クッションが多層構造(インソール含む)
  • アッパーが蒸れにくい
  • 靴底が滑りにくい
  • 過去の名品を選ばない
  • 設計思想のしっかりした製品を選ぶ

ご紹介した製品は、下記になります。

↓立ち仕事でも疲れにくいビジネスシューズ

↓立ち仕事でも疲れにくいローファー

↓立ち仕事でも疲れにくいスニーカー

↓立ち仕事でも疲れにくいスリッポン

[スケッチャーズ] スニーカー GO WALK EVOLUTION ULTRA-IMPEC ブラック US 8.5(26.5 cm) 2E
SKECHERS(スケッチャーズ)

↓立ち仕事でも疲れにくいサンダル

↓立ち仕事でも疲れにくいスリッパ

↓立ち仕事でも疲れにくいコックシューズ 

↓立ち仕事でも疲れにくい安全スニーカー

最後まで読んでいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願いします!

シンコーちゃん

コメントを残す