【徹底解説】ワークマンで売っているコックシューズ【人気】

こんな人に読んでほしい

ワークマンのコックシューズについて知りたい方

 

リョクシン

 コックシューズ・厨房靴オタクのリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。
どーも、野菜は炒めても足は痛めるなのシンコー(@shinko_sneaker)です。

シンコーちゃん

今回は、ワークマンで販売されているコックシューズについて解説。

「ワークマンにどんなコックシューズが売っているの?」

「今、話題だけど実際のところはどうなの?」

「いくつか種類があるけど何がよいの?」

そんな方におすすめです。

 

ワークマンのコックシューズとは?

当記事でいうワークマンのコックシューズとは、店舗で販売されている製品を指します。

販売されているコックシューズは下記。

ワークマンで販売のコックシューズ

  • ワークマンベスト 『CB200』
  • ワークマンベスト 『CB400』
  • 日進ゴム 『ハイパーV♯5000』
  • 弘進ゴム 『シェフメイトα-100』

リョクシン

詳しく見ていきましょう。

 

ワークマンベスト『CB200』

ワークマンベストのコックシューズ「CB200」は、 インスタやTwitterでも話題です。

ワークマンベストとは、ワークマンが独自で開発し発売しているブランド。

いわゆるプライベートブランド(PB)です。

イオンでいうトップバリュ。

セブンイレブンでいるセブンプレミアムですね。

メーカーからの販売価格規制がなく、ワークマンが価格を決定できます。

だから安いわけですね!

コックシューズとして、特長こそないものの価格の安さは魅力。

短期パートの方には特におすすめでしょう。

 

ワークマンベスト 『ファイングリップCB-400』

「CB-400」も同じワークマンベストの製品。

どちらかといえば、外で履かれていますね。

安くて滑りにくいスリッポンシューズといった感じです。

確かに、その辺に売っているスリッポンって意外と高いイメージ。

ABC-MARTのVANSスリッポンは、安くて¥3,980くらいだったような。

それに比べたら安いでしょう!

妊婦さんにも人気なようです。

しかし、ワークマンベストCB400は、あくまでコックシューズをベースに製造。

コックシューズは、水や油に対して滑りにくさを発揮します。

よって、凍結路面などでの使用はお控えください。

 

ワークマンベスト『ファイングリップFG410』

ファイングリップFG410もワークマンが企画したコックシューズをモチーフにしたスリッポン。

ファイングリップCB400と違うデザインですが、こちらもファッション性ありますね。

先ほどのファイングリップCB400と使用している素材も異なり履き心地も違った印象です。

私のおすすめは、どちらかといえば先ほどのCB400。

CB400の方が、動きやすく軽い素材を使用しています、

このFG410は、耐水性の高い素材を使用していました。

サイズ展開が、「cm刻み」ではなく、「S・M・L」と行ったアバウトな展開です。

とはいえ、コーデしやすい色ですよね。

ティンバーランドの代表的なカラーがありますが、そのような感じ。

デニムやカーゴパンツなど、カジュアルな服装に合いそうです。

 

日進ゴム 『ハイパーV♯5000』

ワークマンには、ハイパーV♯5000が売られています。

ハイパーV♯5000は、滑りにくいコックシューズ。

その辺のコックシューズの滑りにくさとは一線を介します。

履き心地もコックシューズの中では、よい方でしょう。

オススメです。

下記、実際にはいてレビューしました。

気になりましたら確認をお願いします。

 

弘進ゴム 『シェフメイトα-100』

ワークマンには、シェフメイトα-100も販売されています。

シェフメイトα-100は、大手通販サイトでも人気製品。

ワークマンのコックシューズが、妊婦さんに人気とTwitterでバズった発端の製品でした。

クッション性の高い製品ですが、価格が安いのがよいところ。

飲食店での初めてのアルバイトに最適だと思います。

シュフメイトα-100は、実際に履いてみてレビューしました。

下記の記事から確認お願いいたします!

 

まとめ

当記事では、ワークマンのコックシューズについて解説しました。

ぜひ、コックシューズ選びの参考にしてください。

下記、簡単に記事をまとめます。

ワークマンで販売のコックシューズ

  • ワークマンベスト 『CB200』
  • ワークマンベスト 『CB400』
  • 日進ゴム 『ハイパーV♯5000』
  • 弘進ゴム 『シェフメイトα-100』

最後まで読んでいただきありがとうございました。

下記、関連記事もよろしくお願いいたします。

 

「ワークマンで売っているコックシューズ以外の製品も知りたい!」

そんな方にコックシューズ全般を解説した記事がおすすめです。

 

ワークマンもおすすめですが、amazonでコックシューズの購入がおすすめ!

なぜかというと、amazonは試着ができるからです。

その試着システムを紹介しました。

ぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す