ワークマンのコックシューズのコーデは超簡単!【なんでもアリ!】

こんな方に読んでほしい
  • コックシューズのコーデに迷っている方
  • コックシューズを日常使いしようかと迷っている方

リョクシン

どーも、コックシューズ・厨房靴オタクのリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。
どーも、「野菜は炒めても足は痛めるな」料理人のシンコー(@shinko_sneaker)です。

シンコーちゃん

リョクシン

今回は、ワークマンのコックシューズのコーデについて解説!

結論から申し上げますと、「なんでもアリ」です。

ワークマンの影響でかなりコックシューズを日常使いする人を街中で見るようになったね。

シンコーちゃん

リョクシン

そうなんだよね!

だからこそ、日常使いの時のコーデを解説しようかなと。

下記のような方におすすめします!

「ワークマンでコックシューズ買ったけど、コーデで悩む」

「コックシューズってそもそも、日常使いに向いている?」

「コックシューズってそもそも合うコーデあるの?」

リョクシン

そんな方に読んで欲しい記事です。

実際に、ワークマンのコックシューズを日常使いして、「普通のスニーカーのようにコーデできる、そもそもシンプルで実はコーデに困らない、よく見ないとコックシューズとわからない」と効果を実感しました。

 

ワークマンのコックシューズのコーデは楽?

リョクシン

ワークマンのコックシューズ って、そこまでコックシューズ感ないよね。

だからコーデが楽そう!

確かに!

CB200のホワイトは、すこしコックシューズ感もあるけど、ブラックならただのスリッポンとして履けるね。

CB400に関しては、本当にファッション的!!

スケッチャーズ風な感じだね!

シンコーちゃん

リョクシン

スケッチャーズに似ているのであれば、それがどれだけ、ファッション的に優れているかわかるね。

CB400は、本当におすすめだ。

一時期、在庫切れしていたんも納得できるね。

ということでワークマンのコックシューズはコーデは楽と考えて良いね。

 

そもそもコックシューズにコーデは存在しない【ワークマンプラスなら尚、OK】

リョクシン

ここからは、なんでワークマンプラスのコックシューズがコーデが楽なのかを解説します。

下記になります。

コーデが楽な理由

  • シンプルでコーデに困らない
  • バイトで服装自由で履いている

リョクシン

詳しくみていきましょう!

 

シンプルでコーデに困らない

リョクシン

若干、先ほど触れましたが、コックシューズって基本シンプルですよね。

ゴチャゴチャ余計なデザインを装飾しないので、縫製が少ないのです。

縫製を少なくすることで、水の侵入を減らすことが可能。

だからコックシューズのデザインは、シンプルなのです。

なるほど!

装飾が少ないのは、デザイン面が理由ではなく、水の侵入を防ぐという機能面なわけですね。

シンコーちゃん

 

バイトで服装自由で履いている

リョクシン

あと、コックシューズを履くシーンって、服装自由だよね。
確かに!

ユニフォームあるお店もあるけど、どのユニフォームにもあっているね。

違和感なし!

シンコーちゃん

リョクシン

デニムでもチノパン、スラックス、スカートすべてに置いて問題なしだ!

 

まとめ:ワークマンのコックシューズならコーデ関係なし!

リョクシン

当記事では、ワークマンのコックシューズがコーデに困らないことについて解説しました。
本当にシンプルで困らないから1足あると助かりますね。

シンコーちゃん

リョクシン

シンプルな理由は、靴内部に水の侵入を防ぐことでした。
あと、よくよく考えたら、服装自由のお店でもコックシューズは違和感でした。

シンコーちゃん

リョクシン

ユニフォームがあってもどのお店でも違和感ありません。

それだけ、コーデを考える必要のないデザインなのでしょう。

コックシューズの購入で迷われているすべての方に、ワークマンのコックシューズをおすすめします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願い致します。

シンコーちゃん

「もっとコックシューズについて知りたい」

そんな方に向けてコックシューズを徹底解説しました。

下記の記事から確認をお願いします。

 

コメントを残す